• 2021.5.8
  • #Media
「まだ、走り切っていないです」“秘密基地”で飯伏幸太選手に直撃インタビュー(後編)! 4.4両国のオスプレイ戦、“一番気になる選手”コブにも言及!

4.29鹿児島大会で、復活を遂げた飯伏幸太。今回も、秘密基地と言われる専用道場にお邪魔して、1.4東京ドームに二冠王者となって以降、怒涛の渦が巻き起こった二回王座統一~IWGP世界ヘビー級王座誕生まで、激動の3か月間を振り返る特別インタビュー! 必読の後編!

撮影/タイコウクニヨシ

  

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開! 

【大好評第2弾!】“秘密基地”でSP特写!飯伏幸太選手の“撮り下ろし”待ち受けを配信中!!



★5月10日(月)締切! スマホサイト会員に『GW大プレゼント祭り』開催中!飯伏、SHO&YOHのチェキ付きサイン色紙!内藤、オーカーンのサイン入りTシャツなど満載!!

 

■初代というのはなんでもうれしいですけど。わりとジュニア時代から、自分の中では、いろいろ変えてきたつもりではいるので


 

――さて、飯伏選手。前回もお話したように、今回の二冠王座統一~IWGP世界ヘビーの新設は、さまざまな議論が巻き起こりました。

飯伏 ハイ。
 
――いずれにせよ、新日本プロレスの歴史を大きく変えた分岐点だったと思います。飯伏選手はその渦中のド真ん中に立っていたわけですけど。

飯伏 そうですね。自分の希望では、「第73代IWGPヘビー級王者と、第27代IWGPインターコンチネンタル王者であっての、初代IWGP世界ヘビー級王者でありたい」という主張もしてたんですけど。どうしてもIWGPヘビーとインターコンチがなくなってしまうと、IWGP世界ヘビー級王座の色が強くなってしまうので、「そこは合体した方がいいかな」と。

――なるほど。

飯伏 自分の気持ちでは、あくまでIWGPヘビーとインターコンチありきのベルトという気持ちがあると。それが一つになってさらにパワーアップしたのが、IWGP世界ヘビーのベルトだと思っているので。

――そこは強調したいと。このIWGP世界ヘビーのベルトは、歴代のベルトのデザインを継承しています。いろんな意見がありましたけど、デザイン的にはいかがでしたか?

飯伏 いや、ボクはべつにデザインに関しては…。これはボクの持ってるイメージなんですけど、ベルトって基本的に丸いものが“ザ・ベルト”って感じがすると思うんですよ。

――たしかにそうですね。

飯伏 なので、最初に見たときに丸くはなかったので、「おおっ! これが新しいベルトなのか!」と思いました。デザインに関していえば、そこは時間が経てばみんな受け入れられるのかなと思ってます。

――そういう意味では、すでにかなり受け入れられてきている気もしますね。

飯伏 あ、受け入れられてますか? 

――いま(ウィル・)オスプレイ選手がベルトを持っている時の反応を見ると、すでに違和感がなくなってきている感じがします。

飯伏 やっぱり時間が経つとそうなるんですかね。

――ただ、最初に新しいベルトを持った時の飯伏選手の画を観た時に、「新しい時代が来たな!」と思いましたし、“初代王者・飯伏幸太”というのは強烈な印象がありました。

飯伏 ああ、それはうれしいですね。初代というのはなんでもうれしいですけど。わりとジュニア時代から、自分の中では、いろいろ変えてきたつもりではいるので。

――いろいろ変えてきた自負があると。

飯伏 ええ。ボクが新日本プロレスに参戦しはじめた頃は、ジュニアのタイトルマッチが東京ドームの前半でよく組まれていて、そこは「エッ?」って思うことがあって。それをセミ前とか第6試合とかにグッと持ち上げていったんで。デヴィちゃん(プリンス・デヴィット/現・フィン・ベイラー WWE所属)とか、あのへんとやっていた時に。

――たしかに2014年の1.4東京ドームでは、飯伏選手とプリンス・デヴィット選手のタイトルマッチがセミ前に組まれました。

飯伏 そのへんは自分の中でも「変えてきたかな」と思ってます。

――そして、ヘビー級王座の大きなターニングポイントでも、飯伏幸太選手が大きく関わることになったと。

飯伏 ちょっと冷静に考えるとまだそこは怖いですし、恐怖感もありますけど。いま振り返ると「よかったかな」とも思いますね。

――この新日本の約50年の歴史の中で、今後も必ずピックアップされる、大きく刻まれる出来事だと思います。

飯伏 凄いですよね。それは、単純にうれしいです。二番目じゃなく、やっぱり“初代”っていうのは意味合いが違いますから。

■あの試合は、ボクが偏りすぎましたね。自分のフィジカルをほぼ使わず、「逆でいこう」と思ったんです。


――そして、IWGP世界ヘビーの初防衛戦として、4.4両国で『NEW JAPAN CUP』覇者のウィル・オスプレイ選手を迎撃しました。結果は王座陥落となってしまいましたが、あの試合をあらためて振り返っていかがですか?

飯伏 うーん。あの試合は、ボクが偏りすぎましたね。

――偏りすぎたというのは?

飯伏 17年のプロレス人生ですけど、あの試合は、自分のフィジカルをほぼ使わず、「逆でいこう」と思ったんです。フィジカル面じゃなく、“プロレスの頭”を使っていこうとしたら、オスプレイも最初はそこに乗ってきたんですけど、途中から変わってきて、そこは彼の“瞬発能力”を感じました。そこにボクが「オッ!?」となって、うまく乗っていけなかったというか、彼の瞬発能力が想像した以上のものだったんで。瞬発力とは違うんですけど。

――瞬発能力と瞬発力は違うと?

飯伏 もちろん、見た目の瞬発力もありますけど、彼の瞬発能力が自分とは違いましたね。ハイ。

――飯伏選手が戦前、予想していたオスプレイとも違いましたか?

飯伏 全然違いました。体重が重くなっただけでなく、たしかにいままでと違うオスプレイがいましたね。

――これは最近、他のメディアでも発言されていましたが、飯伏選手はずっと足をケガされていたそうですね。それはいつのことでしょうか?

飯伏 1.4東京ドームの内藤(哲也)戦です……。

※この後は、足のケガの状況、「一度くらい防衛したかった」、「邪神」と言われたオカダ・カズチカについて、「一番気になる男」ジェフ・コブについても言及!

※続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

  

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年6月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ