• 2008.3.2
  • #Topics
中邑が2代目IWGPベルトを天国の橋本さんへ返還/3月2日ZERO1後楽園大会試合結果(2)

中邑が2代目IWGPベルトを天国の橋本さんへ返還/3月2日ZERO1後楽園大会試合結果(2)
 
ZERO1-MAX 
「真世紀創造 -SEVEN-」
3月2日(日)
東京・後楽園ホール 
 
第6試合
タッグマッチ
30分1本勝負
○田中将斗
 日高郁人
(20分26秒 スライディングD→片エビ固め)
×田口隆祐
 金本浩二
 
=試合経過=

 
試合開始前、この日のメインイベントの立会人として菅林直樹社長、蝶野正洋、大谷晋二郎、故橋本真也さんの長男である橋本大地君が、リングサイドの本部席に座った。
 
金本が一番最後に入場してきた田中に襲いかかり、場外戦で幕が開ける。そのままリング上に4人が入り乱れると、金本、田口は田中に合体ドロップキック。そして田口が田中を羽交い絞めにし、金本がミドルキック連打。

 
両チームの意地が激しく交錯する中、掴まる時間が続いた日高はコーナーに控えていた金本にキックを入れ、ステップDDTで田口を突き刺す。

 
金本対田中となり、金本は出会い頭にソバット、顔面への飛び膝蹴り。すると田中もスピアーで逆襲し、ジャンピングエルボー、ラリアット。立ったままで耐えた金本は、突進してきた田中をフロントスープレックスで投げて顔面ウォッシュ。大ブーイングと大声援が混ざり合う中、田中は2発目のシメを狙ってきた金本にラリアット。
タッチを受けた日高はシュリケン、打撃合戦からイグチボム。金本はカウント2でキックアウトすると、コーナー上の日高を捕らえて雪崩式バックドロップ。そこからアンクルホールドで絞り上げるも、ここは田中がカット。その田中を場外に落とすと、田口がプランチャを発射。リング上では金本が日高にアンクルホールド。日高は何とか自力でロープを掴む。
金本は日高へタイガースープレックスホールド。ここは田中がカット。タッチを受けた田口はミサイルキック、連続ブレーンバスターからオデレータバスター。続くどどんは日高が回避し、ローキックからハイキックへ。これをかわした田口は、ジャーマンスープレックスホールドから再度どどんへ。すると日高はこれを丸め込んで裏膝十字固めへ。ここは金本のカットが間に合う。
タッチを受けた田中は田口に串刺しラリアット、雪崩式ブレーンバスター、垂直落下式ブレーンバスター。田口もスーパーフライを両膝でガードし、クロスアーム式スープレックスホールドで反撃。田中がキックアウトすると今度こそどどん。だが、カバーは日高がカット。
ここで田中がラリアットを叩き込み、日高がハイキックでアシスト。最後はスライディングDが炸裂し、ZERO1が乱打戦を制し、星を2勝2敗の五分に戻した。
 
試合後も両陣営は大乱闘を繰り広げ、それをセコンド陣が分けると田中、日高は悔しがる金本の眼前で堂々たる勝ち名乗りを上げた。
=試合後コメント=
金本「田口、お疲れさんの握手はいらん。俺とまた何処かで(組んで)やって行こう。今日はZERO1の大会やけど、次、新日本に上がってくるのかアイツら。タッグがらみで俺と田口、邪外(邪道、外道)に次ぐプレミアムや。組まれた方はラッキーやと思って、みんなドンドン来い」
田口「もう1回やって、もう1回勝っただけじゃ、この(負けたという)イメージは拭えないから。次のZERO1のシリーズでもいいから、ZERO1のリングに上げてくれ」
金本「田口と俺を上げてくれ。こっちから行くから上げてくれって。やってて凄く気持ちいいよ、アイツら。口の中切るわ、頭クラクラするわ、心が折れそうになる、アイツ(田中)とやったら。でも、俺は引かない。お互い関西人や、相手がへばるまで引かない。負けたくせにグチャグチャ言うのは、負け犬の遠吠えって言ったけどよ、そんな元気あったらリングでやった方がええよな。次、アイツらがバテるまで追っかけ回してやる。おもろいやんけ、めっちゃおもろいやんけ」
 
第7試合
「橋本真也メモリアル」 シングルマッチ
60分1本勝負
○中邑真輔
(17分8秒 腕ひしぎ逆十字固め)
×佐藤耕平
 
=試合経過=
中邑は2代目IWGPヘビー級ベルトを腰に巻き、佐藤は故橋本真也さんのテーマ曲である「爆勝宣言」の前奏部分をミックスさせた曲で、それぞれ入場。

 
大「耕平」コールが起きる中、序盤は静かな立ち上がり。佐藤が脚を取れば、中邑も腕を取り返して極めていく。佐藤の重いキックが中邑を捉えると、気迫のこもったエルボー合戦は両者ともなかなか引かず。そこから中邑はミドルキック、カウンターのラリアット。続くエルニーニョを2発目で迎撃した佐藤は、ミドルキック3連打から裏投げ。
ここで中邑は佐藤のミドルキックをキャッチし、スリーパーホールドで捕獲。落ちる寸前まで絞り上げるも、佐藤は何とかロープエスケープ。

 
勝機と見た中邑はリバースパワースラムからランドスライド。だが、佐藤はこれをクリア。中邑はダブルアーム式パイルドライバーを狙うも、佐藤はリバーススープレックスで切り返し、ランニングニーリフト、サッカーボールキックからジャーマンスープレックスホールド。中邑はカウント2でキックアウトする。
さらに佐藤は中邑のバックを取る。だが、中邑はこれを回避し、ハイキックから電光石火の飛びつき腕ひしぎ逆十字固め。佐藤の腕を完全に伸ばし、ギブアップを奪った。
 
試合後、中邑はマイクを握り「このベルトは橋本真也に返そうと思います」と宣言。本部席にいた大地君に2代目ベルトを手渡して握手すると、そのまま引き上げて行った。

 
そして、大谷、蝶野、大地君がリングに上がり、大「橋本」コールの中、マイクを手渡された大地君は「返してもらったのにあれなんですけど、これは俺が大きくなって、力で奪い返したいと思います。応援よろしくお願いします」とコメント。場内からは「大地」コールが起こる。
続いて、蝶野がマイクを取り、「ZERO1、7周年おめでとうございます。大谷、ホントにこのリングは橋本の魂を受け継ぐのか? オイ、こんなもんでいいのか。橋本が泣いてるぞ、大谷。お前が本気でこのリングに橋本の魂を引き継ぐのなら、やるのかやらねぇのか言ってみろ、オラ!」とアピール。そして「俺からの挨拶だ」と、大谷の顔面に強烈な張り手を入れてリングを後にした。
=試合後コメント=
中邑「今日、このリングに来た理由。やっぱり2代目の(IWGP)ベルトをあるべき所に返すって約束したんで。ZERO1に返しに来たんじゃない。橋本真也に返しに来たんです。大地君、プロレスラーを目指しているらしいですけど、今はいろんなプロレスがある。選ぶのも他人じゃない。すべて自分で決めること。強くなろうが、なるまいが、自分で決めること。夢も一緒。夢をかなえようが、かなえまいが、自分で決めること。その思いを持って、プロレスラーになって欲しいです。まぁ、直接の繋がりはないんで、自分が言うのは非常におこがましいですが、この対抗戦の中でメモリアルの名にふさわしい、故人に捧げる試合ができたんじゃないかと思っているというか、思いたいですね」
 
佐藤「橋本真也に教わってきたモノを出しただけで、別にZERO1を背負っているとかは(ない)。今はフリーでやっているんで。今、自分ができることをやっただけですね。1回負けたぐらいで負けを認めてるようじゃ、橋本さんにも怒られちゃうんで。これからまた自分の思うように、好きなようにやって行きます」
 
大谷「(対抗戦について)みんな頑張った。いい試合した。それは事実。しかしながら、それで終わらせちゃいけないんですよ。僕はウソはつかない。中途半端で終わらせないと言った以上、トコトンやりたいと思います。そして、これだけは言わせてもらう。負け戦は絶対にしない。新日本のことは俺が一番よく知っている。新日本に飲み込まれたらおしまいだ」

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ