• 2007.9.7
  • #Topics
“新ユニット”結成を宣言した渦中の稔選手を直撃!

“新ユニット”結成を宣言した渦中の稔選手を直撃!
 
8月26日「LAST OF C.T.U」にて、ミラノコレクションA.T.選手との絶縁を意味する“究極の兄弟喧嘩”を制した直後、会長と崇めていた石狩太一選手に突如反旗をひるがえし、C.T.U解体を受けて“新ユニット結成”を宣言した稔選手。
当サイトでは渦中の稔選手に直撃インタビューを敢行し、ここまでの経緯について余すところなく語ってもらった——。

 
–まずは幻となった“石狩ジム”入りから新ユニット結成までの経緯についてお聞かせください。
稔「実を言うと、俺の中では最初、石狩ジムが新軍団だった。ジムの看板(の題字)も知り合いの書道八段の先生に書いて頂いて、やる気満々だったのに……。(試合後に)リング上で喋っている内に『何でコイツを会長と崇めなければならないんだ』と思いはじめたら、急に腹が立ってきて。周りの人はみんな、『最初から(石狩を)騙していたんだろう』と言うけど、俺は看板を壊す“直前”まで会長について行く気だった。看板も書道家の先生が石狩の“狩”という字を間違えて(“借”と)書いていたので、最初から上手くいかない運命だったのかなと。ブラザー(ミラノ)はヘビー級に行くので、もう組む事は無いだろうという感じだったけど、石狩ジムの崩壊と共にブラザーの組みたいという意志がアイコンタクトから伝わってきた」
 
–そのような経緯で新ユニットが誕生したと?
稔「あと新ユニットでは、Jr.が俺と(プリンス・)デヴィットしかいないので、デヴィットと組んでIWGP Jr.タッグを狙いたい。俺は基本的にユニットどうこうって、どうでもいいんですよ。イタリアブラザーズだったり、デヴィットと組んだりで、個人個人が自分の目標を掲げてやっていくのが好きなので」
 
–その辺りのスタンスはC.T.Uの時と同じですか?
稔「C.T.Uはやっていく内にユニット自体が大きくなっていったけど、俺の中では『別に俺は俺だし』という気持ちだった。“稔というレスラー”は本隊にいようが、何処に属そうが変わらない。ちなみに、デヴィットとのチーム名はすでに考えてあって、今までの俺の経験からして、タッグチームってチーム名を決めると結構注目されるので。とりあえず名前をつけるというのが俺の悪いクセでもあり、良いクセでもあるんですけど(苦笑)。10月シリーズでヘビーのタッグリーグがあると思うので、その後のシリーズででもJr.のタッグリーグをやったら面白いんじゃないかな。固定されたチームがあまりいないので、これを機に浸透してくるチームが出てくるかもしれない」

 
–新ユニットの名前を募集するというコメントもされていましたが?
稔「どうしても“新生Black”と思われていて、Blackって蝶野正洋のイメージが強いので、蝶野選手がいないのにBlackを名乗ってもしょうがないかなと。絶対にやっちゃいけない名前は“稔ジム”、“ミラノ道場”、“中邑軍団”(苦笑)。あと某週刊誌に載っていた“イケメンファイブ”というのは……。俺、そんな事、一言も言ってないですから。それらの名前が浸透してしまうと困るので。『アナタのアイデアが新ユニットの名前になるかも!……』と(笑)」
 
–C.T.U解体によって全ての軍団がヘビーとJr.の混合チームとなりましたが?
稔「俺はJr.はJr.、ヘビーはヘビーでやりたい男なので。俺はC.T.Uの連中が何処に行ったとかは、別にどうでもいいんで。まぁ、後藤(洋央紀)の雲行きが怪しいみたいなので(笑)、その中でアイツが俺らと組んで美味しいと感じるのか? それとも1人でやっていく方がいいと思うのか? それはアイツの判断に任せる。とりあえず、デヴィットとのチームで勝った時にでも、チーム名を発表したいと思います」
 
–今後もJr.一筋で行くと?
稔「Jr.同士でハイレベルな攻防が出来るので、ヘビーとやる時はいつものJr.の俺とは違う風になるかもしれないし。とにかく、その日1番味を出して目立って終れればいいかなと。その上で結果がついてくればいいんじゃないかな。自分が楽しんでやって、お客さんが楽しんでくれれば。俺のモットーは“熱狂的な空間を作りたい”。俺が狙ったとこで笑いが来て、お客が“喜怒哀楽”を出して、感情表現をしてくれる事が熱狂に繋がるのであれば何でもいい。それだけですね」
 
——あくまでもJr.一筋と熱狂的な空間を作る事にこだわり続けると宣言した稔選手。まだまだ予断を許さない状況の新ユニット、そして稔選手の動向から目が離せない。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
ジェイ・ワン・プランニング
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ