• 2012.9.16
  • #Topics
毎年恒例! キャンプ座間大会『CAMP ZAMA SLAMFEST』は大盛況!今年は棚橋とアンダーソンがメインを締めた!

 9月16日、神奈川県座間市の在日アメリカ軍基地・キャンプ座間において、『CAMP ZAMA SLAMFEST VI』が開催された。
 
 今回は基地内を一般開放する『ミュージックフレンドシップフェスティバル』に併せて行なわれ、立見も出るほどの大盛況!『SLAMFEST』ではお馴染みのアメリカ人選手に大声援、日本人選手に大ブーイングという逆転現象が起き、場内のムードは最高潮となった。
 
 そんな中、メインイベントではIWGPヘビー級王者・棚橋弘至、『G1 CLIMAX 22』準優勝者のカール・アンダーソン、タマ・トンガがトリオを結成。オカダ・カズチカ&高橋裕二郎&YOSHI-HASHIと対戦し、棚橋が必殺のハイフライフローでYOSHI-HASHIを料理!
 
 さらに試合後、アンダーソンが“因縁のリングアナウンサー”Mr.サンタナ氏を、ボディスラム&セントーンでお仕置き!もう1人の主役となった。
 
■『CAMP ZAMA SLAMFEST VI』
9月16日(日)
神奈川・キャンプ座間
観衆:※未発表

●第1試合 20分1本勝負
○マスカラ・ドラダ
(6分17秒 飛びつき変型前方回転エビ固め)
×アベルノ
★試合経過
:序盤、ドラダが軽快なムーブで観客の喝采を浴びる。対するアベルノは、急所攻撃などのラフ殺法で逆襲。
 しかし、ドラダがコーナー最上段からのムーンサルトアタックなどで巻き返し、最後はトップロープの反動を利用した前方回転エビ固めで鮮やかな3カウントを奪った。
 
●第2試合 20分1本勝負
 高橋広夢
○井上亘
(5分48秒 ジャーマンスープレックスホールド)
×渡辺高章
 BUSHI
★試合経過
:9月23日神戸で桜庭和志&柴田勝頼を迎え撃つ井上&高橋(広)が登場。序盤、BUSHIが得意のトルニージョなどで攻め込むものの、井上組がローンバトルへ追い込み、試合の流れを支配し続ける。
 その後、ようやくタッチを受けた渡辺が、串刺しドロップキック、ダブルアームスープレックスなどで井上に猛攻。だが、井上がカウンター水車落としで逆転し、最後はジャーマンスープレックスホールドで勝利を収めた。
 
●第3試合 20分1本勝負
○アレックス・シェリー
 KUSHIDA
 田口隆祐
(16分06秒 I-94→エビ固め)
×邪道
 ロッキー・ロメロ
 ロウ・キー
★試合経過
:9月23日神戸で飯伏幸太の持つIWGP Jr.ヘビー級王座に挑戦する田口が登場。前王者のロウ・キーを相手に、互角の勝負を繰り広げた。
 中盤、ロウ・キー組がKUSHIDAを孤立させ、集中攻撃を浴びせる。そんな中、ロメロが暴走して邪道と一触即発になるが、すぐに笑顔で仲直り。すると、KUSHIDAが前方回転エビ固めで邪道を“半ケツ”にし、延髄斬りで脱出に成功。
 田口対邪道の場面では、田口がスワンダイブミサイルキック、コタローフェースクラッシャー。だが、ロウ・キーはスリーアミーゴをドラゴンスリーパーで切り返し、タイダルウェイブで逆転。
 終盤、邪道がシェリーにビューティフルブリーカー、河津落とし、クロスフェースオブJADOとラッシュ。しかし、KUSHIDAがシェリーのフォローに入り、最後は合体技I-94で勝負が決まった。
 
●第4試合 20分1本勝負
○タイガーマスク
 獣神サンダー・ライガー
(8分23秒 飛びつき回転十字架固め)
×外道
 石井智宏
★試合経過
:ライガーが外道に串刺し掌底、スライディングキックを食らわせ、快調な滑り出しを見せる。だが、場外戦に引き込まれて失速し、ラフ殺法で集中砲火にさらされてしまう。
 それでもライガーは、外道の串刺し攻撃を両脚キックで迎撃し、カウンター掌底で逆襲。スイッチしたタイガーが、1人で外道と石井を蹴散らし、ハイキック、タイガードライバーで外道を追い込む。
 すると、ライガーが石井に掌底、外道に空中胴締め落としをお見舞い。そしてタイガーが、飛びつき回転十字架固めで勝利した。
 
●第5試合 30分1本勝負
×キャプテン・ニュージャパン
 内藤哲也
 後藤洋央紀
(9分43秒 ボマイェ→片エビ固め)
 飯塚高史
 矢野通
○中邑真輔
★試合経過
:いきなり中邑組が奇襲を仕掛けるが、内藤とキャプテンが矢野と飯塚に逆襲。しかし、内藤が場外戦で大ダメージを負ってしまい、長時間の苦戦を強いられる展開となる。
 その後、内藤がカウンタードロップキック、スイングネックブリーカーで矢野に逆襲し、ようやく自軍コーナーへ帰還。スイッチした後藤がラリアット、串刺しラリアット、バックドロップで追い討ちをかける。
 終盤、キャプテンが中邑にジャンピングショルダータックル、串刺しバックエルボー、エクスプロイダー。そして、内藤が延髄斬り、後藤が牛殺しで続き、キャプテンがコーナー最上段からダイビングヘッドバット。
 しかし、中邑がかわしてキャプテンを自爆させ、矢野が場外からイス攻撃。そして中邑が、ハイキックからのボマイェで完勝した。
 
●第6試合 30分1本勝負
 永田裕志
 小島聡
 天山広吉
○真壁刀義
(11分20秒 キングコングニードロップ→片エビ固め)
×TAKAみちのく
 ハーリー・スミス
 ランス・アーチャー
 鈴木みのる
★試合経過
:キャンプ座間でも実現した連合軍vs鈴木軍の因縁対決。小島がスミスに串刺しジャンピングエルボーを食らわせ、「いっちゃうぞバカヤロー!」をファンと大合唱。しかし、アーチャーがダイビングエルボードロップを妨害し、大乱闘が勃発。完全に孤立した小島が、長時間に渡っていたぶられる展開となる。
 その後、小島がコジコジカッターで鈴木に逆襲し、替わった永田がミドルキック3連射、串刺しフロントハイキック、エクスプロイダー。対する鈴木は、エクスプロイダーをフロントネックロックに切り返した。
 真壁対アーチャーの場面では、真壁が串刺しラリアット2連発、頭部へのパンチ連射で先制するが、アーチャーがカウンタートーキックで巻き返し、仲間と共にトレイン攻撃を敢行。
 しかし真壁は、スイッチしたTAKAをカウンターラリアットで蹴散らし、キングコングニードロップで轟沈した。
 
●第7試合 30分1本勝負
 タマ・トンガ
 カール・アンダーソン
○棚橋弘至
(13分25秒 ハイフライフロー→片エビ固め)
×YOSHI-HASHI
 高橋裕二郎
 オカダ・カズチカ
★試合経過
:IWGPヘビー級王者・棚橋が登場したメインイベント。中盤に起きた大乱闘をきっかけに、オカダ組がトンガの捕獲に成功。代わるがわるの攻撃でいいようにいたぶり続ける。
 しかしトンガは、バックドロップで高橋に逆襲。タッチを受けたアンダーソンが、オカダをセントーン、ジャンピングパワーボム、カウンターゼロ戦キックなどで攻め立てる。
 終盤は棚橋とYOSHI-HASHIの攻防となり、YOSHI-HASHIがカウンターラリアット、ブレーンバスター&ネックブリーカー。さらに、オカダ組がトレイン攻撃を仕掛け、YOSHI-HASHIがチャクラムで棚橋に追撃。
 だが、アンダーソンがフロントハイキック、トンガがフライングボディアタックでアシストし、最後は棚橋がハイフライフローでYOSHI-HASHIを仕留めた。
 
 試合後、『SLAMFEST』ではお馴染みのリングアナウンサーMr.サンタナがリングに乱入し、アンダーソンにクレームをつける。するとアンダーソンがMr.サンタナと握手をするが、直後にボディスラムで叩きつけ、セントーンでKO!これで場内が大歓声に包まれると、「アリガトウゴザイマス! シンニホンプロレスリング、イチバーン!!」とマイクアピール。最後は選手たちによるスペシャルサイン会が行なわれ、今年の『SLAMFEST』は幕を閉じた。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
ariete
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ