• 2020.10.27
  • #Media
「もう優勝しないわけにはいかない! “2020年最後のビッグマッチ”は俺がシッカリ締めたいなと」高橋ヒロム選手インタビュー!!(後編)

いよいよ『BEST OF THE SUPER Jr.27』の開催が決定! 2020年秋、年末に向けて、いま高橋ヒロムは何を思うのか? EVILとの二冠戦、神宮の石森戦、そしてマスターワトにも言及!! インタビュー後編をお届け!!

※このインタビューは、10月12日に収録。

※トップ写真提供/高橋ヒロム

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開!
 
■一年の終わりの時期でも『SUPER Jr.』がより記憶に残りやすいんじゃないか。そういう意味で、『G1 CLIMAX』はメチャクチャ意識してしまいますね


――この取材をしている時点では、『G1 CLIMAX 30』は終盤戦で盛り上がっていますが、『G1』に対する対抗心みたいなお気持ちはいかがですか?

ヒロム シンプルに「おもしろいな」と思いました。「『G1 CLIMAX』って、スゲーおもしろいな!」って。もちろんイチ選手としてはくやしい気持ちもあるんですけど、それを超える楽しさがあるなと。

――くやしいけど、楽しさやおもしろさを認めざるを得ないと。

ヒロム とくにメチャクチャ盛り上がってる試合を見ると、やっぱりくやしいんですよ。「うわ! スゲーな!」と。でも、逆に「この試合を超えたら、もっとおもしろいぞ! もっと盛り上がるぞ!」っていう気持ちも沸いてくるんです。

――いい試合を観るほど、対抗心も沸いてくると。

ヒロム ただ、新日本プロレスでは、毎年『BEST OF THE SUPER Jr.』が5~6月にあって、そのあとに『G1』が控えてますけど、そこで『SUPER Jr.』のおもしろさが“上書き”されてしまうというか。

――例年、先攻が『SUPER Jr.』で後攻が『G1』で。たしかに人間の記憶はより新しいモノのほうが印象に残りやすいですよね。

ヒロム でも、去年の『SUPER Jr.』の優勝決定戦って、そんなこともなかったと思うんですよ。

――昨年の優勝決定戦のウィル・オスプレイvs鷹木信悟は、数々のメディアの年間ベストバウトに挙がる名勝負でした。

ヒロム その二人がヘビーに転向して、『G1 CLIMAX』に出てるっていう。この前の二人の試合(9.27神戸の『G1』公式戦)もおもしろかったですし、そこも含めてくやしい部分はありましたね。ただ、そういう意味で行くと、今年は“こっち”が有利なわけですよ?

――今年は『SUPER Jr.』が“後攻”になりますね。

ヒロム なので、一年の終わりの時期でも『SUPER Jr.』がより記憶に残りやすいんじゃないかと。そういう意味で、『G1 CLIMAX』はメチャクチャ意識してしまいますね。ほかのジュニア選手が誰も意識してなかったとしても、「俺だけはメチャクチャ意識してるぞ!」と。

■今年の『G1』? 俺も「出てみたい」っていう気持ちはありましたよ


――ちなみに今回の『G1』は出場メンバーが発表されるまで、「外国人選手が出るのは難しいんじゃないか」という声が多くて、「ヒロム選手に出てほしい」という意見もけっこうありました。

ヒロム あ、俺も「出てみたい」っていう気持ちはありましたよ。

――そうですか!

ヒロム ……ありましたけど、それはその時期にIWGPジュニアヘビー級チャンピオンだったからなんですよ。ただ、チャンピオンじゃなくなった以上、べつに何も言う資格はないと思ってます。

――なるほど。

ヒロム まあ、べつにジュニアチャンピオンだからって『G1』に出るって言わなくてもいいと思ってるので。「石森太二、なんで『G1』出ないんだよ?」という気持ちはないですし、そこは個人の自由ですけど。

――“対ヘビー級”という部分では、6月に大会再開の直後に行なわれた『NEW JAPAN CUP』では、1回戦で本間朋晃選手、2回戦で矢野通選手、準々決勝で石井智宏選手と、強豪を次々と撃破しました。

ヒロム ええ。そこまではよかったんですけどね……。

――準決勝では敗れながらもオカダ・カズチカ選手と好勝負を繰り広げましたし、この一戦はBSながらヒロム選手の夢だった“ゴールデンタイムで生中継”されました。この時期はまさに大車輪、MVP級の活躍だったというか。

ヒロム フフフ。狙ってましたよ(ニヤリ)。

――狙ってましたか(笑)。この時期、ヒロム選手は階級を超えて、新日本の“中心”として大活躍していましたけど、7.25愛知でのEVIL選手とのダブル選手権試合での惜敗から、ちょっと勢いが落ち着いてしまったというか……。

ヒロム まあ、そうですね。あの負けは痛かったです。同時にあの試合で肩もやってしまったのもありますし。ちょっと情けなかったですね。

■やっぱりEVILなんですよね、あの日の試合で俺の前にいたのは。俺が知ってる“あの男”ではなくて……


――いま、あらためてEVIL選手とのダブル選手権試合を振り返っていかがですか?

ヒロム う~ん、なんですかね。最初、アレが彼の本心なのかどうかわからなかったというか……。

――本心というのは?

ヒロム 「EVILが本当にやりたいことはなんなんだろう?」と。「迷ってるのかな?」「何を考えてるのかな?」「本音はなんなんだろう?」っていう裏の部分ばかり考えてしまって……。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 
★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込)

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ