• 2022.5.2
  • #Topics
「あんな状態で『俺のほうが強い、俺の時代だ!』と言われても誰も納得しない」“IWGP世界ヘビー級王者”オカダが6.12大阪城のジェイ戦に意気込み! 海外との扉、AEW合同興行にも言及!!【5.1一夜明け会見】

5.1福岡PayPayドーム大会から一夜明けた5月2日、都内にて内藤哲也を相手に4度目の王座防衛に成功し、6月12日(日)大阪城ホールではジェイ・ホワイトの挑戦を受けることになった“IWGP世界ヘビー級王者”オカダ・カズチカが会見に登場した。

■『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』
6月12日(日) 12:30開場 14:00試合開始   
大阪・大阪城ホール   
★チケット情報はコチラ!
★カード情報はコチラ!


【6月12日(日)大阪城ホールの主要カードが決定!】“IWGP世界ヘビー王者”オカダがジェイを迎撃!

■オカダ・カズチカ選手のコメント



「こんにちは。昨日はですね、内藤さんと今年3回目の対戦で、しっかりと防衛することができて。今年3回目でしたけど、凄い楽しい戦いをすることができました。本当にありがとうございました。そして21年ぶりの福岡PayPayドーム大会、会場に来られたお客さん、『新日本プロレスワールド』で観られたお客さん、本当にありがとうございました。

そしてね、『本当にすみません』と言いたいなと。シッカリと僕が勝って終わりじゃなくてですね、ヘンな乱入がありまして。そして今回、『DOMINION』でタイトルマッチ、決定しました。ただね、来てるんだったら試合すればよかったんじゃないかなと、僕は思いますし、試合をして結果を残して、チャレンジャーとして堂々と『俺がチャレンジするんだよ』というようなかたちで来たらよかったんじゃないかなと思います。ただ、あんなに内藤さんにボロボロにされた状態でブレードランナーして、『俺のほうが強い、俺の時代だ!』って言われても誰も納得しないと思いますし。

そのへんはシッカリと、僕がね、ひさしぶりのジェイ・ホワイト。いつぶりの来日かわからないですけど、シッカリと教育して。もしかして『ジェイ・ホワイトって誰ですか?』って、知らないお客さんもいるかもしれないですし、そこをシッカリと戦って。乱入じゃなくて、プロレスをシッカリ、お客さんを満足させたいと思います。

でも、やっぱりBULLET CLUBが集まって、あれだけの盛り上がりが生まれたのは事実ですから、それは新日本プロレスにとっては凄いありがたいことだと思いますし。だけども、チャンピオンとしてシッカリと、プロレスのよさをみなさんに伝わるような戦いを、これからもしていきたいと思います。

とりあえずは、僕は次はワシントンDC大会なので。日本はね、『BEST OF THE SUPER Jr.』。ジュニアの戦いをアメリカから、『ウォ、この試合みたいな!』っていうような戦いが、僕に届いたらたくさんチェックしたいなと思いますので。いま聞いてる、観てるジュニアの選手はたくさん熱くなって、盛り上げてください。」

■質疑応答



――ジェイ選手とはかつて抗争を繰り広げ、ジェイ選手がこだわっているマジソン・スクエア・ガーデンで戦ったこともあります。あらためて、最近のジェイ選手をどのようにご覧になってますか?

オカダ 何も見てないですね、ハイ。まあ、アメリカでやってるっていうのは知ってますね。新日本のアメリカの大会とかに出てるのは知ってますけど、それくらいですかね。何をしたのかなっていう。僕、好きじゃないですけど、ただ出てきて『俺が挑戦する』っていうのはよくわからないですし。本当にふさわしい相手なのかなってのは、ちょっと思います。

マジソン・スクエア・ガーデンの時は凄かったかもしれないですけど、そのときがピークだったかもしれないですし。まあ、またそれまで(6.12大阪城)戦えるかわからないですけど、戦えるなら何かを残してもらいたいなと思います。
そのくらい僕も、昨日内藤さんに勝って、いまの新日本プロレスで僕が一番だと思ってますし、最強だと思ってるので。まあ、あらたな人が出てくるっていうのは、いいんじゃないかなと思ってます。

――昨日、BULLET CLUBにカール・アンダーソン、ドク・ギャローズ、ジュース・ロビンソンがBULLET CLUBに加わりましたが、これらの動きに関してはどう思いましたか?

オカダ 正直まあ、凄いBULLET CLUBの勢いがこれから出てくるなと思いましたね。正直、このコロナ禍になってから一番勢いのなかったユニットになるのかなと思いますし。結局、BULLET CLUBって外国人主体のユニットだと思ってますし、そこにシッカリとメインの外国人選手がたくさん帰ってきてるので、そこはまあ、僕たちだけじゃないと思いますし、いろんな選手が戦って、止めていこうというのがあると思いますんで。それが今回の『DOMINION』の戦いだと思ってますんで。まあ、新日本プロレス、おもしろくなってきたなという感じではあります。

――何度も戦ってきたアンダーソン選手個人については?

オカダ いや、アンダーソン個人には、まあべつに……、なんですかね。何回も戦ってますし、それこそ10年前、『G1』の決勝で戦ったりとか。そのあと、アメリカに行っての活躍っていうのも知ってますし。まあでも、凄くなって帰ってきたのか、ダメになって帰ってきたのか、それは6月の戦いとかでやっとわかると思うので。それはそれで楽しみになるんじゃないかと思います。また、戦うこともあると思いますし。ワクワクはするんじゃないかと思います。

――いままで閉じていた海外との扉が開いたんじゃないか、という印象を受けたファンも多いと思います。オカダ選手もワシントンで試合がありますし。“vs世界”という戦いについては、いまどういうふうに思っていらっしゃいますか?

オカダ そうですね、『BEST OF THE SUPER Jr.』でもたくさんの外国人選手が来ますし、僕ももうすぐですね、ワシントンDCに行くんですけど。やっぱりこう、ずっと日本人だらけ、日本の中でやってきた中で、世界の人たちに届いてない戦いっていうのもあると思うんですよね。やっぱり外国人選手と戦うから、海外まで届くという戦いも、いままで何回もあったと思いますし。そういうまた海外のファンの人が、また新日本プロレスに注目してもらえるようなときが来たのかなと思いますんで。『BEST OF THE SUPER Jr.』もそうですし、僕も海外行って、いろんな選手、いろんな戦いっていうのを、また海外の人に観てもらって、また新日本プロレスが一段と盛り上がってくるんじゃないかと思ってます。

――少し気の早い話かもしれないですが、『DOMINION』の先にはAEWと合同興行をやるというニュースも流れていますし、そのあたりは意識されていますか?

オカダ まあ、そうですね。AEWとの合同興行、どういうカードかまだ全然わからないですし。でも、やるって言うからには、シッカリ僕が行ってですね。僕が行かなきゃ、合同興行の意味もないと思いますし。そこでまた、新たな新日本プロレスのファンのみなさんを見つけたいなと思いますし。

もちろん、日本の新日本プロレスファンの人たちも、AEWとの戦いによって、また『ウワッ、おもしろいな』って思ってもらえるんじゃないかって思いますんで。でも、いいんじゃないですかね、50周年らしく。1月にはノアさんとやって、ちょっと僕出てないですけど、この前は後楽園ホールの『還暦祭』でしたっけ、全日本プロレスさんとやって。6月はAEWとやって。そういういろんな交流を楽しんでもらうのは、50周年らしさなのかなって思います。

――ノアとの対抗戦のときは「よく知らない」とおっしゃっていましたが、AEWについての知識というのは?

オカダ いやもう、それはレベルが違うから知ってますよ。(東京スポーツ新聞社の)そんな岡本さん、ニコニコして。まあ、AEWですから、世界的な選手がいますから。逆をいうと、逆に日本の人が知らない人もたくさんいると思うんですよ。いくらAEWのトップ選手であってもですね。それは逆もあると思いますし。AEWしか観てない人が、新日本プロレスのオカダが来たっていっても、『こんな人いるんだ』っていうのも、もちろんあると思いますし。その中で、オカダ・カズチカというのを刻みたいと思いますんで。

それだけの自信はありますし、それは問題ないかなと思います。いろんなトップ選手がいる中で、そういう選手と戦えたら、またちょっといろいろ元気にもなるんじゃないかなと。ワクワクしてもらって、『合同興行、早く観たいな』って、『向こうの時間だから早起きしなきゃいけないな』とか、そういう中、ワクワクしてもらうような戦いを提供できたらなって思いますね。まあでも、まだ先の話なんでね、あんまりくわしくは何とも言えないですけど。

――チャンピオンとして合同興行に出たいという思いは強いですか?

オカダ そうですね、ハイ。もちろん、どんなときもベルトを持っていきたいなとは思いますね。

――21年ぶりの福岡PayPayドームは8000人ちょっとの観衆ということで、オカダ選手もリング上で言及されていましたが、実際にリング上から観てどのような思いをされましたか? また、さらに観衆を増やしていくために、どのような戦いをしていきたいですか?

オカダ 昨日は客席を観て寂しい部分もありましたし、だからこそ燃えますよね。「ウワッ、入んなかったな」じゃなくて、また戻ってきたいし、また超満員の中でやりたいし。もちろん、それは東京ドームにもいえることなんですけども。それが一つのモチベーションとして、チャンピオンとして戦えてるという部分もあると思いますので。そうですね、僕たちはリング上の戦いをしっかりやるっていうのが一番ですし、お客さんに満足して帰ってもらうっていうのが一番だと思うので。

あとはいろいろ、新日本のスタッフのみなさん、がんばってくれてますんで。一つ一つ目標に向かって、各会場を超満員という目標に向かって、一丸となってやっていけたら、またそういうときが来てくれるんじゃないかと思いますし。それに向かって、僕たちもシッカリと戦っていかなきゃいけないなと思ってます。

★この会見の模様は、新日本プロレスワールドで配信中!

■『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』
6月12日(日) 12:30開場 14:00試合開始   
大阪・大阪城ホール   
★チケット情報はコチラ!
★カード情報はコチラ!

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ