• 2009.12.10
  • #Topics
「レッスルキングダムⅣ」カード発表会見後の棚橋、後藤、杉浦、潮崎の囲みコメント!

「レッスルキングダムⅣ」カード発表会見後の棚橋、後藤、杉浦、潮崎の囲みコメント!
  
 12月10日、都内のテレビ朝日にて行なわれた「レッスルキングダムⅣ in 東京ドーム」カード発表会見終了後、棚橋弘至、後藤洋央紀、杉浦貴、潮崎豪の4選手が囲み取材に応じた。
 
■潮崎豪選手
 

 
–東京ドームという大舞台で試合をする事については?
潮崎「こないだまでGHCヘビーのベルトを巻いていたので。棚橋さんもIWGPヘビーのベルトを巻いていたので、それ相応の試合ができると思う。そういう部分を試合で見せなきゃいけないと思っているので。2010年の自分のスタートダッシュを1月4日の東京ドームで。突っ走っていくためにも」
 
–相手の棚橋は2009年のプロレス大賞でMVPを受賞したが?
潮崎「MVPだろうとなんだろうと関係無いので。それだけ2009年を引っ張ってきた人間という事で。パワーを自分の中にもらって、熱い試合をしたい」
 
–新日本プロレスとの対抗戦については?
潮崎「そういう風にうたっていなくても、ノア対新日本となるので。試合もいつも通りにはならないと思うし」
 
–棚橋対策は考えているか?
潮崎「正直、ハイフライフローしかイメージが無い。自分自身をいかに出せるか。それが一番の問題。潮崎豪のプロレスをして。どっちがハイフライか?」
 
–華やかさをイメージした試合になる?
潮崎「華やかさは棚橋さんの方が上なんで。華やかさの中に重さだったり、気持ちだったり、そういうものは俺の方が上かと。一発一発の気持ちとか」
 
–棚橋を破ればIWGP挑戦も見えてくると思うが?
潮崎「正直、次というのを考えていなかったので。棚橋さんに勝ってIWGPを取りたいと思います」
 
■棚橋弘至選手
 

 
–潮崎選手と対峙してみての感想は?
棚橋「間近で見るともっとかっこいいですね。でもプロレスは顔でやるわけじゃない」
 
–潮崎のレスラーとしての技量については?
棚橋「チャンピオンでしたけどね、まだ伸びる選手というか。実力は申し分ないと思うんですけど、まだ発展途上。だからこそ怖いというか。まぁ、僕のあれは光より速いですけどね」
 
–具体的にどの辺りが怖い?
棚橋「僕より体が一回り大きいので。ノアの大型選手の中でだと見えない部分も、けっこうパワーファイターというか、ガンガン力で押してくるタイプじゃないかなと。力ありますよ」
 
–それをいなして闘っていくと?
棚橋「それは秘密です。まぁ、これからおいおいね」
 
–現GHC王者の杉浦に勝利しているが、今後のGHC挑戦は視野に入れているか?
棚橋「ベルトと名の付くものは全部欲しいので」
 
–GHCチャンピオンの潮崎と闘いたかった?
棚橋「そうですね。チャンピオンとやりたかったですけど。まぁ、ただ僕もベルトが無いんで、そんなに言えないですけど。やっぱ試合は懸けるものが大きい方が燃えますから」
 
–潮崎は、どっちがハイフライか勝負したいと言っていたが?
棚橋「技じゃないなぁ。お互い愛すべき自分の団体を背負ってきているわけですから。そこに、新日本とノアという団体の違いというか。技が無くてもプロレスになりますし。印象としては、大技攻勢で破天荒な攻防が向こうの団体としてのカラーなので。こないだ大阪でやって違和感が無いと言ってましたけど、東京ドームは新日本プロレスの超ホームなので。僕の中では技うんぬんは無い。まぁ、負けませんけど」
 
–競うべき場所は?
棚橋「レスラーとしての誇りというか。……とかっこよさ。顔は五分! (プロレスは顔でやるわけではないという発言に対し)そう言いながら顔でやってますから、僕は(笑)。自己矛盾こそ棚橋弘至なんで(苦笑)」
 
–5月の後楽園では「ノアに煮え湯を飲まされてきた」と発言していたが、7月に杉浦に勝利し、ノアに対する今の気持ちは?
棚橋「今はそういう、過去に縛られてる思いは無い。まぁ、潮崎選手にも言えることですけど、ベルトが無くてもどれだけ光れるか。今が大事だと。特に今の俺は調子に乗ってるんで。調子乗ってて足元をすくわれるタイプと、調子乗って本領を発揮するタイプがある。完全に僕は後者なんで」
 
■杉浦貴選手
 

 
–12月6日にGHC王座を奪取し、次の防衛線まで1ヶ月を切っているが?
杉浦「6日の疲れも無いし、ダメージも無いので。もう練習もしてますし、大丈夫です」
 
–初防衛戦の相手にノアの選手ではなく、新日本の選手を選んだ理由は?
杉浦「(後藤に挑戦したいと)言われて、ノーとも言えないし。今年、1.4からはじまった事で、僕のこの今の勢いがあると思ってるので。まぁ、僕らしいんじゃないですか、初防衛戦が新日本というのは」
 
–会見中、後藤戦に対しての自信が感じられたが?
杉浦「まぁ、2回勝ってるし、タイプ的に凄く好きなので」
 
–ベルトを巻いて上がるという部分で、これまでとの対抗戦とは気持ち的に違うか?
杉浦「いやっ、前もドームでベルトを巻いてJr.で(※2004年1月4日、GHC Jr.王者として登場)。僕の中ではあんまりベルトがあるからとか、今年は三沢(光晴)さんが横にいたけど、来年はいないとか、そういうのは無いですね。タイトルマッチというよりも対抗戦という方が、僕の中で占めている事が大きいですね。ワクワクする感じが。内容もですけど、結果もしめないといけないですね」
 
–記念撮影中、敬礼ポーズをしていたが?
杉浦「何か乗り移ったんでしょうね(苦笑)。この人に(青義軍)Tシャツをもらったので」
 
–試合順については?
杉浦「できるだけ後の方がいいですよね。GHCのタイトルマッチを下には見られたくないから」
 
–メインにしろという気持ちは?
杉浦「あんまり言うと、菅林(直樹)社長に……(苦笑)」
 
–メインとなるであろうIWGP戦を意識しつつ、GHC戦に臨むと?
杉浦「そういう闘いもありますよね。IWGP戦よりもGHC戦の方がスゲェ面白かったと思わせたいし」
 
–現IWGPヘビー級王者の中邑真輔には「G1 CLIMAX 2009」で敗れているが?
杉浦「今、俺がベルトを持っていて、1月4日に勝って何か見えてくるかもしれないし。どうなるか、終わってみないと分からないですね」
 
–1月4日に向けて特別な調整はするのか?
杉浦「年末、正月は返上ですね。コンディションは良くしたいので、あんまりのんびりはできない」
 
–「G1」以後の後藤の試合は見たか?
杉浦「見てないですね。今までと同じでは逆に困りますし、僕もだいぶ違ってますから。今年の1月4日(のカードで)、三沢さんはいないですけど、僕と相手が中邑、後藤だったので。3人がタイトルに絡んでいるというのは、頑張らないとと思います」
 
■後藤洋央紀選手
 

 
–過去2回の敗戦があった事で、今回の意気込みの高さが伺えたが?
後藤「もちろん、後が無いというのは変わりが無いですし。次、負ける事は考えていない。勝つ事しかない」
 
–後藤選手の中でGHC王座の印象は?
後藤「イメージはノアと。それしかない」
 
–過去、永田裕志、蝶野正洋、棚橋が挑戦して敗れているが?
後藤「新日本の選手が取った事が無いベルトなので、取れば美味しいなと。一つ、また快挙を成し遂げてやろうかなと」
 
–打倒杉浦へ向け、具体的にどの辺を修正していくか?
後藤「負けたというのは、自分の実力不足というのが一番にあるんですけど。先日、田中将斗選手と闘いましたけど、そういうものを乗り越えてきているので、自分自身、あの時とは一つ成長しているという自負があるんで。あの時と違う結果がついてくると思います」
 
–田中戦ではスライディングラリアットを初披露したが?
後藤「偶然生まれたものですけど、そういうものが出せれば、今後にも繋がると思うし。そういうものが出てきたという事は、俺自身が柔軟になってきているというか、一つの成長した結果じゃないですかね」
 
–メインではIWGP戦が行なわれると思うが、同じタイトルマッチとして意識はしているか?
後藤「自分自身がIWGPを目指している最中なので、IWGPも取れるんだというところを証明したいというか」
 
–GHCを奪取した後、IWGPとの統一戦を考えている?
後藤「(今回のGHC戦は)一番の近道というか、今、俺に与えられているIWGPへの。やっぱり、IWGPへの思いが強いですよね」
 
–杉浦戦に向けて、特別な調整などはするか?
後藤「もう1度VTRを見直して、研究しようと思っています。GHCのベルトを取ったら、ノアの巡業を回って、俺がノアを潤すと。こんなんですけど、責任感は強いんで」
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ