新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • Topics  ≫
  • 「プロレスで“ケンカ”をやるだけです!」9.23神戸・桜庭&柴田戦目前!! 高橋広夢インタビュー!!
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2012-09-21

「プロレスで“ケンカ”をやるだけです!」9.23神戸・桜庭&柴田戦目前!! 高橋広夢インタビュー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 いよいよ近づいてきた、9月23日(日)神戸決戦。ついに参戦する桜庭和志&柴田勝頼という“外敵”の迎撃に、井上亘とともに名乗りを上げたのは、新日本の“ヤングライオン”高橋広夢だ。キャリア2年の22歳、新日本プロレスで純粋培養された高橋広夢がなぜ名乗り出たのか?桜庭&柴田とどう闘うのか? 注目の直撃インタビュー!!
 
■ホントは、自分たちが一番最初に止めなきゃいけなかったんです。
 
――まず、今回の桜庭和志&柴田勝頼との試合に“志願”された理由をもう一度、お願いします。
 
広夢 志願と言いますか……。あの二人が、最初に8.12両国に乱入してきたとき、その前の試合のカール・アンダーソン選手と棚橋(弘至)さんの試合で、棚橋さんが負けてしまって、頭のダメージが酷かったんで、渡辺(高章)と一緒に控室に連れて行ったんです。で、そこで休憩が入ったんです。
 
――そうでしたね。
 
広夢 そのタイミングであの二人が入ってきたと思うんですけど、やっぱりそこで、どっちかがリングに残っているべきだったんですよ。
 
――かなり突然の出来事だったとはいえ。
 
広夢 ええ。ホントは自分たちが一番最初に止めなきゃいけなかったんです。その場にいたら、当然止めてましたし。そもそも部外者ですし、リングに上げること自体がダメですよね? だって、あの時点では一般の方ですから。
 
――じゃあ、桜庭&柴田という存在以前の問題で、ヤングライオンとしてくやしかったと。
 
広夢 もちろんです、もちろんです。それで、9月7日の後楽園大会の試合後に、井上さんが桜庭&柴田戦の話を出されたじゃないですか? 自分的には、ずっとどこかで言おうと思ってたんですけど。ヤングライオンって、試合後とか以外では、主張できるチャンスがないですから。試合後に自分の気持ちをぶつけたんです。

――ただ、相手が非常にやっかいというか。桜庭和志&柴田勝頼という選手のことは知ってますか?
 
広夢 はい、もちろん。桜庭選手は、一般的な知名度も凄いですよね。柴田選手も自分がプロレスを好きになった時期、新日本でやられてた選手ですし、どういうプロレスラーだったのかもよく知ってます。
 
――ただ、これまで総合格闘技を中心にやっていた選手と闘う、そこについてはいかがですか?
 
広夢 いや、自分はプロレスをするだけなんで。べつに何も変わらないです。いま、新日本でやっていることをそのまま出すだけですから。
 
――柴田選手は、「ケンカプロレスを持ち込む」的な発言をしてますけども。
 
広夢 いや、だから、俺はプロレスで、ケンカをするんです(キッパリ)。
 
――その自信はある?
 
広夢 あたりまえですよ。自信がなかったら、やらないです。プロレスで“ケンカ”をするだけなんで。自分がこれまで新日本で培ってきてものを素直に出すだけです。思い切り、やり合うだけです。
  
■柴田選手がいまの新日本を批判? 「じゃあ、自分と試合をしてみてください」と
 
――もともと、広夢選手はデビュー時から「ケンカプロレスが好きだ」と発言されてますよね。
 
広夢 そうですね。とくに金本(浩二)さんと大阪でやった試合は、心に一番残ってます。金本さんとやるときは、遠慮なしにバチバチ来てくれるのがわかってますし。こっちも「ぶっ潰す」という気持ちで行くのが大好きなんで。だから、今回もメチャクチャ楽しみです。
 
――今年の『BEST OF THE Super Jr.』初出場も注目されましたけど、今回はその比じゃない注目度だと思いますが? 
 
広夢 まぁ、ファンの人からしたら、「なんで高橋なんだ?」「なんでヤングライオンなんだ?」と言われると思うんですよ。でも、一番下だからこそ、自分たちが最初に止めなきゃいけないと思うんです。そういう気持ちは常に持ってるんで。
 
――あらためて、ファン時代に見てた柴田選手には、どんな印象がありますか?
 
広夢 やっぱり、打撃系の印象が強いですね。ペナルティキック(PK)をやったりとか。正直、柴田選手の試合は、バチバチやり合う感じで、スタイルは好きなほうでした。ただ、新日本を辞めたあとの試合、DREAMとか総合の試合は正直、観ていないですね。
 
――その柴田選手は、「いまの新日本には、殺気が足りない」的な発言もしてますけども。
 
広夢 どうなんですかね。柴田選手は新日本を離れていたんで……。たしかに変わった部分もあると思いますけど、「じゃあ、自分と試合をしてみてください」と。ただ、そう言いたいです。逆に、自分は昔の新日本を体験していないですから。だったら、自分がいまの新日本プロレスを見せます。その代わり、プロレスでやり合います!
 
――なるほど。一方の桜庭選手は、総合格闘技界では、屈指の実力者であり、日本で一番知られている人気選手ですけど。
 
広夢 そうですね。相当、有名ですよね。ただ、その有名という部分しか自分はよくわからないです。自分は、総合格闘技はあまり観てこなかったんで……。
 
――広夢選手は、いま22歳ですけど、総合格闘技ブームのときに、そっちに進もうとは思わなかった?
 
広夢 いや、まったくないです。自分は、プロレスが好きだったんで。テレビでやっていたら観た程度です。ただ、べつに格闘技を否定するわけじゃないですよ。それは人ぞれぞれだと思いますし。個人的に、自分が好きなのがプロレスだったというだけです。
 
――桜庭選手は、試合で総合的な動きも出してくると思いますが?
 
広夢 いや、そこは付き合わないですね。自分は、プロレスという格闘技を見せるだけですから。あくまで、プロレスしかしないです。もともと格闘技やアマレス出身でもないですし、ここで教わったことしか知らないですから。ここで、やってきたことをリング上で見せるだけです。
 
――なるほど。ちなみに先輩からアドバイスはありましたか?
 
広夢 そうですね、永田(裕志)さんからは、少し言われました。「悔いの残らないように、おまえらしく気持ちを出してガンガン行けよ」と言っていただいて。
 
――よくわかりました。最後に、試合で決めたい技はありますか?
 
広夢 (即答で)ドロップキックです! 
 
――やっぱりドロップキックですか。
 
広夢 ハイ。とにかく神戸では、井上さんと一緒に、自分らしい試合をしますので、みなさんよろしくお願いします! 

【撮影/山本正二】
 
 

■NJPW 40th anniversary DESTRUCTIOIN
9/23(日)16:00〜兵庫・神戸ワールド記念ホール


 

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.