• 2021.2.18
  • #Media
『号外!“GK”金沢克彦の新日本プロレス通信』!今回は「飯伏vsSANADAは、まだまだ“発展途上”、ノビシロのある名勝負数え唄!」 怒涛の広島2連戦を大総括!!

プロレス界随一の論客・“GK”金沢克彦氏の独特の視点から、現在進行形の新日本プロレスに関するコラムを続々レポート(不定期連載)!!

今回は「飯伏vsSANADAは、まだまだ“発展途上”、ノビシロのある名勝負数え唄!」 広島2連戦を大総括!!

テキスト/金沢克彦

 

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、コラム記事の「序盤部分」をWEBで無料公開! 
  

■率直なところ、タイチ&ザックのコンビはひさしぶりにIWGPタッグ戦線に活気を与えてくれた好チームである。


約1ヵ月近い前哨戦を経て、2月最初のビッグマッチが2月10日&11日の広島サンプラザホール2連戦で開催された。今回は両日のメインイベントとセミファイナルに絞って総括してみたい。

初日(10日)のセミファイナルは因縁のIWGPタッグ選手権ダイレクト・リターンマッチ。王者G.o.D(タマ・トンガ&タンガ・ロア)と前王者であるタイチ&ザック・セイバーJr.の顔合わせ。

遺恨は昨年の『WORLD TAG LEAGE2020』までさかのぼる。11・22佐久大会で行なわれた両チームの公式戦で、タマがタイチから奪ったアイアンフィンガーフロムヘル(以下、アイアンフィンガー)でザックを一撃しピンフォール勝ち。これにタイチが激高した。

つづく本番となった1.4東京ドームのIWGPタッグ戦でも、タマはアイアンフィンガーでタイチに地獄突きを見舞い、その直後、タンガのエイプシットを食らいフォール負け。

これによってIWGPタッグレコードとなる7度目の王座戴冠を達成したG.o.Dと、魂であり守護神としていたアイアンフィンガーを奪われたタイチの明暗はクッキリと分かれた。さらに、1・6TDC大会ではそのアイアンフィンガーをタマに奪われてしまった。

以来、IWGPタッグ奪還よりもアイアンフィンガー奪回のほうが使命であるかのように、タイチは荒れ狂った。

そんなタイチをあざ笑うかのように、福袋のような大きなビニール袋のなかにいくつもの紙包みを入れて入場してきたタマ。その紙袋をタイチが一個一個開けてみると、中から出てきたのは、食パン、ボクシンググローブ、ヌイグルミ、卓球ラケット、手袋、さらに女性用の下着と意味不明のものばかり。

これでタイチの錯乱ぶりは増すばかり。本来チームワーク抜群だったはずのタイチ&ザックのチーム力がなかなか機能しない。それでもザックの奮闘もあり、なんとか試合を五分に戻す中、ついに邪道がアイアンフィンガーを装着して花道から入ってくる。ここからリング上はアイアンフィンガー争奪戦と化した。

最後は自制心を失ったタイチが、レフェリーを突き飛ばし、邪道、タマの順にアイアンフィンガーを叩き込み反則負け。なんとも後味の悪い結末となってしまった。

タイチがノーコメントで引き揚げる一方で、呆然とするザックは「チームを解消するわけじゃないが、お互いのためにすこしタッグ戦線から離れたほうがいいかもしない」と言葉を振り絞った。

率直なところ、タイチ&ザックのコンビはひさしぶりにIWGPタッグ戦線に活気を与えてくれた好チームである。昨年、圧倒的ヒーロー感をもって王者に君臨したゴールデン☆エース(棚橋&飯伏)にタイトル戦で2連勝した実力はホンモノ。ようやくIWGPタッグ選手権に光が当たりはじめてきただけに、このままチーム休止となってはなんとも惜しい。

気が付くと、またもIWGPタッグ戦線は外国人天国となってしまう可能性もある。テンコジ(天山&小島)の記録を更新したG.o.Dの実力は認めるところだが、この抗争はどんな手段を使っても……たとえば『ノーDQマッチ』などの特別ルールを採用しても完全決着に期待したいものだ。

■Ⅴ1に成功したヒロムは盤石の王者ぶりを見せつけたし、SHOは頂点へ向けてついにスタート地点に立った


10日のメインに組まれたのはIWGPジュニアヘビー級選手権。王者は1.4で石森太二からベルトを奪還した高橋ヒロム。挑戦者は、これが同タイトル初挑戦となるSHOである。

昨年後半のSHOの躍進ぶりは説明を要しないだろう。『NEW JAPAN CUP2020』1回戦で宿敵である鷹木信悟からついにピンフォール勝ちを奪い、『BEST OF THE SUPERJ.27』公式戦(12.2大阪)では優勝者のヒロムから見事に勝ち星をあげている。

この敗戦に関してヒロムが、「悔しいけど、なんか嬉しい」と独特の言いまわしてコメントを残したことも話題となった。31歳の同い年で、SHOは2年後輩にあたる。歩んできた道程も似ている。ヤングライオンを経て、メキシコCMLL遠征から米国ROHへ。

ROH遠征時には、ともにブラジリアン柔術の道場にも通っていた。SHOにいたっては、「強くなりたい」の思いが高じてなんと総合格闘技の大会にも参戦した経験がある。

そして、両選手の一致した思いは、翌日のIWGPヘビー&インターコンチネンタル2冠選手権を食うような闘いを披露すること。

強い向上心と新日ジュニアで闘うことのプライド。その後、ヒロムは、「いま、新日本生え抜きということにこだわる時代ではないけど、ことSHOに関してはそういう気持ちになってしまう」とも言った。

タイプはまったく違うが、志は同じ。その特別な関係にある2人のタイトルマッチは、現代ジュニアの攻防とは一線を画すゴツゴツの闘い模様となった……。

※続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!


★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込)

 

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年2月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ