• 2021.3.5
  • #Media
『NJPW STRONG』で話題沸騰! “元UFCファイター”トム・ローラーは、なぜ新日本プロレスで闘っているのか? なんと“日本のプロレス・格闘技の超マニア”だった!?(前編)

アメリカの配信限定番組『NJPW STRONG』で話題沸騰! 猛威を奮う“TEAM FILTHY”のリーダーで、“元UFCファイター”で、“日本のプロレス・格闘技のマニア”!? トム・ローラーはなぜ新日本プロレスで闘っているのか? スペシャルインタビュー前編をお届け!

トップ写真提供/トム・ローラー選手

 

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「前半部分」をWEBで無料公開! 
 


■『NJPW STRONG』
3月6日(土)昼12時~配信でトム・ローラーはTHE DKCと『NEW JAPAN CUP in the USA』予選試合で激突!
★新日本プロレスワールドはコチラから!

■結局のところ、どっちも格闘スポーツ。少し違うくらいで、俺にとってはプロレスをやるのも総合格闘技をやるのも同じことさ。


――さて、ローラー選手。最近、『NJPW STRONG』で起きていることについて、それとローラー選手の総合格闘技からプロレスに至るまでの道のりについて話したいと思います。

ローラー ああ、オーケーだ。

――ただ、どうやら実際のところ、ローラー選手は総合格闘技ではなく、プロレスからキャリアが始まっているようですね。

ローラー ククク。それは知らないな。

――あ、そこはご記憶にないですか。

ローラー とにかく俺が、初めて闘ったのは2003年のことだ。当時は、格闘技の団体そのものが本当に少なかった。UFCはもうあったが、今みたいにUFCに所属したところで、たくさんカネが稼げるわけでも立派なキャリアを積めるわけでもなかった。でも、当時はUFCをよく観てて、「クールだな」と思っていたし、「これこそ、俺のしたい仕事だ」ということもよくわかっていた。
 
――最初に好きになったのは、総合格闘技だったんですね。
 
ローラー その通り。ただ、最初の試合では、たった50ドルしか稼げなかった。その後は…… さっきも言ったように、当時はそれほどカネを稼げるジャンルじゃなかったからな。そんなにキャリアも積めなかった。当時は、まだ20歳の若造だったしな。
 
――つまり初期は、プロレスをやることが、総合格闘技のキャリアを助けたということですか?
 
ローラー そうだ。2005年辺りにトレーニングをして、2005~2007年の間にプロレスにもトライしていたんだ。ただ、その頃には、並行して徐々にフルタイムで総合格闘技も出来るようになっていた。まあ、結局のところ、どっちも格闘スポーツだ。少し違うくらいで、俺にとってはプロレスをやるのも総合格闘技をやるのも同じことさ。
 
■どうしたって、あのグレート・ムタに魅了されないはずはないよな!


――子供の頃は、どんなプロレスを観ていましたか?
 
ローラー 最初に観たのは、アメリカのESPNで放送されていたGWF(グローバル・レスリング・フェデレーション)やUSWA(United States Wrestling Association)だ。同時期に、WWFも観ていたな。それに、土曜日夜のWCWも観てたし。当時の環境で観られるものはすべてのプロレスを観ていたよ。
 
――最初に日本のプロレスに触れたのは、いつでしょうか?
 
ローラー WCWにニュージャパンの所属レスラーが来た時だな。それと、WCWとニュージャパンが大会を共同開催した時だ。
 
――当時、ローラー選手にとって一番魅力的だったレスラーは誰ですか?
 
ローラー どうしたって、あのグレート・ムタに魅了されないはずはないよな! 彼は、本当に大きなインパクトを残してくれたよ。それから、ケンスケ・ササキ(佐々木健介)! とくに、スタイナーブラザーズ(リック・スタイナー&スコット・スタイナーの兄弟タッグ)を相手に闘っている姿が、すごくイカしていたんだ。けど、当時の俺はすごく若くて“闘い”ってものをあまり理解していなかった。ちゃんと理解するようになるのは、もっとずっと後のことだ。それで1990年後半に、日本の格闘技に改めて惚れ直した。ただし、多くの人が認めるような方法ではないけどな!

――どういう意味でしょう?

ローラー 信じようが信じまい構わないが、インセイン・クラウン・ポッシーの『Stranglemania』というビデオを観て、日本のプロレス・格闘技に夢中になったんだ。

――ああ、それは1990年代になってヒットした海賊版ビデオですね。ヒップホップアーティストであったインセイン・クラウン・ポッシーは大のプロレスファンで、1995年8月20日、IWAの川崎球場大会の実況をしている動画をリリースしました。その影響もあって、90年代後半、テリー・ファンクやミック・フォーリーがハードコアマッチで成功を収めていって。
 
ローラー そうだ。俺がしてきたこととはまったく違う方向性だったが、そのビデオから、テレビでは放送されてなかった日本のプロレスや格闘技の世界に興味を持ったんだ。そこから、リングスやPRIDEのビデオを観るようになった。

――なるほど。やはり、桜庭和志選手からは影響されましたか。

ローラー ああ。最初に観たPRIDEのビデオは『PRIDE 8』(1999年11月21日、有明コロシアム大会)で、サクラバvsホイラー(・グレイシー)の試合だった。だから、日本の総合格闘技に関してもわりと早く適応していった。
 
――すべての始まりは、最初に選んだ輸入ビデオテープにあったと。ローラー選手世代のレスラーの多くは1994年の『SUPER J-CUP』に影響された人が多いですが、ローラー選手は、IWAを起点に、PRIDE、リングスを通して、この世界に興味を持ったんですね。

ローラー フフフ。ガキの頃は、カネを払う価値があるものにだけ興味があった。俺の持っていたビデオテープは30試合も入っている4~5時間の大会で、当時、そういうテープは本当にレアなものだったな。いまでも、ネットでそういう試合を観ることはできる。その時代と今ではテクニックは変わったが、当時の試合の“ハート”と“バイオレンス”は、間違いなく真実が込められていると思うよ。

――日本の総合格闘技の初期は、PRIDEやパンクラスに多くのファイターが参戦していて、もともとプロレスラーの選手も多かった。鈴木みのる選手や桜庭選手はその代表格ですが、海外で言えば、ポール・レイゼンビー(パンクラスで活躍後、プロレスラーに)やケン・シャムロック(パンクラスで活躍後にUFCやPRIDEに参戦。プロレスではWWE、TNAにも参戦した)のようなアメリカ人ファイターやカナダ人ファイターもその1人です。

ローラー 初めてサクラバを観たのは『UFC JAPAN』(1997年12月21日、横浜アリーナで開催された。初のUFC日本大会)だ。俺は、いちプロレスファンとして、プロレスラーが総合格闘技でシッカリ適応している試合を観たいと常々思っていたんだ。ハードなトレーニングや、的確なテクニックやホールドがプロレスをよりリアルな格闘スポーツにしていると思うからね。

――“キング・オブ・スポーツ”な考え方ですね。

ローラー まさにそうだ。ハルク・ホーガンの影響でコミックっぽくなった1990年代のアメリカでは、そういう考え方はされてなかったけどな。サクラバがプロレスから総合格闘技に来たと聞いた時は、すぐ彼のファンになったよ。あのUFC JAPANで、サクラバがマーカス・コナンとの試合がいったん無効試合になって、再試合でシウヴェイラを倒した時は、「これぞプロレスラーの生き様だ!」と思ったよ。ボコボコにされ、立ち上がり、戻ってきて、勝つ。一発で、サクラバに夢中になった。

――そういう意味では、ローラー選手は最初から総合格闘技での活躍を通して、プロレスを表現したかったタイプなんですね。

ローラー もちろん。たとえば、ジョシュ・バーネット(元UFC世界ヘビー級王者。UFC、パンクラス、PRIDEなど総合格闘技の一線で闘いながら、新日本プロレスにも参戦していた)のようにな? 彼は今日でさえ、彼はどれほどプロレスが武術としてリアルなものなのかを皆に伝えようとしているんだ。

――2000年代初めに総合格闘技とプロレス両方のキャリアを始めた時、新日本ではプロレスと総合格闘技の線引きが曖昧になっていました。2003年5月2日に行われた『ULTIMATE CRUSH』東京ドーム大会では、プロレスの試合と総合格闘技の試合が同時に行われました。
 
ローラー ああ、このインタビューで、絶対に『ULTIMATE CRUSH』について話してやろうと思っていたんだ!

※続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

  

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年9月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ