• 2018.10.3
  • #Media
「“彼”のことは、以前から目をつけてました」“新たなパレハ”投入の真意とは? 内藤哲也に直撃インタビュー(前編)!!

前シリーズから「一歩踏み出す勇気」と意味深発言を繰り返していた内藤哲也。10月3日には、メッセージビデオにて10月8日両国大会の試合で、“新たなパレハ”投入を明言! 
 
ユニット再編が進む新日本マットにて、いま制御不能男は何を考えているのか?  内藤に本音直撃のロングインタビュー!!(前編)

撮影/タイコウクニヨシ

★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

※以下、インタビューの「序盤部分」をWEBで無料公開!

■5人のメンバーになって完成された感があり、「知らず知らずのうちに安定した状態のまま来てしまったかな」と

──さて、本日はひさびさの内藤選手のインタビューなので、いろいろ伺いたいことがあるんですけど……、やはりいまファンのみなさんが一番気になっている“あのこと”から伺いたいと思います。

内藤 ハイ。なんでしょう。

──まず、前シリーズの9.17別府大会のバックステージで「一歩踏み出す勇気」という意味深な発言をされましたよね。

内藤 そうですね。

──そして、現在のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(以下、L・I・J)は髙橋ヒロム選手が欠場中ですけど、その帰りを「4人ではなく5人で待つ」と。そしてその6人目のメンバーについて、「両国にパレハを連れてくる」とメッセージビデオでハッキリと明言されましたね。

内藤 ハイ。まずですね、そもそも「一歩踏み出す勇気」という言葉を最初に使ったのは今年の4月29日の熊本大会なんですよ。

──ああ、鈴木みのる選手とのインターコンチネンタル選手権のあとのリング上ですよね。

内藤 ハイ。その時に使った言葉なんですけど、我ながらいい言葉だなと(笑)。で、7月7日のサンフランシスコ大会で高橋ヒロムが怪我をして長期欠場が決まった。そこで、いろいろ考えた時にその言葉がまた頭をよぎったわけですよ。「一歩踏み出す勇気か……」と。

――また、その言葉を思い出したと。

内藤 ええ。たしかにL・I・Jも現在の5人のメンバーになって完成された感があり、「知らず知らずのうちに安定した状態のまま来てしまったかな」とも思ったんですね。でも、俺は安定という言葉は好きじゃないんですよ。メキシコから日本に帰ってきた時だって、覚悟を決めて一歩踏み出したわけですから。あるいは、EVILをパレハとして呼んできた時もそう。あの時期はもっとギラギラしていたはずですから。ただそういう部分を、「このところ知らず知らずのうちに怠っていたかな」ってなんとなく感じたんですね。

──なるほど。髙橋ヒロム選手が海外から帰ってL・I・Jが5人のメンバーになったのは約2年前ですよね。

内藤 ええ。時限爆弾として登場したのが2016年の11月ですよね(L・I・Jへの正式加入は、同年の12月10日宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ大会)。

──そういう意味では、ここ約2年間、新しいメンバーの加入はなかった。内藤選手も何度となく「新たなメンバーの増員は考えていない」と言っていたじゃないですか。

内藤 たしかに俺自身、考えていなかったですね。

──ところが、7月以降にヒロム選手が欠場となり、メンバーが一人欠けてしまったことで、L・I・Jの原点に気付かされたということですか?

内藤 気付かされた部分は凄くありましたね。やっぱり、ここまで5人でやって来たことを4人でやると何かピースが足りないし、控室にいても試合中も「何か足りないよな?」って感じていたんですよ。そういう意味では高橋ヒロムの存在って我々にとってもの凄く大きかったんだなと改めて思いました。

■「一歩踏み出したL・I・Jとして高橋ヒロムの帰りを待ちたい」と思ったんです


内藤 そして、髙橋ヒロムはIWGPジュニアヘビー級王座を返上したと。ルール的には半年以内に防衛戦ができなければ強制的に返上になりますけど、ここで返上が発表されたということはおそらく半年以内、あるいはそれ以上に防衛戦が行えないということじゃないですか? で、サンフランシスコで怪我したのは7月7日ですから、最低でも1月7日までは無理ということですよね?

──現状で1.4東京ドームの前に復帰できるか、というと厳しそうですよね。

内藤 だから、そうなった場合にこのまま彼を待ってていいのかなと。高橋ヒロムがL・I・Jにとって重要な人物であることは間違いない。その彼を現状維持のままで待つのか、それとも今以上のL・I・Jにして待つのか? これはどう考えても“後者”でしょう。

──内藤さん的には、L・I・Jをグレードアップさせた状態でヒロム選手の帰還を待ちたいと。

内藤 ただ、コレはどっちに転がるかわかんないですよ?

※無料公開はここまで! 続きは有料サイトでご覧ください。

★スマホサイト会員の方、全編はコチラから!

☆加入するなら今!  新日本プロレス・スマートフォンサイトの詳細はコチラ!!
★月額=324円(税込み)

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ