戦国炎舞 -KIZNA- Presents WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム

日時
2017年1月4日(水)   15:30開場 17:00開始
会場
東京・東京ドーム  
放送
バナーバナーバナー
観衆
26,192人

MATCH REPORT

死闘45分超え! オカダがオメガに激勝!!
内藤が棚橋に完全勝利!
後藤が柴田との真っ向勝負を制す!
ヒロムはIWGPジュニアを初奪取!

 1月4日(水)、新日本プロレスの年間最大イベント『WRESTLE KINGDOM 11 in 東京ドーム』が開催され、場内を揺るがす好勝負が続出した。

 メインイベント(第10試合)ではIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカに、2016年の『G1 CLIMAX』覇者のケニー・オメガが挑戦。攻守が目まぐるしく入れ替わる一戦は、オメガのノータッチ式トペ・コンヒーロからさらに加速。机を利用したフットスタンプをはじめ、挑戦者の破天荒な攻撃にオカダは苦戦を強いられるも、逆にオメガをリング上から場外の机にショルダースルーで放り投げて応戦。その後も両雄は死力を尽くし、激しい大技の応酬を繰り広げるが、最後はオメガのレインメーカー式Vトリガーをしのいだオカダが、旋回式のツームストンパイルドライバーからレインメーカーを炸裂させて、45分を超える王座戦に勝利。

 試合後、オカダは「新日本プロレス、かなり重いけど俺は背負ってる。でも、俺はまだまだ背負える。もっともっと、新日本プロレスを大きくしてやるからな! 俺が背負っているかぎり、新日本プロレスにカネの雨が降るぞ!」と雄叫びを上げ、大会を締めくくった。

 セミファイナル(第9試合)ではIWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也が、棚橋弘至を迎撃。棚橋は王者の機動力を奪うべく、左ヒザに集中攻撃。しかし、内藤も負けじと左ヒザを狙い撃ち。両雄、ヒザ攻めをベースにしながら要所で大技を繰り出し、一進一退の攻防を展開。最後は内藤がスウィング式の裏DDTからデスティーノにつなぎ、王座防衛に成功。試合後、内藤は大の字の棚橋の胸に拳を当ててから一礼し、敬意を表すような行動を見せた。

 第8試合はNEVER無差別級王座を賭けて、王者の柴田勝頼と挑戦者の後藤洋央紀が激突。柴田は強烈なキックに執拗な関節技と、厳しい攻めで後藤を追い込んでいく。しかし、後藤も意地を爆発させ、両者は真っ向勝負を展開。白熱の王座戦は、後藤が裏GTRからGTRとたたみかけて激勝。ライバルを下し、NEVERのベルトを獲得した。

 第7試合はIWGPジュニアヘビー級王者のKUSHIDAと、高橋ヒロムが対峙。場外セントーンをはじめ、ヒロムの捨て身の攻撃に苦戦を強いられたKUSHIDAだが、こだわりのホバーボードロックでギブアップを迫っていく。しかし、王者の猛攻を耐え抜いたヒロムは、執念のTIME BOMBで3カウントをスコア。IWGPジュニア初挑戦で初戴冠を成し遂げた。

 第6試合のIWGPタッグ選手権3WAYマッチは、王者ゲリラズ・オブ・デスティニー(タマ・トンガ&タンガ・ロア組)と、『WORLD TAG LEAGUE 2016』覇者の真壁刀義&本間朋晃組、そして矢野通&石井智宏組が三つ巴の乱戦を展開。王者組と真壁組が肉弾戦を展開する中、矢野が持ち前のインサイドワークを発揮。王者組に背後から634を食らわせると、タンガをうまく丸め込んで、まんまとベルト奪取に成功した。

 第5試合のROH世界選手権では、王者のカイル・オライリーが前王者のアダム・コールとりマッチ。ROH直輸入のカードは、オライリーが得意のキックと関節技で攻め込んでいく。しかし、ベルト奪還に燃えるコールは、トラースキックの連発でオライリーの動きを止めると、ラストショットを炸裂させてベルトを奪還。

 第4試合ではBULLET CLUBの新メンバーのCodyが、ジュース・ロビンソンと対決。ジュースはおもいきりのいい攻撃を繰り出していくも、WWEでも活躍した歴戦の猛者Codyは、やすやすとペースを握らせない。最後もパルプリフリクションをうまく切り返し、クロスローズで勝利をゲットした。

 第3試合のNEVER無差別級6人タッグ王座を賭けて、王者の小島聡&リコシェ&デビッド・フィンレー組と、SANADA&EVIL&BUSHI組、バッドラック・ファレ&高橋裕二郎&ハングマン・ペイジ組、そしてYOSHI-HASHI&ウィル・オスプレイ&邪道組が、勝ち残り形式のガントレットマッチで激突。初戦はラフファイトで攻め込んだファレ組が、YOSHI-HASHI組に勝利。続いてSANADA組と激突するも、相手チームの鉄壁のコンビネーションの前に敗退。最後はSANADA組と王者組が対峙。王者組は防衛に向けて奮闘するも、小島を狙い撃ちにしたSANADA組は、BUSHIの毒霧からEVILのダークネスフォールズにつないで激勝。L・I・Jがベルトを強奪した。

 第2試合はIWGPジュニアタッグ王者組のヤングバックス(マット・ジャクソン&ニック・ジャクソン組)が、ロッポンギ・ヴァイス(ロッキー・ロメロ&バレッタ組)を相手に防衛戦。王者組の兄弟ならではのコンビネーションに挑戦者組は劣勢となるも、最後はロッキーがニックを丸め込んで逆転勝利。ベルト奪取に成功した。

 第1試合ではテレビアニメ「タイガーマスクW」スペシャルマッチ としてタイガーマスクと、その宿命のライバルであるタイガー・ザ・ダークが、アニメの世界から飛び出して対峙。共に華麗な空中技を交錯させ、会場を盛り上げた一戦は、タイガーWがタイガードライバーで勝利。

 第0試合で行なわれたニュージャパンランボーは、ひさびさの新日本登場となるマイケル・エルガンをはじめ、小林邦昭やスコット・ノートンといった往年の名選手など、全14選手が参戦。最後はエルガンがROHのチーズバーガーをエルガンボムで沈め、勝利を収めた。

RESULT

第0試合 時間無制限【※16時10分開始予定】
1分時間差バトルロイヤル~ニュージャパンランボー~(14選手参加)

vs

25分13秒  エルガンボム→エビ固め
退場順、3:50 BONE SOLDIER、5:46 ビリー・ガン、8:59 小林邦昭、12:00 中西学、12:40 獣神サンダー・ライガー、12:49 タイガーマスク、16:26 ヨシタツ、19:20 永田裕志、21:02 田口隆祐、22:24 ヒロ斉藤、22:38 スコット・ノートン、23:34 天山広吉、25:13 チーズバーガー

試合詳細を見る

第1試合 30分1本勝負
テレビアニメ「タイガーマスクW」スペシャルマッチ

vs

試合詳細を見る

第2試合 60分1本勝負
IWGP Jr.タッグ選手権試合

  • <第48代王者組>
  • <挑戦者組/「SJTT2016優勝組>
12分57秒  十字架固め
※3度目の防衛に失敗。ロッキー・ロメロ&バレッタが新チャンピオンとなる。

試合詳細を見る

第3試合 60分1本勝負
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 ガントレットマッチ

  • <第8代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム>
6分30秒  EVIL→体固め
1.○裕二郎(7分30秒 ピンプジュース→片エビ固め)邪道× 2.○SANADA(2分06秒 Skull End)裕二郎× 3.○EVIL(6分30秒 EVIL→体固め)小島×

試合詳細を見る

第4試合 30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ

試合詳細を見る

第5試合 60分1本勝負
ROH世界選手権試合

  • <チャンピオン>
  • <チャレンジャー>

vs

試合詳細を見る

新日本プロレスの年間スケジュールが発表!

試合詳細を見る

第6試合 60分1本勝負
IWGPタッグ選手権試合 3WAYマッチ

  • <第72代チャンピオンチーム>
  • <チャレンジャーチーム/WORLD TAG LEAGUE 2016 優勝チーム>
12分24秒  横入り式エビ固め
※2度目の防衛戦に失敗。矢野通&石井智宏が新チャンピオンとなる。

試合詳細を見る

第7試合 60分1本勝負
IWGP Jr.ヘビー級選手権試合

  • <第75代王者>
16分15秒  TIME BOMB→片エビ固め
※初防衛に失敗。高橋ヒロムが新チャンピオンとなる。

試合詳細を見る

第8試合 60分1本勝負
NEVER無差別級選手権試合

  • <第14代チャンピオン>
  • <チャレンジャー>
16分17秒  GTR→片エビ固め
※初防衛に失敗。後藤洋央紀が新チャンピオンとなる。

試合詳細を見る

第9試合 60分1本勝負
IWGPインターコンチネンタル選手権試合

  • <第15代王者>
  • <挑戦者>

試合詳細を見る

なんと内藤が棚橋に一礼!! バックステージでエルガンが挑戦状!

試合詳細を見る

第10試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級選手権試合

  • <第65代王者>
  • <挑戦者/G1 CLIMAX 26優勝者>

試合詳細を見る

“壮絶死闘”を制したオカダが勝利の雄叫び!バックステージでCHAOSメンバーが祝福!

試合詳細を見る

SHOP
闘魂SHOP
闘魂SHOP水道橋店
シンニチプレミアム
SOUL×NJPW×MID
MOVIE
新日本プロレスワールド
テレ朝CH_CS
サムライTV
ニコニコプロレスチャンネル
COLLABORATION
バディファイト
ロリクラほーるど
もえプロ女子部
SPONSOR
鉄拳7
鉄拳女子部
ララビット
保険見直し本舗
吉野家
マッスルプロジェクト
魚沼市観光協会
OTHER
プロレスやろうぜ!
CMLL
JAPAN WRESTLING FEDERATION

チュートリアルを閉じる

試合を観戦したい

下記よりこれから開催される予定の大会情報を確認できます。各大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール / チケット

試合結果をみたい

これまでに開催された試合の結果を確認できます。

試合結果へ

試合の動画を観たい

新日本プロレス公式動画サイトNJPW WORLD(有料)にて新日本プロレスの主要大会を完全配信しております。
また、新日本プロレス45年分のアーカイブから試合映像を観ることができます。

NJPW WOLRDへ

選手に会いたい

選手の握手会や撮影会などのイベントの情報はこちらより確認できます。

NEWS イベント情報へ

選手について知りたい

選手のプロフィールや必殺技、また選手ごとのSNS情報などを確認できます。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

選手プロフィールへ

選手のテレビなどメディア出演情報を知りたい

選手のテレビなどメディア出演情報はこちらより確認できます。

NEWS メディア情報へ

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ

試合のチケットを買いたい

観戦したい大会のチケット情報ページに記載されているプレイガイドからチケットを購入することができます。
公式ファンクラブ『Team NJPW』に入会すると、チケットの先行予約ができる特典もあります。
『Team NJPW』についての詳しくはこちらから

スケジュール/チケットへ

オフィシャルグッズを購入したい

新日本プロレスオフィシャルグッズは闘魂SHOPより購入できます。

闘魂SHOP

ファンクラブに入会したい

Team NJPW(新日本プロレスリングオフィシャルファンクラブ)では新規会員を募集中!
Team NJPWの会員になると様々な特典がいっぱい!
詳しくは以下より確認できます。

ファンクラブページへ

スマホでもオフィシャルサイトを楽しみたい

スマホサイトであれば最新NEWSから大会情報・大会結果がいつでもどこででも見れます。
毎日更新、選手自身が執筆した日記もスマホサイトで購読できます。

スマホ紹介ページへ

新日本プロレス公式プロレスゲーム『プロレスやろうぜ!』

新日本プロレス公式、スマホで遊べるプロレスゲーム!
自分だけの選手を育てて、新日本プロレスのレスラーと対戦しよう!

『プロレスやろうぜ!』

トレーディングカードゲーム『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスレスラーたちのカードを集めて、ネット対戦に挑め!!
パソコン、スマホで遊べる新感覚トレーディングカードゲーム!

『キングオブプロレスリング』

新日本プロレスの歴史を知りたい

新日本プロレスの歴史、またIWGPチャンピオンなどの各タイトルの王座変遷を確認できます。

HISTORYへ