• 2014.10.1
  • #Topics
『桑原塾番外編 棚橋弘至トーク&サイン会&撮影会』は大盛況!!【イベント報告】

 9月27日、大阪・北区の「阪急うめだ本店」13階屋上ステージで開催された『桑原塾番外編』に棚橋弘至選手がゲスト出演した。
 
 2月にも同所で開催予定だったが大雪のため場所を屋内に移してのサイン&撮影会に変更されており、リベンジの意味合いもあった。
 
サイン&撮影会には指定商品購入者のみ参加の条件付きだったが、早々に定員に達したため当日受け付けで30人追加募集したところ、そちらもイベント開催前に完売となった。
 
 グリコ・パワープロダクション生みの親である桑原弘樹氏がMCを務める中、登場した棚橋選手。
 
10月13日(月・祝)両国大会で1年間、遠ざかっていたIWGPヘビー級王座への挑戦が決まってから、ファンの前に顔を出すのはこれが初めてとあって、棚橋選手のナマの声を聞こうと200人を超えるファンが集まった。
 
「この1年間、IWGPに戻りたいけど戻れないという苦しみの中で、“無期限撤退”といった自分の言葉をなかったことにできないので、それを取り払うためにどうすればいいかと考えていたら、向こう(AJスタイルズ)から指名してくれました。ありがとうという気持ちです」と至宝から離れていた時間を振り返った棚橋選手。
 
 王者であるAJスタイルズとは2008年に同じ両国国技館でシングル対決(2度目)している。
 
そのときのことを棚橋選手は、「あの当時は僕が結構、ブーイングをもらっていたときで、マイクで何を言っても盛り上がらなかったんですけど、AJに勝った後で『またやろうな、天才』と言った瞬間、会場がワッとなって、ものすごく記憶に残ってます」と振り返った。
 
 さらに「去年の『G1 CLIMAX』から彼の必殺技のスタイルズクラッシュをシレーッと使ってたんです。そしたら本人が(新日本に)来ちゃって。なんか“モノマネ王座決定戦”で歌ってたら本人が来ちゃったみたいな感じで(笑)。AJにスタイルズクラッシュをかけるのも面白いかなと考えてます」と、すでにタイトル戦をイメージしている。
 
 IWGPヘビー級王座から離れていた間には“白いベルト”インターコンチネンタル王座を腰に巻いていた棚橋選手だが、「中邑が高めてきたベルトだけど、中邑の色が濃すぎて……」と扱いにくかったことを明かした一方で、「白・黒両方巻くのもかっこいいかなと……」と初の2冠王も頭に描いている。
 
その第一歩として「今はIWGPヘビー級に集中したい」とコメントを残した。
 
 その後、『G1 CLIMAX』に話は移り、「途中で首を痛めてきつかったですけど、会場の盛り上がりは過去最高でした。Aブロック2位だったんですけど、Bブロックの2位がAJで、西武ドームで2位同士の闘いが組まれて次の両国につながっていったのを考えると、これは運命ですね。彼と闘いたいという気持ちは大きいですね。単純にビジュアル的にかっこいいし…」と語り、AJスタイルズに勝利すればIWGP王者として1・4東京ドームでオカダ・カズチカvs内藤哲也の勝者の挑戦を受けることになるが、棚橋選手は「どっちかというと、オカダと闘いたいですね」。
 
「オカダの登場で一番ワリを食ってるのは僕じゃなくて内藤なんです。オカダが現れる前は、内藤が将来的にIWGP王者になるんじゃないかと思われてた部分があるんですけど、オカダが一気に抜けたんで、オカダが持ってるものが基準になってしまった。いずれ内藤はそれを跳ねのけると思いますけど……」
 
 グリコ・パワープロダクション立ち上げ当初から同社の製品を愛用してきた棚橋選手だけに、「逸材ボディーはパワプロが作った」と言ってもいい。
 
桑原氏の「人間の体で最後まで進化するのは筋肉」の言葉を受けた棚橋選手は、「筋肉がついた体は、男女問わず美しい」とトレーニングを勧め、自身が愛用しているサプリメントを紹介。その場で飲み干し、その効用を示した。
 
 その後、実際のトレーニングメニューが紹介されたが、「タイトルマッチに向けて、体重はそのままで体脂肪を減らそうと。そのため腹筋と体幹を鍛えるメニューを増やしてます。それにプラスして、朝の軽いジョギングと夜のウォーキングを入れてます」と棚橋選手。
 
 続いて将来的な目標を尋ねられ、「こうやってプロレスラーになってトレーニングの知識も増えたんで、そういう部分をもっと広めていきたいし、体を鍛えることによって年を取ってもきれいな姿勢でいられるとか、少しの段差でつまずかないとか自己防衛ができるので、自立した人生を送れるようになります。そのためにもトレーニングを始めてもらえるきっかけになれば」と答えた。
 
 最後に新日本プロレスを大局的に眺めて、「もう一段上がっていくために必要なのは、内藤の覚醒と後藤の革命。この2人がもう一段上がれば、新日本の闘いは充実するし、若手でいえば小松、田中のヤングライオン2人。めちゃめちゃ練習してるし、将来のジュニア戦士として楽しみ」と名前を挙げた一方で、「自分もまだ37歳。本も出して、新日本プロレスも皆さんのおかげで盛り上がってきて“棚橋ご苦労さん”的な空気を感じるんです。産卵を終えた鮭みたいで、後は流れに流されるだけっていう。まだまだやりますから。産卵を終えても、また川を上っていきますから。もう1回、“逸材ここにあり”を見せます。2014年上半期、なかなか皆さんの期待に応える結果が出なかったですけど、それを帳消しにするデッカイ勝ち星を挙げたいと思います」と新日本の中心に復権するとともに、「次に来るときは大きな荷物(チャンピオンベルト)を持ってきます」と満員のファンに誓い、「愛してま〜す!」の叫びでイベントを締めた。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ