• 2020.1.3
  • #Media
【無料公開!】「IWGPを獲れなかったらスタートラインにも立てない。“1.5”のことを考えてる場合じゃないよ!」“王者”オカダが“挑戦者”飯伏を一喝!!【WK14C】

『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』1月4日(土)IWGPヘビー級選手権で、“『G1』覇者”飯伏幸太を迎え撃つオカダ・カズチカ選手に直撃インタビュー!

IWGPヘビー級王者が2冠問題、飯伏幸太を一蹴! そして、東京ドーム2連戦“超満員”への想いも激語り!

撮影/中原義史

■『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

■“東京ドーム超満員”にしてプロレスのパワーを日本中に届けたい。

――では、オカダ選手。ドーム決戦へ向けて話を伺っていきたいのですが、その前にMVPとベストバウト受賞、おめでとうございます。

オカダ ありがとうございます。まあ、MVPに関しては「誰も4年ぶりだと思ってないんじゃないかな?」と思いますね。それぐらいずっとIWGPヘビーのベルトを持って闘っていたというのもありますし。ボクも4年ぶりと言われてちょっとビックリした部分もありましたけど、ベストバウトを6年連続で獲れたということは、いい試合を観たければ、ボクの試合を観るのが間違いないと改めて思いましたね。

――IWGPヘビー&インターコンチネンタルの2冠を達成する前に、一足早く“2冠”を達成しましたが。

オカダ そうですね。まあ、こっちの2冠はうれしいですけど、ベルトに関しての2冠っていうのは、正直、やっぱり現時点でも、「IWGP(ヘビー)が1番だな」と思ってます。

――改めて、ファン投票で2冠戦が決まった時、どういうお気持ちでしたか?

オカダ 11.3大阪の時点では、確実にボクのベルトの想いもファンに聞いてもらえたと思いますし、「確実にIWGP(戦のみ)だな」と思ってたんですけど。それで、投票で決めるっていうのを口にして、いざフタを開けてみたら2冠戦というふうになって。まあ、ボクの中でIWGPが1番というのは何も変わらないですし、やっぱり東京ドームを超満員にするには、お客さんが観たいカードを提供するべきだと思うので、決まった以上はしっかりその闘いをやるだけですね。

――最初から2冠は興味がないと言っていましたが、「東京ドームを超満員にするため」「お客さんが観たいものをやる」というのがモチベーションになっているのでしょうか?

オカダ そうですね。超満員にしたり、お客さんが満足するようなカードを提供という意味では、モチベーションになってますけども、「ベルトを二つ持ちたい」とか、そういうのは、現時点ではやっぱり興味がないというか。これが5日の試合が終わってみて、気持ちがどうなっているのかですよね。まあ、その前に4日の試合を大事にしないと、そこまで辿りつけないので、まずは4日をしっかりやりたいと思います。

――新日本プロレスには“まだ見ぬ景色”というのがたくさんあると思うのですが、オカダ選手が叶えたい景色というのはなんでしょうか?

オカダ ホントに1番近くにありますけど、やっぱり“東京ドーム超満員”っていうのがありますし、「それを叶えたらどうなるのかな?」っていう思いもあります。そしたら、また新しい夢なのか、野望なのか、出てくると思いますが…。ホントにとりあえずは、東京ドームに4万3000人集めて超満員にしたいですね。ホントにもう、プロレスのパワーを日本中に届けたいです。

――以前、「東京ドームぐらい普通に超満員にしたい」と言っていましたが、いまそういうことを積極的に口に出されているのはオカダ選手以外にいないと思います。

オカダ でも、これまでは「したい」ばっかりだったんですよね。「超満員にしたい」っていう。じゃなくて、今回に関しては、ホントに「超満員にする」っていうのがあるんで。周囲に「プロレス盛り上がってるね」ってすごく言われて、「オカダ・カズチカ」って名前を言われる回数も増えて。それが昔に比べたらすごく増えてますけど、そこまでいっているんであれば、東京ドーム、もう余裕で超満員にしてなきゃダメだと思いますし。もっとプロレスのブランドを上げていきたいというのはありますね。

――まだまだこんなものではないですか?

オカダ そうですね。ボクはやっぱりプロレス以上に面白いことはないと思ってますから。「ホントに1番面白いものだ」とボクは思ってるので、こんなものじゃないですよ? 野球にも、サッカーにも、ラグビーにも、オリンピックにも、いろんなアーティストのライブにも負けないものをプロレスは持っていると思うので、しっかり、プロレスのすごさを1.4、1.5で見せて、また次に、2020年にいきたいですね。

■ボクの中では“IWGP(ヘビー)タイトルマッチ2連戦”。しっかりIWGPの闘いを見せる。

――いままでの『WRESTLE KINGDOM』では超満員の観客動員をマークしたことはありませんでした。今回、達成することができれば大偉業だと思いますが、プレッシャーはありますか?

オカダ プレッシャーというのは、正直そこまでないですし、「大偉業でもないかな?」と。

――あ、大偉業でもない。

オカダ ハイ。それがホントに当り前じゃないといけないというか。でも、それはもうみんな、選手だけじゃなく、社員の人たちだったり、みんな思っていることだと思いますし。やっぱり超満員のお客さんというのが1番の演出だと思うんですよね。そのなかで観て、「ワア、すごいな!」っていう歓声であったり、そういうのがあったら楽しさがまた違うと思うので、それは当り前のように達成しなきゃいけないかなと思いますね。

――超満員にこだわる思いの源はなんですか?

オカダ やっぱり「誰か口に出さないと」と思ったんですよね。これまでは「超満員の中で試合がしたい」という“受け身側”でいたというか。じゃなくて、「俺ら自分たちでいかなきゃでしょ」って。じゃなきゃ超満員になんないんだから、「いつまで受け身でいんの!?」っていう気持ちがあったし、それを一番口にしなきゃいけないのはチャンピオンだと思いますし。できなかったら、メインイベントのせいでもあるわけなので。やっぱりひとつの大会の中で一番大事なトコだと思うんですよね、メインイベントというのは。それでお客さんが呼べてないわけですから、そこはやっぱりボクが口に出して、「東京ドームが決まったんで」と口に出して、見てもらう。知ってもらう。というのが一番にあるかなと思いましたね。

――現在、2冠問題で4人(オカダ、飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、内藤哲也)が争っていますが、オカダ選手だけ興味がない。そんな中で1.4と1.5のメインイベントを闘うというのは、ほかの人たちよりモチベーションが低くなってしまうのではないかもと思うのですが。

オカダ まあ、ボクの中では“IWGPタイトルマッチ2連戦”だと思っているので、けしてモチベーションが低いわけではないですね。しっかりIWGPの闘いを見せるということしかないですし。ほかの2冠と言ってる3人は、やっぱり「IWGPが1番だ」と認めてるんでしょうね。だからこそ、2冠を欲していると思いますし、“だからこそのモチベーション”に繋がっているんじゃないかと思いますね。

――あくまでIWGPヘビーありきの話であると。

オカダ そうですね。IWGPをオカダ・カズチカが持って輝いているからこそ、この2冠戦っていうのに意味があるんじゃないかと。たとえば、「インターコンチとNEVER(無差別級)の2冠戦をやります」って言ったら、ここまでの注目度はないと思いますし。やっぱりIWGPがあるから、ここまで注目されていると思いますね。

――改めて、IWGPヘビー級王座はスポーツ界にとってどんな存在でしょう?

 

オカダ ボクはやっぱりこのベルトを獲ってプライドもありますし、ホントにいろんな競技とかの金メダルよりも上だと思ってます。格闘技とかのいろんなベルトであったり、チャンピオンとか優勝だって言われることよりも、どのスポーツよりも、どの競技よりも、ボクは1番輝いている素晴らしい最高のベルトだと思ってますね。

――プロレス界はもちろん、いろんなジャンルとも闘っていると思うのですが、いまの一番のライバルはなんですか?

オカダ 2020年はやっぱり、東京オリンピックじゃないですかね。ホントに世界的なイベントですし。オリンピックを観に外国から来た人からも、「日本のプロレスすごいんだね」って思ってもらえるような、そういうプロレスのパワーっていうのを、世界中に、オリンピックに負けないぐらい届けたいですね。

■IWGPを獲れなかったらスタートラインにも立てない。“1.5”のこと考えてる場合じゃないよ。

――続いて、対戦相手の飯伏選手について、前哨戦を重ねて行く中でどんどん狂気を増しているように見えましたが、どう感じましたか?

オカダ 12.8広島では、ホントに最後の最後、権利証の入ったブリーフケースで殴られるっていうのもありましたけど、そういう飯伏幸太も見たいですし、また『G1』とは違う飯伏幸太、“このIWGPのベルトを狙っている飯伏幸太”っていうのを見たいですね。「2冠王になりたい」っていう前の、「まずIWGPを獲らなきゃいけない。でも、オカダ・カズチカを倒さなきゃいけない」という、ホントにもう必死な飯伏幸太を。

――あくまで、オカダ・カズチカの持つIWGPヘビー級王座を狙う飯伏幸太ということですね。

オカダ ハイ。いままでそういういろんな飯伏幸太を見てきましたけど、やっぱり本当に必死な飯伏幸太っていうのはまだ見てないし、それは1.4にならないと見れないと思うんで。1.4はいろんな飯伏幸太が出てくると思いますけど、ボクもいろんなオカダ・カズチカでその上をいきたいですね。

――『G1』での敗戦もありましたが、前哨戦を続けていく中で飯伏選手のプロレスラーとして警戒する部分はありますか?

オカダ まあ、素晴らしいと思いますけど、「あれ、『G1』チャンピオンってこんなもんだっけかな?」って思うところもやっぱりありますし。なんかホントに、夏のときの飯伏さんのほうがちょっとクレイジーだったというか。「『G1』チャンピオンになって、落ち着いちゃった部分もあるのかな?」と思うんですけど、「この前の広島の感じであれば、大丈夫そうかな?」というのはありますね。

――飯伏選手は「狂気の部分というのは出し入れできる」「感情のコントロールができる」ということで、「東京ドームでは“その先の飯伏幸太”をお見せしますよ」とコメントもされていますが、どういうものなのか想像がつきますか?

オカダ まあ、想像はつかないですけど、「それでオカダ・カズチカに勝てると思ってるんであれば、出したらいいんじゃない?」っていう感じですね。もしかしたら、「IWGPのオカダ・カズチカはそれ以上じゃないと勝てないかもしれないよ」っていうのはありますね。

――オカダ選手は「プロレスを知ってほしい」、飯伏選手は「プロレスを広めたい」、どちらも根幹は同じだと思いますが、違いというのはあるのでしょうか?

オカダ たぶん、選手はみんな一緒だと思うんですよね。もちろん、あれだけの厳しい闘いをして、痛い思いをしてるんであれば、たくさんの人に見てもらいたいですし。でも、飯伏幸太に関してはちょっと違うんじゃないかなと。IWGPを獲りたいのがまず1番になきゃダメなんじゃないかなとも思いますね。

――飯伏選手は「2冠を獲ってからがスタート」ということもおっしゃってましたが。

オカダ そうですね。ホントにIWGPを獲れなかったらスタートラインにも立てないですし。それこそ「“5”のこと考えてる場合じゃないよ」っていう。その前に“4”がありますし、『G1』の時とは違うオカダ・カズチカが、コンディションがしっかり整えられているオカダ・カズチカがいるので、まずそこを乗り越えるのが一番大変なんじゃないかと思いますね。

――2019年の1.4では、オカダ選手はメインイベントの出場ではなく、勝利もできませんでした(※セミ前の第7試合でジェイ・ホワイトにフォール負け)。ちょっとドームの勝利に対して飢えているところがあるのでは?

オカダ そうですね。でも、ジェイとも4.6マディソン・スクエア・ガーデンでもやりましたけど(※IWGPヘビー戦で勝利)、やっぱり2019年の東京ドームで負けてるんで、その借りは2020年の東京ドームで返したいなというのもありますね。

――ドーム大会でのオカダ選手は、凄みが増すというか、普段とは違う印象があるのですが……。

オカダ 気合入ってます!(笑)。そんなことを言うとほかが気合入ってないみたいになっちゃいますけど、ドームっていうのは1年に1回しかないじゃないですか? そこのメインイベントっていうのは、2人しか立てないわけで、プロレスを初めて見る人もたくさんいる中で、しかも世界中で配信されていて、「そこで新日本プロレスというのを見せなきゃダメだ」っていう覚悟みたいのはありますね。

■2020年もプロレス“爆アゲ”で、“プロレス界をいい1年”にしたい。

――そして、オカダ選手は2年ぶりに1.4東京ドームのメインイベントへ帰ってきましたが、ご心境はいかがですか?

オカダ 正直、そこまでですかね。そんなに1.4のメインだからどうとかというよりも、「いつもメインだし」みたいな(笑)。まあ、両国(国技館)でも大阪城(ホール)でもメインでやっていて、「やっぱり俺がメインこなきゃダメでしょ?」というのしかないですね。

――『WRESTLE KINGDOM』2連戦は初、しかも1.4、1.5と両方のメインイベントに立つ人が今後でてくるのかもわからない。まさに歴史的な日ですよね?

オカダ そうですね。でも、1.4で負けたらそれはそれでおしまいですし、1.4で勝って、1.5で負けても、それはそれで、それこそ一番悲しい結末なのかなと思うので、やっぱり1.4で勝って、1.5も勝って、2020年はいいスタート切っていきたいですね。

――オカダ選手が2冠を獲ったら、これまでどおりIWGPヘビーを大事にしていきますか?

オカダ そうですね。……まあ、正直、そこまで現時点で1.5のことは考えてないんですよね。1.5のことを考えずに1.4のことを精一杯闘うということしか考えてないんで、「2冠になったら、なったときに考えるでいいのかな?」というぐらいにしか、いまは考えてないですね。

――いま“プロレスブーム”と言われてますが、プロレスも一過性のブームではなく、ずっと継承される文化にしなくてはいけないという思いはありますか?

オカダ 「もうすでにブームじゃないのかな?」と思いますね。プロレスが盛り上がり始めてけっこう長いこと経ってますし。「『プロレス盛り上がってますね』って、何年言われるんだろう!?」っていうぐらい。まあ、ちょっとずつ上がっていっているとは思うんですけど、ある意味、「ずっとブームでもいいんじゃないのかな?」とは思いますね。そうやって、知らない人が「あ、盛り上がってるんだね」ってプロレスを知って、ちょっとずつ知らない人に知ってもらう。それがここ何年かずっと続いてきたわけですし、これからも続いていけば、いつかこの世の人たちみんながプロレスを知っているというか。そうなったときに文化になるんじゃないのかなと思いますね。

――その中心にはもちろんオカダ選手が?

オカダ まあ、そのときはもういないかもしれないですね(笑)。ハハハ! でも、新日本プロレスも2020年でもう48周年になるわけで、どんどんどんどんプロレスっていうものを盛り上げていって、新日本プロレスが一生こうやって食べていけるような安定した団体になってほしいですね。

――そうなれば、オールドファンは涙ものですね。

オカダ 昔からプロレスが好きな人もいれば、プロレスを観なくなっちゃった人もいますし、「格闘技のほうがおもしろいや」ってプロレスを離れた人もいると思うんですけど、またいつか戻ってきてくれるように、昔からプロレスを応援してくれている人は「プロレスが好きでよかったな」と思ってもらえるように、ボクたちはただホントにしっかり闘って、お客さんに「面白いな」って思ってもらえるようなことをしていくしかないなって思いますね。

――改めてIWGP戦の意気込みをお聞かせ下さい。

オカダ ホントに1.5のことはとりあえず考えないで、1.4をしっかり、IWGPの闘いを、観に来た人、新日本プロレスワールドで観ている人もいると思いますし、そういう人たちに「プロレス、やっぱりよかったね」って思ってもらえるような闘いができる相手だと、飯伏さんはそういう相手だと思うので、またすごい試合をお見せしたいなと思いますね。

――では最後に、2020年、どんな新日本プロレスを見せていきたいですか?

オカダ まず「オリンピックに負けたくない」という気持ちがあって、そのあとのスケジュールはまだ何もわからないですけど、やっぱり2019年、こうやってリング上でもいろいろ活躍できて、MVPを獲ったりベストバウトを獲ったりできたんで、「去年のオカダのほうがよかったよね」ってならないように、しっかり2020年もプロレス“爆アゲ”で、“プロレス界をいい1年”にしたいですね。

■『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
ただいまスタンド席種のみ販売中!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ