• 2022.1.7
  • #Media
『号外!“GK”金沢克彦の新日本プロレス通信』!「50周年イヤーの幕開け、“主役になるべき男”が主役として帰ってきた」東京ドーム2連戦を大総括!!【WK16】

プロレス界随一の論客・“GK”金沢克彦氏の独特の視点から、現在進行形の新日本プロレスに関するコラムを続々レポート(不定期連載)!!

「50周年イヤーの幕開け、“主役になるべき男”が主役として帰ってきた」東京ドーム2連戦を大総括!!


スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

  
■東京ドーム大会のオープニング。あの人がビジョンに登場するという、嬉しいサプライズからスタートした


今回が3度目の開催となる1.4&5東京ドーム大会2連戦。本当に、いろいろなドラマを見せてもらったし、これほど多くのテーマを内包し、語るべきトピックが散りばめられた東京ドーム大会というのは過去に例がないと思う。

ただし終わってみれば、すべては一点の壮大なテーマに向けられていた。2022年は、新日本プロレスにとって旗揚げ50周年イヤーであること。その50周年とは、ひとつの区切りであるとともに、新たなスタート地点としても位置付けされるものである。

だからこそ、50周年イヤーの闘いはじめとなるドーム2連戦は新日本の真価を問われるビッグイベントであった。 おそらく、そこの部分に関しては、ドーム2連戦に出場したすべての選手が強く意識していたと思う。

かといって2連戦のすべてを振り返ろうとすれば、一冊の本ができてしまうほどの文字数となってしまうだろう(笑)。だから、そこのところは選抜して総括していきたい。

4日、東京ドーム大会のオープニング。あの人がビジョンに登場するという、嬉しいサプライズからスタートした。新日本プロレス創設者のアントニオ猪木だ。
「この前、オカダ選手とインタビュー(対談)をしたときに、もう一回新日本のリングに上がってくれと。いまなんとか一日一日前進して、回復に向けてがんばっています!」

猪木からのビデオメッセージ。難病と闘いながらもカメラがまわると、‟燃える闘魂“健在を感じさせてくれるのだからさすがは稀代のスーパースター。

新日本プロレスと袂を分けたわけではないのだろうが、ここ数年、新日本と猪木の間には接点がなかった。このオープニングVTRが東京ドーム2連戦のベクトルを示唆したものだった。

■感傷的な気分はいっさい沸いてこなかったのだ。なぜなら、そこには4年9カ月前と変わらない柴田がいたから


第4試合を前に会場の空気が緊張に包まれる。ある意味、裏メインとも目されていた柴田勝頼の復帰戦。対戦相手はⅩとして伏せられ、試合形式は打撃技のみ禁止のキャッチレスリングルール。

先に入場してきたⅩの正体は、LA DOJOで修行中の成田蓮だった。ヤングライオン時代に柴田に直訴して弟子入りした男。

つづいて、テーマ曲『テイクオーバー』が響く中、柴田が姿を現した。花道ステージ中央に立ったとき、一瞬感極まったような表情を浮かべたものの、歩き出すとガラッと顔つきが変わった。

柴田勝頼そのもの。戦場に向かう表情。多少くさい表現になるかもしれないが、これぞ闘魂フェイスという感じ。コールを受けたときにはすでに臨戦態勢だった。なぜか試合前にマイクを要求する。柴田にしては極めて珍しい光景だ。

「ルール変更しよう。プロレスだ! 成田、やれんのか!?」

またも大逆転。どこでどう事態が変わったのかは不明だが、それが柴田の意思であることだけは間違いない。前半はキャッチレスリングの攻防。柴田が二度マウントをとってみせた。

ともにレスリング出身の両者であるが、経験値では師匠に分がある。それにしても、2人はよく似ている。黒タイツに黒シューズ。
体格も同じくらい。成田はモミアゲを伸ばし薄っすらと髭を蓄えていたから、風貌まで似ている。

両者がグランンドで絡み合うと、どっちが柴田かわからなくことも何度かあった。まるで合わせ鏡のようだ。

中盤から激しく動きだして、柴田は武者返し、コーナーへの低空串刺しドロップキックも決めた。成田も遠慮なくヘッドバット、ミドルキックを連射する。しかし最後は柴田が渾身のPKを決めて3カウント奪取。

それにしても不思議な感じがした。私自身、感情を揺さぶられて泣いてしまうかもしないとか、怖くて見ていられないかもしれないなどと戦前は思っていた。

ところが、実際に柴田のすべてのパフォーマンスを見とどけたあと、そういう感傷的な気分はいっさい沸いてこなかったのだ……。

※この続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!


【“加入月”無料!】スマホサイトの“プレミアムプラン”がサービス開始!飯伏選手、オーカーン選手清野アナのPodcast番組が開始!

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ