• 2019.1.15
  • #Media
【大反響・第2弾!】「ぼくはぼくのプロレス、新しいクリス・ジェリコのプロレスを実験中」斎藤文彦氏が直撃ロング・インタビュー!(後編)

プロレス評論家・斎藤文彦によるクリス・ジェリコ直撃インタビュー(後編)。今回は内藤哲也、EVILとの闘いをふり返りながら、ジェリコはジェリコが考えるところの“プロレスの定義”について語った。

聞き手/斎藤文彦
撮影/タイコウクニヨシ

※このインタビューは2018年12月16日、新日本プロレス事務所で収録。

★スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、コラムの「序盤部分」をWEBで無料公開!

★インタビュー前編はコチラから!

■ぼく自身のなかにはIWGPヘビー級王座のチャンピオンになるというもうひとつの目標もあります


――チャンピオンベルトを粗末に扱った内藤哲也はバカstupidだというコメントについて、もう少しくわしく説明してください。

ジェリコ この闘いにはいったい何が賭けられているのか。この闘いにはいったいどういう意味があるのか。この部分をコンスタントにオーディエンス(観客)に提示しつづけなければならないということです。10.8両国国技館でぼくがEVILを襲ったときのシーンを思い出してください。黒いケープを着て、マスクをかぶり…。

――マスクは黒いマスク、白いマスクの2枚をかぶっていた。

ジェリコ そうです。全身を覆う大きな黒いケープを身にまとい、二重のマスクをかぶり、マスクの下の素顔には黒いメーキャップをほどこし、しかも、ケープの下には白いIWGPインターコンチネンタル王座のチャンピオンベルトを腰に巻いていた。そんな動きにくい状態でリング内にすべり込んで大暴れするわけです。動きにくかったですよ。でも、このシーンではぼくは白いチャンピオンベルトを必ず腰に巻いていなければならない。

なぜか? それはぼくがチャンピオンだからです。チャンピオンはだれで、チャンレンジャーはだれで、これはチャンピオンシップを争っている闘いなのだということをライブの観客、映像を観ている視聴者といっしょに確認する作業です。

もちろん、チャンピオンベルトは“小道具prop”です。小道具だからこそ、試合のテーマを明確にするために、お客さんがチケットを買ってアリーナに足を運びたくなるように、ファンのみなさんがそれを話題にするように、チャンピオンベルトという小道具は可能な限りオーディエンスの目の届く場所にレイアウトしておかなければならない。

レスリング・ビジネスでいちばん大切なものはチャンピオンシップであり、チャンピオンベルトです。それをどうでもいいもののように粗末に扱うということはありえません。

ぼく自身のなかにはIWGPヘビー級王座のチャンピオンになるというもうひとつの目標もあります。そのチャンスを手に入れるまでは、現段階(※このインタビューは2018年12月16日に収録)でいちばん大切なものはIWGPインターコンチネンタル王座のチャンピオンベルトです。なぜなら、ぼくがそれを腰に巻いているわけですから。これはだれにも渡さない。内藤はそういうふうには考えていないようですが、だとしたら、いったいなんのために闘っているのですかと聞きたい。

――オールドファッションなプロレス哲学ですね。

ジェリコ たしかにオールドファッションなのかもしれないけれど、プロレスというもののベーシック・アイディアはそこにあると考えます。タイトルマッチの記者会見で内藤はぼくのことを「プロレスラーとしてピークを過ぎた人間」とコメントしましたね。

だとしたら、プロレスラーとしていまピークにある内藤は、プロレスラーとしてピークを過ぎたぼくに負けてチャンピオンベルトを失ったことになりますね。彼はそのまぎれもない事実をメッセージとしてファンに向かって発信してしまった。発言内容にはもっと頭をよく使ったほうがいい。ぼくはプロレスラーとしてはピークを過ぎた人間かもしれないけれど、そういうキミよりは1000倍もベターなんだよ、という結論が導き出されます。

■ぼくの目には、オカダと棚橋のあいだにはさまれて、内藤がスタック(立ち往生)しているように見えたんです


――しかし、新日本プロレスのメンバーのトップグループのなかでケニー・オメガのすぐあとの対戦相手としてジェリコ選手が興味を持ったのが内藤哲也だったわけですよね。

ジェリコ 内藤はグレート・キャラクター。自分の軍団を率いた新日本プロレスのベスト・キャラクターです。エロガントarrogant(ごう慢・横柄)で、コンフィデントconfident(自信に満ちた様子)で、グレート・プロモ(マイクアピール)ができるグレート・パフォーマー。彼を観たとき、スーパースターのバイブVibes(強い印象、波動)を感じ、彼はほんとうにああいう人物なんだろうなと、そのアテテュードattitude(姿勢・態度)をぼく自身がホンモノと感じることができた。

――スーパースターとしてのオーラを感じた?

ジェリコ おもしろい状況だなと感じたわけです。新日本プロレスにはオカダ・カズチカ、内藤哲也、棚橋弘至という3人のスーパースター、3人のメインイベンターがいますね。ぼくの目には、オカダと棚橋のあいだにはさまれて、内藤がスタック(立ち往生)しているように見えたんです。ぼくが彼に興味を持ったのはその部分からですね。

ぼくがルーキーだったころ、カルガリーのTVテーピングでこんなことがありました。対戦相手は“ブルドッグ”ボブ・ブラウンという大ベテランでした。ぼくはマイクを持って「おい、オールド・マン! この年寄り! ジジイ!」とアピールしました。

そのあとの試合でぼくは負けた。ぼくはぼく自身が揶揄したオールド・マン、年寄り、ジジイに負けたということです。ぼくがその試合に勝ったとしても、ぼくはオールド・マン、年寄り、ジジイに勝ったことにしかならない。どちらにしてもぼくのコメントではダメだったのです。It doesn’t help either way.

ぼくは内藤に対して「キミは新日本プロレスのビッグスターだ」「キミは現代のベスト・パフォーマーだ」とそのポジションとステータスを評価したうえで「でも、オレはそういうキミに勝ったぞ」「オレのほうがベターだぞ」と発言する。対戦相手を評価し、その試合の意味、その試合結果の意味するところをきっちりとオーディエンスに伝えることが重要なのです。このロジックはぼくの28年のキャリアで培われてきたものです。

※無料公開はここまで! 続きは新日本プロレスのスマホサイトに登録してご覧ください。

★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=324円(税込み)

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
HEIWA
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
JRA
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
新日コレクション

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ