• 2015.12.29
  • #Topics
【WK10】1.4東京ドームまで6日!「介入を防ぐ“協力者”も考えている」「勝って、“行列ができるチャンピオンベルト”にします!」KUSHIDAインタビュー
いよいよ目前となった1.4東京ドーム決戦を前に、新日本プロレスのトップレスラーたちに現在の心境を直撃! 

『WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム』
●1月4日(月)17:00〜
東京・東京ドーム
「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売なりました。
 
 
■傍若無人な振る舞いをさせてしまった責任も感じてます。それを東京ドームで断ち切りたい!
 
——さて、KUSHIDAさん。いよいよ1.4東京ドーム大会が目前に迫ってきましたが、今年はいつものこの時期と気持ちが違いますか?
 
KUSHIDA そうですね。今回はプロレスキャリアにして初めて東京ドームのリングでシングルマッチができるということで、『BEST OF THE SUPER Jr.』前の独特な緊張感みたいな、浮いた感情を抱いてますね。
 
——『SUPER Jr.』の決勝前みたいな感じですかね?
 
KUSHIDA そうですね。決勝を迎える前というか。それぐらいのいつもと違った緊張感があります。
 
——そして、一方の現・IWGPジュニア王者のケニー・オメガ選手は、去年の11月から新日本プロレスに参戦していますが。
 
KUSHIDA あれって自らですよね? 自ら希望して新日本プロレスに来たんですよね? そう考えると、いまのケニー・オメガに関して、ボクの中では「いったい何がやりたいんだ!?」っていう気持ちが強いですよ。
 
——では、この1年のケニー選手の立ち振る舞いについて、どう思いますか?
 
KUSHIDA 傍若無人。好きなようにされたっていう部分では、怒りがMAXまで来てますね。「『SUPER Jr.』は出ない」と勝手に不出場を表明したり。タイトルマッチにヘビー級の選手を介入させたり。
 
——9月の岡山大会のIWGPジュニア選手権ですね。
 
KUSHIDA あれが一番許せなかったです。レフェリーが見てない中での反則はプロレスの範疇とはいえね。しかもヤングバックスではなく、ヘビー級の選手を使って。傍若無人な振る舞いをさせてしまったのは、責任を感じてます。この流れを今回の東京ドームで断ち切りたい。
 
■BULLET CLUBが介入してくるかどうかわかりませんけど、「なにかしら手は打とうかな?」と
 
——タイトル戦が決まったときの記者会見では「IWGP ジュニアのブランドを守りたい」という発言もありましたが。
 
KUSHIDA そうですね。あと、傍若無人な振る舞いの一つに、“ケニーは地方興行に参加しない”だから“前哨戦ができない”っていうのもあって。
 
——地方はとくに試合数は少なかったですよね。
 
KUSHIDA ハイ。だから「何? 新日本プロレスのベルトを持ってるのに、なんで出ないの?」と。そもそもチャンピオンというのは、「獲ってから何をするか?」が一番大事じゃないですか?
 
——ですね。チャンピオン不参加で前哨戦のないまま、KUSHIDA選手は年末のシリーズで日本全国を回ったのは、屈辱というか。
 
KUSHIDA それでも、ファンの後押しというか、「必ず獲ってくれ!」と背中を押してくれる期待感はビンビン感じましたんで、「1人じゃないな」と。1人で闘うとはいえ、ボクには応援してくれるファンがいる。東京ドームでは数万人の後押しがありますんで、たとえ向こうが複数で来たとしても、それを跳ね除けたいと思っています。
 
——あくまで1人だけで闘うと?
 
KUSHIDA BULLET CLUBが介入してくるかどうかわかりませんけど、これはタイトルマッチなんで、リング上は1対1というシチュエーションを作らなければいけない。そのために「なにかしら手は打とうかな?」と思っています。
 
——おっ、そうですか?
 
KUSHIDA ハイ。まあ、具体的には名前は言えないですけど……。まあ“協力者”というかね。アイツらの介入を防いでくれる選手に、お願いするということも、ちょっと考えてますよ(意味深な表情で)。
 
——それは、アレックス・シェリーとかキャプテン・ニュージャパンの可能性もある?
 
KUSHIDA フフフ。そのへんは、東京ドームを見てくれれば、わかりますよ(ニヤリ)。
 
——介入を防いで、クリーンな決着にこだわりたいと。
 
KUSHIDA ハイ。1月4日東京ドームでベルトを獲って、9月岡山で失速してしまったジュニアの続き。ボクが新日本ジュニアを、新日本プロレスという家の柱のひとつにしてみせますよ。
 
——逆に言えば、それをできるだけの手応えもある?
 
KUSHIDA そうですね。やっぱり一番はライバルに恵まれているじゃないですか。ベルトを獲った瞬間から、挑戦希望者があとを絶たない状況というか。カイル・オライリーだったり、マット・サイダルだったり、負けっぱなしの選手もたくさんいるし。
 
——タッグパートナーのアレックス・シェリーとの試合も『SUPER Jr.』で実現しませんでしたし。
 
KUSHIDA  ハイ。田口隆祐にもボクは1回も勝ったことがない。獣神サンダー・ライガーとも、しかるべき場所、しかるべき日時でやりたいと思っていますし。
 
——ここでベルトを獲れば、挑戦者の行列ができるということですね。
 
KUSHIDA そうそう。“行列ができるチャンピオンベルト”にしてみせますよ。東京ドームはほぼ全部がタイトルマッチなわけじゃないですか? このスペシャル感の中で、ベストバウト的に試合内容で突き抜けるのは至難の技ですけど、新日本プロレスジュニアは2016年、もの凄く可能性を秘めてると思いますね。その可能性をボクが握ってますよ。そういう闘いをします、ドームで。
 
——ケニー選手は強敵ですが、介入以外で選手として警戒する点は?
 
KUSHIDA やっぱりセオリーにない破天荒な動きですかね。ボクの攻撃は、腕攻めだったりとか、理詰めでプロレスをしていきますけど、ケニーの場合、想像がつかない動きだったり、奇想天外な技を仕掛けてきますんで。そういう部分で受け身も取らなきゃいけないし。
 
——ノーモーションの技も多いですね。
 
KUSHIDA ハイ。しかも強烈な打撃もあると。そういう部分ではちょっと恐い部分がありますね。東京ドームっていうことで、“東京ドーム級の奇想天外なモノ”を持ってくる可能性もある。「それに対応しなくちゃいけないな」と。あとは新日本に来て、ケニーがまだ覚醒してないじゃないですか? 誰に対してもリミッターを外してない。
 
——たしかにBULLET CLUBの構成員に準じている気はしますね。
 
KUSHIDA だから「オマエ、なにしにこのリングにいるんだ?」っていう部分を含め、ケニーを覚醒させたい。その潜在能力も全部出してきたら、もしかしたら敵わないかもしれないけど……。
 
——その代わり、覚醒させてしまったら、自分自身も危ないということですね。
 
KUSHIDA そんな感じです。ただ、いまのジュニアでやらなきゃいけないのは、そういうことだと思います。中邑、棚橋、オカダ、彼らのタイトルマッチが並ぶほかの試合に対してね。加えて言えば、今回は内容も伴いつつ、勝たないと2015年と同じになってしまうので。ボクが勝つことが最低条件。もう逆転勝利でもいいから、キッチリとケニー・オメガの腕を取りますよ、必ず(ギロリ)。
 
——最後にケニー・オメガ選手へ言うことはありますか?
 
KUSHIDA 別にないですね。まぁ、チャンピオンの本当の姿を引き出すしてやりますよ。
 
——普通はチャンピオンが挑戦者の良さを引き出すものですけど。
 
KUSHIDA フフフ。ただ、新日本ではまだ出し切れてない、ケニーの力を引き出したいですね。その上で、タップを奪って完全勝利。それでようやく年が明けるということですね。東京ドームで新日本ジュニア、2016年の幕が上がりますよ。期待してください!
 
【スマホサイトでKUSHIDAが2015年総括インタビュー!】「いまがジュニアの夜明け前!」自身が選ぶベストバウトは、“あの試合”! 

『WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム』
●1月4日(月)17:00〜
東京・東京ドーム
「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」が完売なりました。
  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ