• 2009.11.4
  • #Topics
「新日本プロレスへ一番ケンカを売っているのは、棚橋弘至ですよ」永田裕志選手インタビュー【後編】

「新日本プロレスに一番ケンカを売っているのは、棚橋弘至ですよ」永田裕志選手インタビュー【後編】
 

 
 言っちゃっていいんだね? 先日は待望の第一子も誕生して絶好調の永田裕志選手インタビュー。今週は、永田選手が語る中邑真輔選手の“猪木発言”から、11月8日両国大会の中邑vs棚橋戦の展望、そしてIWGP戦線へ異議申し立て!?
 
■神戸大会の中邑のマイクにはビックリしましたよ
——現在、沈静化しつつあるとはいえ、ここ最近の新日本マットでは、中邑さんの“猪木発言”が注目を浴びてましたね。
永田「う〜ん。なんか、よくわからないね。なんでこういうタイミングで猪木さんを急に意識し始めたのかなって? 大阪ドーム(04年11月13日)で殴られて以来、アントニオ猪木とは距離を置いてきた男なのに(笑)」
 
——確かにそうですね。
永田「だから、あのマイクはビックリしましたよ。要するに、アントニオ猪木という人が残した軌跡と勝負するって意味なのか……。ただね、そこは新日本プロレスである以上、誰でも通らなきゃいけない、ベルトを巻く人間が誰でも通らざるを得ない部分なんですよ」
 
——IWGPを獲ったら、必ず意識しなくてはいけない。
永田「ただ、猪木さんと同じじゃダメなんです。でもね、中邑ってのは、“プロレスとは闘いだ”、“ケンカだ”“強さだ”“怒りだ”っていう新日本の正統的なカラーを継承する人間ですから。本人も意識してるでしょうし。それが、突然『猪木——っ!』ってのは、アイツもKYだったのか、計算づくだったのか……俺にもよくわからないんですけど」
 
——さすがの永田さんでもわからない。中邑選手は、いまのプロレスに対する危機感も込めてるようですけど。
永田「でも、『いまのIWGPベルトには輝きがない』とも言ってたでしょ。ただ、そういう言われ方をすると、俺からすると『ん? それは違うな』と」
 
——IWGPを批判されたら、黙ってられない?
永田「ハッキリ言わせてもらえばね、『じゃあ君たち、いったいIWGPのベルトに年に何回挑戦しているの?』と。俺なんか、純粋に挑戦したことなんて、たったの4回ですよ! さらに、4回のうち戴冠したのは2回。そのうち1回でIWGPの連続防衛記録を持っているわけですから!!(自信マンマンに)」
 
■「『輝きがない』が言葉通りの意味なら、それは彼らの責任ですよ!
——挑戦回数という点で、棚橋さんや中邑さんは恵まれすぎている、と?
永田「IWGPってのは、本来そんなに簡単に挑戦できるもんじゃないですよ! それぐらい敷居が高かったものを会社が危機的状況になったとき、彼らを一日も早く育てなきゃいけないということで、力不足でもチャンスを与えて、彼らや会社を底上げしてきた。そうでしょ?」
 
——それが、ここ数年の中邑&棚橋体制という部分はありますね。
永田「彼らへの温情込みで、会社が挑戦させてきたのがここ数年のIWGPの歴史ですよ。そこを当事者が『輝きがない!』なんて言ったら、自分たちがやってきたことを否定することになる」
 
——なるほど
永田「『輝きがない』というのは、もしかしたら棚橋のスタイルへのあてつけかもしれない。でも、そうでなくて言葉どおりの意味なら、それは彼らの責任ですよ!」
 
——元王者しか言えない重い言葉ですね。
永田「自分ではいたツバを自分で飲み込むことになるんじゃないの? と。……そして、俺に対するあてつけもあるなら、これは俺だって出ていかなきゃいけない(真剣な表情で)」
 
——永田さんもしばらく挑戦していないですし。
永田「まぁ、僕もオリンピック男ばりに、何年に一度しか挑戦させてもらえないですから(笑)。でも、そろそろいいんじゃないかなって」
 
■アントニオ猪木への一番のアンチテーゼは棚橋じゃないですか?
——ただ、こういった流れを踏まえての今回の中邑vs棚橋戦(11月8日両国国技館)は興味深いですね。
永田「そうですね。でも、棚橋ってあのスタイルを新日本で貫きとおしたでしょ? 俺なんか、ある意味で新日本の本流に対して、一番ケンカを売ってきたのは棚橋じゃないかなって?」
 
——異分子としての存在感は、ピカイチですよね。
永田「ああいうアメリカンプロレス的なスタイルで、試合中に間をとったり、相手から意図的に目を逸らせしたり、オーバーアクションしたり……。いわゆるストロングスタイルの定義から離れたスタイルを貫いて、結果的にある程度の支持を得て、確立してしまった。だから、アントニオ猪木に一番ケンカを売っているのは、棚橋かなと思いますよ」
  
——ああ、中邑さんじゃなくて。
永田「むしろ、アントニオ猪木への一番のアンチテーゼは棚橋じゃないですか? 逆に、中邑の今回のやり方は強引だけど、猪木さん的な新日本本流のスタイルを貫くということだろうし」
 
——ここまで世界観の違う二人が同じ団体内にいるのは、凄いですよね。
永田「そうだね。両国は、その二人によるイデオロギーとプライドのぶつかり合いになる。確かにこれはおもしろいですよ」
 
——そして臨戦態勢を整えながらも、永田さんは青義軍を引っ張っていく、と。
永田「井上とのコンビで『G1タッグ』で中邑&矢野組に勝った(中邑選手からピンフォール)けど、俺の実力を考えたら当然のことですから。ただ、井上もよくなってきてるし、マシンと平澤のコンビも先日一勝を上げました。千里の道も一歩から、この一歩を大切にしながら、頑張っていきたいな、と。それに、私が衰えないうちに、いろいろリングに残したい気持ちもあるんでね(笑)」
 
——お子さんにもその勇姿を見せなきゃいけないですし。
永田「そうですね。いまから成人まで待ったら、還暦までやらなきゃいけないハメになるけど(笑)。まぁ、見ててください!」
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ