• 2020.10.26
  • #Media
「いま新日本プロレスはプロレス界で“最高の舞台”。最高の選手が集まればいいし、どこ出身とかはとくに必要ない」『G1』2連覇・飯伏幸太にインタビュー!!(前編)


 
史上3人目の快挙!今年の『G1 CLIMAX 30』を優勝し、2連覇を達成した飯伏幸太。初の“秋”開催、そしてコロナ禍での『G1』をゴールデン☆スターはどう闘い抜いたのか? 直撃インタビュー(前編)!

撮影/タイコウクニヨシ 
 

スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開!
 

■去年のケガのことを考えても、今年のほうがキツかったと思いますね。それはやっぱりいまが“こういう状況”だからなのかなって


──さて、飯伏選手。『G1』優勝決定戦の翌日ということで、さぞかしお疲れだと思うんですが……。

飯伏 ええ。疲れてますね。さすがに……、さすがに疲れてます(苦笑)。

──というのも、表彰式の最後で、銀のテープがパーンと発射されたじゃないですか? あの時、崩れ落ちるようなシーンがありましたよね。

飯伏 あ、そうでしたか。

――あれは、マスコミ各社がいい写真を撮ろうと狙いすますタイミングなんですけど、あの場で座り込まれていたので、「コレは相当に疲れているんだろうな」と思ったんですよ。

飯伏 いやー、本当に立ち上がれなかったですね。力尽きたし、出し切った。そのまんまです。
 

 
──『G1』開幕前には、「昨年の『G1』がキャリアの中で一番キツかった」というお話をされていましたが、そこと比べて今年は?

飯伏 今年は前哨戦がなかったですし、去年のほうが試合数自体は絶対に多いんですよ。だから、去年のほうが確実にキツいはずなんですけど……、なぜか今年のほうがキツかったです。

──去年の『G1』は開幕戦のダラスで足首のケガをされたじゃないですか? それを考えると去年以上のキツさってないような気もするんですけど。

飯伏 いや、去年のケガのことを考えても、今年のほうがキツかったと思いますね。それはやっぱりいまが“こういう状況”だからなのかなって思うんですよ。

──このコロナ禍の特殊な状況なのが大きかった。

飯伏 ハイ。じつは、これまでボクはあんまりそこは感じていなかったんですよ。無観客でやってた時も普通にプロレスができてたし、「お客さんがいてもいなくても変わらない」人間なのかと思って、実際にやってこれてたんですね。でも、やっぱりどっかで影響が出ているのかなと。たとえば回復力……、コレは肉体的な回復力じゃない部分の精神的な回復力ですね。それって声援をもらって回復する部分なのかなとか。そういうことを考えましたね。

──『G1』は年間で一番過酷なシリーズとして知られていますけど、そのぶんお客さんの声援や盛り上がりも凄い。そのお客さんの作る空気が選手の力にもなる。それがなかったのも要因でしょうか。

飯伏 そうですね。拍手の応援はあるんですけど、今年は声を出せなかったんで、そこは公式戦であっても優勝決定戦であっても変わらない状態ですよね。「これに勝てば優勝決定戦に行ける!」という試合でさえも、一つの公式戦のような感覚だったので、例年とは違いましたね。

──ただ、今年は秋開催ですし、例年の真夏での開催よりもコンディション的にはラクなのかなとは思っていたんですけど。

飯伏 たしかにコンディションは、去年よりもあきらかに良かったんですよ。個人的にはシッカリ肉体改造もしてきたし、季節的にも暑くないし、絶対に条件はいいはずなんです。ところが今年のほうがキツかった……という謎の感覚が残りましたね。

■他団体出身同士の優勝決定戦? そこの意識はまったくなかったです。「ああ、そうか」って感じで、「そう言われればそうだな」とは思いますけど


──では優勝決定戦を振り返っていただきたいんですけど、代表が決まった後のコメントでは「ひさびさに内藤哲也とやってみたい」ともお話されていましたが、SANADA選手が出てきたのはどう思われました?

飯伏 「なるほど、そっちが来たか……」っていう感じですね。まあ、SANADAさんとやるのは1年ぶりぐらいだと思うんですよ。

──お二人の対戦は、初対決が2018年長岡大会での『G1』公式戦で、SANADA選手が勝利。2019年は後楽園大会の『G1』公式戦で飯伏選手が勝っていますが、それ以来でしたね。

飯伏 その間の1年以上、ほぼ絡みがなかったんですよ。たぶん、SANADAさんはタッグでも当たってないぐらいほとんど触れてないんですよね。しかも、今回は公式戦のない日は大会に参戦してなかったので、SANADAさんとはブロックが違ったから1カ月近く顔も会わさなかったし、試合も観ていないんですよ。そういう状況で1年ぶりのシングルマッチだったんで、なんか違和感というかヘンな感覚もありましたね。

──なるほど。

飯伏 SANADAさんそのものを長く見てないというか、もちろん『新日本プロレスワールド』とかでは見てるんですけど、生で見るのとはまた違いますからね。ちょっと変な感じがしました。

──それもあって、最初は少し感覚がうまく掴めなかったところもありますか?

飯伏 まったく掴めてなかったですね。そこはいろんなものが重なって、「掴めなかった」んだと思うんですよ。 

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 
★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込)

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2020年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ