• 2023.11.3
  • #Topics
IWGPジュニア選手権待ったなし!ヒロム「明日は石森選手から勝って、初めて腰にベルトを巻く日」、石森「あの日の続きの“結末”を見せる」! SHO&金丸は途中退場…! Catch2/2は“その先”を見据える優勝宣言!!【11.3公開調印式】

11月4日(土)大阪府立体育会館大会の前日となる、11月3日大阪府立体育会館内で公開調印式が行われ、IWGPジュニアヘビー級選手権で対戦する高橋ヒロムと石森太二。『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023』優勝決定戦で対戦するTJP&フランシスコ・アキラ組、SHO&金丸義信組が登壇した。
 
■『カンタン酢™ Presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023~』
11月4日(土)  15:30開場 17:00開始 ※第0試合は16:30試合開始予定
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
[再入場不可]
チケット情報 ☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「1階ひな壇」は完売、「2階特別席」「2階普通席」は残りわずかとなりました。

☆チケットは各社WEBサイト・コンビニ店頭端末で18:00まで販売いたします。
・ローソンチケット https://l-tike.com/njpw ローソン・ミニストップ店頭Loppi
・イープラス https://eplus.jp/njpw/ ファミリーマート店舗
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/njpw/ セブンイレブン店舗
☆会場での当日券販売は13:30からとなります。

■IWGPジュニアヘビー級選手権試合 
(チャンピオン)高橋ヒロム vs (チャレンジャー)石森太二


※石森は入場時、ヒロムから11.2大阪で奪取したアイアンマンヘビーメタル級のベルトを放り投げてから登壇。ヒロムはIWGPジュニアヘビーのベルトを携え、場内を煽りながら席につく。


 
●(チャレンジャー)石森太二選手のコメント



「あの日から! ここまでの高橋ヒロム。そして! オマエらが見てきた高橋ヒロムはすべて、幻だったってこと、俺が明日、見せてやるからよ。あの日の続きの結末、そして石森太二、完全復帰、楽しみにしててくれ。

 それとあと一つ! 明日、俺が勝ったらそのIWGPジュニアを獲るわけだが、それとアイ……、アイアンマンだっけ?(場内笑)。これが必然的に防衛になるだろうけど、俺、こんなオモチャみてえなベルトいらねえからよ。明日勝ったら、返上する。以上だ!」

●(チャンピオン)高橋ヒロム選手のコメント



「どうもみなさん、昨日はグッスリ眠れた高橋ヒロムです(場内笑&拍手)。今年の1月4日、東京ドームで4WAYマッチ。石森選手から直接勝つことなく、チャンピオンになったので。石森選手から勝って、初めて自分の腰にベルトを巻こうと、そう誓いました。明日はその日です。ヒロムちゃんが必ず勝って、このベルトを腰に巻く姿を、みなさん楽しみにしていてください、以上です!(場内拍手)」

■質疑応答


 
――世代も違い、ライバル関係ともちょっと違うと思いますが、お二人にとってお互いはどんな存在ですか?

ヒロム「“親友”です(場内笑)。みなさんね、ホント1年前ですかね、インクレディブルマッチっていうのがあったんですよ。ちょうどここだったんですよ、会見場がね。あの日から始まったこの1年後なんですよ。この二人の試合はね。これはね、もうね、親友って言っていいんじゃないかと、俺は思うんですよね。運命って思ってます、俺は。運命の二人、運命の二人です、ハイ」

石森「ヒロムがそういうふうに言うんだったら、そうなんじゃない? わかんねえけど(場内笑&拍手)」

ヒロム「ちょっとビックリしちゃったな(場内笑)」

――東京スポーツですけど(場内笑)。ヒロム選手に……

ヒロム「(さえぎるように)いいですね、東京スポーツっていうだけで笑いが来るっていいですね(場内笑)」

――石森選手の口からもありましたが、前の試合が『BEST OF THE SUPER Jr.』の公式戦で、石森選手の負傷によるレフェリーストップがあって。ヒロム選手も決着という部分は強く思ってると思いますが、あらためて前戦を踏まえての意気込みを伺えれば。

ヒロム「やっぱ、あの瞬間はイヤでしたよね。たぶん、お客さんも選手も、アレを見てるすべての人があの瞬間をいいと思う人はいないと思うんで。俺も悔しかったですし。ちゃんと3カウント、ギブアップ、なんでもいいんで決着つけたかったんで。ああいうレフェリーストップになってしまったのは、本当に残念です。

ですけど、あれもプロレスだと思ってるんで。プロレスは甘いもんじゃないので、それは現実として受け止めてますし。なので、明日はちゃんとガッツリと3カウント、ギブアップ、奪って、ちゃんと勝って、このベルトを腰に巻きたいと思ってます」

――先ほど鷹木選手がトークショーでこの試合に関して「試合勘だったらヒロム、肉体コンディションでいったら石森有利」という発言がありましたが、これについては?

ヒロム「つまりどっちなんですか、それは?(場内笑)。そのちょっと、曖昧な回答は好きじゃないな。鷹木さんに言っといてくださいよ、つまりどっちなのか。それじゃわかんないですもん。試合勘だったらヒロム、コンディションだったら石森さん、どっちなんですか?(場内笑)。俺が逆に聞きたいです、どっちなんですか?」

――明確な答えはなかったので。石森選手は肉体コンディションという部分では、いま非常に自信があるというふうに感じるのですが、いかがでしょうか?

石森「ウン、そうだけど。俺も気持ちは、右に同じ(場内笑)。どっちなんだよ、鷹木?(場内笑)」

ヒロム「これはいますぐ、鷹木さんに来てもらうのがいんでしょうけどね(場内拍手)。まあ、間違いなく帰ってるでしょ、ハイ。聞いてもいないでしょうしね。いまこれだけ言っても、鷹木さんの元には届かないと思うんでね。もう、いいですかね、じゃあ?(場内拍手)。どっちなんだよって言っといてください、ハイ。(ここで石森が『ちゃんと言っとけよ!』と発すると)言っとけよ!(場内笑)」

――石森選手に伺いたいんですが、今年の東京ドームでヒロム選手に直接取られるわけではなくて、落としてしまったベルトということで、IWGPジュニアのベルトをやはり取り戻したいとずっと思ってたと思うんですけど、取り戻したあとで何か具体的なプランは?

石森「そうだな、まあ、取り戻した仮定の話だけど、また“4WAY”やってもいいな(ニヤリ)。また、それで俺がリベンジしてやるよ(場内拍手)」

 そして石森、ヒロム、最後に菅林会長の順で調印書にサイン。続いてフォトセッションを終えると、両者は視線をかわしてからそれぞれ退場した。

■『SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023』優勝決定戦 
(1位通過)TJP&フランシスコ・アキラ vs (2位通過)SHO&金丸義信

※SHO&金丸義信、Catch2/2の順に入場。まずはリーグ戦を2位で通過したHOUSE OF TORTUREからコメント。


■(2位通過)SHO&金丸義信のコメント

金丸「こんなヤツら相手に話すことなんてねえよ、バカ。なあ、SHO?」

SHO「その通り。どうせ、こいつら明日負けるんやから。それより今日、入場料いくらだ?」

--3000円です。


 
SHO「3000円? 俺らのありがたい話が聞けるのに3000円って安すぎるだろ? 3000円しか払ってない貧乏人どもにはな、聞かせる話はねぇんだよ。そんなヤツらはよ、ここにいる明日負けるよ、負け犬どもの安い話でも聞いとけや。ということよ」

と言うと、マイクを机に叩きつけて席を立ち、二人は会見場から退出する。

(1位通過)TJP&フランシスコ・アキラ


※続いてCatch2/2のコメント。司会者が「アキラ選手から」と指名するも、先にマイクをつかんだのはTJP。

TJP「アキラからじゃなくて、TJPが先にしゃべらせてもらう。あいつら、長々としゃべらず、さっさとここから消えていったのは正解だな。あいつらへのメッセージなんてないから。ここに集まってくれたみんなへのメッセージだから。いやいやいや、違うな。WAR DOGSに対してのメッセージだ。

常々、言い続けてきたが、明日の試合はジュニアタッグ・トーナメントの決勝というだけではない。WAR DOGSにリベンジする機会を手にするためのものなんだ。WAR DOGSにリベンジするために、絶対に勝ち抜くとの決意を持って闘ってきた。その結果、決勝に進むことができた。

だが、俺たちにとってはこのトーナメントで終わりではなく、さらにもう1日、もう1試合、俺たちのスケジュールにはプラスされている。その試合とは、WAR DOGSとの闘いだ。そこにたどり着くための道のりは長かった。ようやくそのチャンスを手にする時が来た。誰が相手であろうと、そいつを倒してそのチャンスをつかみ取る。必ず成し遂げる。

だが、それで終わりではない。『WRESTLE KINGDOM』にであのベルトを奪い返す。だからといって、明日のHOUSE OF TOUTUREとの一戦を甘く見ているわけじゃない。俺自身のことをちょっと話させてもらおう。もうじき、俺は新たな人生を迎えることになる。2人目の息子が生まれるんだ。

一方、リングに関していえば、最近常々思うことなんだが、自分の中の一部が死んでいってるんじゃないか。前とは全く違う感情にさいなまれる。何ともいえない得体の知れない気持ちが自分の中に生まれてきてるような感じがする。それはアキラとも話してきたのだが、その気持ちが何を暗示してるのか。

俺たちの前に何が現れて何を迎えるのか。そう考えた時に明日の決勝に残ったということは、これは間違いなく『WRESTLE KINGDOM』につながる道だと思うし、WAR DOGSにリベンジする機会を手にするためにも明日は絶対負けられない」


 
アキラ「ミナサン、キョーハキテクレテ、アリガトウゴザイマシタ。話を少し戻すが、去年の『(BEST OF THE)SUPER Jr.』が終わってから、Catch2/2は初めてIWGPジュニアタッグチャンピオンになった。その後、何度も何度も防衛を重ねて、このタイトルにおいて偉大なチャンピオンチームに並ぶほどの輝かしい記録を残していった。

それぞれが大変な闘いで、俺たちはこのタイトルを2度獲得した。そしてその俺たちの前に立ちはだかったのがWAR DOGSだった。WAR DOGSは確かに強い。それだけでなく、とても暴力的で、殺人的で、野蛮で、俺たちを2度も打ち負かした。だが、俺たちCatch2/2の心まで打ち砕くことはできなかった。Catch2/2にはUNITED EMPIREのファンの後押しがある。UNITED EMPIREを背負って、明日は絶対に勝つ。最後にHOUSE OF TURTUREにもメッセージを送っておこう。HOUSE OF TORTUREハ、ワルイ。キライ。ダカラ、タオシマス!」

その後、報道陣からの質問へ。
 
--小松大会(11.1)ですでにSHO、金丸組を倒して、もう1度、優勝決定戦で闘うことになりました。その点に関しては?

アキラ「彼らとの闘いを経験して、彼らのやり方は十分に分かっている。あいつら2人だけでなく、HOUSE OF TORTURE全員でかかってくる。腹立つが、それは確かだろう。だけど俺たちの後ろにはUNITED EMPIREのメンバー全員がいる。明日は単にタッグチーム同士の闘いじゃなく、UNITED EMPIRE総出でHOUSE OF TORTUREを倒しにいく」
 
その後、Catch2/2のみでのフォトセッションとなった。


★この会見の模様は、新日本プロレスワールドでタイムシフト配信中!

 
■『カンタン酢™ Presents POWER STRUGGLE ~SUPER Jr. TAG LEAGUE 2023~』
11月4日(土)  15:30開場 17:00開始 ※第0試合は16:30試合開始予定
大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
[再入場不可]
チケット情報 ☆対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「1階ひな壇」は完売、「2階特別席」「2階普通席」は残りわずかとなりました。

☆チケットは各社WEBサイト・コンビニ店頭端末で18:00まで販売いたします。
・ローソンチケット https://l-tike.com/njpw ローソン・ミニストップ店頭Loppi
・イープラス https://eplus.jp/njpw/ ファミリーマート店舗
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/njpw/ セブンイレブン店舗
☆会場での当日券販売は13:30からとなります。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2024年3月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOPプラス
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
しんにちコラボラボ
アスマート
MOVIE
NJPW WORLD
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
MIC
SSLIVEくろうま
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ
新日本プロテイン

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ