• 2020.5.1
  • #Media
【逸材自伝『棚橋弘至のHIGH LIFE!!』(第2部)スタート!】中邑真輔とIWGPタッグ王座を奪取! さらに1.4ドームで運命の初シングル! だが中邑は「まだやりたくなかった」!?

2013年から2014年にかけて新日本プロレスのスマホサイトで連載されていた、逸材が半生を語る自伝『棚橋弘至のHIGH LIFE!!』。このたび、なんと6年ぶりに第2部スタート!

復活第1回は、2004年12月にタイムスリップ!“終生のライバル”中邑真輔とのIWGPタッグ王座奪取から、2005年1.4東京ドームでの初シングルまでを激語り!

聞き手/鈴木佑
ポートレイト撮影/棚橋弘至

【無料で読めます!】逸材自伝『棚橋弘至のHIGH LIFE!!』(第1部)がGW期間限定でフリー公開中!

スマホサイト会員の方はコチラから! 
※以下、逸材自伝『棚橋弘至のHIGH LIFE!!』(第2部)の序盤を無料公開!

■パートナーは中邑しかいなかったですね。自分でいうのもなんですけど、若い俺たちが新日本の一筋の光だったというか。


――今回より、2013年から2014年にかけて新日本プロレスのスマホサイトで連載していた、棚橋選手が半生を語る『棚橋弘至のHIGH LIFE』が、6年ぶりに再開することになりました!

棚橋 今回から第2部の開始ってことみたいですけど……。そもそも、なんでこんなにあいだが空いたんですかね?(笑)。

――当時の状況を振り返ると、まず中邑真輔選手の自伝連載の第一部が終了したあと、この棚橋選手の『HIGH LIFE』の第一部が開始されたんですよね。で、14年5月に名著『棚橋弘至はなぜ新日本プロレスを変えることができたのか』が発売されるタイミングで、棚橋選手の第一部を終了し、中邑選手の自伝の第2部とバトンタッチをして。そのあと中邑選手の第2部が終了しても、なぜか棚橋選手の第二部が開始されなかったという……(苦笑)。

棚橋 きっと、何か事情があったんでしょう(苦笑)。まあ、仕切り直しということで気を取り直していきますか! で、その6年前の第1部はどのあたりで終わったんでしたっけ?

――2004年の11月19日の大阪ドーム大会ですね。この大会では当初、ファン投票で棚橋選手と中邑選手の初シングル(IWGP U-30無差別選手権試合)が予定されるも、直前に当時の新日本プロレスのオーナーであるアントニオ猪木さんの強権発動でカードが急遽変更。棚橋選手は天山広吉選手とのタッグで、当時話題を集めていた『ハッスル』の小川直也&川田利明組と対峙することになって……。

棚橋 ああ、時代を感じさせますねえ。まさに暗黒期の真っ只中というか(苦笑)。あの頃はフラストレーションがありつつも、目の前に課された難題を乗り越えようと必死になってた頃ですね。当時の新日本プロレスは“外敵”が幅を利かせてましたし。これは03年とか04年あたりだと思うんですけど、北海道巡業のときに新日本の選手の欠場が重なって、大会ポスターの真ん中が高山さんだったんですよ。

――ああ、新日本の大会なのに、ポスターの中心が外敵選手だった、と。

棚橋 あれは悔しかったな……。まだ二十代でしたけど、「もっと俺に力や知名度とかあれば、なんとかできるのに!」っていう不甲斐なさを感じてましたよ。たぶん、当時の“外敵天下”な状況に対しては、中邑も似たような気持ちだったんじゃないかな。

――この大阪ドーム大会の後はまさに外敵天下というか、IWGPヘビーを佐々木健介選手、IWGPタッグを高山善廣選手と鈴木みのる選手のタッグが戴冠していました。そんな中、棚橋選手はタッグ奪還に名乗りを上げ、中邑選手との次世代エースタッグを結成します。

棚橋 ハイ。じつは、その時点で中邑は一度、IWGPヘビーを巻いてたんですよね。後輩なのに自分よりも先を行ってるという部分で、組むことに多少葛藤はありましたよ。一方的にライバル視してたし、ジェラシーの対象だったんで。ただ、自分の中で天秤にかけたんでしょうね。外敵天下の中、新日本所属としてベルトを取り返すことのほうが、自分のエゴよりも大事だ、と。

――そこで組むなら中邑選手だ、と?

棚橋 中邑しかいなかったですね。自分でいうのもなんですけど、若い俺たちが新日本の一筋の光だったというか。当時は俺が28歳で、中邑はまだ24歳とかでしたから。
 
※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

 

【“新緑の大プレゼント祭り”開催中!】もちねこナオル&ダリルステッカーを50名様に! 内藤ベースボールシャツ!モバイルバッテリーも大放出!

【無料で読めます!】逸材自伝『棚橋弘至のHIGH LIFE!!』(第1部)がGW期間限定でフリー公開中!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

EVENT CALENDAR

2022年5月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ワープロリターンズ
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ