• 2009.1.1
  • #Topics
トンガリコーンズが一夜限りの復活!/1月1日ZERO1後楽園大会試合結果

トンガリコーンズが一夜限りの復活!/1月1日ZERO1後楽園大会試合結果
 
1月1日(木・祝)
ZERO1「Genesis 2009」
東京・後楽園ホール
 
第3試合
30分1本勝負
「One Day Bond」
○藤田ミノル
 日高郁人
(21分23秒 サスケだましセグウェイ→片エビ固め)
×澤宗紀
 稔
 
=試合経過=

 
 序盤、日高に押し込まれた稔が場外エスケープ。最前列に座っていた観客のパンフレットを読んで息を整える。リングに戻り、交替した藤田が登場すると、場内が大きな「ミノル」コールに包まれる。それを聞いた稔は、「自分のことではないのか?」と複雑な表情を浮かべる。
 
 その後は、4者によるスピーディーかつスリリングな展開が続き、両チームとも一歩も引かない。そんな中、「明けましておめでとう、後楽園!」叫んだ稔が、膝十字固めで日高を捕獲する。替わった澤は日高へ張り手、ローリングソバット、キック、ニールキックを高速で連射。さらにコーナーでLOVEポーズを決めて追撃を狙うが、四つんばいになった日高を踏み台にした藤田が、強烈なドロップキックを浴びせる。
 それでも澤は日高と藤田の足を同時に掴み、二人まとめてドラゴンスクリュー。その直後に逆転された澤だったが、日高組の連携を阻止して藤田へ卍固め。稔は日高にコブラツイストを極めてアシストする。
 
 澤対藤田になり、澤がシャイニングウィザードからフォールに行くが、日高がカット。その日高を場外に落とした稔がプランチャで飛ぶが、かわされてしまい自爆。リング上では澤が日高組に捕まり、合体殺法の餌食となる。
 
 澤を救出しようとした稔だったが、日高のショーンキャプチャーで捕獲されてしまう。その間に藤田がサスケだましセグウェイ(変型ノーザンライトボム)で澤を沈めた。
 
=試合後コメント=
稔「俺と澤、正直、接点はあんまりないんですよ。今日はとりあえず藤田と日高が組むということで、お年玉的なカードということで、俺と澤が組ませてもらったと思うんですけどね。まぁ、機会があったら、また澤と組めたらいいと思いますね。澤とのタッグだったら、(格闘探偵団)バトラーツだろうが、LLPWだろうが、どこでも行きますから。な、“澤子”!」
澤「そうですね、ハイ! じゃあ、女装で(やって下さい)」
 
第4試合
30分1本勝負
ニューイヤービッグファイト
○中西学
(14分56秒 大☆中西ジャーマン)
×佐藤耕平
 
=試合経過=

 
 序盤はグラウンドでの静かな展開。しかし、パワーで勝る中西が徐々に佐藤を追い込んでいく。
 
 中西は佐藤を場外に放り投げ、エプロンから飛び降りて手刀攻撃。さらに逆水平チョップを叩き込み、鉄製のフェンスに思いきり叩きつける。佐藤が反撃してくると、地獄突き、クロスチョップ、一本足頭突きで黙らせる。
 
 リングに戻った中西はヘッドバットとストンピングを乱射し、「こんなもんか、オイ!」と佐藤に叫び、ツバを吐きかける。これに怒った佐藤がキチンシンク、キック3連射、フロントスープレックスで反撃。しかし、中西はスープレックスを狙う佐藤を引き剥がし、サイドバスター、ニードロップで再び攻勢に転じる。
 
 それでも、雪崩式ブレーンバスター、ジャーマンスープレックスホールドで反撃する佐藤だったが、中西はカウンターの水車落としで逆転。さらにコーナー最上段からの雪崩式ブレーンバスターで追い討ちをかける。
 
 しかし、佐藤は中西のラリアットを耐え、ジャーマンスープレックスホールド。これをカウント2で返されると、ロープに走って追撃を狙う。ところが、その後ろから組み付いた中西が、大☆中西ジャーマンで佐藤から3カウントを奪った。
 
=試合後コメント=
中西「相手も是が非でも勝ちたかったと思うけど、俺とやるんやったら、佐藤耕平をもっと貫いてぶつけて来い。そうしひんと、なんもないぞ。俺は1月4日の(東京)ドームで、秋山準(プロレスリング・ノア)に対して中西学を貫く闘いをする! そして、必ず奴をブッ潰す! 今年も貫いて行くぞ、俺は」
 
第6試合
30分1本勝負
ニューイヤースペシャルマッチ
○大谷晋二郎
 高岩竜一
 金本浩二
(20分34秒 スパイラルボム→エビ固め)
×田中将斗
 邪道
 外道
 
=試合経過=

 
 かつて、新日本マットで暴れまくった金本、大谷、高岩のトンガリコーンズが復活。3人は、金本が以前使用していた入場曲「ジャンクション」で登場。邪道、外道、田中のコンプリートプレイヤーズと対峙する。
 

 
 序盤は、6選手それぞれの持ち味が出た一進一退の攻防が続く。その後、場外乱闘を境にしてコンプリートプレイヤーズが高岩を捕獲。試合を優位に進める展開となる。
 
 息の合った反則殺法にさんざん悩まされた高岩だったが、両腕ラリアットで邪道と田中を吹き飛ばして脱出に成功。タッチを受けた金本が外道を捕らえると、大谷も田中を捕獲。顔面ウォッシュの競演で場内を沸かせる。
 
 終盤、コンプリートプレイヤーズが大谷にトレイン攻撃を敢行し、田中と外道がそれぞれコーナー最上段に立つ。そして、田中がスーパーフライでダイブするが、大谷はヒザを立てて回避。すかさず入った高岩が、コーナー上の外道を捕まえ、そのままデスバレーボム。これで大ダメージを負った外道を大谷がスパイラルボムで仕留めた。
=試合後コメント=
金本「“とうもろこし”は8年半ぶりか。あの頃はガムシャラに若さで突っ走ったけど、今はキャリアを積んできてインサイドワークがあるような感じがしたな」
高岩「多少、計算も使ってますね。向こうはタッグとしては百戦錬磨なんで。いい試合やったと思いますよ」
金本「俺の昔のテーマ曲が鳴った時、大谷と顔を見合わせて『懐かしいなぁ〜』って言っていた。懐かしさを感じて“さぶいぼ”が出たな(笑)」
 
※大谷は1人で後からコメント
大谷「正直ね、入場する前にかかった『ジャンクション』がメチャクチャ懐かしく感じたね(笑)。あの曲、前奏が長いんですよ。いつも3人で待っていた時、よくそういう会話をしていたことがあってね(笑)。凄く懐かしく感じた。それと、これだけ何年も組んでなくても自然と(体が)動くんだなという。まぁ、(1/4)ドームでは(永田裕志を倒して)田中がきっちり(世界ヘビー級)ベルトを取り戻してくれると思う。そうしたら、俺が田中に挑戦し、内容を見せた上でチャンピオンになる。万が一、田中がまた“行かれる”ことがあったら、刺し違えてでも俺が獲り返しに行く」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ