• 2020.5.26
  • #Media
【『“ボクと新日本プロレス”ヒストリー』YOSHI-HASHI編(前編)】! 切羽詰まって「背が15cm伸びる」器具を購入! 卒業後に“とび職”も経験!? 上京までの“紆余曲折”物語とは?

スマホサイトでも“リレー形式”の連載がスタート! レスラーや関係者に、ファン時代~仕事として関わり始めた時代、自分が関わったベストバウトなどを直撃する集中連載! 

今回は後藤洋央紀選手からバトンを受けたYOSHI-HASHI選手がプロレスラーを志して、上京するまでの紆余曲折をたっぷりお届け!

※プロフィール写真提供/YOSHI-HASHI選手

 

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、YOSHI-HASHI選手インタビュー(前編)の序盤を無料公開!

■最初は小学校1年のとき。ボクは書道教室に通っていて、帰ってきて夕方テレビをつけると『ワールドプロレスリング』がやってたんです。


※小学校の入学式より。写真はYOSHI-HASHI選手提供。

――さて、YOSHI-HASHI選手。今回は後藤洋央紀選手からバトンが回ってきた『ボクと新日本プロレスヒストリー』というインタビュー連載なんですが。

YOSHI はい。聞いてます。よろしくお願いします!

――後藤選手によると、「YOSHI-HASHIは入門まで紆余曲折あったと聞いている」「昔の写真がめちゃくちゃおもしろい」ということですが、まず新日本プロレスとの出会いを教えてもらえますか?

YOSHI そうですね。最初は小学校1年のときなんで、1991年あたりですね。当時、地元の愛知で土曜の夕方16時からやってた『ワールドプロレスリング』を観るようになって。

――わりと小さい頃からなんですね。

YOSHI はい。あと、矢野(通)さんに「オマエ、そんな字が汚ねえのにウソだろ?」ってよく言われるんですけど、小さいころボクは書道教室に通っていて、帰ってきて夕方テレビをつけると『ワールドプロレスリング』がやってたんです。

――幼心にプロレスラーの姿はどう映ってましたか?

YOSHI インパクトがありましたねえ。その頃は長州(力)さんや(獣神サンダー・)ライガーさん、あとは栗栖正信さんが印象に残ってます。栗栖さんのイス攻撃が凄くて。

――栗栖さんが“イス大王”と呼ばれてた頃ですね。

YOSHI ライガーさんはコスチューム姿がカッコよくて。その中でもボクが一番好きだったレスラーは長州さんでしたね。

――その頃、周囲でプロレスファンはいましたか?

YOSHI いや、誰もいなかったと思います。とくにボクもプロレスの話はしなかったですし。愛知県という土地柄から中日ドラゴンズを応援していて、友だちはプロ野球好きが多かったですね。

――では、その後は一人でプロレスを楽しんでた感じですか?

YOSHI いや、そのうち夕方に『ワールドプロレスリング』が放送しなくなっちゃったんですよ。まあ、小学生で新聞も読まなかったんで、放送時間が深夜に変わったのに気づかなかったっていうだけなんですけど(苦笑)。

――情報が入ってこなかったんですね(苦笑)。

YOSHI そもそも小学校低学年だと深夜まで起きてられないし、録画するにしろ当時は家にビデオデッキもなかったんで。そこから一時期、プロレスを観なくなっちゃって。

――そこで一旦距離ができた、と。そのあとプロレスと再会した時期は?

YOSHI 中学生になって、ゴールデンタイムでUWFインターナショナルとの対抗戦をやったんですよ。メインが武藤(敬司)さんと髙田(延彦)さんで。

――1996年の1.4東京ドームですね。前年の10.9東京ドームの新日本vsUインターが話題となり、その次のドームがゴールデンで放送されることになって。

YOSHI それで「プロレス、TVでやってるんだ!」って興奮しながら観てたら、番組の最後に「深夜に放送」っていうテロップが流れて、「エッ、夜中にやってんの?」って知った感じですね(笑)。

――そこでやっと気づいたと(笑)。

YOSHI それから親に何回も頼んで、ビデオデッキを買ってもらったんですよ。『ワールドプロレスリング』を録画したくて。

――ひさびさに観て、知らないレスラーも増えていたのでは?

YOSHI そうですね。というか、最初に観てた頃は武藤さんとか名前がわからなかったんですよ。“オレンジ色のパンツを履いてる人”みたいな感じで、コスチュームとか特徴で覚えてましたね。蝶野(正洋)さんだったら、“息遣いが独特な人”とか(笑)。

――なるほど(笑)。中学の頃になると、周りでもプロレスを観ている友だちはいましたか?

YOSHI 当時、『ワールドプロレスリング』の直前に、『リングの魂』(南原清隆がMCのプロレス・格闘技をテーマにしたバラエティ番組)がやってたんですよね。それを録画したものを友だちに見せたらハマってくれて。中学になってから、プロレスについて話す友だちが増えた感じです。

――では、プロレスごっこも?

YOSHI やってましたね! 学校でもやったし、家でも布団を重ねて(笑)。当時はDDTをよく使ってました、まだ力がなくて相手を持ち上げられないんで。あとは足4の字とか。

――後藤(洋央紀)選手はスティーブ・ウィリアムスの影響で、プロレスごっこで殺人バックドロップとかやってたらしいですけど(苦笑)。

YOSHI 殺人バックドロップですか!?(苦笑)。そこまではやらなかったですけど、体育館の倉庫でマット目掛けて飛び技とかはやってましたね。それで先生にバレて、スゲー怒られたりもしましたけど。

■電話帳というか104(番号案内サービス)ってあるじゃないですか? アレに電話してレスリングを学べるところを調べて……。


※『山田スポーツクラブ』時代。左はリングスにも上がったことのある倉橋達也さん(YOSHI-HASHI選手提供)。

――プロレスに夢中になっていく中で、すぐに将来はプロレスラーになりたいと?

YOSHI いや、当時は想像もできなかったです。とにかく、中学の頃はプロレスを観るのが楽しみで。録画したものを次の週の放送が始まる前に、何度も繰り返して観てましたね。

――プロレス専門誌も読んでましたか?

YOSHI 最初、『週刊プロレス』を読んでたんですけど、『週刊ゴング』のほうが、写真が綺麗だったんですよね。いまは『週プロ』もキレイなんですけど、当時はちょっと荒かったというか……。

――紙質が『ゴング』の方がよかったと。

YOSHI ええ。当時は『ゴング』のほうが20~40円くらい高かったんですけど、写真がキレイだからソッチを買うようになって。いまでも実家には『ゴング』が大量にあるんじゃないですかね。

――ちなみに学生時代のYOSHI-HASHI選手は、勉強をまったくやらなかったんだとか?

YOSHI まったくでしたねえ……。当時は「こんなことやって、何の意味があるんだろ?」ってずっと思ってて(笑)。で、中3くらいになるとさすがに進路を考えるじゃないですか? その頃になるとプロレスに対して、“好き”というよりも“憧れ”が強くなってきて。

――夢として具体的になってきたわけですね。

YOSHI それで中学卒業したら、格闘技の道場か何かに通おうと思って。母親からは「とにかく高校だけは出なさい」って言われたんですけど、通える範囲でレスリング部のある学校がなかったんで、それで高等専門学校に進学しました。

――これも少し意外でしたけど、“調理”の高専だったみたいですね。

YOSHI ハイ。どうせ卒業するなら調理の資格が獲れた方がいいなって。料理を作るのも嫌いじゃなかったですし。まあ、勉強してないボクが受かるくらいの高校なんで、「ジムとか道場に通いながらでも、卒業できるな」って思いましたね(笑)。

――で、そのあとに道場を探した、と?

YOSHI そうです。あの頃はまだネットも使ってなかったので、電話帳というか104(番号案内サービス)ってあるじゃないですか? アレに電話してレスリングを学べるところを調べて……。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

★デスペラード選手に「一問一答」! 『SUPER Jr.』“延期論”に持論を展開! DOUKIの秘めた“引き出し”とは? NEVER無差別級王座を獲ったら、男女差別も撤廃する!?(第2部)


★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2020年8月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ