• 2022.4.16
  • #Topics
【いよいよ開催!4月17日 (日) 朝9時~シカゴ大会!】全世界注目のモクスリーvsオスプレイ! 鈴木vs石井!新日本プロレスワールドで日本語実況“PPV”生配信!!

現地時間・4月16日(土) 『Windy City Riot』アメリカ・イリノイ州シカゴ・Odeum Expo Center大会の全カードが決定した。

■新日本プロレスワールド PPV販売概要
日本時間・4月17日 (日) 朝9:00~試合開始
※日本語実況のみLIVE配信&見逃し配信
※英語実況はFITEでLIVE配信

●PPV販売価格:2,718円(税抜) 、2,990円(税込)

●PPV販売期間:4月5日(火)13:00~5月4日(水)11:59 予定

※販売期間終了後、5月4日(水)昼12時より、新日本プロレスワールド月額見放題サービス内のコンテンツとして、追加料金無しでご視聴頂けます。

PPV購入はコチラから!

■全世界注目のドリームマッチ実現! ジョン・モクスリーvsウィル・オスプレイがシングル初激突!!

メインイベントでは、ジョン・モクスリーvsウィル・オスプレイという全世界注目のドリームマッチが実現する。

ことの始まりは、現地時間・2月4日、モクスリーがシカゴ大会に参戦表明したコメント動画。この動画の中のメッセージで「新日本プロレスで最強を自称する男たち、シンゴ、オカダ、タナハシ……」と語った中で自身の名前が上がらなかったことに対して、不満を表明していたオスプレイ。

3.17静岡大会の試合後バックステージコメントでオスプレイは、「もしかしてオマエはオレの存在を無視してるわけじゃなくて、ただただビビッてるのかもな。ジョン・モクスリー、弱虫だな。ニュージャパンの最高のレスラーと闘いたいんだろ? その最高の相手はここにいるぞ!」と堂々挑発をやってのけた。

これを受けたモクスリーは、現地時間・3月18日にこのアンサーとなるコメント動画を発表。

「4月16日、ヤツを杭のようにマットに叩きつけてやるつもりだ。新日本の『Windy City Riot』でやるのもいいし 駐車場でやってもいいな。俺には同じことだ。いずれにしても4月16日にシカゴでな」と4.16シカゴ決戦で闘うプランを提示した。

こうした経緯を経て急遽実現するスペシャルシングル。驚異の機動力とスピード、危険な打撃に磨きをかけるオスプレイが狂犬を上回るか? 

怖いモノ知らずでいつ何時もケンカファイト上等の“突貫野郎”モクスリーが返り討ちか? 世界屈指の人気&実力を誇るトップレスラー同士による極上のシングルマッチの行方は? 

■日本発の遺恨マッチがシカゴで決着戦! 石井智宏vs鈴木みのる!

『NEW JAPAN CUP』では各地で激しい抗争を続けてきた石井智宏と鈴木みのる、その決着戦はシカゴ大会で実現!

シリーズ最終戦となった3.27大阪城ホールでは、鈴木と石井は試合後も激しい番外戦を展開。セコンドやレフェリーが両者のあいだに入り、なんとか引き離すも、両者は振り切って花道で大乱闘を展開した。

試合後の鈴木は「いつでもいい。どこでもいい。いますぐやろう!いますぐだ。今日か!? 明日か!? いまからやるか!! オイ、石井! 石井智宏、テメェの首、獲るぞ、この野郎」と怒り心頭。

石井も「もちろんやってやるよ。ガッチリ受けてやるからドンドン攻めてこい。そのかわり長々とチョップなんかすんじゃねぇぞ。1発でノックアウトできる “ここ”にブチかましてこい」と徹底挑発。

シングル決着戦は不可避、暴発寸前の状態となっていたが、その舞台は両雄がともに遠征中のアメリカの地で対戦することに。

現地時間・4月1日(金)ダラス大会では、クリス・ディッキンソンとの試合後の石井の退場時、花道に姿を現した鈴木。エスカレートする一方の二人の抗争劇、その遺恨決着戦に注目だ。
 
■第6試合は、ジェイ・ホワイトがオープンチャレンジマッチに出陣!

すっかりおなじみとなったジェイ・ホワイトのUSオープンチャレンジマッチがシカゴ大会でも実現!

これまでクリストファー・ダニエルズ、ジェイ・リーサル、スワーブ、クリス・セイビン、ヒクレオといった強豪を相手にチャレンジマッチを行ってきたジェイ。

ここまで対戦相手は当日発表のケースと、事前に発表されるケースの両方あったが、今回はまだ明らかになっていない。

シカゴ初のビッグマッチの舞台だけに、大物の登場が期待されるところだが……。いったい、どんなレスラーが登場し、キング・スイッチと相対するのか?
 
第5試合はシカゴストリートファイト! “復活”TMDK&ティトと、フィンジュース&キングが6人タッグ戦!


第5試合はシカゴストリートファイトマッチ!  “復活”したTMDKのジョナ&シェーン・ヘイスト&バッド・デュード・ティトと、ジュース・ロビンソン&デビッド・フィンレー&ブロディ・キングが6人タッグ戦!

3.27フロリダ大会では、ジョナ&シェイン・ヘイストとジュース&フィンレーが遺恨マッチが実現し、フィンジュースが優位に進める。ところがヘイストが暴走してイス攻撃を行ない、TMDKの反則負けという裁定が下された。

 試合後ジュースの怒りは収まらず、シカゴ大会で、この抗争に終止符を打つことを宣言。3vs3のストリートファイトによる完全決着戦をジョナ&ヘイストに要求。

抗争がヒートアップするTMDKとフィンジュース4選手に、暴れん坊のティト、入墨獣キングが加わるストリートファイト戦は、予測不可能! デンジャラスな一戦になることは確実だ。

第4試合は、スコット・ノートンが電撃参戦! BULLET CLUBと合体して、UNITED EMPIREと12人タッグ戦!

第4試合は、あの“超竜”ことスコット・ノートンが電撃参戦! BULLET CLUBと合体して、UNITED EMPIREと12人タッグ戦に登場!

2017年の1.4東京ドーム大会の『ニュージャパンランボー』にサプライズ参戦した“レジェンド”ノートンが、50周年を迎える新日本マットにまさかの再登場。

しかも、今回はジェイ・ホワイトの策略によってBULLET CLUBに復帰したカール・アンダーソン&ドク・ギャローズ、さらにヒクレオ&エル・ファンタズモ&クリス・ベイといった新旧メンバーが揃った豪華BCメンバーと時空を超えて合体をはたす。

対するは、今回のアメリカ遠征でついに、全メンバーが集結したUNITED EMPIRE。ジェフ・コブ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレに加え、TJP、“オージーオープン”カイル・フレッチャー&マーク・デイビスら、連合帝国のメンバーが集結する。見どころ満載の12人タッグ戦の行方は?

■第3試合は、STRONG王者・トム・ローラーと永田裕志がノンタイトル戦!

“STRONG絶対王者”トム・ローラーと永田裕志がノンタイトル戦でシングル激突する。

3.20フロリダ大会にて、クラーク・コナーズを相手にタイトル戦を行って、8度目の防衛に成功した“STRONG無差別級王者”トム・ローラー。

試合後に「誰がかかってきても構わない」と豪語したローラーは、今後の挑戦者候補として、石井智宏、グレート-O-カーン、そして「ブルージャス・ダッド(パパ)か?」と敬礼ポーズ付きで、永田裕志の名前を挙げた。

この発言に永田が反応し、「Mr.トム・ローラー。おまえ、相当プロレスマニアらしいな? ボブ・サップ、そして安田忠夫のフィギュアを持っててそれで遊んでいるらしいじゃないか? 今度、この俺がフィギュアではなく、肌と肌をぶつけ合って、一丁お前と遊んでやる。シッカリ覚悟しておけ」と正調の敬礼ポーズで切り返した。

これを受け今回はノンタイトルながら、両者のシングルマッチが決定。永田が勝利すれば、王座戦の機運も高まること必至だけに、注目の試合となりそうだ。

■好勝負必至! 第2試合はアメリカ本隊と、Team FILTHYが10人タッグ戦!

第2試合は、アメリカ本隊とTeam FILTHYが10人タッグ戦! 本隊側には、ご存知、フレッド・ロッサーを筆頭に、LA DOJOの成田蓮、アレックス・コグリン、IMPACT WRESTLINGのジョシュ・アレキサンダー、復帰したクリス・ディッキンソンといった豪華なメンバーが集結。

対するは、“怪獣”JRクレイトスを中心に、ロイス・アイザックス&ジョレル・ネルソン、正体不明の新ブラックタイガー、ダニー・ライムライトらが顔を揃える。

過去、『NJPW STRONG』のビッグマッチでは、何度も好勝負をくり広げている本隊vsFILTHYの鉄板10人タッグ戦。粒揃いのメンバーが実力を発揮すれば、今回も熱戦は間違いなしとなりそうだ。

■第1試合にAEWのTHE FACTORYが登場!  LA DOJOのカール&クラーク&上村が迎撃!

3.20フロリダ大会にて、カール・フレドリックスの試合後に、AEWでThe FACTORYというユニットを組んでいるQTマーシャル&ニック・コモロト&アーロン・ソロウが突如として現れ、なんとカールをチームへ勧誘。

だが、これを拒否されたために暴走し、一転してFACTORYは袋叩きに。そこへLA DOJOの同志であるクラークと上村が駆け込み、カールを救出。怒涛の急展開で抗争が勃発した。

今回は、そのLA DOJO vs The FACTORYの第1ラウンドとなる一戦。AEWと新日本プロレスの代理戦争とも言える試合の行方は、今後の両団体のパワーバランスにも影響を及ぼしかねない重要なオープニングマッチとなりそうだ。

■ダークマッチ、第0試合はロッキー&ユウタが、ケビン&DKCとタッグ戦!

※注意:ダークマッチのLIVE配信はございません。

シカゴ大会のダークマッチ、第0試合にはロッキー・ロメロ&ウィーラー・ユウタがコンビを結成し、LA DOJOの若武者コンビ、ケビン・ナイト& THE DKCとタッグ戦!  

AEWでも活躍する“日系二世”ユウタと『STRONG』の門番であるロッキーの強力コンビに、LA DOJOのヤングライオンズがどこまで肉薄できるのか?

PPV購入はコチラから!

 

■『Windy City Riot』
・日時:2022年4月16日(土)6時PM開場 7時PM開始 ※アメリカ中部標準時(CT)
・会場:Odeum Expo Center(イリノイ州シカゴ)

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ