• 2008.12.28
  • #Topics
4年ぶりに復活の“ジュニ☆スタ”が、望月&大谷に快勝!/12月27日武勇伝後楽園大会試合結果

4年ぶりに復活の“ジュニ☆スタ”が、望月&大谷に快勝!/12月27日武勇伝後楽園大会試合結果
12月27日(土)
“武勇伝スペシャル”
望月成晃デビュー15周年記念大会
東京・後楽園ホール
 
メインイベント
60分1本勝負
タッグマッチ 〜望月成晃デビュー15周年記念試合〜
○金本浩二
 稔
(22分48秒 アンクルホールド)
×望月成晃
 大谷晋二郎
  

 
=試合経過=
 金本&稔のジュニア☆スターズが、2004年10月9日両国大会以来、約4年ぶりに復活。稔は当時を彷彿とさせる紫色を基調としたコスチューム、そして当時のテーマ曲で入場。最後に主役の望月が登場すると、会場のボルテージは最高潮に達する。
 
 キック、関節技を主体とした望月と稔のB’s対決で幕開けとなる。その後、ジュニ☆スタは素早いタッチワークを駆使して、望月を集中砲火。金本が鋭いキックを浴びせれば、稔は望月の脚にダメージを与える。途中、金本の飛び膝蹴りが稔に誤爆し、あわや仲間割れかという場面が訪れるも、次の瞬間、金本、稔は合体ミドルキック、合体ドロップキックで望月を撃退。好連携で試合の主導権を握る。
 
 脚攻めに苦しむ時間が続いた望月だったが、会場の大声援、大谷からの檄を受けて、キックで2人を分断。続けざまに放ったドロップキックでいっぺんに蹴散らし、大谷のもとへ。
 大谷の顔面ウォッシュを受けた稔は、押し込み返して十八番を奪う顔面ウォッシュへ。シメの1撃に低空ドロップキックを浴びせ、蹴り脚を取らせての裏膝十字固め。これは望月がカットすると、大谷はレッグラリアットで逆襲。
 稔対望月となり、稔のフィッシャーマンバスターを丸め込みで切り返した望月はツイスターを狙うが、これは稔が飛びつき腕ひしぎ逆十字固めで切り返す。だが、望月もエプロンに追いやった金本に水面蹴りを放ち、ランニングサッカーボールキック。
 

 
 4人が入り乱れてダウンした後、望月は金本のキックをさばいて蹴り倒し、フォールへ。カウント2で返されると、今度は大谷がドラゴンスープレックスホイップ。ここから金本に、望月が三角蹴り、大谷がスワンダイブミサイルキック、望月が一角蹴り、そして大谷がスパイラルボムと大技攻勢。しかし、ここは稔のカットが間に合い、カウント2で終わる。
 さらに望月がツイスターを狙うと、金本は空中で回避してアンクルホールドへ。稔はカットに来た大谷にハイキック、ミノルスペシャル。望月は何とか自力でロープエスケープ。
 

 
 すると、今度は望月に、金本がキック連打、稔が顔面への低空ドロップキック、金本がファルコンアロー、稔がFIRE BALLスプラッシュ、金本がムーンサルトプレスとスパート。これは、大谷が寸でのところで救出するも、稔がプランチャで分断。リング上では、金本が望月にタイガースープレックスホールド。望月がカウント2.9でキックアウトして意地を見せると、金本は打撃乱射。望月も打撃で対抗し、延髄斬りへ。すると、金本はこれをかわしてアンクルホールドで捕獲。リング中央でガッチリと絞り上げ、粘る望月を遂にギブアップさせた。
 
 試合後、大きな拍手が起こる中、望月はマイクを握って後楽園のファン、稔、大谷、金本の順にそれぞれメッセージを贈る。そして、金本にはDRAGON GATEの来年1月23日後楽園大会への参戦を要請。場内が大きく沸くと、金本はこれを受諾し望月とのタッグ結成を宣言。
 最後は、今大会に参戦した選手数名もリングに上がって望月を胴上げし、15周年を祝った。
 
=試合後コメント=

 
金本「(コメントブースで稔と握手し)もうね、仲間割れしそうになっても、稔の目を見たら作戦やと、すぐに分かりましたから。久しぶりに組めて凄く嬉しかった、今年の最後という試合で。来年も組めたらいいんですけどね、ジュニ☆スタとして。まぁ、組むかどうかは本人のあれなので。俺はやりたい。今日は楽しかった。俺がやられて稔にタッチした時も、任せて大丈夫だという気持ちがあって、焦って無かった。信用しているので」
稔「俺も金本さんと同じですね。最高に楽しかった。こういうカードを組んでくれた望月さんに感謝したいですね。今年2月に、金本さんと当たる時は一戦一戦大事にしていきたいと言って、腹の中ではジュニ☆スタをいいタイミングで出来ないかなと思ってたので。組めて最高に嬉しい。ジュニ☆スタで2000年6月、はじめてIWGP Jr.タッグを獲った時のこれ(レガース)を引っ張り出してきて、それくらい気持ちが入っていたし。絶対に勝ちたかった。望月さんとも8〜9年ぶりにB’s対決をやって、俺の中でやりたかったテーマ、夢が一気に叶ったような感じ。今年最後にして最大の試合だった。金本さんは組んだら本当に心強いし、託したらもう大丈夫という安心感がある。あん時裏切らなきゃ良かったと思いました(苦笑)。何で裏切ったのかなぁって」
金本「それは俺もや(苦笑)。今日のファンは分かったと思う。あの時のプロレスの熱、何故このタッグが凄かったのかを」
稔「世代交代と言われて若い選手が伸びている中で、年齢的にも35以上の人間がメインを飾って。でも、この4人が大熱狂させたのは、90年代の(新日本)Jr.は凄かったという事ですよ」
金本「(1月23日後楽園大会参戦の件について)アイツの考えている事は、組んでクソ生意気な若い奴らをボコボコにしましょうと。俺、そういう試合好きやから。リング上でしっかりとモッチーの言葉を受け取りました」
稔「まぁ、まとめて言える事は90年代のJr.は最高、そしてジュニ☆スタは最高と言う事です。分かったと思います、今日の超満員のお客さんは」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ