• 2021.12.18
  • #Topics
【1月5日(水)東京ドームの全カードが決定!】メインでIWGP世界ヘビー王座にオスプレイが挑戦! セミはKENTAvs棚橋のUSヘビー王座戦! 内藤vsコブ! SANADAvsオーカーン!! NEVER6人タッグ、IWGPジュニア3WAY戦も実現!!【WK16】

2022年1月5日(水) 17時~『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』“2日目”の追加カードが決定した。

メインイベントは、前日に行われる鷹木信悟vsオカダ・カズチカのIWGP世界ヘビー級選手権の勝者に、ウィル・オスプレイが挑戦。セミファイナルは、KENTAvs棚橋弘至のIWGP USヘビー級王座戦(ノーDQマッチ)。内藤哲也vsジェフ・コブ、SANADAvsグレート-O-カーンのスペシャルシングル戦が実現。さらに、スターダムはダークマッチではなく初の本戦登場が決定した。

■『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』
2022年1月5日(水)  15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
★チケット情報★対戦カード情報
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

■メインで、ウィル・オスプレイがIWGP世界ヘビー級王座に挑戦!


1.5東京ドームのメインイベントは、前日に行われるIWGP世界ヘビー級選手権試合・鷹木信悟vsオカダ・カズチカの勝者に、“元IWGP世界ヘビー級王者”ウィル・オスプレイが挑戦するタイトルマッチに正式決定。

現地時間・11月13日、サンノゼ大会でIWGP世界ヘビー級王座“次期挑戦者”オカダの前に、現在レプリカと思われるIWGP世界ヘビー級ベルトを持ち歩いているオスプレイが登場。

「オマエが1.4で“フェイク”で“暫定”王者のタカギに挑戦すればいい。そして勝ったほうが翌日の1.5でオレと戦う! 真のIWGP世界ヘビー級王者はただ一人、このウィル・オスプレイだ!」と傍若無人に要求。

だが、オカダは意外にも「オーケイ。東京ドームでオレがカネの雨を降らせてやるよ!」とこの申し出を受諾。“現・IWGP世界ヘビー王者”鷹木信悟も、同日夜の後楽園大会前に緊急会見を開き、「1.4! オカダ・カズチカ。そして1.5! ウィル・オスプレイ。まとめて俺が叩き潰してやるよ。この混乱を招いている“ベルト問題”、キレイに片づけられるのは、オカダでもオスプレイでもない。俺しかいねぇんだ」と1.5でのタイトル戦も了承した。

現在、新日本マットは、鷹木の持つIWGP世界ヘビー級王座を中心に、オカダの持つ4代目IWGP世界ヘビー級王座、オスプレイの持つレプリカと思われるIWGP世界ヘビー級王座が“乱立”している状態。

3つのベルトと3選手の想いが複雑に交錯する『WRESTLE KINGDOM 16』東京ドーム2連戦。その2日目のメインイベントで1本の世界王座と2本のベルトの行方を、いったい誰がどう決着させるのか? 必見のメインイベントにご期待ください。

■セミファイナルは、KENTAvs棚橋弘至がIWGP USヘビー級選手権、ノーDQマッチで激突!


この日のセミファイナルは、(王者)KENTAvs(挑戦者)棚橋弘至がIWGP USヘビー級選手権、ノーDQマッチで激突!

12.12広島大会の試合後、11.6大阪でKENTAに奪われたUSヘビー級王座への挑戦を表明。「『挑戦させてくれ』、『ハイ、いいよ』って言ってこないのは分かってる。だから、条件をオレのほうから言うよ。KENTAが言う条件を何でも一つ、オレは受け入れます」と交換条件を提示して、挑戦を迫った。

これを受けてKENTAはTwitter上では曖昧な態度を取り続けていたが、12.15両国、棚橋の試合後、場内ビジョンにKENTAが登場し、「前回、お前とやったときに、机が突き刺さってできた背中の傷が、いまだに治らねぇんだよ。お前にも同じ思い、してもらわないとな。どうだ? 反則裁定なし、なんでもありのノーDQマッチだったらやってやるよ」とメッセージ。

この条件をリングで大きくうなずきながら聞いた棚橋は、「トコトン、トコトン、ひとつのことをやってみようと思います。なので、まだ中途半端に終わったUSヘビー、もう1回挑戦します!」とマイク。USヘビー級王座懸けた「反則裁定、リングアウト裁定なし」の “ノーDQマッチ”が東京ドームで実現する。

この両雄、今年の7.24愛知大会でもスペシャルシングル戦で激突。試合中、反則攻撃で棚橋を蹂躙するKENTAに対し、解説席の柴田勝頼のサポートもあって、最後は棚橋がハイフライフロー2連発で激勝。翌日の7.25東京ドーム大会では、欠場となった飯伏幸太の代打を務め、鷹木のIWGP世界ヘビー級王座に急遽挑戦した。

前述の通り、11.6大阪のUSヘビー級選手権では、棚橋が場外の机に向けてハイフライフローを爆発させるなど白熱の一戦となったが、最後はKENTAが、go 2 sleepで3カウント奪取、悲願だったUSヘビー級王座の獲得に成功した。

USヘビー級王者としてアメリカマット再登場を目論む棚橋が王座奪還か? それともKENTAが初防衛戦で逸材を返り討ちにするのか? 予測不可能なノーDQ戦の行方は?

■第5試合、スペシャルシングルマッチで内藤哲也vsジェフ・コブが激突!


第5試合、スペシャルシングルマッチで内藤哲也vsジェフ・コブが実現! 今年の『G1 CLIMAX 31』Aブロックでオカダとともに全勝街道を突っ走った“スープレックスモンスター”コブが、1.5東京ドームの舞台で内藤とシングル激突!

12.15両国大会で、内藤&SANADAvsコブ&オーカーンのタッグ戦が行われたが、試合終盤コブにトルネードDDTを狙った内藤をコブは空中で食い止め、そのままパワーボムの体勢で持ち上げるも、内藤はウラカン・ラナで切り返して電光石火の3カウント奪取。

これに怒り心頭のコブは、バックステージの内藤の前に登場し、なんとスペイン語で「MANO A MANO! (1対1)¿COMPRENDE? (分かったか?)」と東京ドームでのシングル戦を要求。

これを受けた内藤は「彼がやりたいのであれば、俺は受けて立つよ」と要求を受諾。「俺、マイケル・エルガンっていう選手との試合、すげぇ好きだったんだよ。好きだったし、得意にしてたんでね。彼はどっちかって言うと、マイケル・エルガンみたいなタイプの選手でしょ? てーこーとーはー、俺の得意分野だな。」とパワーファイターとの対戦への自信をのぞかせた。

過去一度『G1』公式戦で対戦している両者だが、コブがUNITED EMPIRE入りして大きく変貌を遂げる前の試合(内藤が勝利)であり、参考値にならない公算が高い。

『WORLD TAG』優勝決定戦進出を逃し、シングル戦線での浮上を画策する内藤にとって、コブを絶好の踏み台とすることはできるのか? それとも“怪物”と化したコブが、内藤からも勝利を奪うのか? 

■第4試合、スペシャルシングルマッチでSANADAvsグレート-O-カーンが実現!


前述のように、12.15両国大会で、内藤&SANADAvsコブ&オーカーンのタッグ戦が実現し、試合終盤、オーカーンはエリミネーターでSANADAを排除する猛攻を見せた。

試合後、SANADAは「オーカーンの、考え方やスタイルは認めてるよ。ただ、ひとつだけ。イケメンじゃないヤツに負けた自分が許せない。アイツとは、やらせてくれ」と珍しくコメントで対戦表明。

一方のオーカーンも「何あれ? あのSANADAとかいう野郎。ロス・インゴの5番手のくせして、余の麗しい弁髪を掴んだり、足蹴にしたり、モンゴリアンチョップも真似しやがったな、あの野郎。まあ、ちょうどいいオモチャを見つけたと思えばいいや。長く保つかな? 例えば、東京ドームまでな」と不気味な発言を残し、対戦が濃厚となっていた。

この両者は、11.30後楽園、『WORLD TAG』公式戦でも対戦。SANADAはオーカーンにオコーナーブリッジを仕掛けるも、オーカーンはアイアンクローで回避すると、一気にエリミネーターを炸裂して正攻法で3カウントを奪取している。

今回が、初シングル戦となる両雄。常にスタイリッシュでクールなスタイル、テクニカルな試合を得意とするSANADAに対し、パワフルでエネルギッシュ、2021年東京スポーツ制定プロレス大賞の技能賞も受賞など、どんな相手にも対応可能な実力を兼ね備えているオーカーンはまさに好対照。

その一方で、グラウンドやレスリングを得意とする共通項もあるだけに、歯車が噛み合った好試合になる可能性も十分。はたして勝利を掴むのは、いつ何時も寡黙な男・SANADAか? 日々SNSを使って全方位発信を続けるオーカーンか?

■第4試合は、NEVER6人タッグ王座戦! EVIL&裕二郎&SHOに、後藤&YOSHI-HASHI&YOHが奪回戦に挑む!


第4試合は、NEVER無差別級6人タッグ選手権! (王者組)EVIL&高橋裕二郎&SHO組に、(挑戦者組)後藤洋央紀&YOSHI-HASHI&YOHが挑戦!

今年は、NEVER無差別級6人タッグの連続防衛“V9”という偉業を成し遂げた後藤&石井&YOSHI-HASHIだったが、11.6大阪でEVIL&裕二郎&SHOの無法戦法で王座から陥落。この時、リング上でCHAOS軍の救出に登場したのが長らく姿を消していたYOHだった。今回、CHAOS軍は、石井ではなくYOHを含めた新トリオで奪回戦に挑む。

前日の1.4東京ドームでは、SHOとYOHがスペシャルシングルで対戦。石井とEVILがNEVER無差別級王座戦で対戦、この結果も含めて影響してきそうだ。

12.15両国では、『WORLD TAG』優勝決定戦で、後藤&YOSHI-HASHIがEVIL&裕二郎を撃破して優勝。同日の両国の『SUPERJr.』優勝決定戦では、ヒロムvsYOHの試合をSHOが介入&破壊したところに、後藤&YOSHI-HASHIが駆けつけるなど、無法軍団・HOUSE OF TORTUREとCHAOSの遺恨は加速する一方。

この1.5東京ドームのNEVER6人タッグ戦が一つの抗争決着戦となるのか? 王座戦の行方とともに、両軍の動向にも要注目だ。

■第3試合、新年度の争奪戦の行方は? 「KOPW 2022」決定戦4WAYマッチが実現!


前日の第0試合で行われる「KOPW 2022」進出権争奪ニュージャパンランボー(参戦選手数未定)、そこで最後まで勝ち抜いた4選手が「KOPW 2022」決定戦4WAYマッチに出場!「KOPW 2022」保持者を巡って激闘が展開される。

試合ルールは「4選手同時に試合を行い、いずれかの1選手が勝利した時点で決着とする」。はたして“絶対王者”と化している矢野は、新年度も生き残れるのか? 2022年の「KOPW」を牽引するのは、いったいどの男だ?

■第2試合、スターダムが、ついに東京ドーム大会の“本戦”に初登場!


人気女子プロレス団体・スターダムが、ついに新日本プロレス、東京ドーム大会の第2試合に初登場。スターダムは2011年の旗揚げ以降、愛川ゆず季や紫雷イオや宝城カイリなど、魅力的な選手を数多く輩出。これまで数々のビッグマッチを成功させ、女子プロ界で確固たる地位を築いてきた。

19年に10月にブシロードグループ入りをはたすと、20年の新日本の1.4東京ドームで第1試合前に初の“提供試合”を実施。その後、21年の1.5と7.25の東京ドームでも提供試合を行ない、新日本ファンからも大きな注目を高めてきた。今回、満を持して本戦で組まれたのは、団体を牽引してきた人気選手たちが集結した垂涎のタッグマッチ。

岩谷麻優(STARS)&スターライト・キッド(大江戸隊) vs中野たむ(COSMIC ANGELS)&上谷沙弥(Queen’s Quest)の4選手が、どんな試合を見せるのか? 必見のスターダム提供試合にご期待ください。

■オープニングマッチは、IWGPジュニアタッグ3WAYマッチ! ロビー&タイガーvs田口&ロッキーvs石森&ファンタズモ!


1.5東京ドームのオープニングマッチは、IWGPジュニアタッグ3WAYマッチ! ロビー・イーグルス&タイガーマスクvs田口隆祐&ロッキー・ロメロvs石森太二&エル・ファンタズモが実現。

12.15両国では、タイガー&大岩陵平と対戦、大岩をサドンデスで秒殺した石森&ファンタズモ。試合後も石森&ファンタズモが暴れる中、タイガーと共にIWGPジュニアタッグを保持するロビー・イーグルスが救出に登場。

そこに田口も現れて加勢と思いきや、なんとタイガー&イーグルスにもヒップアタックを炸裂。“第69代”の称号を狙い、IWGPジュニアタッグ挑戦をアピール。しかもバックステージでは、マスター・ワトではなく、ロッキー・ロメロとの“メガコーチズ”でのチャレンジを表明した監督。

一気に風雲急を告げる展開となったIWGPジュニアタッグ戦線。ロビー&タイガーとしても初防衛戦でヤル気充満、元ジュニアタッグ王者組の石森&ファンタズモも王座奪還を虎視眈々と狙う。

だが、注目はやはり第69代王座に異様なまでの執念を燃やし続ける田口監督の存在だろう。第69代IWGPジュニアヘビー級王座獲得時には、「シックスナイン」旋風を巻き起こし、現在の誰もマネが出来ない独自路線を確立しただけに、今回の第69代王座獲得に尋常ではない意欲を感じさせる田口監督。

実力者・ロッキーとのメガコーチズ再結成で監督が悲願の王座獲得をはたすのか? それともロビー&タイガーが王座を死守するか? または石森&ファンタズモが「強くて・カワイイ」タッグ王者に再君臨するのか?

■1.5東京ドームでもダークマッチを予定!

この他、1.5東京ドームでも16時開始予定のダークマッチを予定! いよいよ全貌が明らかになった東京ドーム2連戦、クライマックスとなる大会2日目もシッカリその目で見届けよう!

■『WRESTLE KINGDOM 16 in 東京ドーム』
2022年1月4日(火)  15:00開場17:00試合開始
東京・東京ドーム
★チケット情報★対戦カード情報
※「ロイヤルシート」「バルコニースタンド」は完売となりました

2022年1月5日(水)  15:00開場 17:00試合開始
東京・東京ドーム
★チケット情報★対戦カード情報
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ