• 2021.4.3
  • #Media
鷹木信悟が『NEW JAPAN CUP』を大総括(後編)! オスプレイとの壮絶な決勝戦の舞台裏とは? EVILは「汚いけど賢い」!? 「さすがは超一流」棚橋とのNEVER戦にも言及!

激闘続出となった今年の『NEW JAPAN CUP 2021』! 惜しくも準優勝に終わったものの、シリーズを牽引する大車輪の活躍を見せた鷹木信悟選手。

“THE DRAGON”が、ケガに苦しんだオスプレイとの壮絶な決勝戦の舞台裏を告白! 同門EVILとの一戦、さらに棚橋弘至とのNEVER戦にも言及!!

撮影/タイコウクニヨシ

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「前半部分」をWEBで無料公開! 
 
★【前編はコチラ!】「基本的には“自分主導”なんだよね」鷹木信悟が『NEW JAPAN CUP』全公式戦を大総括!

【ダウンロードすれば、元気ハツラツ!】鷹木信悟選手の“撮り下ろし”SP待ち受けを緊急配信!!

【応募開始!】『春の大プレゼント祭り』開催!オスプレイ、鷹木のチェキ付きサイン色紙!タイチ&デスペラード合体色紙!

【“初月の利用料”が無料に!】新日本プロレス スマホサイトで「Apple Pay決済、GooglePay決済」入会キャンペーンを実施中!!

  

■ああいうことをするヤツって、結構、雑なヤツが多いんだけど、EVILは反則攻撃も的確に来るから逆にキツイというか。


――さて、鷹木選手。『NEW JAPAN CUP』で準々決勝のKENTA戦を乗り越えて、準決勝はEVIL選手との試合でした。3.16後楽園で襲撃もされましたけど“元同門”ということもあり、「熱い試合がしたい」という気持ちがあったようですね。

鷹木 EVILがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(以下、L・I・J)を出る時も、一緒にNEVER無差別級6人タッグのベルトを持っていた(第20代王者/EVIL&鷹木信悟&BUSHI組)んだけど、とくに2019年は彼の思うような結果が出なかったことで、モヤモヤしたりプレッシャーなんかもあったと思うんだ。

――L・I・Jを離脱する直前には、内藤(哲也)選手から、「L・I・Jのヘビー級の中で4番手になってしまってる」と言われたこともありましたし。

鷹木 あの当時、EVILとコミュニケーションを取る中で、「モヤモヤする部分があるなら、同門でもいいから俺とバチバチやろうよ」なんて世間話をしたこともあった。その彼がすべてを捨てて、今の道を選んだわけだけど、どっかで「EVILの中に熱い部分があるのかな」と期待していた部分があったのはたしかだね。

――GKこと金沢克彦さんもコラムで書いていらしたんですけど、同門時代、お二人はスタイル的な共通点も多く、言葉には出さないけど、鷹木選手に対してEVIL選手は相当なジェラシーを感じていたんじゃないかと。それは感じていましたか?

鷹木 俺がL・I・Jに入ることによって、一番刺激を受けているのはEVILだろうっていうようなことを、内藤もたまにコメントしてたけど、たしかにスタイルは一番似通っていたし、そういう意味で比べられてしまうからね。でも、今回EVILと初めてガッチリとシングルをやってみて思ったのは、「意外とキレイなプロレスをするな」という印象だった。いや、実際はめちゃくちゃ汚いことばかりしてるんだけど。

――反則するにしても、理にかなった形でやっているということですか。

鷹木 そうそう。だから、彼は賢いんだよ。汚い中にもたしかな技術のあるプロレスをする。ああいうことをするヤツって、結構、雑なヤツが多いんだけど、EVILは反則攻撃も的確に来るから逆にキツイというか。

――なるほど。

鷹木 だから、真っ向で来られていたら、動きは読みやすかったと思う。俺は耐えて耐えて、正攻法で返して行くからね。試合終盤、一瞬だけ真っ向勝負的な攻防になったけど、アレは彼が俺のペースに乗っかっちゃったのかもしれないね。

――ところで、この準決勝が行なわれた3月20日のゼビオアリーナ仙台大会では、試合の途中に震度5強の大きな地震がありましたね。

鷹木 あの地震があって、一瞬、試合への集中力が途切れたところはあったね。まず大会が再開できるかどうかっていう部分で、スタッフと話をしたり。地震の瞬間は控室にいたんだけど、仮にもう一度地震が起きた場合のことを考えて、会場を観に行ったんだよ。あの会場は、リングの真上の天井にデカいビジョンがあったから、自分が試合をしてたらそれが落っこちてくるのが怖いなと思って。まず、自分が助かることを考えちゃうよね(笑)。

――もちろん、大事なことですよね。ゼビオアリーナ仙台は、東北大震災のあとに作られた施設なので、防災や耐震が非常にシッカリしていたようで。

鷹木 最終的に「大会が再開するんであれば、もう腹を括って試合をしよう」と思って。ファンの心理的には、心配だし早く帰りたい人もいたかもしれないけど、俺の試合はメインイベントだし、「地震が起きたことを忘れさせるような試合をやってやろう!」という気持ちがあったね。

■俺は最近のオスプレイを見てて「コイツ、迷ってんのかな?」と思っていたんだよ。
 あの試合で「オスプレイをコッチに引き戻そう」と思って。


――そういう状況下の試合でEVIL選手に勝利し、翌日はウィル・オスプレイ選手との決勝戦に進みました。オスプレイvs鷹木というカードは、ファンも特別な思い入れがある試合だと思いますが、ご本人的にはどんなお気持ちでした?

鷹木 俺は、この組み合わせは「凄く自然なことだな」と思ったよ。2019年の6月5日に両国での『BEST OF THE SUPER Jr.』決勝戦で当たった時に、「オスプレイってここまで凄いのか!」と感じたから。本当に自分の予想以上だったし、オスプレイはその時はまだ25〜26歳ぐらいだったから、「これからとんでもなく強くなるな」と思ったし。一方で、俺は今年39歳、アラフォーとなる中で、くやしい気持ちがあるよね。オスプレイは年齢的に30代に入ってもさらに伸びていくわけだし、俺の成長スピードは彼にはかなわない。でも、プロレスってそれだけじゃない“深み”もある。だから、オスプレイはある意味、俺自身のモノサシでもあるよね。ファイトスタイルは全然違うけど、どうしても、あの2019年の『SUPER Jr』決勝戦がクローズアップされることが多いから。

――何かあるとあの試合が持ち出されがちというか。そんな中、『NEW JAPAN CUP』決勝戦という形で、3度目の舞台が整いました。

鷹木 ただ、俺は最近のオスプレイを見てて「コイツ、迷ってんのかな?」と思っていたんだよ。CHAOSから出て新しいユニットを立ち上げても、マネージャーを就けたり、ヘンに悪ぶってみたり、やってることが「らしくないな」と感じてたから。俺としては『G1』公式戦や『SUPER Jr』決勝戦と同じように、オスプレイと真っ向からやり合いたいと思ってたし。いま、コロナ禍ということもあって、お客さんが声を出せない状況で、拍手や地団駄を踏むことしかできない。でも「だったら、地団駄を踏むような熱い試合を見せようじゃないか」という気持ちがあったから、あの試合で「オスプレイをコッチに引き戻そう」と思って……

※このあとは、「飯伏が見てる前でカッコ悪いことはできねえなと」「正確には“スーパー”ハツラツタイムだよ!」「(棚橋戦は)“意味のある負け”だった」など、注目発言連発!

※続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!


「人生の中でも“特濃の10日間”だった」 “ジュニア二冠王者”デスペラードが王座戴冠~飯伏戦を振り返り! “前王者”ヒロムへメッセージ!? ライガーへの想いも激語り!

 

【なんと“初月の利用料”が無料に!】新日本プロレス スマホサイトで「Apple Pay決済、GooglePay決済」乗り換えキャンペーンを実施中!!

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年4月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ