• 2011.1.23
  • #Topics
「ミスティコはIWGPJr.タッグを相当意識してるはず」“ルチャの伝道師”が1.22、23『FANTASTICA MANIA』を徹底解説!!(後編)

待ったなし! CMLLと新日本プロレスの合同興行、1月22日、23日『CMLL FANTASTICA MANIA 2011』後楽園ホール大会がいよいよ開催目前!! そこで、今回も“ルチャの伝道師”であり、今大会の公式パンフレットも制作した大川昇カメラマンに大会の見どころを直撃した。
  
★1月22日(土)の見どころを徹底解説、前編はコチラ!
  
 
■男色ディーノ参戦に新日本の企業努力が出ている
 

第1試合〔20分1本勝負〕
マキシモ&男色ディーノvs邪道&外道
 

——さぁ、大川さん。続いては2日目、1月23日の大会ですが、まず第1試合から、男色ディーノとマキシモの“日墨ゲイ&オカマオーケストラ”が結成されます(笑)。
大川 ハハハ。いや〜、持ち上げるわけじゃないけど、「いまの新日本はこういうところに企業努力が出てるな」って思いますね。
 
——ディーノ参戦に企業努力を見ましたか(笑)。
大川 ええ。前日対戦するタイチとマキシモのギクシャクタッグでもいいわけですけど、あえて違うテイストを混ぜてくる、という部分。これまたハズレはないでしょう。
   
——あらためて、“オカマキャラ”マキシモの魅力は?
大川 新日本のお客さんは、あまりなじみないと思うんですけど、ルチャ好きの人からすると、マキシモはウルティモ・ドラゴンも何度か日本に呼んでいる、確実にお客さんを沸かすことができる鉄板選手。そこに、ヒケをとらないディーノが加わるんだから、第1試合から爆発は間違いない。この試合、ぜひ見逃さないようにしてほしいですね。
 
 
■ドラゴン・ロホ・ジュニアはデヴィットや飯伏の闘いに入っていける選手
 
  
第2試合 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー&カール・アンダーソン&ジャイアント・バーナード
vsタイチ&ドラゴン・ロホ・ジュニア&アトランティス
 

——で、第2試合は、初来日のドラゴン・ロホ・ジュニアが登場します。大川さんは、非常に評価が高いですね。
大川 ええ。CMLLとの交流が始まった頃、菅林社長と話していて、「テクニコ(ベビーフェイス)のいい選手はわかるけど、ルード(ヒール)は誰がいいんだろう?」という話になったんです。やはり、日本ではルチャドールは、「テクニコで飛べる選手」じゃないと評価されずらいじゃないですか? 
   
——たしかにそうですね。
大川 過去にアベルノ、メフィストといったルード選手も来ましたけど、僕は、「ここ数年のルードでは、ドラゴン・ロホ・ジュニアが一番いい」とずっとプッシュし続けてたんです。じつは、去年の1.4ドームに呼ぶ話もチラリとあったんですけど、タイミングが合わなくてね。
  
——まさに未知の強豪状態というか。
大川 だから、個人的に待望の参戦ですし、今大会で、唯一の初来日選手ですから、期待値はかなり高いですよ! ルードですけど、昔のザ・コブラみたいな均整のとれた身体だし。試合的には、ソンブラと対戦すると凄く噛みあうんです。今後、ソンブラvsロホが日本で実現すれば、“新しいCMLL”が見せられる。そのくらい才能があるし、前編でも言った、デヴィットや飯伏の“新世代ジュニア”の輪にルード側で入っていけるとしたら、このドラゴン・ロホしかいないです(キッパリ)。
   
——おお、それは期待できますね!
大川 ロープのリバウンドを利用した力強いライガーボム、このフィニッシュムーブも見逃せないし、派手さはないけど飛び技のフォームも一級品。とにかくカッコいいルード・ナンバーワンです。
  
■ライガーも認めた男、ラ・マスカラの“カンパーナ”(釣鐘固め)は脱出不可能!

第3試合 無制限3本勝負 CMLL世界6人タッグ選手権試合
(王者組)ラ・ソンブラ&マスカラ・ドラダ&ラ・マスカラ
vs高橋裕二郎&内藤哲也&OKUMURA(挑戦者組)

——そして、CMLL世界6人タッグ選手権。ソンブラ&ドラダ&マスカラの3人は、昨年、メキシコ遠征した棚橋弘至&タイチ&OKUMURAからベルトを奪ったチームですけど、まずはラ・マスカラについて聞かせてください。
大川 ラ・マスカラは、日本のファンにも知られている、ブラソ・デ・オロという選手の息子になるんです。
 
——日本ではグラン浜田選手らとの名勝負で知られてますね。
大川 そのブラソ・デ・オロJr.としてデビュー後、CMLLに入ると同時にオフィスから、ラ・マスカラというキャラを与えられた。最初は、お父さんの七光りという声もあったけど、いまは完全に独り立ちして、テクニコのトップの一角を占めてます。ライガーさんもメキシコ遠征でかなり評価されていたようですね。
 

——獣神も認めた二世ルチャドールですか。
大川 前編で紹介したアトランティスに近い“パーフェクトプレイヤー”というか。的確でスピーディーな飛び技が特徴です。あと、必殺技が“カンパーナ”(釣鐘固め)という固め技。彼は、この技に超高速で入るんですけど、この技が決まったらギブアップは確実。脱出不可能のフィニッシュホールドです。
 

——脱出不可能!
大川 ぜひ注目してください。テクニカルな本格派であり、ソンブラ&ドラダの司令塔として活躍するでしょう。それにね、ルチャの魅力が一番出るのはノータッチで選手がドンドン交錯する6人タッグなんです。
 

——やっぱりそうですか。
大川 とにかく試合がスピーディーだから、お客さんもキチンと観ていないと、「気が付いたら、飛ぶのを見すごしちゃった」って置いていかれるかもしれない(笑)。集中して観てほしい試合の筆頭ですね。
 
 
■ミスティコは、ダブルメインのIWGPJr.タッグをメチャクチャ意識してると思う。

第4試合 無制限1本勝負 マスカラ・コントラ・カベジェラ
タイガーマスクvs石井智宏
※タイガーマスクはマスクを石井智宏は髪の毛を賭けて闘う。
 

第5試合 無制限3本勝負 ダブル・メインイベント1
ミスティコvsアベルノ
 

第6試合 60分1本勝負 ダブル・メインイベント2
IWGP Jr.タッグ選手権試合
(王者組)飯伏幸太&ケニー・オメガvsプリンス・デヴィット&田口 隆祐(挑戦者組)

  
——タイガーマスクvs石井智宏、これは新日本ファンはご存知、マスクと髪をめぐる抗争の決着戦で、この大会のもう一つのハイライトです。で、続いてミスティコvsアベルノです。
大川 これは、ミスティコがCMLLでスーパースターになっていく過程での“究極の出世試合”です!
 
——究極の出世試合!
大川 ミスティコvsアベルノが、当時・NWAミドル級のベルトを争って、彼らがライバルとして脚光を浴びていった。ただ、その頃はまだアレナメヒコではセミファイナルで試合してたんです。それが、やがてメインイベントに昇格していった。ミスティコのサクセスストーリーに欠かせない試合です。
  
——じゃあ、かつて藤波vs長州が名勝負数え歌で、長州選手がグングンのしあがっていったみたいな感じで?
大川 まさにそうです(笑)。CMLLの一時代を築いた、ミスティコ版の名勝負数え歌。おたがい手の内は知り尽くしているし、ミスティコに目がいきがちですけど、アベルノのエゲつない攻撃にも注目してほしいですね。
  
——アベルノはエゲつない?
大川 アベルノはミスティコへのジェラシーを叩きつけるような、荒々しい試合をしてましたから。それが出せれば、日本では見れないミスティコのタフさも評価されるだろうし、そういうシリアス面も期待したいですね。……もっと言えば、この試合は2日目のダブルメインイベントの第1試合に組まれているわけですよね?
 
——そうですね。
大川 もちろん最後のメインは去年のベストバウトですから、仕方ない部分はありますけど、大会本来の意味を考えたら、この試合にはジュニアタッグを食う試合をやってもらいたい。ミスティコ自身も、そのへんはメチャクチャ意識してると思いますよ!
 

——おお! では、ミスティコの意地が大爆発するかもしれない、と。
大川 というのは、ミスティコは最初に1.4東京ドームに来日したとき、第1試合に出ましたよね。そのとき僕に「なぜ、俺がメインじゃないんだ?」と聞いてきましたから(笑)。
  
——うお〜! それは凄いプロ意識ですね。
大川 「俺のほうがお客さんが喜ぶ試合を見せられる!」と。そういうことを常日頃から言ってる人間なんでね。自分の試合への自信もプライドもある。逆に言えば、今回はミスティコの評価を日本で再上昇させる大チャンスなんです。
 
——ある意味、このダブルメインも日本vsメキシコの構図になっているというか。
大川 まさしくそうですね。だから負けられないし、もちろんミスティコも、“新世代ジュニア”の闘いに加わっていけるポテンシャルは充分持ってますから。
 
——最後に、この大会へのメッセージをお願いします。
大川 今回のカードについて、いろんな意見も聞きますけど、僕が言ってるのは、「『FANTASTICA MANIA2011』と銘打ってるんだから、今回を大成功させて、『2012』もできるようにしよう」と。だから、IWGPジュニアタッグを目当てで来たファンが、「ミスティコって凄いな!」となってもいいし、ルチャファンがジュニアタッグを見て、「トクしたな」と思ってくれるかもしれない。
 
——相乗効果が期待できる、と。
大川 その上、タイガーvs石井みたいな抗争まで入ってる。ホントに企業努力が見える、ハズせない試合が詰まってる大会ですよね。もちろんボクも本音はCMLLの選手に目だってほしいけど、今回は“夢のジュニアオールスター”的な要素も強い。「いいものはいい!」といえる大会になると思うし、おもしろいのは間違いない。とにかく頭を空っぽにして、みんなで楽しみましょう!
   
 
■『NJPW PREZENTS  CMLL FANTASTICA MANIA 2011』 
●1/22(土) 18:30  東京・後楽園ホール大会

全カードはコチラ! 
チケットはコチラ!
  
●1/23(日) 12:00 東京・後楽園ホール大会
全カードはコチラ! 
チケットはコチラ!

★なんとミスティコが 1月22日(土)14:00より、大川さんのお店・水道橋「デポマート」で撮影会&サイン会を開催!
 
  
【重要なお知らせ】
昨年、12月23日に行われた後楽園ホール大会のロビー売店にて、『NJPW PRESENTS CMLL FANTASTICA MANIA 2011』のチケットをご購入されたお客様にご案内を申し上げます。
  
こちらの手違いで日付を誤ったチケットをお渡ししてしまった可能性がございます。今一度お手元のチケットの日付をご確認いただき、誤りがあった場合には、大変お手数ですが新日本プロレスまで電話かメールにてご連絡をいただけますようお願い申し上げます。
早急にチケットの対応を行わせて頂きます。
 
新日本プロレスリング株式会社
 
■電話
03-6407-3111(平日11:00〜18:00)

  
■お問い合わせフォーム
・パソコン
ページ最下段「お問い合わせ」からメール送信下さい
 
・オフィシャル携帯サイト
ページ下部「information」→「お問い合わせ」からメール送信ください

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ