• 2019.3.7
  • #Topics
ラストマッチは来年1月の東京ドーム!「こんな幸せなプロ人生はない」獣神サンダー・ライガーが笑顔の引退発表!【3.7会見】

3月7日(木)15時~新日本プロレス事務所にて、『旗揚げ記念日』一夜明け会見がおこなわれ、獣神サンダー・ライガー選手が出席した。

★会見の模様は新日本プロレスワールドで公開中!

■獣神サンダー・ライガー選手のコメント
「皆様、本日はお忙しい中、また足元が悪い中、お集まりいただき、ありがとうございます。それから、ネット中継ご覧に皆様、獣神サンダー・ライガーです。獣神サンダー・ライガーは来年1月の東京ドーム大会で引退いたします。以上。おしまい」

■質疑応答
――突然の発表でファンの方も驚いていると思いますが、引退を決意されたのは昨日の試合を受けてでしょうか? それとも以前から考えられていたのですか?

ライガー まぁ、あの試合を通してですね、やはり「自分はもう伸びしろがないな」と。いままで培ってきたテクニックなりなんなり、いくらでも活かせると思うんですけど、その“伸びしろ”というところでは、「これ以上の自分の伸びしろは、自分自身ないな」と試合をやってて感じましたし。やはり、石森(太二)君の若さであったり、いろんな試合の中での動き、それはたぶん対戦した相手じゃないとわからないような微妙な部分だと思うんですけど、それを感じに取ることができました。
ぶっちゃけベルトを獲っても引退を発表しようかなと。勝ち逃げみたいな話も考えてましたし。まぁ、ボクの中でレスラーに対する美学というか、「プロレスラーとは?」っていうのがありまして、「まだやってたの?」って言われて辞めるよりも、「まだやれるのに、なんで辞めるの?」って言われて辞めた方が、ボクの中で「レスラーらしいかな」と思いまして、引退を決意いたしました。

――いつ頃からライガー選手の中で引退という言葉を考えるようになりましたか?

ライガー やはり、ここ最近もちろん練習をしますし、試合も出場させていただいてましたけど、若い頃、やはりリングに向かう時に「相手をぶっ潰してやる!」というそれぐらいの気持ちで常に上がってましたけど、ここ最近、やはり「あっちが痛い。こっちが痛い。疲れが取れない」っていうことを考えながらリングに上がるようになって、ボクの中でのレスラーと言うのは、やっぱ「強くなきゃいけない」と。
それは山本小鉄さんや猪木さんや藤原さんとかによく言われました。「レスラーは強くなきゃいけない」と。ボクもそうだと思ってるので、「ちょっとズレが出てきたな」と、自分の中でね。っていうのがあったので、「そろそろかな」という感じはありました。

――具体的に会社に打診を出したりというのは?

ライガー 打診というわけでもないですけど、毎年、新日本プロレスは1年に1回、契約の更新がありますけど、その時で自分の気持ちを伝えることはありました。で、今回の会見をさせていただくにあたって、会社ともいろいろ話し合いをさせていただいて、自分自身、納得のいくこととなったので、こういう会見を開かさせていただきました。

――デビューも東京ドームでしたが、東京ドームという場所にこだわりがあったんですか?

ライガー いや、こだわりじゃなくて、会社の方から「じゃあ、東京ドームで」って言われたんで、「ウソー!」と思って。スゲー、良い舞台! だって、いままで猪木さんしかないんだよ。

――長州力さんも東京ドームで引退してますが。

ライガー あっ、そうでした。3人目か……。そっかぁ、でも復帰してるもん。でも、ボク、復帰ないから。猪木さんも復帰されてないしね。そういう意味では、ホントに引退。東京ドームで平成元年にデビューして、東京ドームで引退。カッコよくね?

――カッコいいです。

ライガー カッコいいだろ? 「これしかないな」とボクは思いましたから、逆に媚を売るわけじゃないですけど、新日本プロレスにありがたいなと思ってますし、「そういう場所を提供してあげるよ」って言ってくれた新日本プロレスには感謝してます。で、よく引退会見を観てると、みんな泣いたりとかね、「体力の限界です」とかって言うけど、まだあと1年弱あるからね。その実感という実感はまだないんですけども、ただ“ケジメ”というか、気持ちの中でもう整理がついたので、あと10ヶ月ぐらいありますけど、今日こういう風に会見をさせていただきました。
じゃあ、「あと10ヶ月どうするんだ?」と言われるかもしれません。30年間、ライガーとして全国の皆さんに応援していただきました。ある意味、“引退ツアー”ではないですけども、まわれる限りのところをまわって、皆さんに最後の姿というか、観ていただければと思うし、また声援を送っていただければと思ってますので。

――ライガー選手といえば、ジュニアにしかできない、いままではできなかったことをやって、ファンの夢を叶えてくださいましたが、なにかやり残していることはありますか?

ライガー やり残しですか? やり残しはないですね。もうホントに好きなことをやらせていただきました、新日本プロレスには。で、ファンの皆さんにも支持していただいたり、支えていただいたり、「こんな幸せなプロ人生はないんじゃないかな」って、いまホントに感じてます。ですので、やり残したっていうのはないですね。天龍さんが引退する時は「もうプロレスはいいよ」って腹一杯で辞めた方がサッパリするし。「後々、復帰してっていうのもないと思うよ。そういうのみっともないと思わないか?」って、ボク言われたことがあるんですよ。
で、その時はたしかに「ああ、そうだな」って思ったんです。でもね、「腹八分が丁度いい」って。腹一杯になって「苦しいよ」って、「身体のあちこちボロがきて動かないよ」ってなるよりも、八分目で辞めて、そのあとのことはそのあとで一生懸命頑張るっていう、「それでいいんじゃないのかな」って思うようになったので、今日ここに座ってるんですけど。だから、ホントに「やり残したことなにかありませんか?」って(聞かれても)、なにもないんですよね。

――残りのレスラー人生でやっておきたいことは?

ライガー もう日本隅々まで行きたいですね。「子供の頃からライガーさん観てました」、「ライガーさん観てプロレスファンになりました」って言ってくださるファンの皆さんもいますし、「ここ最近プロレスを観始めて、ライガーさんのファンになりました」って言ってくれた人、すべてのファンの人に挨拶したいですよね。挨拶ってそのかしこまった挨拶じゃなくて、試合を観ていただいて、試合が終わったら勝っても負けても頭を下げて、リングをおりていく。それを観ていただきたいですね。

――アメリカやメキシコにもファンの方はいらっしゃると思いますが。

ライガー このあと、明日から新日本プロレスは『NEW JAPAN CUP』がありますけど、ボクは海外遠征があります。アイルランドですかね、ダブリンに約1週間遠征があったりとかして、『NEW JAPAN CUP』は休みますけども、そういう風に海外で決まってるところがありますし。日本の中での他団体でも決まってるところがあるので。例えば、うちの団体じゃないところに集まってくるファンの皆さんっていらっしゃるじゃないですか。そういう方たちにもライガーを観てもらえればと思ってますね。

――海外遠征というところで、まだ出場は決まってませんが、4月6日のマディソン・スクエア・ガーデン大会には出たいですか?

ライガー いや~、出してほしいですね。引退するなら出してよ。だって、もう来年ないんだぜ。そうだろ? だから、ホントにプロレスラーになるキッカケを藤波辰爾さんがマディソン・スクエア・ガーデンでカルロス・ホセ・エストラーダから(WWWF)ジュニアヘビー級のチャンピオンを奪って、それを観て「カッコいいな」と、「俺もプロレスラーになりたい!」って思ったのが初めであったので、もう原点中の原点なので、そのMSGっていうのはやっぱ一度でいいから上がってみたいですね。
で、なんかあそこ取り壊されるんですよね? 立て直し? オイオイオイ! でも、そんな話をチラっと聞いたので、もうホントにいまのあの形。ボクが子供の頃、観てたマディソン・スクエア・ガーデンはいましか上がることができないので、上げてほしいよね。上がりたい。上がりたいです。

――現在、引退後のイメージは頭の中にありますか?

ライガー そういうのもある程度は会社と話しました。で、「ああ、そういう感じのことね」みたいなことも言われて。で、これからもちょっと会社といろいろ話し合いをもって進めていくことになると思いますけど、それはそれでまた決まり次第でいいんじゃないですかね。すいません。まだあと10ヶ月あるからね。10ヶ月はレスラーだから、頼むよ。お願いします。

――引退に向けて、闘いたい相手、組みたい相手など希望はありますか?

ライガー ないですね。ちょっとボクが普段言ってることと矛盾するかもしれないけど、やはりプロレスを楽しみたいというか、もうベルト挑戦がどうのこうのっていうのはないと思うし。で、タイトル挑戦する前に「テッペンを狙うから新日本プロレスなんだよ」って。「テッペンとはベルトでしょ?」ってそういうのもないのに、「じゃあ、お前はなんでリングに上がるんだ?」って、やっぱさっき言ったファンの皆さんに挨拶もしたいし、ぶっちゃけプロレスを楽しみたいなと。
だから、相手は誰であれ楽しみたいなと思うので、特にこの人とやりたいとか、どうのこうのっていうのはないですね。逆に、「辞めるなら俺がライガーとやりてーよ」って人がいたらちょっと手を挙げてほしいですよね。これで「俺はいーよ」って誰もいなかったら、スゲー寂しいもんね。ねぇ? ちょっとみんな募ってよ。頼むよ、「いませんか?」って。お願いしますよ。

――ライガーとして、新日本プロレスあるいはプロレス界に、「これは残せた」と手応えを感じているモノはありますか?

ライガー 結局、ボクが楽しみたかっただけですからね。『(SUPER) J-CUP』にしろ、なににしろ。で、もう十分楽しんだんで、そこでどうのこうのはないですね。いろんな自分の開発した技とか、いまよくプロレス界で使われたりしてますけど、あえてそこで「この技は俺が開発したんだよ」っていうあれもないしね。だから、いまあえて名前も出さないですし。「こういう技はボクのですよ」って。使ってもらえれば使ってもらえばいいし。プロレスがもっとどんどんどんどん大きくなってくれればいいし。ボクはもう十分かなぁ。あと10ヶ月ありますけども、レスラーになったっていう満足感もあるので、特にどうのこうのっていうのはないですね。

―― 一番印象深い試合というのは?

ライガー やっぱり、佐野さんですね。あの人がいなかったら、いまの獣神サンダー・ライガーはないと言っても過言ではないぐらい存在感の大きな人でした。対戦相手で言えば、やはり佐野直喜さんですね。で、ボクが新日本プロレスに入った頃、もうホントに新日本プロレス黄金時代と言われてて、藤原さんにコーチしていただいて、猪木さんにいろんな精神論を教えていただいて、山本小鉄さんに社会人としてのルールを教えていただいて、前田さんや高田さんにプロレスラーとはどうやって遊べばいいかとか教えていただいたりして。
で、同期の佐野さんがいて、ホントに凄い時代だったなと思います。その中でそうやってお世話になった方々がたくさんいらっしゃいますけども、こと試合で言わせていただければ、やっぱり佐野直喜さん一人ですね。まぁ、対戦相手には恵まれたと思いますけどね。当時の外国人含め、凄い選手ばっかりでしたからね、いまもそうですけど。

――只今、髙橋ヒロム選手から「『いま欠場中なんですけど、自分がライガーさんとやりたいです』と伝えてください」と連絡がありましたが、これを受けていかがですか?

ライガー 仲間内じゃあな、あんまり意味もなくなくねーか?

――いま欠場中という無念さもあると思いますが。

ライガー 「それより早く怪我を治してください」ってことですね。やはり、レスラーはリングに立ってなんぼだから。復帰してから、改めて「もしボクと闘ってもいいよ」ってヒロム選手が言うのであれば、もちろんシングルでやりたいと思いますし。ただ、これはもうレスラーもファンの皆さんもそうだと思いますけど、やっぱり「ヒロム選手に早くリングに復帰してもらいたい」と思ってると思うので、まずはそこが最初じゃないかなと思います。

――伝えます。

ライガー (※カメラを指さし)観てるよ! 観てるだろ?

――ライガー選手は道場にお住まいになってると思いますが。

ライガー 住んでねーよ、別に!

――ライガー部屋がありますが、引退した後は道場からもいなくなってしまうのですか?

ライガー それはわからない。

――残る可能性もあると。

ライガー ある! 道場、大好きだから。

――では、獣神サンダー・ライガーは道場に居続ける可能性もあると。

ライガー 十分あるね。「これはどういう意味か?」って、皆さん考えてください。これはまだ発表しちゃいけないと思うんだよね。「またいらんこと言いやがって」って怒られちゃうんで。

――では、この辺にしておきます。

ライガー そうだよ。引退決まって怒られるのヤダもん、俺。

――では、このあとはライガー選手の記念撮影をおこないたいと思います。

ライガー エッ!? (マスコミの)皆さんと撮るの?(※会見場から笑いが沸き起こる)

――いえ、お一人です。

ライガー 俺、一人で撮るの?(※最後、カメラに向かって、深々と頭を下げ)ありがとうございました!

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
明治PA-3
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ