• 2018.4.27
  • #Topics
「『なんだ棚橋かよ?』という驕り。いまのオカダは“V11”当時の自分と重なる」2年4か月ぶりのIWGP挑戦! 棚橋弘至選手に直撃インタビュー!

『濵かつ Presents レスリングどんたく 2018』5月4日(金・祝)福岡国際センター大会・IWGPヘビー級選手権試合で、オカダ・カズチカ選手に挑戦する棚橋弘至選手に直撃インタビュー!

■『濵かつ Presents レスリングどんたく 2018』
5月3日(木・祝)17:00~福岡・福岡国際センター
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。
※「アリーナ席」は残り僅かとなりました。

5月4日(金・祝)17:00~福岡・福岡国際センター
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナ席」「1階ひな壇席」「2階指定席」「3階指定席」は完売となりました。
★前売券は全席種完売となりました。当日券は「13:00」より発売いたします。
※前売券が完売のため、当日券は機材設置席を解放し「2階指定席」「3階指定席」を増席いたします。(選手の入場ゲートはご覧頂けませんが、試合はご観戦頂けるお席となります。)
※今大会の当日券はお一人様最大2枚までの販売とさせていただきます。「小中高生券」はご本人様のみへの販売のため、お一人様1枚限りとなります。
※小中高生券のご購入は、年齢確認のため対象となるご本人様が身分証明書(学生証・健康保険証など)をご提示ください。
※当日券販売は屋外で待機列を形成いたしますので、天候への対策はお客様自身でお備えください。
※当日券は販売途中で売り切れとなることもございます。予めご了承ください。

■まさにいまは“オカダ一強”っていうイメージですね。

――さて、棚橋弘至選手。今回はひさしぶりのIWGPヘビー級王座挑戦となりますが。

棚橋 2年4か月ぶりですかね……「長かったな」っていうのが自分の感覚ですね。以前の自分にとっては「IWGPを狙える位置にいる」っていうのがあたりまえの感覚だったので、「こんなにも難しいものなのか?」って感じましたね。怪我とかもあったり、なかなか大事な試合で結果が出なかったりとか、ここ数年はずーっとIWGPを見上げてましたね。

――その見上げてきた間、ベルトを保持し続けたオカダ・カズチカ選手の成長に関しては?

棚橋 タイトルマッチの試合内容が充実している充実感と、自信とコンディションの良さを感じてましたね。試合内容にしても、どんどん新しい要素というか、ライバルにも恵まれてたし。内藤(哲也)、とくにケニー(・オメガ)とか、プロレスの内容で別次元にいたというか、いまや“新時代の扉を開いたチャンピオン”と言っていいでしょうね。

――今回、棚橋選手はチャレンジャーの立場となりますが、王者・オカダ選手に手強さを感じますか?

棚橋 まぁ、いまのオカダは王者として“盤石”でしょうね。コンディションも良いし、精神的な自信もあるし。とくにコンディションですかね。

――外道選手からは「強過ぎて相手がいない」とまで評される現在のオカダ選手のチャンピオン像に関してはいかがですか?

棚橋 昔の新日本も(アントニオ)猪木さんの一強時代とかあったじゃないですか。猪木さんがいらっしゃって、長州(力)さん、藤波(辰爾)さん、(闘魂)三銃士。どんどんスターが増えていったんですけど、まさにいまは“オカダ一強”っていうイメージですね。

――まさにここ数年は、“オカダ一強”時代と言う印象があります。

棚橋 でも、本来チャンピオンっていうのは嫌味なぐらい強い方がいい。だから、いまのオカダのチャンピオン像っていうのは、本来のチャンピオンとしてあるべき姿なんじゃないですかね。ボクが初めてIWGP(ヘビー級王座)を獲った時(2006年6月17日月寒大会)は、頼りなさ過ぎてブーイングが起きたんで(苦笑)。ある意味、うらましさはありますね。

――今回の挑戦までに、棚橋選手はIWGPインターコンチネンタル王座戴冠など結果も残してきましたが。

棚橋 いま、いろんなベルトが増えてファンの楽しみも増えてますけど、すべてのベルトがどこにつながってるかってイメージすると、ボクの中ではいまでも、やっぱり頂点にIWGP(ヘビー級王座)があるっていうイメージなんですよね。もちろん、インターコンチの闘いも充実してたし、インターコンチなりの自由度の高さというか、そういうものは表現してきたつもりですし、すべていい経験になりましたけどね。

――2年4か月、IWGPヘビー級王座から離れてみて、いまの心境は?

棚橋 「巻きてえなー、巻きてえなー」と思ってましたね。けど、なかなかそこの位置までいけないんですよ。ファン、レスラー、関係者の間でもリング上の活躍を観ていたら、「次、コイツじゃねぇか、挑戦するの?」って予想すると思うんですけど、そういうところまで自分をなかなか持って行けなくて……。だから、IWGPを巻くこともすごいし、IWGPに挑戦するっていうところにいるのも「じつはとても大変なことなんだな」って、この2年4か月の間に感じましたね。

■「越えられたくない」っていう生の感情、意地。スゲー、プロレス的だなと。

――こんな経験は棚橋選手とって初めての経験ですか?

棚橋 そうですね。IWGPヘビーというベルトに関しては、2006年に初めてチャンピオンになって、そこからIWGPを7回巻いてっていう中で、そんなに間を置かずにチャンピオンであったり、挑戦者であったり、そこをまた獲り返してっていう経験を繰り返してきたので、ことさら長く感じましたね。

――ベルトに絡んでる期間がずーっとあったと。

棚橋 ハイ。「絡んであたりまえ」という当たり前の感覚でしたからね。

――こんなに距離を感じたことはなかったと。

棚橋 ハイ(苦笑)。遠かったっすね。なんか、自分と全然関係ないところでIWGP戦が行われるさびしさっていうか、そういう気持ちはずっとありましたね。

――今回、4.1両国で「おまえの防衛記録……俺が止めてやる!」と挑戦表明されましたが、ご自身の記録と並ぶ、オカダ選手の“V11”という防衛記録に関しては?

棚橋 そういうの好きなんですよ、プロレス的な要素として。記録を持ってる選手は、新記録を作ろうとする選手を止めにいくっていう構図ね。もう意地しかないじゃないですか? 俺の現状がどうであろうと。“V11”という記録を持っている人間として、「越えられたくない!」っていう生の感情、意地……。それってスゲー、プロレス的だなと思って。『NEW JAPAN CUP』は優勝できなかったけど、流れが生まれたというか。オカダが両国で“V11”を達成したことによって、自然と棚橋の名前が挙がってきて……。

――すべてはつながっていたというか。

棚橋 ハイ。これはラッキーでもなんでもなくて、過去に“V11”を達成した時の棚橋の全力さがここにつながって来てるのであってね。ここ数年の『NEW JAPAN CUP』でも1回戦負けが続いてましたけど、今年は「決勝まで行ったじゃないか!」っていうエクスキューズというか。これで1回戦負けだったら、ファンからも「オイ、なんだよ。それは違うだろ!」という声が挙がったかもしれないけど、そういう要素が全部つながってファンも大目に見てくれたんじゃないかなと。

――「あらゆるシチュエーションが俺に味方をしている」というコメントもありましたが。

棚橋 いわゆる“待望論”ですかね。それも俺自身の中に沸きあがってきた待望論というか。まぁ、待望論っていうのはたぶん自分以外が望むから待望論だと思うんですけど、ボクは自分の中での待望論がドンドン高まってきて、その結論が「俺しかいねぇじゃん!」っていう半分自己暗示なんですけどね。ただ、その一つの要因としては、オカダが両国で“V11”に並んだ。「さあ、誰がいきますか?」となった時に、「棚橋だろう」と。

――なるほど。

棚橋 あと、ここまでの2年4か月っていう溜めの時間、「そろそろ、俺がいかなきゃ」っていうところと、会場の空気……。いま、新日本プロレスワールドもあるし、雑誌もインターネットもいろんな媒体があるけど、一番大事にしたいのは、会場のファンの皆さんの反応。(4.1両国大会のメイン後、会場に)俺が出ていった時、「ワァー!」となったじゃないですか?

――会場から大歓喜が起こりましたね。

棚橋 アレは嬉しかったし、スゲーホッとしたんすよ。「俺、間違ってねぇな」っていう確信を持てて、あの声援には背中を押されましたね。まあ、自分でもわかってるんですよ。コンディションも徐々に上がってきてはいるけど、あまり良くないっていう状況は、ファンにも気づかれてるし。それでも、あのシチュエーションで出て行って「よし!行けっ!」って背中を押してもらえたんで、「やるしかねぇじゃん!」と思ったんですよね。

■いまこそ、棚橋ファンが、福岡が、全国が、世界が“愛”に包まれます。

――最近の棚橋選手は、「あがっていく姿を見せる」ともおっしゃってますが。

棚橋 思い起こせば、俺の“V11”はオカダに止められたんですよ(2012年2月12日大阪府立体育会館大会)。あの時、俺は「オカダかよ?」と驕ってた部分も少なからずあって。で、オカダと前哨戦を闘いながら、オカダが防衛戦を重ねてきた選手たちに比べて、いまの棚橋っていうのは挑戦者として物足りなく感じてるかもしれない。でも、そこにその時の棚橋と同じような驕りの気持ちが見えるんですよね。「オイ、棚橋かよ?」と、だから、いまのオカダは“V11”最中の自分に重なって見えて。

――となると、“V11”を止めるのはご自身しかいないと。

棚橋 もちろん、チャンピオンを倒してIWGPのベルトを巻くっていうだけじゃなくて……、「俺、“V12”から始めてもいいんじゃないかな?」と思うんですけど(笑)。

――ああ、“V11”までスキップさせてくれと(笑)。

棚橋 ハハハハ! 「あとは俺が引き継ぐから」と。「だって、あの時“V11”までいってたじゃん?」っていうね。そうか……あれがもう2012年だから6年前。言ったら、その間にもIWGPを巻いてますけど、“6年間止まっていた時間”っていうのもあると思うんでね、また動き出しますよ。

――2007年8月12日両国国技館大会のメイン後、「必ず、俺たちの世代でもう1度プロレスを爆発させます!」というコメントを残して11年経ちましたが、いま現在ご自身がどんなことを成すべきかっていうの部分は?

棚橋 全然、夢は途切れてないですよ。もっとプロレスを知ってほしいし、プロレスを楽しんでほしいし、広めたいしね。いまは会場もすごく盛り上がって、ファンの人もたくさん来てくれるようになったんですけど、まだイケる。爆発どころか、“大爆発”。その2007年でどの口が言ったか知らないですけど、棚橋には確固たる信念があって、「絶対に爆発させるんだ!」っていう思いでやってきて、プロレスもドンドン知られるようになってきて、そして棚橋個人もテレビに出たり、これから映画にも出るし、棚橋の知名度っていうのもさらに上がってきましたよね。

――いまならもっとプロレスを爆発させられると。

棚橋 ええ。いま、この状態でもう一度IWGPチャンピオンになって、いろんな媒体に出まくってさらにプロレスを広げることが出来たら、「どうなっていくんだろう?」と。みんなの知ってる人がプロレスラーのチャンピオンで、強くてカッコよくて映画も出てっていうね。2007年当時イメージしてた爆発よりも、より大きな爆発が期待できると思います。

――では、最後に応援してくださるファンの方へメッセージをお願いします。

棚橋 オカダはすごく強いチャンピオンですけど、このIWGPから離れた2年4か月っていう間、自分は泥にまみれて、怪我もあって欠場もあって……それでも、ずっと応援してくれてたファンの皆さんの期待に応えたい。いまこそ、棚橋ファンが、福岡が、全国が、世界が“愛”に包まれます!

■『レスリング火の国 2018』
4月29日(日)15:00~熊本・グランメッセ熊本     
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」「アリーナB」「アリーナC」は完売となりました。
※前売券は全席種完売となりました。
※当日券は12:00より小中高生券のみを若干枚数販売いたします。(機材席開放等により若干数増席) 
※必ず小中高生の対象となるご本人様が身分証明書をご提示ください。
※枚数には限りがございますので販売途中で売り切れとなることもございます。予めご了承ください。

■『Road to レスリングどんたく 2018』
4月30日(月・祝)18:00~鹿児島・姶良市総合運動公園体育館
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「特別リングサイド」「1F指定席A」「2F指定席A」「2F指定席B」は完売となりました。

5月1日(火)18:30~大分・大分イベントホール

★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。

※「指定席」は残り僅かとなりました。

■『濵かつ Presents レスリングどんたく 2018』
5月3日(木・祝)17:00~福岡・福岡国際センター
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」は完売となりました。
※「アリーナ席」は残り僅かとなりました。

5月4日(金・祝)17:00~福岡・福岡国際センター
★チケット情報はコチラ!
★対戦カードはコチラ!
※「ロイヤルシート」「アリーナ席」「1階ひな壇席」「2階指定席」「3階指定席」は完売となりました。
★前売券は全席種完売となりました。当日券は「13:00」より発売いたします。
※前売券が完売のため、当日券は機材設置席を解放し「2階指定席」「3階指定席」を増席いたします。(選手の入場ゲートはご覧頂けませんが、試合はご観戦頂けるお席となります。)
※今大会の当日券はお一人様最大2枚までの販売とさせていただきます。「小中高生券」はご本人様のみへの販売のため、お一人様1枚限りとなります。
※小中高生券のご購入は、年齢確認のため対象となるご本人様が身分証明書(学生証・健康保険証など)をご提示ください。
※当日券販売は屋外で待機列を形成いたしますので、天候への対策はお客様自身でお備えください。
※当日券は販売途中で売り切れとなることもございます。予めご了承ください。

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
プロレス堂
アソビストア
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
はまかつ
鈇田クリニック
OTHER
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ