• 2020.5.5
  • #Media
【リレー方式の新連載!】『“ボクと新日本プロレス”ヒストリー』清野アナ編(後編)! 放送局にツテもなく上京! なんと新日本のリングアナを打診されていた!? 次の指名は“あの選手”!!

なんとスマホサイトでも“リレー形式”の新連載がスタート! 

新日本プロレスのレスラーや関係者に、ファン時代~選手や仕事として関わり始めた時代、自分が関わったベストバウトなどを直撃する集中連載! 

今回も新日本プロレスへの“偏愛”(!?)ぶりで知られる清野茂樹アナウンサー! 紆余曲折の末、新日本プロレスの実況席に座るまでの物語とは? 怒涛の後編をアップ!

※プロフィール写真提供/清野茂樹アナウンサー

★清野茂樹アナ編(前編)!なんと自ら“売り込んで”新日本の初実況をゲット! トントン拍子で『G1』決勝まで担当!!

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、『“ボクと新日本プロレス”ヒストリー』清野茂樹アナ編(後編)の序盤を無料公開!

 
■博多大吉さんが上京する、という記事を見て、「こりゃあ、自分もいよいよ動かなきゃいけないな」と思って、広島エフエムに辞表を出す決心がついたんです。

――前編では、広島エフエム放送時代に、場内のラジオ放送というかたちながら、『G1 CLIMAX』優勝決定戦の実況を担当したところまでお話をうかがいました。でも、そこからあらためて上京するまでは、まだ時間がかかるわけですよね? 

清野 そうなんですよ。たしかにそのお仕事は手ごたえがあったんですけど。とは言え……。やっぱり会社って、そう簡単に辞められないじゃないですか。 

――まあ、普通はそうですよね。

清野 コチラが「もう会社を辞めて、東京に行きたいな」と思っていても、それは自分の心の中にだけあるもので、いざ辞表を書くとなると踏ん切りをつけるまで大変じゃないですか。

――大きな不満がなければ、すぐ行動には移しづらいですよね。で、そういった状況の背中を押したのが、清野さんのラジオ番組(『真夜中のハーリー&レイス』毎週日曜日23時~、ラジオ日本で放送中)でおっしゃっていた……。

清野 ええ。いよいよ「これは東京に行かねば!」っていう気持ちになったのは博多大吉(お笑いコンビ、博多華丸・大吉)さんの影響ですね。

――ラジオを聞いていない人もいらっしゃると思うので簡単に、その経緯を教えてください。

清野 そもそも大吉さんとは、ちょうどいまから20年前の2000年に広島エフエム放送で一緒に番組を毎週やっていた仲なんですよ。

――当時、福岡在住の芸人だった大吉さんが、週一で福岡から広島に通って、生放送するかたちだったみたいで。

清野 ええ。で、プロレスという共通点もありましたし、たまには飲みに行ったりしていましたし。逆にボクが仕事で福岡に行くときには一緒に飲んだりして、交流があったんですね。その番組が終わった後は、あまり会う機会がなくなってましたけど。

――かつての仕事仲間だったわけですね。

清野 それでボクが前回お話した『G1』両国大会の実況が終わった後に、広島エフエムで朝の帯番組を担当することになったんです。それまで夕方の番組をやっていたんですけど。で、朝の番組をやると自然と新聞をどうしても読むようになるんですよ。

――新しいニュースを知っておく必要があると。

清野 ハイ。毎朝、新聞をスポーツ新聞を含めて目を通す習慣がついて。そうやって目を通している時にある朝、「博多華丸・大吉が東京に進出する」という記事を発見したんです。で、「あらー! 大吉さん、東京に行くんだ……!」と思って。

――そこで複雑な思いが去来したと。ラジオでは大吉さんが清野さんに「メールはしたと思う」とおっしゃっていましたね。

清野 つまり大吉さんは2005年に上京されてるんです。ボクよりも上京が1年早かった。で、その記事を見て、「こりゃあ、自分もいよいよ動かなきゃいけないな」と思って、広島エフエムに辞表を出す決心がついたんです。

――大吉さんの上京が、清野さんの背中を押すことになったと。

清野 ハイ。それで2005年いっぱいで広島エフエムを辞めまして、晴れて2006年の頭に東京に出てくる、という感じですね。

■広島にいた時は「ちょっと人気が冷えかけてきたかな?」ぐらいの印象だったんです。ところが東京に来たら申し訳ないですけど「冷え切っていた」感じで(苦笑)


――ただ、清野さんが上京された2000年代中盤頃というのは、新日本プロレスの調子がだいぶ悪くなってきた時ですよね。

清野 そうなんですよ。いわゆる暗黒期の真っただ中と言いますか。

――なにはともあれ、まずは顔なじみも多い、新日本プロレスに挨拶に行かれたと聞いています。

清野 アレは、2006年1月28日だったかな? まずは後楽園ホールに挨拶に行ったんですよ。「とりあえず来ました」ということを社員の方に伝えないといけないなと思って。

――東京ドームが終わった後、新春シリーズの時に挨拶に行かれたと。

清野 で、コッチはもう勢い勇んで後楽園ホールに行くわけですよ。ところが、その後楽園ホール大会の雰囲気がもう暗くて暗くて……(苦笑)。まず、その状況にビックリしたんですね。なんというかボクは広島にいたので東京の現状がよくわかっていなかったんですよ。「広島で観るのとこんな違うんだ……」とショックを受けて。

――比較的、調子がいい部分しか見えていなかったというか。

清野 やっぱり東京と広島だとちょっと時差があるじゃないですか? プロレス人気が上がる時も少し遅れるけど、下がる時もちょっとタイムラグがあるんですよ。だから、広島にいた時は「ちょっと人気が冷えかけてきたかな?」ぐらいの印象だったんです。ところが東京に来たら、申し訳ないですけど「冷え切っていた」という感じで(苦笑)。

――なるほど。

清野 で、よっぽどショックだったのか。その後楽園ホールでどんな試合があったのか、全然覚えてないんですよ。

――あの記憶力バツグンの清野さんが、試合を覚えていないほどショックを受けましたか(笑)。

清野 実際、お客さんも全然入ってなかったですから。ボクはバルコニー席で見たんですけど、南側のオレンジ色の椅子がメチャクチャ目立っていて……。

――じゃあ、「俺、上京のタイミングを失敗しちゃったかな?」という気持ちも?

清野 いまだから言えますけど、正直ありましたね(苦笑)。「もしかしたら、俺はとんでもないところに来てしまったんじゃないか?」ってぐらい衝撃を受けて……。というのも、その大会は新日本プロレスの選手の2006年の契約更改が終わった、その一発目の後楽園だったんですよ。

――じゃあ、会社を辞めたレスラーが数人いた状況だった?

清野 いや、数人なんてものじゃないですよ。いわゆる大量離脱です。たしかそのタイミングで10人以上辞められたんですよ。藤波(辰爾/※最終的には2006年6月30日付けで退団)さんをはじめ、後藤達俊さん、ヒロ斉藤さん、吉江豊さん、西村修さんといった無我系の選手。あとは長井満也さんや成瀬昌由さん、柳澤(龍志)さんといった、いわゆるUWF系の選手たち。それから竹村(豪氏)さん、ブルー・ウルフさん。安沢明也さん。あと長尾浩志さんも辞めてますね。

■じつはボク、菅林さんに新日本のリングアナを誘われていたんですよ

――一気に10人以上が離脱……。それは新日本ファンの気分もメチャクチャ落ちていた時ですよね。

清野 落ちてましたねえ。で、その異様にドンヨリした後楽園ホールの話をもう1個すると、当時はまだ副社長だった菅林(直樹、現会長)さんにも挨拶に行くわけじゃないですか。そしたら菅林さんが「ああ、清野さん! ちょうどいいところに来た!」と言うんですよ。

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

★清野茂樹アナ編(前編)!なんと自ら“売り込んで”新日本の初実況をゲット! トントン拍子で『G1』決勝まで担当!!

【“新緑の大プレゼント祭り”開催中!】もちねこナオル&ダリルステッカーを50名様に! 内藤ベースボールシャツ!モバイルバッテリーも大放出!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2021年12月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ