• 2009.1.5
  • #Topics
棚橋、永田、タイガーの“3王者”が揃い踏み!/「レッスルキングダムIII」一夜明け会見

棚橋、永田、タイガーの“3王者”が揃い踏み!/「レッスルキングダムIII」一夜明け会見

 

 
 1月5日、新日本プロレス事務所にて、昨日1月4日東京ドーム大会で激闘を演じたIWGPヘビー級王者・棚橋弘至選手、世界ヘビー級王者・永田裕志選手、IWGP Jr.ヘビー級王者・タイガーマスク選手の“3王者”が一夜明け会見を行なった。
 
 まず、会見に同席した菅林直樹社長が、次期シリーズの一部対戦カードを発表(別項参照)。棚橋選手の初防衛戦の相手として中邑真輔選手を選出した理由を「武藤敬司選手を倒した棚橋選手の強い意向です。(中邑選手の挑戦は)まだ早いのではないかという意見もありましたが、私が与えた“対ノア”でしっかりと結果を出したのが決め手となりました」と明かした。
 また、TNAに流出したIWGPタッグ、Jr.タッグについて、「すぐにでも渡米させて取り戻させたいですね。悔しくてしょうがないでしょうから。G・B・Hは聞いてないですけど、NO LIMITはすぐにでも行かせてくれと言っていました」と話していた。
 その後、“3王者”はそれぞれコメントを述べた。
 

 
■棚橋選手のコメント
「今朝起きてみて、膝が痛いなと。股関節まで痛くなっていたので、攻められたなと実感しました。試合中、武藤さんがミスをする事があって、気持ちもイーブンになったし、猛攻も耐えてベルトを取り戻せてよかったです。ケガから今までが長い、長いプロローグだなと。これからチャンピオンとして好きに振舞って、どの会場もフルハウスにして、最終的には“フルハウス・チャンピオン”と呼ばれるようにします」
 
■永田選手のコメント
「ここ2年ほど、年明けの試合は負けが込んでいましたが、昨日は結果を出す事が出来ました。正直、ここ3ヶ月ぐらい自分の体調があまりよくなくて、その中でもいい状況で持っていきましたが、体調的な不安から『どこまで出来るかな』っていう気持ちがありました。そんな中で、試合後にたくさんの方々から(大会の)ベストマッチだったというような言葉をもらって、ちょっと自信になったなと。まぁ昨日はいい試合がたくさんありましたけどね。今回は、カード的に(昨年)10月の再戦で話題性が低かったですけど、よくあそこまで魅せられたなと。それは僕の力だけじゃなくて、田中(将斗)選手の力量が素晴らしかった。田中選手は敵ですけどね、豪華な東京ドーム大会の中で僕達の試合がベストだったと評価されたから、『やったぞ、田中』とエールを送りたい部分があります。今年の抱負を言わせてもらいますと、棚橋が一生懸命頑張って素晴らしい試合をしてIWGPのベルトを取り戻しました。でも、昨年1年間を考えると、中邑とか後藤(洋央紀)とかね、若い選手達が武藤さんに挑戦したけど、翻弄されてベルトを獲れなかった。やはり武藤さんの凄さばかりが出て、彼らの力量がまだまだ青いという現実は、ちょっと僕らは彼らを後押しし過ぎた。本来、もっと壁になるべきところで一歩引いたから、彼らの力量を高められなかったのかなと。それをちょっと反省しました。2年くらい前に何回もシングルマッチをやった事で、棚橋弘至っていうレスラーの力量を高め、今回、棚橋が武藤さんからベルトを獲れたっていうのは、色んな意味で貢献したのかなという自負もありますし。今年は、改めて彼らの前にデカい壁として立ちはだかりたい。機会があれば、チャンピオンの棚橋の前にも立ちたい」
 
■タイガー選手のコメント
「このタイトルマッチを無理を言って組んでもらって、まずその面子を保てたかなと。あとは、(ベルトを)海外流出させてしまった責任をとれてホッとしています。相手のロウ・キーに関しては、やはり素晴らしい選手です。彼がG・B・Hにいたのは、このJr.のベルトを獲りたいがためだったのかなと。昨日の試合を見れば分かるように、彼はそういうチームにいてもいなくても関係なく、本当に素晴らしい選手だと思っている。彼がまたこのベルトに挑戦したいと言うなら、いつでも受けます。このベルトを獲った以上、“常勝チャンピオン”として、タイガーマスクの時代をもう1度作ります。そして、Jr.の象徴と呼ばれるように、このベルトを守り続けます」
 

 
■マスコミとの質疑応答
–昨日の試合後、ミスティコ選手が挑戦をアピールしていたが?
タイガー「ミスティコ選手は、メキシコでもよく僕の名前を出してくれていると聞いて。昨日もビックリしてね(笑)、終わった後にああいう形で挑戦したいと言ってきてくれた。僕にとっては試合が出来れば願ったり叶ったりなんですけど、ミスティコ選手がもっと新日本のシリーズに参戦してくれればチャンスがあるだろうし。昨日、(獣神サンダー・)ライガーさんも挑戦に名乗りをあげているようですし。僕は常々“対外国人選手”と言っていますけど、ライガー選手がそう言っているなら、誰の挑戦でも受けると。さっきも言ったように僕は常勝チャンピオンを目指しますので、このベルトは絶対に渡さない。誰が来てもOKですね」
 
–大谷晋二郎選手が挑戦を訴えているが?
永田「大谷晋二郎が出てきていますけど、このベルトを獲る前に完全に退いていますので。何かハクをつけてもらわないと。ちょっと簡単には(挑戦を)受けたくないですね。田中選手とは2回やったけど、僕に1回敗れた後にタッグながら僕からフォールを取っているし。そういう“行ける”っていう実績を、大谷なりZERO1の選手が得れば挑戦を受けます。それがなければね。ZERO1ばかりに目を向けていましたけど、新日本の中でもいいし、他の世界でもいいし、これのベルトを懸けるチャンスがあればやってみたい」
  
–IWGPヘビーに興味はあるか?
永田「さっきも言ったように、団体の底上げのため、自分自身の挑戦のためも含めて、もう1度壁にならなきゃいけないという気持ちがありますから、機会があればIWGP挑戦も視野に入ってくる。まぁ周りが自然と僕を押し上げてくれるでしょう。焦ってはないですよ。せっかく棚橋が新日本に取り戻してくれたんですから。昨日の必死に武藤さんから勝ちにいく、棚橋の闘いぶりは素晴らしいなと。こういう棚橋がやっぱり本物だなと、僕的には。本人の力量が一番出るのは、昨日みたいに必死に勝ちにいく試合だと思いました。まだ厳しいなと思えば、また僕の出番が出てくると思いますし」
 

 
–中邑戦が決定したが?
棚橋「俺は100年に1人の逸材。言わせてもらえば、レスラーとしての格が違いますから。僕の認識とファンの認識にまだズレがあるので、それをしっかり見せたい。とは言いつつも、去年2回負けているので、しっかりと決着をつけないと。これから輝かしいチャンピオンロードが待っているので」

–王者としての抱負は?
棚橋「防衛しまくりたいですね。短いスパンでいいんで、月に2回くらいタイトルマッチをやって、20回防衛して“永田さん越え”をという、常に大きい野望を。初詣で(おみくじで)大吉を引いて、初戦のタイトルマッチで勝って、こんなに縁起がいい男はいない。会場に来て触って下さい。ご利益がありますよ」
永田「(棚橋にIWGPの防衛)記録が破られそうになった時に、出てきたらカッコイイかなと。10回目の防衛戦で僕が出てきたら大会も盛り上がるし、僕的にもカッコイイかなと。一瞬、ちょっと頭をよぎった。まぁ防衛を阻止しないとかっこ悪いでしょうけどね(笑)」
 
 また、会見中にタイガー選手は「このJr.のベルトは、歴代の選手達が巻いてきて凄く思い入れがありますが、これからのJr.を盛り上げていく為にも、新しいIWGP Jr.のベルトを作って頂きたいです。よろしくお願いします」と、ベルト新調を菅林社長に懇願。菅林社長は、検討すると話し、“3代目”IWGP Jr.のベルトが誕生する可能性が浮上した。
 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ