• 2020.5.6
  • #Media
【リレー方式の新連載!】『“ボクと新日本プロレス”ヒストリー』後藤洋央紀編(前編)! 中2でプロレスラーへの道を決意!“同級生”柴田勝頼の第一印象は? 高校のアマレス部に永田裕志がやってきた!?

なんとスマホサイトでも“リレー形式”の新連載がスタート! 

新日本プロレスのレスラーや関係者に、ファン時代~選手や仕事として関わり始めた時代、自分が関わったベストバウトなどを直撃する集中連載! 

初回のゲスト・清野茂樹アナウンサーからバトンを受けた後藤洋央紀選手がプロレスラーを目指した中学~大学進学まで思い出をプレイバック!

“盟友”柴田勝頼選手との出会いとは? まずは前編をお届け!

※プロフィール写真提供/後藤洋央紀選手

★清野アナ編(後編)! 放送局にツテもなく上京! なんと新日本のリングアナを打診されていた!? 次の指名は“あの選手”!!

★清野茂樹アナ編(前編)!なんと自ら“売り込んで”新日本の初実況をゲット! トントン拍子で『G1』決勝まで担当!!

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、『“ボクと新日本プロレス”ヒストリー』後藤洋央紀選手編(前編)の序盤を無料公開!

■じつはプロレス自体のキッカケは『ファイヤープロレスリング』っていうゲームだったんですよ。

――さて、後藤選手。この連載はレスラーや関係者の方にリレー方式で新日本プロレスとの関係を中心にうかがっていくインタビューなんですけど、後藤選手はリレー形式で依頼があった「#お家でフルコスチュームに着替えてみた」を断られていましたが。

後藤 ハハハハ! そうですね。残念ながら、自宅にはコスチュームがないので……(苦笑)。
 
――ただ、今回のリレー形式のインタビューは受けていただけると。
 
後藤 もちろん大丈夫ですよ!
 
――清野アナは、Twitterでの後藤選手は素が出ていて一番おもしろいと。そして、もっともっと上に行ける選手だと期待されているとのことでした。

後藤 ありがとうございます。まあ、Twitterではキャラを作らず、ありのままの自分を出していこうと思ってますね。

――では、さっそく本題ですが、最初に新日本プロレスと出会ったのはいつ頃ですか?

後藤 出会ったのは、中学校の1年から2年生ぐらいの間で、『ワールドプロレスリング』から入りましたね。
 
――当時の『ワールドプロレスリング』放送時間帯というのは?
 
後藤 週末の深夜にやっていたので、それを録画して月曜の朝、学校に行く前に観てましたね。

――なるほど。後藤選手のお住まいだった地域では、日曜深夜の放送だったわけですね。

後藤 そうですね。三重県桑名市ではそうだったと思います。

――後藤選手は全日本プロレスもご覧になっていたという話も聞いてますが。

後藤 ええ。当時は全日本もそうですけど、女子プロレスやみちのくプロレスとかいろんな団体を観てましたね。たしか、初めて観たのはJWP(女子プロレス)なんですけど、じつはプロレスにハマった一番最初のキッカケは『ファイヤープロレスリング』っていうゲームだったんですよ。
 
――後藤選手の世代は、じつはファミコンや家庭用のプロレスゲームから入った方が多いですよね。
 
後藤 そうなんですよ。ホントにボクらの世代には多くて、自分も友だちの家でゲームをやり始めてからプロレスを知ったんですよね。

――そこから、実際のプロレスをテレビで観始めたと。

後藤 そうですね。そこから雑誌を読んだり、プロレスを探して観るようになって、「いろんな団体があるんだな」と知っていって、それこそリングス(前田日明氏が主催していた格闘技団体)とかも観てましたよ。

――そのなかでも新日本プロレスが一番気になったと。

後藤 だんだん気になっていきましたね。やっぱり、当時から新日本プロレスはお客さんの盛り上がりも凄かったですし。まだ永田(裕志)さんたちが若手で入ったばっかりの時だったですね。

■中学時代から本格的にプロレスごっこしてましたね。セーフティマットをリングにしてみんなで遊んでましたよ。
 
――当時の新日本プロレスを振り返って、記憶に残ってる試合はありますか?
 
後藤 強烈的に印象に残ってるのは、スタイナーブラザーズ(リック・スタイナーとスコット・スタイナーの兄弟タッグ)vs馳浩さんと武藤敬司さんの(1994年1月4日)東京ドームで、スタイナースクリュードライバーが出た時ですね。あれはメチャクチャ印象に残ってます。


写真/新日本プロレスワールドより

――その時代だと、ビッグバン・ベイダー選手もいましたよね。

後藤 そうですね。ベイダーと(アントニオ)猪木さんだったり、Uインターと新日本の全面対抗戦・高田(延彦)さんと武藤(敬司)さんの試合なんかも凄く印象に残ってますね。あと、当時の新日本はスペシャル番組もやってたんですけど、ゴールデンタイムでプロレスを観た時はメチャクチャ興奮しましたよ。

――以前、後藤選手は中学生の頃からプロレスごっこをやっていた、とおっしゃっていましたね。
 
後藤 しかも本格的なプロレスごっこをしてましたね。陸上で使う高跳びのセーフティマットをリングにしたりして、みんなで遊んでましたよ。最初は関節技とかマットのいらない技から入って、徐々にエスカレートしていくっていうちょっと危ないことをやってましたね(笑)。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

★清野アナ編(後編)! 放送局にツテもなく上京! なんと新日本のリングアナを打診されていた!? 次の指名は“あの選手”!!

★清野茂樹アナ編(前編)!なんと自ら“売り込んで”新日本の初実況をゲット! トントン拍子で『G1』決勝まで担当!!

【“新緑の大プレゼント祭り”開催中!】もちねこナオル&ダリルステッカーを50名様に! 内藤ベースボールシャツ!モバイルバッテリーも大放出!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ