• 2020.1.1
  • #Media
【無料更新!】「1.5で史上初の“二冠王”になったら、史上最大の“大合唱”をやりたいですね」“逆転の内藤哲也”に直撃インタビュー!【WK14C】

いよいよ開催目前!『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』へ向け、恒例のカウントダウンインタビューをお届け

年明け1発目は、二冠王座の提唱者にも関わらず、“何も持たざる男”内藤哲也。昨年後半はノーコメントを続けた意外な理由とは? 1.4で対戦するジェイ・ホワイト、1.5で闘いたいオカダ・カズチカ、『G1』覇者・飯伏幸太にも言及!

撮影/タイコウクニヨシ

■『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「バルコニースタンド」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」は完売となりました。
※ただいまスタンド席種のみ販売中!

■簡単に言うと「あっ、もうプロレス、できなくなるかも」って思いました


――さて、内藤さん。いよいよ東京ドーム2連戦が目前に迫りましたが、いまの心境はいかがですか?

内藤 毎年、東京ドーム前はなんだかんだドキドキしますね。あと、例年そうなんですけど、東京ドームまで少しオフが続くのが、俺はイヤなんですよ。何かしら試合をしていたほうが、コンディションは整えやすいかなと。

――通常シリーズのように、大一番の直前まで前哨戦が続くほうがやりやすい、と?

内藤 そうですね。東京ドーム前は1週間なり2週間なり、リングから離れているので。そこは毎回、ちょっと気になります。なんなら1月3日まで試合をやるほうがいいですよ。

――なるほど。今年は『WORLD TAG LEAGUE』の後半から約3週間の長いオフとなりましたけど、この期間はどう過ごされましたか?

内藤 今年は『WORLD TAG』不参加の文句を、新日本プロレスのスマホサイトの日記で少し触れたくらいで、去年や一昨年ほどは言ってないんですよ。

――たしかに、それほど文句を言っていないですね(笑)。

内藤 それは「言ってもしょうがない」っていうのに加えて、半年前から“不安”に思っていた部分があったからなんですけど……。

――12.19後楽園の試合後、内藤選手はバックステージで「少し不安に思ってたことがあったけど、このオフで解消された」と発言されましたね。その“不安”というのはコンディション的なものでしょうか?

内藤 う~ん……。具体的な箇所は伏せますけど、簡単に言うと「あっ、もうプロレス、できなくなるかも」と思いました。

――えっ! そんなに大きな問題を抱えてたんですか?

内藤 じつは半年前から自覚症状があったんですよ。5月くらいから「あれ、おかしいぞ?」ってなって、調べても原因がよくわからなかったんですよね。

――その“不安”は試合にも影響は出ていたんですか?

内藤 自分の中ではカバーしてたつもりですけど、結果的には出てたでしょうね。実際、試合をしながら不安はすごくありましたから。俺、病院に行くのも嫌いなんですけど、そのときばかりは珍しく自分で足を運びましたからね。

――その詳細はいずれ明かされるかもしれないですけど、それだけの不安が解消されたのは、気持ち的にも大きそうですね?

内藤 そうですね。俺の場合はヒザも悪いですけど、一回ケガをするとなかなか100には戻らないものなんですよ。だから、今回の不安も100とはならないですけど、このオフでかなりの状態まで回復したので。一時期はかぎりなくゼロに近かったですからね。

■後楽園のときは東京ドーム前にまた痛めないように肉離れの“予防策”としてテーピングしてただけです。


――内藤選手は10.14両国の試合後に「史上初の偉業への道がうっすらと見えてきた」という発言を最後に長い間、ノーコメントを貫いてきました。普段、あれだけ言葉で伝えることの重要性を語っていたので、「内藤はどうしちゃったんだ?」と思ってる人も多かったと思います。

内藤 さっき言った、精神的な理由はすごく大きいと思いますね。「もうリングに立てないかも……」と思ったくらいですから。

――先ほどおっしゃった不安が大きく作用した、と。

内藤 俺はコメントで適当なことは言いたくないんですよ。試合にもコメントにも“100”ずつ力を入れたい。でも、不安なことが多い場合、トータル“200”は使えず“170”しか使えない。じゃあ、試合で“100”使ったら、コメントは“70”とか……。そういう中途半端な精神状態でコメントは出したくなかったんです。それはいままでコメントを大事にしてきたからこそというか。そのくらいあの頃は追い詰められてましたよ。

――ただ、理由がわからなかっただけに、内藤選手に対してファンから心配の声が上がったり、タイチ選手やジェイ選手が執拗に挑発を繰り返したりしてましたね。

内藤 ハイ。ただ、しゃべらないことで、逆にお客さまや対戦相手がいろいろと想像するわけですよ? コレって、絶対に楽しい状況ですよね? だから、「コメントしなくていいのかな」と最初は不安に思ってましたけど、途中から「勝手にどんどん想像して楽しんでください」って感じで開き直ってましたね。

――12.19後楽園で「不安が解消された」ということでしたが、その日の大会前に行なわれた東京ドームの調印式から、以前のような“毒舌”ないつもの内藤哲也が戻ってきました。

内藤 フフフ。そのオフを有効活用したからこそ、調印式で表情や言動にも自信が出てたんじゃないですかね。

――では、いまは二冠に向けて何も心配はない、と?

内藤 まあ、本当は「100パーセント、大丈夫です!」って言ったほうがいいんでしょうけど、だいぶ状態が戻ったということで。自分の不安自体はかなり解消されましたから。

――ファンのかたは12月の後楽園3連戦のときに、内藤選手のテーピングが多いことを心配していたようです。

内藤 ああ、そこですか。じつは『WORLD TAG LEAGUE』は浜松大会まで出たんですけど、その最後に肉離れを起こしちゃって。3週間のオフでちゃんと治ってはいたんで、後楽園のときは東京ドーム前にまた痛めないように“予防策”としてテーピングしてただけです。だから、19年の下半期でいえばいまが一番コンディションはいいですよ。

■俺は大阪の舞台で「ファン投票」なんてオカダには言ってほしくなかったですね。


――あらためて二冠に関して伺わせてください。そもそも内藤選手がこの史上初の偉業を口にしたのは、19年1月下旬でした。

内藤 狙いは“史上初”っていう部分ですね。記録っていうのはいつか破られるものだと思うんですけど、初代とか史上初っていうものはずっと残るわけですよ。「初めてのものって何かないかな?」と思ったときに、IWGPヘビーとインターコンチネンタルの同時戴冠がパッと思い浮かんで。

――キーになったのは“史上初”という部分ですか。

内藤 あと、これまではIWGPヘビー戦線にいる選手は、インターコンチネンタルに絡んでこないわけですよ。だから、「内藤がまたインターコンチのほうに行っちゃったよ」って思われても「そんなことないよ。コッチに行きながらソッチも狙えるんだよ」っていうのを示したかったというか。

――インターコンチのベルトが誕生してから、そういう路線の違いのようなものは続いてますよね。とくに中邑真輔選手がカラーを確立して以降は。

内藤 その「どっちかに行ったら、もう戻ってこれない」みたいな固定概念を壊してみようかな、と。そもそも、俺はインターコンチネンタル自体にベルトとしての魅力は感じたことがないですから。ベルトの一番はIWGPヘビーだとずっと思っているので。

――では、今回の東京ドーム二連戦でいうと、インターコンチは“通行手形”というか。

内藤 間違いなくそうですよ。だから、逆にいえばいま一番ほしいのはインターコンチネンタル王座なんです。前から言ってますからね、「インターコンチネンタルを保持しながらIWGPヘビーを巻きたい」って。

――たしかにそうですね。

内藤 その日思いついたからとか、軽い気持ちで言ったつもりはないし、言ったからにはっていうのは思ってます。現時点ではインターコンチネンタルを獲らなきゃいけないっていう気持ちは凄く強いですね。

――11.3大阪でオカダ選手が、二冠王座戦の可否をファン投票に委ねると発言し、結果的にドームで実現することとなりましたが、あの流れはどう捉えていましたか?

内藤 俺はオカダがIWGPヘビー級王座へのこだわりについて語ったインタビューを読んで、「そりゃそうだ。金メダル持ってる人間が、わざわざ銀メダルは狙わないよな。さすがIWGPヘビー級王者だな」って納得したんですよ。……だからこそ、俺は大阪の舞台で「ファン投票」なんてオカダには言ってほしくなかったですね。

――たしかに“ファン投票”を言い出すなら、一番ヒドい目に遭ってる人が提案する方がおもしろいですし。そういう意味で言うと……。

内藤 むしろ「俺かな?」って思いますよね。そういう意味でも「オカダがそれを言うの?」って少しビックリしましたけど、同時に「なんだ、オカダはどっちでもいいんだ!?」とも思ったんです。IWGPヘビーのこだわりを力説してたわりには、ちょっとっていう感じでした。最後までIWGPヘビー級チャンピオンとして、二冠の流れを突っぱねてほしかったですけどね。

――断固拒否してほしかった、と。

内藤 ええ。最後の最後まで自分の意見を通してほしかったですよ。

■今年のジェイのシングルの戦績は偶然じゃないですよ。実際、リングで向かい合って、組み合ってみても“感じる”ものがありますし。


――内藤選手はまず、1.4東京ドームではジェイ選手のインターコンチに挑戦します。前哨戦でも火花を散らしましたが、いまのジェイ選手はどう映っていますか?

内藤 自信はすごい感じますね。“レインメーカー”として凱旋帰国した当初のオカダみたいに、自信が身体中からあふれまくってるような余裕を感じます。俺は19年、彼に2連敗してますし、ジェイはオカダにも勝ってるんじゃないですか?

――ジェイ選手は1.4東京ドームでオカダ選手に勝利し、その勢いを駆って2.12大阪で棚橋弘至選手からIWGPヘビーを奪取しました。

内藤 一年でオカダと棚橋選手に勝って、さらに内藤には2連勝してるわけですよね。偶然っていうのはたまにしか起こらないから偶然なんであって、今年のジェイのシングルでの戦績は偶然じゃないですよ。実際、リングで向かい合って、組み合ってみても“感じる”ものがありますし。

――それだけ実力がある、と。ジェイ選手はファイトスタイル的に、自分のペースに相手を引き込もうとするところが内藤選手に似ているような気もしますよね。

内藤 似てるかはわからないですけど、場の空気を支配するのに優れた選手だと思います。お客さまの視線を惹きつける力も持っていて。

――あと、ジェイ選手は内藤選手のパフォーマンスも挑発するようにマネてますよね。9.22神戸では“デ・ハポン締め”のBULLET CLUBバージョンも披露して。

内藤 ハハハ! やってましたねえ。まだ海外遠征に出る前のジェイを、俺がけっこうイジめてたからですかね。ヤングライオンだった頃のジェイに、ちょっかいを出してたんで。

――セコンドのジェイ選手にロープを開けるように指示して、蹴飛ばしたりしてましたよね。

内藤 でも、当時からヤングライオンのクセにけっこう逆らったりもしてたんで、そういう兆しはあったんですよ。

――当時から反抗的だったわけですね。そして、時を経て東京ドームの大舞台で対峙する、と。

内藤 俺がこだわってるのは“史上初”なんで、ここで負けてしまうと残りの3人のうち、誰かが実現してしまう。その相手から、のちのち二本のベルトを獲ったとしても、まったく意味がないんですよ。史上初をやるのが、俺の最大にして唯一の目的なんで。

――あくまで初代になるのが重要なんですね。

内藤 歴史に名を残すためにも二代目じゃなく初代ですね、史上初の二冠王者、それを目指してますから。

■18年の東京ドームでできなかった“大合唱”をやりたいです。……東京ドームでやったらどれだけ響くんですかね?


――同じ1.4東京ドームでオカダ選手と飯伏選手がIWGPヘビー級王座戦を行ないますが、内藤選手は「予想も理想もオカダ」と発言されています。これはやはり17年の東京ドーム(オカダ戦で敗戦)を踏まえて?

内藤 そうですね。メインでオカダに敗れて退場する俺に対して、彼が言った言葉はいまだに鮮明に覚えてますから。「東京ドームのメインイベント、最高に気持ちいいだろ? 勝つとな、もっと気持ちいいぞ!」って。じゃあ、どれだけ気持ちいいのか、その言葉を言ったオカダを倒してから感じたいなと。

――なるほど。

内藤 そもそも、ここ数年間は“IWGPヘビー=オカダ”じゃないですか。その男を倒して、史上初の男になってこそ、より史上初っていう部分が光るかなと思うので。

――内藤選手は夢だった東京ドームのメインには立ちましたが、まだ勝利は挙げてないんですよね。

内藤 だって、まだ1回しかやったことないですから(苦笑)。まあ、14年にオカダとダブルメインでやったのは、実質的なセミでカウントに入らないんで。

――そのオカダ選手も東京ドームのメインで勝ったのは、3回目なんですよね。それまでは2回、棚橋選手に敗れてますし、それだけ東京ドームのメインを勝利で飾るのはハードルが高いというか。

内藤 そこで勝利し、史上初の二冠王になる、と。そしてそして、18年の東京ドームではできなかった史上最大の“大合唱”をやりたいです。……東京ドームでやったらどれだけ響くんですかね?

――東京ドーム初の“デ・ハポン締め”はものすごいスケールになりそうですね。それに参加するには、1.5東京ドームの会場に来る必要があるというか。

内藤 東京ドームで初めての大合唱をするためにもみなさまには会場に来てほしいですね。そんな大きな会場の中心に、俺はまだ立ったことがないんで。

――いままでデ・ハポン締めをやった会場で一番大きいのは両国ですかね?

内藤 そうですね。いったいどれだけの歓声が跳ね返ってくるのかという楽しみもあるし、いままで内藤とL・I・Jを応援してくださったお客さまと「プロレスの会場でこれだけの大合唱が起きるんだ! 凄いな、凄いのをいま聞いちゃったね!」っていうぐらいの大合唱を、一緒に体感したいなと。

■もしも内藤哲也と飯伏幸太が1.5東京ドームのメインを飾ったときに、鷹木信悟は何を思うのか?

――ちなみに1.5の対戦相手が飯伏選手になる可能性もあるわけですが、そのあたりはいかがですか? 

内藤 う~ん……。今年の春くらいですかね、俺が二つのベルトをって言ったときに、飯伏はやたら文句を言ってきて。その男がいつの間にか、二冠争いに加わったわけですけど。

――飯伏選手は『G1 CLIMAX』優勝後に二冠獲得を宣言し、その舞台としてドーム二連戦を提案しました。

内藤 あれだけ文句を言ってたのに手のひらを返したような男と、史上初の二冠を賭けてドームでやるのはイヤですけど。オカダだからこそ奪い甲斐もあるし。まあでも……、俺って飯伏幸太とプロレスをするのが好きなんですよね(苦笑)。

――それは以前からお互いが公言されてますよね、試合が異常にスウィングするというか。

内藤 あと、もしも内藤哲也vs飯伏幸太が東京ドームのメインを飾ったときに、鷹木(信悟)は何を思うのか? だって、昭和57年会の初期メンバーはその3人と東京スポーツの岡本記者ですから。まあ、岡本記者はともかく、鷹木はこのメインを観てどんな感情が沸くのか。

――まちがいなく穏やかな気持ちではいられないでしょうね。

内藤 俺は何度も言ってるように、L・I・Jはユニット内で競い合っていきたい。そこにはもちろん鷹木も入るわけで、その鷹木が一番嫌がる組み合わせがドームのメインで内藤vs飯伏が組まれることだろうなと思うので。

――これまで内藤vs飯伏というカードはつねに好勝負を繰り広げてきましたが、ドームで史上初の二冠を争うというシチュエーションになったら、それはそれで非常に興味深いというか。

内藤 俺もおもしろいかなとは思います。でも、あくまで今回は俺の“予想”も“理想”も対戦相手はオカダ・カズチカですけどね。

――しかし、ここで史上初の二冠を達成してしまったら、かなり“やりきった感”が出てしまうのでは?

内藤 ハハハハ! 俺、引退ですか? 

※無料更新はここまで! 以下の「インタビュー特別編」は有料スマホサイトに加入してお読みください。

■【インタビュー特別編】
「高橋ヒロムの復活は、“悔しかった”」!? 内藤哲也が語る2020年のL・I・Jとは?

内藤哲也インタビュー“特別編”はコチラから!


★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=330円(税込み)

■『バンドリ! Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。

2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。

■『NEW YEAR DASH!!』
・2020年1月6日(月)18時30分~東京・大田区総合体育館
★チケット情報はこちら!
※チケットは全席種完売となりました。
※当日券の販売はございません。

★『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』の特設サイトはコチラ!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ