• 2021.12.14
  • #Topics
「自分の信念を貫いた結果だと思ってる」2021年度 東京スポーツ プロレス大賞“MVP”を鷹木信悟が初受賞! 最優秀タッグチーム賞をタイチ&ザック・セイバーJr.が獲得! 技能賞をグレート-O-カーンが受賞!!【WK16】

12月13日(月)東京スポーツ新聞社制定のプロレス大賞選考会議が行われ、『2021年度プロレス大賞』最優秀選手賞(MVP)を、“IWGP世界ヘビー級チャンピオン”鷹木信悟選手が初受賞し、新日本プロレス事務所にて記者会見が行われた。

また、最優秀タッグチーム賞は、“IWGPタッグチャンピオンチーム”タイチ選手&ザック・セイバーJr.選手が初受賞。技能賞をグレート-O-カーン選手が初受賞した。

※タイチ選手、ザック・セイバーJr.選手、グレート-O-カーン選手の受賞コメントは文末に掲載。

★YouTubeで受賞会見の模様を配信中!

■東京スポーツ・岡本記者のコメント(選考理由)
「選考会議では、鷹木選手、プロレスリングノアの武藤敬司選手が候補に挙がり、鷹木選手が1回目の投票で19票中14票を獲得して、MVP受賞が決定しました。業界を引っ張っていったIWGP世界ヘビー級王者として多大な役割を果たし、内容の濃い試合で王者をキープしている。
コロナ禍、主力選手の欠場など緊急事態の中でIWGP世界ヘビー級王者として業界、新日本を支えてきた鷹木が2021年のMVPにふさわしい。こういったアクシデントが続いた印象の今年の新日本プロレスのなかで、団体を救う活躍を見せた鷹木選手をMVPに推す声が多かったです」

■MVP受賞:鷹木信悟選手のコメント(以下、会見の模様)
「改めまして、この度は東京スポーツ新聞社制定2021年度プロレス大賞最優秀選手賞、つまりMVPに選んでいただき、誠にありがとうございます。一言でいえば、感無量だなと。まだね、自覚がないから嬉しさを表現するのは難しいけど、さっき聞いたところによるとほぼMVPの決選投票みたいなのは同郷の武藤敬司さんと争ったということで、言ってみれば山梨で一番になった男が日本で一番、世界で一番ということでね、これもホントに嬉しい限りだなと。
 
この1年を振り返ってみると、昨年同様、コロナ禍の状況が続いて世間は足踏みしてる状況だけど、俺たちプロレスラーはなんとか前進しなきゃと思ってやってきたけど、それでも相変わらず集客に関しても無理に入れられない。お客さんが会場に来ても声を出せない。そういう状況でも俺たちはプロレスラーという表現者として、何かを伝えたい、熱を伝えたいってことで、会場に来てる方はもちろん配信やテレビを観てる方にも、何か自分の熱を伝えることができたなと。何かを感じ取ってもらえたらなという想いで、毎試合臨んでいたけど、俺自身はこうやってMVPに選んでもらったけど、特別なにかを努力したってことはないんですよね。

いつも通りの鷹木信悟。まあ、周りには『鷹木は運がいいね』なんてことは結構言われたけど、この業界だけじゃないだろうな。どんな物事も運とタイミングを味方につけた者がホントに強いんだろうな。だから、振り返ってみれば俺はただただ鷹木信悟の、いつも我道驀進って言ってるけど、自分の信念を貫いた結果だと思ってるよ。まあ、そんな感想かな」

――今年を振り返って印象に残っている試合は?

鷹木「ホントはどちらかといえば、俺は勝った試合よりも負けた試合の方が凄い印象的で、1月のNEVER戦・棚橋弘至戦とか、3月の(ウィル・)オスプレイとの『NEW JAPAN CUP』決勝だったり、あと『レスリングどんたく』のオスプレイとのタイトルマッチもそうだし、そういう負け負けっていうのが凄い印象的なんだけど、その負けがあったからこそ、浮き沈みが激しいなか、沈みがあったからこそ浮くことができたんだろうなと思ってるけど、一番俺が印象的だったのは意外かもしれないけど、メットライフドームのEVIL戦かな。
 
このコロナ禍っていうだけあってね、まさかの俺自身が8月コロナウイルスに感染してしまって隔離期間もあったし、練習ができない状況で10日ぐらいで体重も4、5キロ落ちて、『これヤバいな』『運も尽きたな』とか思ったなかギリギリ間に合って、メットライフドームのメインに上がることができたけど、危ない場面でも仲間たちがヘルプしてくれて、俺のなかで凄いあの1試合っていうのは、自分自身が『大丈夫かな?』、たぶんお客さんも『鷹木、大丈夫なのかよ?』って思うなかで闘って勝つことができたので、ある意味コロナ禍の状況で、『コロナに勝った』と言ったらちょっと大袈裟かもしれないけど、一番に印象に残ってる試合かな」

――MVPで言うと、近年は棚橋弘至選手、オカダ・カズチカ選手、内藤哲也選手といった新日本のトップ選手が分け合う状況が続いてきたなかで、鷹木選手が風穴を開けたということに関しては?

鷹木「棚橋、オカダ、内藤と続いてきたなかで鷹木信悟というね、俺は負け惜しみみたいなことを言ってたけど、プロレス大賞に選ばれるのって2008年の技能賞を26歳の時で、それ以降何回かノミネートぐらいはあったかもしれないけど、選ばれないから『縁がないのかな』と思いながら負け惜しみで『俺は記録に残らなくてもいい。記憶に残るレスラーでいたいんだ』って思ったけど、この業界でやる限りは記録にも記憶にも残りたいじゃん。
俺はもう39(歳)だけど、ギリギリ間に合ったって感じかな。よく言ってたじゃない? 棚橋、オカダ、内藤、飯伏とかのいるトップのなかのトップに足を入れるか、追い出されるかは俺次第だって。で、ここでMVPをいただいたってことで、また追い出されるかもしれないけど入り込んだかなって感じはあるよね」

――MVP受賞でプロレス界の顔にもなったと思います。

鷹木「俺はプロレスが好きだし、プロレスに対して凄いリスペクトがあるから、レスラーとしてナメられたくないんだよね。だからこそ、天龍源一郎さんなんかにも教わったけど、やっぱ痛みの伝わるプロレスだよ。
『プロレスってスゲーな』『なんか痛いな』っていうか、プロレスの迫力とかを伝えていきたいと思ってるし、『プロレスといえば鷹木の試合だよね』って思われるような試合をこれからも提供していきたいよね」

――2022年の抱負をお願いします。

鷹木「この2021年やってきたことで、こうやってIWGP世界ヘビー級のベルトにも手が届いて、東スポのスポーツ大賞MVPもいただいて、『鷹木、凄いな』って思われるかもしれないけど、本当の意味で真価が問われるのは2022年なので。そこでいきなり1.4、1.5っていう正念場があるから、そこを乗り切るか乗り切らないかで、俺の今後、いつまでやるかわからないけど、40代、50代のプロレス人生が変わってくるなと」

――負けられない試合であると。

鷹木「もちろん! ここはなんとしても乗り切りたいなと。これはね、またベルトの問題になってしまうけど、1.4、1.5、これは新日本プロレスだけじゃなくて、プロレス界のためにも俺が乗り切らないとダメだと思うんだよね。もちろん、乗り切ってやろうって気持ちがあるんだけど」

――では最後にファンの方へメッセージをお願いします。

鷹木「俺自身がIWGP世界ヘビーに手が届いてMVPも受賞することができたけど、これでプロレス界のテッペンを獲ったとは思ってないんで、2022年いきなり試練が1.4、1.5と続くけど、そこも乗り越えて2022年もさらに龍の如くテッペン目指して駆け昇っていくよ。応援よろしくお願いします。ということで、俺の言いたいことは以上だ」

■最優秀タッグチーム賞:タイチ選手のコメント
「去年は世紀の大誤審で受賞を逃しただけで、今年は当たり前の結果。俺らの他にここ数年、タッグを引っ張って来たチームはいない。それに新日本の最後の最優秀タッグチーム受賞が中西ストロングマン組で止まったままじゃ格好悪いしな。俺らで更新出来てよかった。早く賞金よこせよ岡本」

■最優秀タッグチーム賞:ザック・セイバーJr.選手のコメント
「About bloody time!(ようやくか!)」

■技能賞:グレート-O-カーン選手のコメント
「技能賞? MVPではなくか? 東スポはお目が高いのか、腐っておるのか分からんな。ま、東スポの手のひらを返すのは得意なんじゃ。それに全ての賞を支配するつもりゆえ、今年は技能賞ぐらいを受賞しておいてやる」


★YouTubeで受賞会見の模様を配信中!

■東京スポーツWEBはコチラ!

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2022年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ