保険見直し本舗 Presents DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL

日時
2017年6月11日(日)   14:30開場 16:00開始
会場
大阪・大阪城ホール  
放送
バナーバナー
観衆
11,756人(札止め)

MATCH REPORT

オカダvsケニー、世紀の一戦“第2R”は
壮絶死闘60分時間切れ引き分け!
棚橋は内藤を撃破し、インターコンチ“救出”!!
KUSHIDAがヒロムからタップ勝利で王座奪還!!
 
 6月11日(日)、大阪城ホールで上半期の天王山『DOMINION 6.11 in OSAKA-JO HALL』が開催され、7大王座戦を中心に激闘が展開された。
 
 メイン(第9試合)ではオカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座に、ケニー・オメガが挑戦。1.4ドームで死闘を展開し、世界中の注目を浴びた黄金カードの第2Rは、今回も白熱の一戦に。オカダはケニーの執拗なヒザ攻め、空間を利用した破天荒な攻撃に苦しむも、王者の意地を爆発。自ら設置した机にケニーを寝かせると、トップコーナーから決死のエルボーを炸裂させ、場内はどよめきに包まれる。
 
 終盤、ケニーの動きが止まるとCodyがタオルを投げようとするも、ヤングバックスが阻止。すると、そこからケニーは一気に火がつき、怒涛の反撃。以降、両者は一進一退の攻防を繰り広げ、残り時間30秒でオカダがレインメーカーを炸裂。しかし、フォールすることができず、なんと60分時間切れで王者が引き分け防衛。試合後、オカダは「まだまだ、この最高のIWGPヘビー級チャンピオンが、新日本プロレスに、いや、プロレス界に、いや、世界に! カネの雨が降るぞ!!」と叫び、大会を締めくくった。
 
 セミでは内藤哲也が棚橋弘至を相手にIWGPインターコンチネンタル王座の防衛戦。戦前から激しい舌戦を展開した内藤に対し、棚橋はゴング前から奇襲を仕掛け、怒りをぶつけていく。しかし、内藤は棚橋の負傷箇所である右腕に着実にダメージを与え、試合の主導権を握る。だが、デスティーノをしのいだ棚橋は、中邑真輔のような手振りを見せてからハイフライフローをお見舞いし、最後はテキサスクローバーホールドで執念のギブアップ勝ち。ベルトを奪取すると共に、1.4ドームのリベンジに成功した。
 
 第7試合では後藤洋央紀と鈴木みのるがNEVER無差別級王座を賭けて、両者のセコンドがリングサイドを取り囲むランバージャック・デスマッチで対峙。みのるはいつものように反則交じりで後藤を攻め立てていく。両軍のセコンドが入り乱れる大荒れ模様の王座戦は、タイチのイス攻撃でひるんだ後藤を、みのるがゴッチ式パイルドライバーで撃沈。試合後にはYOSHI-HASHIが挑戦をアピールした。
 
 第6試合では高橋ヒロムのIWGPジュニアヘビー級王座に、今年の『BEST OF THE SUPER Jr.』覇者のKUSHIDAが挑戦。今年に入り、ヒロムに王座戦で二連敗を喫しているKUSHIDAは、開始のゴングと同時にラッシュ。ヒロムも真っ向から応戦し、両者は意地をぶつけあう。なんとしても負けられないKUSHIDAは、雪崩式バックトゥザフューチャーからホバーボードロックに繋いで王座を奪還。しかし、試合後にBUSHIがKUSHIDAに対して毒霧を噴射し、宣戦布告した。
 
 第5試合はスペシャルシングルマッチとして、マイケル・エルガンとCodyが激突。元WWEの実力者に対し、新日本随一の怪力ファイターは力と多彩な技で追い詰めていく。しかし、Codyもムーンサルトアタックやアメリカンナイトメアで徹底抗戦。熱闘を締めくくったのはCodyのクロスローズ。新日本トップ戦線の一角を切り崩し、Codyが存在感を見せた。
 
 第4試合はウォーマシン(レイモンド・ロウ&ハンソン)がIWGPタッグのベルトを賭けて、ゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア)を迎撃。両チームの織り成す肉弾戦に場内は大興奮。だが、試合終盤、タマはロウにイス攻撃。そこからゲリラ・ウォーフェアに繋ぎ、ゲリラズ・オブ・デスティニーが王座をまんまと奪取した。
 
 第3試合はIWGPジュニアタッグ王座戦として、王者ロッポンギ・ヴァイスにヤングバックスが挑戦。IWGPジュニアタッグを賭けて幾多の名勝負を繰り広げてきた両チームは、今回も目まぐるしいスピードバトルを展開。ヤングバックスはロッキーの腰にダメージを蓄積させ、インディテイカーからニックのシャープシューターでギブアップを奪った。ヤングバックスは6度目のIWGPジュニアタッグ戴冠。
 
 第2試合はSANADA&EVIL&BUSHI組のNEVER無差別級6人タッグ王座に4チームがガントレットマッチで挑戦。新日本の5大勢力による勝ち抜き戦は、BULLET CLUB vs CHAOSからスタート。その後、鈴木軍、タグチジャパン、L・I・Jと登場し、最後はL・I・Jとタグチジャパンが対峙。SANADAが田口をSkull Endで捕らえると、さらにBUSHIがエムエックスを炸裂させ、L・I・Jが王座防衛に成功した。
 
 第1試合は本隊同士によるバラエティに富んだ8人タッグ。真壁刀義&永田裕志&タイガーマスクW&タイガーマスク組と天山広吉&小島聡&中西学&獣神サンダー・ライガー組による一戦は、それぞれが持ち味を発揮。最後は真壁がキングコングニーで中西からフォールを奪った。

RESULT

第0試合 15分1本勝負

試合詳細を見る

第1試合 20分1本勝負

試合詳細を見る

第2試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合・ガントレットマッチ

  • 第13代チャンピオンチーム
7分02秒  MX→エビ固め
※SANADA&EVIL&BUSHIが初防衛に成功 (1)○矢野(6分01秒 横入り式エビ固め)裕二郎× (2)○ザック(0分43秒 ヨーロピアンクラッチ)矢野× (3)○ジュース(4分53秒 パリプフリクション→片エビ固め)タイチ× (4)○BUSHI(7分02秒 MX→エビ固め)田口×

試合詳細を見る

第3試合 60分1本勝負
IWGPジュニアタッグ選手権試合

  • <第51代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
14分14秒  シャープシューター
※ヤングバックスが第52代チャンピオンチームとなる

試合詳細を見る

第4試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合

  • <第75代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
10分43秒  ゲリラ・ウォーフェア→片エビ固め
※タマ・トンガ&タンガ・ロアが第76代チャンピオンチームに

試合詳細を見る

第5試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

試合詳細を見る

第6試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権

  • <第76代チャンピオン>
  • <チャレンジャー/BOSJ24優勝者>

vs

  • ※5度目の防衛戦
19分12秒  ホバーボードロック
※KUSHIDAが第77代チャンピオンとなる

試合詳細を見る

KUSHIDAが公約通り勝利のウェーブ!しかし、背後からBUSHIが毒霧噴射…!!

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合 ランバージャック・デスマッチ

  • <第16代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

試合詳細を見る

試合後、YOSHI-HASHIが鈴木を急襲!不敵な王者が次期挑戦者に指名!

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • <第15代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

  • ※5度目の防衛戦
25分56秒  テキサスクローバーホールド
※棚橋弘至が第16代チャンピオンとなる

試合詳細を見る

棚橋がインターコンチネンタル王座を巻いて「愛してまーす!」

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
60分00秒  時間切れ引き分け
※時間切れ引き分けにより、オカダが6度目の防衛に成功

試合詳細を見る

ドロー防衛で疲労困憊のオカダが、渾身のマイク!

試合詳細を見る

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
ヴァンガード
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
鉄拳7
鉄拳女子部
ララビット
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ