• 2019.8.18
  • #Media
内藤と飯伏の“二冠”狙いに「俺は“三本”いくよ」 棚橋が湯沢編集長と6年ぶりの生『ドラゴンノート』開催!【『週プロ』創刊2000号イベント(2)】

8月17日(土)、東京・スクワール麹町にて、週刊プロレス創刊2000号突破記念イベントの第2部として『棚橋弘至の「生ドラゴンノート」祝連載400回突破』が開催された。

写真提供/週刊プロレス

 『週プロ』誌上で約14年の長きにわたり連載されている人気コーナー「ドラゴンノート」。同企画の公開イベントは過去にも何度か開催されているが、最後に行なった2013年5月以来、今回は約6年ぶりの“生ドラノー”となった。

司会の“タナ番”こと湯沢編集長に呼び込まれると、棚橋は客席のあいだを練り歩き、ファンとスキンシップをはかってから登壇。のっけから持ち前のサービス精神を発揮する。

その後は気のおけない仲である湯沢編集長と息の合ったトークを展開。棚橋が「14年前、まだ若かった僕を連載に起用しようと思ったきっかけは?」と尋ねると、湯沢編集長は「ウィットに富んでたし、この人おもしろいなって思ったんですね」と回答。これに棚橋は「ウィット、好きな言葉ですね」と、ニッコリご満悦の表情を浮かべた。

 棚橋はいまやブログやSNSや各メディアの連載など数多くの発信手段を持つが、それらを踏まえながら「昔はくだけていい場所が『ドラノー』だけだった。ドラノーも試行錯誤しながらここまで来ましたね」と長寿連載を回顧した。

 その後、湯沢編集長が「“夏の大きい大会”について」と話題を振ると、「……なんかありましたっけ?(苦笑)」とトボけながらも、11年ぶりの負け越し(4勝5敗)となった『G1 CLIMAX』にも言及。棚橋が「(優勝した)去年と同じく一つ一つの試合にテーマを設定できたし、内容も悪くなかった。あとはいかにコンディションを調整していくか。これからの一年で活躍を残して、次の『G1』に出られるようにという段階だけど、実力でなんとかします!」と力強くコメント。

続いて「表紙&特写で振り返る週プロの中の棚橋弘至」というコーナーに移り、自身が印象に残っている表紙として、棚橋は2009年の1.4ドームで武藤敬司からIWGPヘビーを奪取した試合の掲載号をセレクト。「普段、しない表情なんですよ。だからこそ伝わるものがあるかなと。いま見ても当時の気持ちがよみがえってきますね」と感慨深げに語った。

 2015年の『G1』で優勝したときの号の表紙では、対戦相手の中邑真輔が棚橋の右腕を上げて称えているが、「これは凄くビックリしたんです。で、『次はハグかな?』と思ったら、中邑がサッと離れちゃいましたけど(苦笑)」と当時のエピソードを明かした。

 棚橋といえばベルト姿での表紙も多いが、内藤哲也や飯伏幸太がIWGPヘビーとIWGPインターコンチの二冠に色気を見せていることから、湯沢編集長が「棚橋選手は二冠を意識したことは?」と質問。すると棚橋は「二本二本って、オマエら、まだまだだなと。俺は(ブリティッシュヘビーと合わせて)三本いくよ」とニヤリ。そして、あらためて「僕は目標を持ってますから。もう一度、IWGPのチャンピオンになります!」と宣言すると、場内を大きな拍手が包んだ。

 最後のプレゼント抽選会では自身のサイン入りパネルのほか、「たぶん2011年、(IWGPヘビーの)V11のときに使ってたはず」というニーパットなど貴重な逸品を提供。

そして、締めでは上半身裸でポージングを披露し場内の喝采を集めると、「まだまだテッペン狙います! 『G1』も優勝したいし、IWGPのベルトも巻きたい。これからもう一回、棚橋弘至が来たらかっこいいよね?(場内歓声&拍手)。また9月シリーズから応援してください、今日はありがとうございました! 会場のみなさん、愛してま~す!!」と高らかに叫び、大盛況のイベントを締めくくった。

  • facebook
  • twitter

EVENT CALENDAR

2021年1月
  •  大会日程
  •  各種イベント

イベントカレンダー

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
アソビストア
アスマート
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
HEIWA
MIC
吉野家
鈇田クリニック
JRA
ZIMA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション
ストロングスピリッツ

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ