• 2022.4.1
  • #Topics
「いまの新日本マットの“オカダvs全員”という構図を、俺が崩したい」ザック・セイバーJr.が考える“ニュー・ストロングスタイル”とは? 直撃インタビュー!!

史上最大規模で行われた『NEW JAPAN CUP 2022』を制して、2度目の優勝を掴んだザック・セイバーJr.。

4月9日(土)両国国技館大会で実現するIWGP世界ヘビー級選手権、オカダ・カズチカとのタイトル戦へ向け、いま何を思うのか? 直撃インタビューを敢行!!

撮影/中原義史

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

■『HYPER BATTLE’22』
・4月9日(土) 15:30開場 17:00試合開始
東京・両国国技館 <シリーズ最終戦>
☆カード情報はコチラ!
☆チケット情報はコチラ!
★砂かぶり席は完売
!!


【今すぐダウンロード!】『NEW JAPAN CUP』優勝記念!ザック・セイバーJr.選手の“撮り下ろし待ち受け”をスマホサイトで更新!!

 
■1.4東京ドームでベルトを失ったのは悔しかったけど、タッグ戦線で学んだことはすごく多かった。

――この度は4年ぶり2度目の『NEW JAPAN CUP』(以下、『NJC』)優勝、おめでとうございます。

ザック フフフ。(日本語で)アリガトウゴザイマス。

――近年はタイチ選手と共にIWGPタッグ王座を戴冠するなどタッグ戦線での活躍が目立っていましたが、今回はシングルプレイヤーとして大きな結果を残しましたね。

ザック いま振り返ってみれば、あのタイミングで俺とタイチがタッグを組んだのは自然の流れだった。当時、タナハシ(棚橋弘至)とイブシ(飯伏幸太)がIWGPタッグチャンピオンで、あの二人との戦いはすごく魅力的なものだったしな。

――2020年の2.21後楽園で棚橋&飯伏組がG.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)からIWGPタッグを奪取した直後、あなたとタイチ選手は新王者組を襲撃して、次期挑戦をアピールしました。その後、7.12大阪城ホールでIWGPタッグ初戴冠に成功しました。

ザック 俺たちがタイトルを獲ってIWGPタッグ戦線を活性化させたことで、ベルトの価値も上がったという自負がある。近年のタッグ王者はタッグ専門の選手が多かったけど、90年代を振り返るとシングルでもトップにいる選手があのベルトを巻いてたんだ。その状況を、俺たちの試合を通して取り戻すことができたのはよかったと思う。

――たしかに“タッグの戦い”に魅力を感じた内藤哲也選手やSANADA選手も、タッグ戦線に参入しました。

ザック このパンデミックの時期にこのエネルギーを注ぎこむものがあったのは、自分にとって大きなことだった。1.4東京ドームでベルトを失ったのは悔しかったけど、タッグ戦線で学んだことはすごく多かったな。

――その王座陥落でタッグチームとしては一つの区切りがついたというか。

ザック 本来、サブミッションを多用する自分のファイトスタイルというのは、シングルに向いてると思ってるんだ。ある種、タッグで本格的に戦っていた時期は、自分のシングルの能力を再発見する期間でもあったな。

■俺はプロレスリングというのは短距離走ではなく、マラソンだと思ってるんだ。

――そしてシングルプレイヤーとして過去最大48選手がエントリー参加したトーナメントの頂点に立ったわけですが、周囲の反響含めてどのような気持ちですか?

ザック みんな、「ザックがチャンピオンになったぞ!」って感じで大きな扱いをしてくれるけど、俺としてはまだ「IWGP世界ヘビーのベルトに挑戦する権利を勝ち得た」としか思ってない。2018年にも俺は『NJC』を制したが、そのときはベルトを獲ることができなかったからな。

――18年の『NJC』で優勝したときは、直後の4.1両国で当時IWGPヘビー級王者だったオカダ選手に挑むも惜敗。今回も“春の両国”で、オカダ選手のベルトに挑むことになりました。

ザック ああ、あのときのウップンをここでぶつけて、今度こそ勝ちたいと思ってるよ。

――あなたは準々決勝(3.21長岡)でオスプレイ選手との英国人対決に勝利したあと、「俺はオマエの“ダイセンパイ”だ。俺はオマエより先に『NJC』で優勝したが、オマエは俺を追い越し、イブシを倒してIWGPヘビー級王者の座に昇り詰めた」とコメントしました。オスプレイ選手が、自分より先に新日本の至宝を手にしたことに対し、忸怩たる思いが?

ザック (日本語で)ソウダネ。まあ、ジェラシーっていう感情はデンジャラスなものだし、使い方を間違うと悪い方向にいってしまう厄介なもんだ。だから、それをいいエネルギーに使おうっていうのが、オスプレイに対する俺の気持ちだった。

――その気持ちが今回、見事に結実したと。

ザック さっきも言ったように、今年の1.4東京ドームでタッグベルトを落としたとき、俺は「さて、2022年のザック・セイバーJr.は何をしようか?」と考えたんだ。俺はこのパンデミックの最中に、家族の元に帰ることもなく日本で100パーセント、プロレスラーとしてコミットしてきたことや、今年はニュージャパンが50周年イヤーを迎えるということも踏まえて、やはりこのタイミングで頂点に立ちたいと思ったんだ……。

※無料公開はここまで!
※この続きは、NJPWスマホサイト or NJPWスマホプレミアムでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全文はコチラ!

★各試合の詳細、コメント、選手日記も読める! スマホサイト“入会”はコチラから!


【“加入月”無料!】話題沸騰! スマホサイトの“プレミアムプラン”! 飯伏選手、オーカーン選手、清野アナのPodcast番組が絶賛配信中!

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ