• 2019.1.8
  • #Media
「ぼくは“リインベント・マイセルフ”、みずからを再構築した」クリス・ジェリコはなぜ新日本へやって来たのか? 斎藤文彦氏が直撃インタビュー!(前編)

 クリス・ジェリコとはそのルーキー時代から親交のあるプロレス評論家・斎藤文彦が直撃インタビュー(前編・後編の全2話)。ジェリコと日本のプロレス、ジェリコと日本のプロレスファン、新日本プロレスへの想いを語ってもらった――。

聞き手/斎藤文彦
撮影/タイコウクニヨシ

※このインタビューは2018年12月16日、新日本プロレス事務所で収録

★スマホサイト会員の方はコチラから!

※以下、コラムの「序盤部分」をWEBで無料公開!

■アメリカでも日本でもまったく新しい層のオーディエンスが育っています。


――新日本プロレスのリングでの“1年”が経過しましたが、現在進行形の観客とかつての観客のちがい、オーディエンスの世代のちがいのようなものは感じていますか。

ジェリコ ええ、もちろん。ぼくの初めてのジャパン・ツアーは1991年(平成3年)10月でした。長い長い時間が経過しました。

――ちょっと意外な感じですが初来日はFMWのリングでした。その当時、サドン・インパクトというタッグチームを組んでいたランス・ストーム、ザ・グラジエーター、ホーレス・ボウダー、ウルトラマン系キャラクターのアミーゴ・ウルトラ、パンダの着ぐるみを身にまとったパンディータといった顔ぶれといっしょだった。時代の流れを感じます。

ジェリコ ぼくはまだ21歳でした。それから1995年(平成7年)にWARのレギュラーになって、その年は毎月、アメリカと日本を往復しました。この国がぼくのホームリングだった時代があるわけです。日本には「クリス・ジェリコを観て育った」という世代のファンがいて、その人たちその後、ぼくがどういう道を歩み、現在に至っているかをずっと目撃してくれたのだと思います。しかし、いっぽうではそういったぼくが歩んできた長い道のりについてまったく知らない新しい層のオーディエンスも存在しています。

 アルファαとオメガΩの闘い、ケニー・オメガとぼくのシングルマッチはアメリカでも日本でも大きな注目を集めた。日本のファンのなかにもこの試合のほんとうの意味、その重要性を完全には理解していないファンがいたと思います。クリス・ジェリコってだれ? WWEスーパースターだった人でしょ。日本のプロレス・シーンにおけるぼくのレガシー、ぼくのヒストリーを知らなければそのくらいのレベルの理解になるでしょう。だからこそ、ぼくはケニーとの歴史的な一戦をどうしても日本のリングで実現させたかった。

 ぼくはWWEスーパースターとして新日本プロレスのリングに立ったのではない。ぼくと日本のプロレスとの関係、ぼくと日本のプロレスファンとの関係、ぼくと日本という国の関係をもっとよく知ってもらえば、いまぼくがこのリングで何をしようとしているかがもっとよく理解してもらえると考えたわけです。

 ケニーとぼくのバックグラウンドにはひじょうにたくさんの共通点があります。ふたりともカナダのウィニペグがホームタウンだというだけでなく、世界の大きな舞台に立つ前に、まず日本のリングでプロレスラーとしてのレガシーLegacyをスタートさせた。彼もぼくもプロレスラーとしては“日本育ち”なのです。

――世代のちがう“日本育ち”のスーパースターであると。

ジェリコ この試合をどうしても観たいと思った多くのアメリカのファンがNJPWワールドに加入して、動画配信のセールスはワールドワイドでいっきに40パーセントもアップした。アメリカでも日本でもまったく新しい層のオーディエンスが育っています。

 いまぼくたちはどういう時代を生きているのか。どういう世界に生きているのか。こういうことを考えるのはとても大切なことです。たとえば、90年代だったら、日本のファンがアメリカのプロレスに、あるいはアメリカのファンが日本のプロレスに触れるためのツールはVHSのビデオしかなかったわけです。プロレスだけではなく音楽もそうでした。

 ぼくはかつて日本に来るたびに新宿のビデオショップ“エアーズAirs”に足を運んでブートレッグ(海賊版)のビデオをたくさん買い込んでいた。でも、その“エアーズ”が閉店してしまった。どうしてか? 最新のミュージック・ビデオ、マニアックなコンサート映像なんかを発見したかったらユーチューブYouTubeを検索すればいい。

 プロレスの映像もVHSビデオの時代、DVDの時代が終わって、いまはインターネットのライブストリーミングやユーチューブが主流になった。時間的なディレーがなくどんな映像だってリアルタイムで目にすることができる。ぼくらはそういう時代を生きている。それは何を意味するか? つまり、世界はスモールプレイス(ちいさな空間)になったということです。

 たとえば、テキサスのダラスには新日本プロレスの試合をNJPWワールドやアクセスTVで観ているファンがいて、日本にはWWEの“マンデーナイト・ロウ”“スマックダウン・ライブ”をライブストリーミングで毎週観ているファンがいる。新日本プロレスは現在、世界でナンバー2のカンパニーですね。

 新日本プロレスとWWEが正面からぶつかる必要はない。新日本プロレスはWWEとはちがうスタイルのプロレス、WWEとはまったくちがうスーパースターの映像を世界のオーディエンスに提供することができます。新日本プロレスのリングには日本人のスーパースターだけでなく、多くの外国人選手たちがいます。このジャパニーズ・スーパースターとインターナショナル・スーパースターのミックスが世界じゅうのプロレスファンの大きな関心を集めているのだと感じます。

■この世界的なムーブメントをデザインしたのはこのぼく、クリス・ジェリコだったのだと考えてほしい


――日本のリングで起きていることが時間的なディレーなしに、まったく同時進行で世界のオーディエンスに向けて発信されている。

ジェリコ そうです。ケニーとの闘いを通じて、クリス・ジェリコがそのブリッジ(架け橋)になったのではないかと思っています。ぼくがWWEのリングから消えて、新日本プロレスのリングに現れた。アメリカWWEユニバースは、ジェリコは日本でいったい何をやろうとしているんだろうと考えるわけです。日本でスーパースターになったケニー・オメガという選手と闘うらしい…。ケニーとぼくの闘いは、それまで日本のプロレスにそれほど興味を持たなかったアメリカのファンを新しい渦に巻き込んだ。

 アメリカのファン、世界もオーディエンスは、ケニーとのぼくの試合を観るためにNJPW
ワールドにアクセスし、カズチカ・オカダ、内藤哲也、棚橋弘至、鈴木みのる、飯伏幸太、石井智宏らのハイレベルな、それまで観たことのないスタイルのプロレスを目撃することになった。アメリカのファン、世界のオーディエンスが彼らの試合にシビれてしまったわけです。

――はじめからそこまで計算していたのですか?

ジェリコ この世界的なムーブメントをデザインしたのはこのぼく、クリス・ジェリコだったのだと考えてほしい。

※無料公開はここまで! 続きは新日本プロレスのスマホサイトに登録してご覧ください。

★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

★加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=324円(税込み)

  • facebook
  • twitter

記事に関係する選手

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
九州三国志
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会
ブラザー

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ