• 2021.8.13
  • #Media
【WGSC】「いま俺に“いい流れ”が来ているんですよ」渡米目前の棚橋弘至に直撃(前編)! なぜUSヘビー級王座に名乗りを上げたのか? 7.25東京ドーム大会スクランブル参戦の“裏舞台”にも迫る!!

7.25東京ドーム大会のメインイベント、飯伏幸太欠場で、IWGP世界ヘビー級王座戦にスクランブル発進をはたし、死闘を展開した棚橋弘至。今度は息つく間もなく、今度はアメリカ遠征、そしてランス・アーチャーとのUSヘビー級王座戦が決定! 

怒涛の流れの中で、いま逸材は何を思うのか? 渡米前に緊急キャッチして、直撃インタビューを敢行!

撮影/中原義史

スマホサイト会員の方、全文はコチラから!

 

■「カードファイト!! ヴァンガード overDress Presents RESURGENCE」
現地時間・8月14日 (土)20:00開始
アメリカ・The Torch at LA Coliseum(カリフォルニア州・ロサンゼルス)
★対戦カードはコチラ!
★日本時間・8月15日(日)昼12時~新日本プロレスワールドでLIVE配信!

■ジョン・モクスリー選手がチャンピオンになってアメリカに流出した時点で、「このベルトは本来こうあるべきなんじゃないかな」と思ったんですよ


――さて、棚橋選手。先日の7.25東京ドーム大会ではIWGP世界ヘビー級王座に挑戦したばかりですが、間髪入れずにUSヘビー級王座という目標に向かって動き出しましたけど、まずこの狙いを教えてください。

棚橋 ハイ。これはですね、そもそもKENTA選手との戦いの中で照準をUSヘビー級王座に絞っていた方が先なんですよ。

――KENTA選手とのシングルマッチは7.24愛知県体育館大会で行なわれましたけど、その前から、意識されていたと。

棚橋 そうですね。去年、KENTA選手と彼が持っていたUSヘビー級王座挑戦権利証を巡って抗争した流れもあったし、USヘビーのベルトはアメリカに流出して長いじゃないですか? 「これは自分の中で一つのポイントになるな」って思いがあったので、「まずUSヘビーに向かって動こう」というのが先にありました。飯伏(幸太)の欠場があって、急遽IWGP世界ヘビーにも挑戦という感じでいきなり2本立てになってしまったんですけど、順番的にはUSヘビーのほうが先ですね。

――なるほど。このUSヘビーのベルトは棚橋選手は獲っていませんが、どういう存在でしょうか。

棚橋 いま新日本にはベルトがたくさんあるわけじゃないですか? インターコンチは吸収合併というか新ベルトに取り込まれましたけど、IWGP世界ヘビーとNEVER、そしてこのUSヘビーと残ってるんですね。特にUSヘビーに関しては、できた当時から独自路線というか、唯一「方向性がしっかりしているベルト」っていうイメージがあって、過去に巻いていた選手はみんな海外の選手だし、ジョン・モクスリー選手がチャンピオンになってアメリカに流出した時点で、「このベルトは本来こうあるべきなんじゃないかな」と思ったんですよ。

――まさにUSという名前の通り、理想的な形でベルトが機能しているということですね。

棚橋 そうですね。IWGPの冠をつけて海外で争うベルトで、「これはこれでいいんじゃないか」とも思ったんです。でも、俺が唯一巻いてないベルトがUSヘビーなので、獲りたいっていう思いもあった。あと『NJPW STRONG』の解説もしてましたんで、こういう状況ですけども「また海外に行きたいな」っていう漠然とした思いもありましたね。

――海外でまた試合がしたいと。

棚橋 このコロナ禍で、状況的にはなかなか難しいんですけど、柴田(勝頼)選手とか結構短いスパンで往来しているのを見てましたし、向こうの選手や現地の状況も聞いてましたんで、「これはまだチャンスはあるな」と思ったんですよ。

――それこそ5月に先んじる形で永田(裕志)選手がアメリカに渡って、AEWのリングでUSヘビーに挑戦しましたよね。

棚橋 そうなんですよ。いやー、やっぱり永田さんは凄いなと思いましたね。俺が手ぐすねを引いていたら、行動力の違いというか、モクスリーと戦ってきてますしね。俺の場合は、モクスリーがアーチャーに敗れていますから、今回挑戦するチャンピオンはアーチャーなんですよね。そういう状況を考えても、「永田さんはさすがだな」と思いましたね。

――なるほど。USヘビーを獲りたいと思った動機の中には、やはりモクスリーがチャンピオンというのもあったということですね。

棚橋 ハイ。あのモクスリーのちょっと狂気じみたところがムチャクチャ好きで、「こいつ、頭がおかしいんじゃねえか?」っていう選手と試合をすると、こっちも振り切れるんですよ(笑)。また、タイプが全然違いますしね。永田さんも気性が荒いんでモクスリーと正面からぶつかれるんですけど、「棚橋vsモクスリーのケミストリーはどうなるんだろう?」「どんな化学反応が起きるんだろう?」っていう興味が俺自身にもありましたからね。

――モクスリーは2年前の『G1』に出場してますし、過去いろんな選手とやっているんですけど、じつは棚橋選手はやっていなかったんですよね。

棚橋 ノータッチなんですよ。

――ただ、モクスリーが最初に来日した時にインタビューをしているんですけど、かなり早い段階から棚橋選手の名前は出していました。

棚橋 ええ。最初に言った、戦いたい相手は俺と鈴木(みのる)選手でしたっけ?

――そうです。あの棚橋vs鈴木の試合(2012年10.8両国国技館)を100回くらい見たって言ってましたね。

棚橋 フフフ。それを聞いただけで当時は「推せる!」って思いましたよ(笑)。でも、ああ見えて彼はだいぶ年下なんですよ。まだ40手前なんじゃないですかね?

――ああ見えてまだ35歳ですね。

■アーチャーとは日本国内で何回か戦ってますけど、“ホームで異様に強そうなイメージ”が俺にはあるんですよ。なので今回は水を得たアーチャーみたいな

ーーでも、モクスリー選手のこともあってUSヘビーに向かって動かれた矢先にアーチャー選手になってしまったと言ったら、アーチャー選手に失礼なんですけども。

棚橋 ……ただ、これは怖いですよ。アーチャーとは日本国内で何回か戦ってますけど、“ホームで異様に強そうなイメージ”が俺にはあるんですよ。なので今回は水を得たアーチャーみたいな。

――水を得たアーチャー(笑)。

棚橋 だから、今までやってきたアーチャーのイメージよりも1.5倍ぐらいタフなんじゃないかなと思っています。逆に海外の選手にしてみれば、新日本のリングで戦っていると新日本の選手に声援が集まるからこっちが有利なわけで、海外のマットになるとヒール・ベビーは抜きにして、向こうのホームになるわけじゃないですか? そういった状況でいかに戦うかっていうのは、精神的な技術がいるんじゃないかって気がしますね……。

★このあとは、7.25東京ドーム大会、スクランブル発進の裏舞台に迫る!

※続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 

★デビッド・フィンレーに直撃! 8.14ロス大会のNEVER王座戦で激突!“同期”ジェイ・ホワイトとの因縁ヒストリーを語る!!

 

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2021年10月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ