• 2017.12.8
  • #Media
【無料更新!】“1.4東京ドーム・SPアンバサダー”松井珠理奈さん(SKE48)にインタビュー(後編)!「『来年も行きたい!』と思ってもらえるように、プロレスの魅力を伝えたい!」【WK12C】

来年の1.4東京ドーム・スペシャルアンバサダーに就任したSKE48の松井珠理奈さん。その熱い“プロレス愛”やSKE48とプロレスの共通点、さらに1.4東京ドーム大会の試合についても直撃した特別インタビュー! 今回は後編!!
※撮影/タイコウクニヨシ

■『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』
2018年1月4日(木) 17:00~東京・東京ドーム
★カード情報はコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」は完売となりました。
※「アリーナB」は残りわずかとなりました。

■私が生まれる以前から活躍されていたジェリコ選手を生で見られるなんて、メチャクチャ凄いことだと思います!


――さて、これまで1.4東京ドーム大会は「第2弾カード」までが発表されましたが。あらためて現在、気になっているカードはありますか?

珠理奈 気になっているカードですか。うーーーーん……(長い時間悩んだあとに)。全部!

――あ、全部気になりますか(笑)

珠理奈 ハイ。情報を追っていることもあって、全部の試合の行方が気になりますけど、逆に言ったら「わからないからこそ気になっている」のが、ケニー・オメガ選手とクリス・ジェリコ選手の試合ですね。

――さすがにクリス・ジェリコ選手のことはあまりご存じないですか?

珠理奈 そうですね。でもこのカードが決まったときに、Twitterのコメントとかでファンの方が「凄い選手なんだよ!」といろいろ教えてくださったり、またそこで交流が深まったりとかもしてます。いま、私が知っている情報はクリス・ジェリコ選手はかつて日本で試合をしたことがあるということ、ジェリコ選手が日本で活躍していたのは、私が生まれる前や小さい頃の出来事だったということですね。でも、私が生まれる以前から活躍されていたジェリコ選手を生で見られるなんてメチャクチャ凄いことだと思います!
 
――まさにリビング・レジェンドですからね。

珠理奈 そういう部分ではこの試合は、これまでとは違ったいままで味わったことのない気持ちで観戦出来るんじゃないかなと思っていて。いまの選手の方の試合を観ていて思うことが「昔からプロレス界を支えてきた選手の試合も見たかったな」ということなんです。……じつはこういうお仕事をしていると「じつはボクもプロレスファンなんだよ」と言ってくれるスタッフさんがたくさんいるんですよね。

――そうですか。プロレスファンの方はいろんなところに“隠れて”いますからね。

珠理奈 そうそう。よく見たら「えっ? プロレスTシャツ着てるじゃん?」とか(笑)。そういう方って自分より年上の方も多いし、お父さん・お母さん世代の方が多いんです。

――いわゆる昭和プロレスのファンの方とか。

珠理奈 そういった「いまのプロレスよりも昔のプロレスが好き」っていう方の話を聞いているのも凄く勉強になるし、「私もその時に生まれていればよかったのに!」という感じで、昔の試合を生で観れた方を「うらやましい」と思っていたんですよ。
 
――その気持ちはよくわかりますね。

珠理奈 なので、今回のクリス・ジェリコ選手を「生で観れる」というのは、ジェリコ選手のレア度もわかりますから本当にうれしいです。もちろん、これまでケニー・オメガ選手の凄さも存分に生で観ていますから。ワクワクすると同時に、「アンバサダーとして、さらに力を入れないと!」っていう気持ちになりますね。

――珠理奈さんがプロレスにハマったきっかけは今年の1.4東京ドームのオカダvs ケニー戦。やはりケニー選手への思い入れは大きいですか?
 
珠理奈 そうですね。ケニー選手の動きは、本当に同じ人間だと思えないくらい凄い! 筋肉も凄いのに、トップロープから飛んで回転したり、普通だったら絶対恐いと思ってしまうような危険技も軽々とこなしてしまう。その強さや凄さを見ているといつも勇気をもらえるし、感動する部分があります。あと、たまに試合中にハリウッドJURINAポーズをしてくださったりもするんですよ(笑)

――なるほど。ケニー選手もTwitterで珠理奈さんのこと「タグチジャパンの契約が終わったらいつでも言ってくれ」と書いていたりしますね(笑)。

珠理奈 フフフ。凄くうれしいなって思います。そういう意味では、「はたして1.4でハリウッドJURINAポーズが出るのか? 出ないのか?」とか個人的な楽しみもありますね。

■東京ドームの記者会見を見たときに、一番グッときたのが内藤選手の言葉だったんです


――今回は、オカダ選手と内藤選手の試合がメインイベントになりそうですが、これはどちらの選手も好きな珠理奈さん的には、どちらを応援するかが難しいのでは?
 
珠理奈 う~ん。苦しい! 苦しいですね!(笑)。どちらの選手も大好きなので本当に苦しいんですけど、私はお二人の記者会見を見たときに一番グッときたのが内藤選手の言葉だったんです。

――東京ドームの第1弾カード発表会見ですね。

珠理奈 ハイ。そこで内藤選手が「みんな1.4、1.4と言っているけど、1.4までの試合もファンのみなさんに喜んでもらえるように試合をする」という話をされていて。そこにグッと来たんですよ。たしかに、1.4は大きな大会だけど、それまでの試合でもどこでも全力で出し切るというところが「わかるなあ」と。私たちも小さい劇場でも大きな東京ドームでも常に全力でやってきましたから、その言葉に感動したし。自分がファンの立場だったとしてもその言葉を聞けるのは凄くうれしいじゃないですか? だからこそ、東京ドームまでの道のりをシッカリ見たいと思いましたし、それを内藤選手が言うというのもグッときますよね。内藤選手はヒールっぽいイメージがあるけど、だけどファンの皆さんのことも大事にしていますから。

――普段は“制御不能”な言動が多いですけど、ファンの心を掴む発言も多いですよね。

珠理奈 内藤選手とも一回対談させていただいたんですけど、内藤選手は「プロレスが好き!」という気持ちが強すぎて、「試合が終わった後、できるだけコスチュームを脱ぎたくない」って話をされていて。昔はそれで先輩に「早く着替えろ!」と凄く怒られたという話も聞きまして(笑)。
 
――着替えずにいつまでも控室にいるから先輩レスラーに怒られてたみたいですね。

珠理奈 「自分がプロレスラーでいる時間が凄い好き」というのをおっしゃられていたので。一個一個の発言を聞いても「あっ、こういうことなんだな」と感じますし。そういう気持ちに感動するというか。いま内藤選手が、ここまで勢いがある理由、「そういう部分があるからこその“いま”なんだな」ということをあの記者会見で感じましたね。
 
――そして、もちろん対戦相手であるオカダ・カズチカ選手のことも気になると。

珠理奈 もちろんですよ! そもそも、今年の1.4東京ドームを観させて頂いたときに「凄い選手がいるんだなあ」と思ってパンフレットを見返したら、「えっ? オカダ選手って愛知県出身なの!」っていうところがすべての始まりなんです。
 
――オカダ選手が“同郷”という部分が、プロレスへの導線になっていましたか。
 
珠理奈 ハイ。愛知県の人って地元愛がメッチャ強くて「愛知県の人なら応援するよ!」という方が多いんですね。だから、オカダ選手は私のプロレスファン人生のスタートの方なんです。なので今回、私のファンの方で「1.4でプロレスを初めて観る」という方もいらっしゃると思うので、今回もこのオカダ選手と内藤選手の試合で「プロレスにハマる」人が絶対いると思いますので、この試合には凄く期待しています!

■最近の私の考え方は、たとえ賛否両論があっても「話題になるならいいんじゃないかな」と。


――それから、インターコンチネンタル選手権の棚橋選手とジェイ・ホワイト選手の試合についてもお聞かせください。ジェイ・ホワイト選手のこともご存じなかった。

珠理奈 そうですね。私がプロレスを好きになったときは、海外にいらっしゃったのでジェイ・ホワイト選手のことはまだ知らなかったですね。

――ジェイ選手は11.8大阪大会でハッピーエンドをブチ壊す登場ということもあって、会場からブーイングも飛んでいました。プロレスは凱旋帰国するとイッキに推される傾向がありますが、こうしてファンが反発する場合もある。こういった部分に思うところはありますか?

珠理奈 ……そうですね。でも、最後にはそれを跳ね返す力を持っている人が残るし、やっぱり賛否両論あったほうが盛り上がるし。最近の私の考え方的には「できればいいほうに話題になったほうがいい」とは思いますけど、「とにかく話題になるなら、いいんじゃないかな」と。

――なるほど。まるでアントニオ猪木さんの言葉を聞くようです(笑)。

珠理奈 アハハハ! 「いいんじゃないかな」って思うようになってきました。でも、そういう選手を観ると私は「応援したい!」と凄く思いますし。自分も最初に出てきたときに、SKE48のままAKB48に加入したので、AKB48のファンの方から「なんでだ?」というような言葉もたくさんもらいましたから。でも、「そういう状況を見返してやろう!」と思ったから、ここまで来れたんですね。

――なるほど。

珠理奈 そういう意味では、ここからジェイ選手の強さが観れるのも凄く楽しみだし。今年の東京ドームでの棚橋選手と内藤選手の試合は、棚橋選手がいままで培ってきたプロレスのスタイルを後輩の内藤選手に見せつける、「大事な気持ちを伝える」っていう試合にも見えたんですね。
 
――大事な何かを“伝承する”闘いと言うか。
 
珠理奈 ハイ。棚橋選手の試合は、ただ闘っているだけじゃない。「負けたくないという気持ちだけじゃない試合だな」と感じる部分が多いんです。ジェイ選手との試合もそういう部分が感じられそうですし。そういうのは棚橋選手だから出来ることだと思うので、それを来年も見れるのがすごく嬉しいなと思っています。

――最後の質問になりますが改めてアンバサダーの意気込みをお願いします。

珠理奈 もともと今年の東京ドームを観たあとに、「2018年の1.4は東京ドームはスケジュールを空けてもらって、絶対チケットを取って行こう!」と思っていて、実際にスケジュールも空けてもらっていたんです。

――試合直後に、すぐそれを伝えたようですね。

珠理奈 ハイ。いまの私は本当にプロレスがあるから強くいられるし、私と同じように、2018年の1.4東京ドームを観て「また来年も行きたい!」と思ってもらえるように「プロレスの魅力を伝えたい」という気持ちでいまSNSだったりいろいろとやらせて頂いています。で、「その中でも女性として出来ることってなんだろう?」を考えたのが、「いかにプロレスグッズをオシャレに着るか?」をテーマにしようと。というか、そもそも私たちのグッズより遥かにオシャレなんです。もう、ホントにくやしいぐらい!(笑)。

――そうですかね。そう言われると非常に恐縮してしまいますけど。

珠理奈 いやいや、私たちのファンの方にも「もっとがんばって!」って言われるぐらい。だから、もともと新日本プロレスのグッズは普段着で着られるモノも多いんですけど、「それをいかにどうやってオシャレに着こなすか?」っていうのが自分の使命かなと思いながら。やっぱり、グッズを着て好きな選手を応援するのって楽しいじゃないですか? なので、いまツイッターで『#プロレスコーデ』を付けて毎日アップしているので、是非チェックしていただきたいです。

――もう凄まじい勢いでやって頂いてますよね。本当に頭が下がります!

珠理奈 なので、プロレスファンの皆さんにも同じように『#プロレスコーデ』を付けてぜひやってほしいなと思います。1.4まで時間があるのでみなさんと一緒に盛り上げていきたいなと思います!

■松井珠理奈(まつい・じゅりな)
1997年3月8日、愛知県出身。女性アイドルグループ「SKE48」のチームS所属。2008年7月にデビュー。以降、AKBグループの人気メンバーとして、コンサート、ドラマ、映画などを中心に活動。2017年1~7月まで放送された『豆腐プロレス』(テレビ朝日系列)では、ハリウッドJURINAとして好演。趣味はプロレス、ダンス、お料理、お菓子作り。
※松井珠理奈さんのTwitterアカウントはコチラ!

★『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』特設サイトはコチラ!

■『WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム』
2018年1月4日(木) 17:00~東京・東京ドーム
★カード情報はコチラから!
★チケット情報はコチラから!
※「ロイヤルシート」「アリーナA」は完売となりました。
※「アリーナB」は残りわずかとなりました。

 

  • facebook
  • twitter
SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
COLLABORATION
ヴァンガード
ファイプロ
ロリクラほーるど
SPONSOR
LAWSON ticket
保険見直し本舗
吉野家
わかさ生活
マッスルプロジェクト
新日本地所
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION
しんにちコラボラボ
魚沼市観光協会

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ