• 2020.1.16
  • #Topics
飯伏「次にIWGPヘビーを獲った時に一番“爆発”するのは、自分」、SANADA「2020年いろんなジャンルも含めて、誰よりも一番輝きますよ」【授賞式後コメント】

1月16日、東京都内で『東京スポーツ』制定の2019年度プロレス大賞受賞式が行われた。

以下は、授賞式終了直後の飯伏幸太選手、SANADA選手のコメント

■「IWGPヘビーを獲らないと今回のようにMVPには届かないのかなと」
技能賞受賞・飯伏幸太選手のコメント


――今日は「技能賞」の授賞でしたが、壇上では「技能的なものを披露した記憶があまりない」と言ってましたね。

飯伏 そうですね。前、「技能賞」を獲った時は、それなりに自分独特の動きだったり、オリジナルな動きをして技能的な部分を評価されたのかなと思ったんですが、2019年の「技能賞」に関しては、ちょっとよくわからない部分もあって。少し怪しんでますね。フフフ。

――そして、もっと獲りたい賞があると。

飯伏 ハイ。ボクの目標としては一つしかなくて、ベストバウトも以前獲ってますし、技能賞も2回目なので、MVPを獲りたいかなと。

――2019年に『G1 CLIMAX』を優勝してもMVPが獲れなかったという部分は?

飯伏 そうですねー。いろいろな結果を残さないと、去年あれだけの結果を残してもまだ獲れないということは、まだまだ結果も必要だし、実力も必要だし、いろいろな面で必要な部分があるのかなと。それはプロレスだけじゃない部分に関しても必要なのかな、ということはちょっと感じましたね。

――MVPは、その年のプロレス界の“象徴”になった人がもらえるようなイメージがありますね。

飯伏 そうですね。なので、「まだそこまでいってないのかな」と。そういう自覚はありますね。

――次々期シリーズは、基本的にはアメリカツアーがメインになります。現時点では、まだ大きな目標が定まっていない印象もありますが。

飯伏 いまのところは、タッグのほうなんですけど。ボクの中では、“プロレスの広め方”としては、シングルだけじゃない。タッグでもプロレスを広めることはできるんだな、ということも感じてるんですけど、やっぱりプロレスラーになったからにはシングルで結果を残したなと思ってるんで。IWGPヘビー級というベルトはまだ獲っていないベルトだし、そこを獲らないと今回のようにMVPには届かないのかなと。そこは変わらず継続していきたいなと思ってます。

――今回、最終的にライバルである内藤選手が“二冠”を獲ってしまいましたけど。

飯伏 う~ん。なんだかんだこう……。結局、一番おいしい思いをしてるのは、内藤さんなんじゃないかなと(苦笑)。何も懸かっていない状態で獲ってしまったという。

――そうですよね。逆に東京ドームにたどり着くまでに、一番苦労されたのは、飯伏選手だったかもしれない。

飯伏 ええ。ボクは夏から、夏を乗り越え、『G1』優勝して、権利証を守り抜いて、それでいかれてしまったので。ただ、ここは結果的には、次にベルトを獲った時に一番“爆発”するのは、自分なんじゃないかなと。他の方はみんなIWGPヘビーを獲ってるんで。ボクだけまだ獲ってないので、ハイ。そこは期待してほしいかなと。

■「ジェイ・ホワイトって、結構おもしろい存在」
最優秀試合賞受賞・SANADA選手のコメント


――ベストバウトを受賞して、本日、授賞式に参加しましたが。

SANADA 俺はMVPよりベストバウトの方が上だと思っているんですけど、今日、MVPの授賞式を見て、MVPは(写真撮影で)真ん中にくるので、あれもいいなと思いましたね。

――では、2020年はMVPを狙っていきますか?

SANADA いや、MVPの方から寄って来るんじゃないですか。なんか向こうから寄って来そうな気がするんですよ(ニヤリ)。

――そして、次々期シリーズでは2月9日大阪城ホールではジェイ・ホワイト選手とのシングルマッチも控えています。

SANADA ジェイはシングルやタッグマッチとかも含めて、この間の1.6大田区で初めて闘ったんですけど、ジェイ・ホワイトよりセコンドの外道さんがうまいんだなと思いましたね。ジェイもうまいですけど、それ以上に外道さんの方がうまいですね。ジェイは外道さんがいなかったら輝けないですよね。っていうか、どっちかっていうと外道さんがうまいって感じですね。

――SANADA選手としては、ジェイ選手は脅威ではないと。

SANADA わからないです。シングルマッチをやってみないと。この間、初めて闘って、ちょっとしか触れてないのでまだ読めないですけど、「外道さんがうまいな」っていうイメージしかないです。
 
――ただ、SANADA選手とジェイ選手の試合というのは、どういうものになるか想像がつかないですが。
 
SANADA いろんなスタイルがあるなかで、プロレスはアクロバティックさえ出せば正解なのか、派手な技を出せば正解なのか、なんか大事な方向性を最近、間違ってきてると思うんですよ。ただ、盛り上げて終わるだけの試合なのか、それもちょっと違うような気がしてきて、盛り上がれば正解でもないですし。だから、そういう意味ではジェイ・ホワイトって結構、おもしろい存在なのかなとは思ってますね。
 
――壇上では、「いままで大切にしてきた信念が間違っていなかった」というコメントもありましたが、SANADA選手の信念というのは?
 
SANADA 一つ一つ大事に技を出してますけど、全部に意味があるんですよ。意味のないことはやらない。
 
――最後に、2020年はどんなSANADAをみせていきたいですか?

SANADA 2020年はプロレス業界に限らず、他のスポーツ界やエンターテイメント界、いろんなジャンルも含めて、誰よりも一番輝きますよ。

★東京スポーツWEBはコチラ!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ