• 2019.12.27
  • #Media
【無料公開!】「俺もヒロムもすべてを犠牲にして『WRESTLE KINGDOM』を乗っ取りに行く!」“進化した”IWGPジュニア王者、ウィル・オスプレイにインタビュー!!【WK14C】

いよいよ開催目前となった『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』へ向け、恒例のカウントダウンインタビューがスタート!

まずは、IWGPジュニアヘビー級王者のウィル・オスプレイが、高橋ヒロムに対する思いや、ジュニア戦士としてのこだわりなど、熱く語りまくった。

■『バンドリ! Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。

★『バンドリ!Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』特設サイトはコチラ!
 

■元気なときのヒロムは特に理解できない。また予想外なことを仕掛けてくる。


 
――さて、オスプレイ選手。初めて出場した東京ドーム大会は、2017年でしたね?
 
オスプレイ イエス。そのはずだよ。だから今回は4回目の出場になるな。
 
――この数年を通して、『WRESTLE KINGDOM』はオスプレイ選手にとってどのような意味を持つようになりましたか?
 
オスプレイ 出場するたびに『WRESTLE KINGDOM』の存在が自分の中で大きくなっているんだ。最初に出場したときは、6人タッグマッチ(邪道&YOSHI-HASHIと組み、NEVER無差別級6人タッグ選手権試合ガントレットマッチに出場)だった。2回目の出場の時は4WAYマッチ(IWGPジュニア選手権試合4WAYマッチで、マーティ・スカル、KUSHIDA、高橋ヒロムと対戦)で、3回目はNEVER無差別級選手権試合でイブシ(飯伏幸太)と闘った。そして今回は、みんなが注目しているシングルマッチ(IWGPジュニア選手権試合)。俺にとって、とても大切な大会なんだ。
 
――今回の相手は高橋ヒロム選手ですが、過去の彼と闘った試合とは何か違いは?
 
オスプレイ まず俺自身が違う。そこが重要なんだ。欠場中にヒロムが変わったかどうかは知らないけど、俺は変わった。ジュニアヘビー級レスラーとしても、ヘビー級レスラーとしても闘うために、いろんなファイティングスタイルを取り入れたんだ。そのおかげで新日本プロレスで大活躍しているヘビー級レスラーたちを倒せたよ。俺は確実に進化した。でも、ヒロムはケガをしていたから成長するチャンスがなかっただろ? だから、アイツが何を企んでいるのかはわからない。まあ、いずれわかることだけどね。
 
――2019年の飯伏戦では、オスプレイ選手の新しい一面を初めて見ました。いつもより攻撃的で、打撃技の多いスタイルでしたが、あれはオスプレイ選手自身の肋骨のケガが原因でしたよね?
 
オスプレイ イエス。
 
――欠場中、ヒロム選手は新しいファイティングスタイルの習得に励んでいたと思いますか?
 
オスプレイ 俺だったらそうするね。時間があるときは、いつも新しい技や普段と違った技を習得したくてトレーニングするんだ。ヒロムにはたくさん時間があっただろ? 1人でいる時間も多かったし、そのあいだずっとリングに立ちたくて、俺やジュニアヘビー級レスラーたちの闘いを見ていたんじゃないか? もしそうだったら、いまの俺が以前ヒロムに負けたウィルとは違うって気づいたはずだ。いままでのやり方じゃあ俺には通用しない。
 
――なるほど。オスプレイ選手はヒロム選手のような長期的な休場を経験したことがありませんが、ケガでやむを得ず欠場しているレスラーの気持ちがどのようなものか説明できますか?
 
オスプレイ 肋骨を負傷して休場したとき(2018年後半)、ただただプロレスがしたかった。あの時はケガのせいで、自宅の皿洗いや車の運転っていうすごく基本的なこともできなくてすごくイライラしたよ。ずっと部屋にいると頭が狂いそうになるしね。

――なるほど。

オスプレイ そういうときは、古いものから新しいものまでプロレスの試合を観るんだ。そこから復帰したときに使えそうな技とか見つけてね。ヒロムもそんなことをやっていたかもしれない。でも、日本とイギリスじゃプロレスの文化が違う。だから、ヒロムがいまどういう気持ちなのかはよくわからないよ。元気なときのヒロムは特に理解できないんだ! 「ヒロムのことわかってきたぞ」って思ったら、あいつはまた予想外なことを仕掛けてくるし。
 
――では、11.3大阪でヒロム選手に会ったときは驚きましたか? それともいつものヒロム選手でしたか? バックステージでは“TIME BOMB”以外にも何かしらの技を持っていることをほのめかしていました。


 
オスプレイ アイツがそう言ったのか……!? ほらね! 注意しなきゃいけないことがいまひとつ増えたよ。ヒドゥンブレードとかストームブレーカーを使い始めたとき、たくさんトレーニングをしてほかの技のクオリティを完璧にしてから、初めてあのふたつを使ったんだ。ヒロムもきっとそうするだろうな。この前、アイツがメキシコに行ったときの写真を見たんだ。もしかしたら新しい技とかを習得するために行ったのかもしれない……。

■ファンのリアクションはすごく大きかったのに、何で俺たちの試合はそんなに宣伝されないんだ?


 
――そういえば、『POWER STRUGGLE』後の記者会見では、オスプレイ選手が「ジュニアヘビー級レスラーは大会のメインイベントを飾らせてもらえない」と言っていましたね。1.4では第6試合にオスプレイ選手の試合が行われます。
 
オスプレイ 俺たちの次の試合はなんだ?
 
――インターコンチネンタル選手権試合とヘビー級選手権試合です。
 
オスプレイ オーケー、前よりはマシだな。

――ちょっとは納得できますか。

オスプレイ ああ、ジュニアヘビー級王座の地位が前よりも高くなったってことだ。俺が『WRESTLE KINGDOM』でジュニアヘビー級王座を勝ち取った年(2018年)は、最後から4番目の試合だったから。だから、これはファンがジュニアヘビー級レスラーたちの闘いをもっと観たいって思っているってことだよな。2冠王座の奪い合いがとても重要な闘いだってことは理解している。でも、ジュニアヘビー級のレスラーたちはたくさんの人を元気づけているし、今年最高の闘いをみんなに見せたんだ。ジュニアヘビー級レスラーたちがその最高の試合をやってのけたんだ。それは誰にも否定できない。

――たしかにジュニア人気はさらに高まっていますね。

オスプレイ 2冠王座戦はきっと伝説級の試合になる。でも、俺たちは『WRESTLE KINGDOM 14』で“主役の座”を奪いに行く。俺たちがやることはほかの誰も真似できないことだからな。
 
――記者会見でのオスプレイ選手のコメントを聞いて、『BEST OF THE SUPER Jr. 26』優勝会見で同じような発言をしていたのを思い出しました。そこでは、『DOMINION』のポスターにオスプレイ選手とドラゴン・リー(現リュウ・リー)選手が載っていないという指摘をしていて。基本的な部分で、ジュニアヘビー級レスラーや、彼らに対するプロレスファンの認識を変えたいと思っているところはありますか?
 
オスプレイ べつに「ポスターに俺の顔を載せろ!」という意味で言ったわけじゃなくて、どのジュニアヘビー級レスラーでもニュージャパンのポスターに載れるようになるために言ったんだ。『WRESTLE KINGDOM』を見てみろよ? あのポスターに載っているジュニアヘビー級レスラーはジュウシン・サンダー・ライガーだけだろ。

――たしかにライガー選手だけですね。

オスプレイ もちろん彼は“載るべき”レスラーだけどね。ほかのポスターは、ジェイ(・ホワイト)、ナイトー(内藤哲也)、オカダ(・カズチカ)、イブシしか載っていなかった。また俺たちを無視するのか? 本当にイライラするよ。俺たちはあんなにニュージャパンに貢献しているのに、会社にはファンを惹きつけられるレスラーとしては見られていないんだ。

――なるほど。

オスプレイ 俺たちはそれぞれアイデンティも個性も確立していて、リングに俺たちの持っているすべてを捧げているのに。ヒロムが戻って来たときのファンのリアクションを聞いてみろよ? ファンのリアクションはすごく大きかったのに、何で俺たちの試合はそんなに宣伝されないんだ? もし、ポスターに載るためには自分を殺さないといけないって言われたら、俺たちは確実にやるだろうね(不満げな表情で)。
 
■「ジュニアヘビー級じゃなくなるのはイヤだ」って思っちゃうんだよね。俺はジュニアヘビー級として必要とされている存在だから。

――今年、オスプレイ選手は大忙しでした。『NEW JAPAN CUP』『SUPER Jr.』『G1 CLIMAX』『SUPER J-CUP』『SUPER Jr.TAG LEAGUE』と、これだけのシリーズに出場して、もう証明したいことは証明できましたか?
 
オスプレイ ジュニアヘビー級レスラーとして自分の強さを証明できたし、ジュニアヘビー級の質を高められたと思う。それがすごく嬉しいよ。だけど、ひとつの所に留まるのは好きじゃないんだ。自分をもっと高めたい。小さなスポットに居続けるのはイヤなんだ。『NEW JAPAN CUP』でオカダに負けたときからそう思うようになった。なんでかわからないけど、オカダには勝てないよ。

――オカダ選手は認めざろう得ないと。

オスプレイ ああ。でも『SUPER Jr.』のとき、シンゴ(鷹木信悟)みたいに全員に圧勝することはなかったけど、それぞれの試合で20分くらい闘うことができた。ナリタ(成田蓮)と闘った試合はたった8分くらいだったけど、けっこう追い詰められた。でも、ここで止まりたくないって思ったんだ。だからIWGPジュニアヘビー級王者になって『G1』にも出場したよ。ただし、出てみてわかったけど『G1』はほかの大会とはまったく別物だ。

――ほかのリーグ戦と比べても別格ですか。

オスプレイ ほかの出場レスラーは、俺より20キロ以上の体重があるしな。しかも、『G1』で体重が減っちゃったんだよ。予定がいっぱいになっちゃって体重コントロールするヒマがなかったから。で、その後にはオーストラリアでシングルマッチをやって、ロビー・イーグルスとチームを組むことになった。最高のチームだと思う。だから、チームになったことをムダにしたくなくて、『SUPER Jr.TAG LEAGUE』に出場したんだ。

――厳しいスケジュールでしたけど、ロビーとのタッグも大事にしたかったと。

オスプレイ 今後のプランはIWGPジュニアタッグ王座を勝ち獲り、IWGPジュニア王座を防衛する。自分がどこにいても注目されるようになったし、自分の強さも証明できた。でも、いまはあるひとつのことに集中しなきゃいけない。ジェイに「無理しすぎだ」って言われたけど、俺自身もその通りだと思っている。全部の大会では優勝しなかったからな。だから、来年はひとつかふたつしかリーグ戦には出場しないと思う。
 
――そうなんですね。それはジュニアヘビー級の大会ですか? 来年は『G1』に出場したいと考えていますか?
 
オスプレイ う~ん。そのへんは『WRESTLE KINGDOM』が終わるまではわからないんだ。でも、『G1』でタナハシ(棚橋弘至)を倒したときあたりから、「ジュニアヘビー級のレスラーじゃなくなるのはイヤだ」って思っちゃうんだよね。俺はジュニアヘビー級として必要とされている存在だから。

■東京ドームで、アイツはいままでとは違うウィル・オスプレイと対決する。


 
――ジュニアヘビー級といえば、獣神サンダー・ライガー選手の最後の試合が1月5日にあります。“ライガー時代”が幕を閉じ、2020年1月6日からジュニアヘビー級はどうなっていくと思いますか?
 
オスプレイ ハッキリ言って、俺たちジュニアの選手はもっとメインイベントの試合を闘うべきだ。それはファンも求めていることだと思う。『G1』のときに俺やシンゴはジュニアヘビー級レスラーとしてメインイベントを闘った。俺たちはそれぞれのブロックで一際目立っていたと思う。俺たちが過ごした濃度の1年を経験したヤツはほかにいない。ジュニアヘビー級レスラーだけが、メインイベントレベルの闘いができるんだ。だから、ニュージャパンは俺たちにもっと時間を費やすべきだし、俺たちが輝ける場所を提供して欲しい。
 
――なるほど。賛否両論あると思いますが、いまから3年後、5年後でも、まだジュニアヘビー級とヘビー級という階級の区分はあると思いますか?
 
オスプレイ 100ペーセントあると思うよ。ヘビー級に行こうとしないレスラーもいるしな。どんなヤツでも頑張ればどんな敵にも勝てるんだけど、ヘビー級レスラーは体格の大きさや体重で、俺たちジュニアヘビー級レスラーよりも有利だ。だから区分は必要だと思う。歴史を見てもそれは証明されていると思うよ。ただ、NEVER無差別級王座については、もう1度考える必要があるな。

――あ、NEVER王座については検討の余地アリと。

オスプレイ ああ、KENTAとゴトー(後藤洋央紀)は『WRESTLE KINGDOM』で対決するけど、アイツらは2人ともヘビー級レスラーじゃないか? たしかに素晴らしい試合になるとは思うが、“無差別級”っていうのをもっと意識した方がいいな。でも、ジュニアヘビー級王座はなくなってはダメ。これはずっと存在していなければいけないんだ。それより、これ(IWGP Jr.ベルトのネームプレート)を更新しなきゃいけないよな!

――そもそもジュニアヘビーのベルトのプレートの更新が滞ってましたか。

オスプレイ ああ。いっぱいネームプレートがあって、BUSHIの名前はあるけど、俺、マーティ(・スカル)やヒロムの名前がないんだ(笑)。ジュニアヘビー級というレガシーが消されるなんて想像できないよ。それに、来年は今までよりもアメリカや日本で活躍できるチャンスがいっぱいあるからな! ジュニアヘビー級レスラーにも、メインイベントで闘うチャンスがいままで以上にあるってことだ。
 
――話を1月4日の話に戻して、最後の質問をしたいと思います。オスプレイ選手とヒロム選手の試合は、ファンの記憶に残るような試合になると言えますか?
 
オスプレイ 今年は本当に大変な年だった。大変だったけど、成長できたし、すべての試合に魂を込めて闘うことができた。でも、その間、ヒロムは頭を動かすことさえできなかったんだ。頭を横に動かせないってどんな感じか想像できる? アイツができたことと言えば、テレビ画面をジッと見て、復帰するのを待つことだけだった。どんどん強くなっていっていたのに、いまは闇の中に放り出されているんだ。去年の『DOMINION』であいつは俺を倒してジュニアヘビー級チャンピオンになった。そしていま、以前よりももっと大きなステージで、ヒロムがレスラーとして今後もやっていけるのかどうかがわかるんだ。

――なるほど。

オスプレイ いまのヒロムが俺を倒したヒロムと同じヒロムなのかはわからないけど、アイツはいままでとは違うウィル・オスプレイと対決する。ひとつだけわかるのは、俺もヒロムも、ほかのジュニアヘビー級レスラーたちも、すべてを犠牲にして、『WRESTLE KINGDOM』を乗っ取りに行くってことだ!


(了)

■『バンドリ! Presents WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』
・2020年1月4日(土) 15時開場 17時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。
※「1Fスタンド」「2FスタンドA」「レディースシート(1Fスタンド)」は残りわずかとなりました。

・2020年1月5日(日) 13時開場 15時試合開始
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「レディースシート(アリーナB)」「バルコニースタンド」は完売となりました。

■『NEW YEAR DASH!!』
・2020年1月6日(月)18時30分~東京・大田区総合体育館
★チケット情報はこちら!
★カード情報はこちら!
※「ロイヤルシート」「アリーナ席」は完売となりました。
※「1FスタンドA」「2FスタンドC」は残りわずかとなりました。

★『WRESTLE KINGDOM 14 in 東京ドーム』の特設サイトはコチラ!

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ