新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • Topics  ≫
  • 【負けたら鈴木軍追放!?】8月22日K-DOJO 新宿FACEで、TAKA vs タイチがホントに決定!!
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2012-08-08

【負けたら鈴木軍追放!?】8月22日K-DOJO 新宿FACEで、TAKA vs タイチがホントに決定!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 8月5日、千葉・REINAアリーナにて大会前にTAKAみちのく、マイク佐藤コミッショナーが出席して記者会見が行われた。
  
 マイク佐藤コミッショナーより8月22日 CLUB-K SUPER in 新宿FACEの追加カードとして、[TAKAみちのく20周年への道 番外編 〜負けたら鈴木軍追放マッチ〜 TAKAみちのく vs タイチ(新日本プロレス)]が発表された。
 
■TAKAみちのくのコメント
TAKA「新日本プロレスで鈴木軍としてやってきて、タイチというパートナーとは1年半やってきたんですけど、度々衝突することがあって。先日Twitter上でちょっとしたことがあって炎上してしまい……。いつもふざけ合っている間柄だったのでそのつもりでいたんですが、タイチはどうやら本気で噛みついてきたようですね。まぁ彼の気持ちもわからないでもないので。
 
 彼はTAKAみちのくより下に見られるっていうのがどうしても許せないっていう部分があって、TAKAみちのくを超えたい、お前より下に見られたくないと言うので、じゃあどっちが強いのか決めようじゃないかと。ただ、それだけじゃ面白くないとタイチから『負けたら鈴木軍を出て行くってのはどうだ?』と言われたので。まぁ、正直タイチとのコンビはやってきて非常に楽しい部分もあったので、こういう形になるのは複雑な思いもあるのですが……。
 
 でもちょうど”20周年への道”の対戦相手を探していたところなんでね。ちょっと今までと形が違って、20年に特に関わりがあったといえば……無くはないけども、そこまで深い間柄ではないので、あえて番外編としてやることにしました。
  
 タイチとは今から5、6年前、世界ジュニア(ヘビー級王座)をかけてタイトルマッチをしたときに、非常にひどい試合をしたんですね。タイトルマッチらしからぬ試合をしてしまったので。そこから時間も月日も経ってお互い成長していると思うので、今の鈴木軍らしい試合を見せられたらなと。KAIENTAI DOJOのリングには全く何も関係ないことかもしれないですけどね、新日本プロレスに持ち込むことでもないので。あえて私の”20周年への道”という舞台でやることになりました。
 
 今の二人を出し合って、お互い鈴木軍らしいぶつかり合いをして、どっちかが去ることになるかもしれませんが、そこはもう勝負なんでね、非情になって戦いたいと思います。」
 
――Twitterでのやり取りで炎上したいうことなんですけども、タイチ選手とはその後どうなりましたか?
 
TAKA「もう一切連絡は取り合ってないですね。普段からそんなに仲良かったわけではなくて、プライベートの付き合いがあったわけではないので。まぁ、思い起こせば昔は高木三四郎と海を越えてインターネットでやり合ったり……、今は時代が変わってTwitterでこういうことが起こるっていうね。決まった以上はやるしかないと思ってるんで。我々にしか出来ないものを見せた上で、格の違いを見せようと思います」
 
――“負けたら”追放というのは、他の鈴木軍の選手からはどういった反応がありましたか?
 
TAKA「ボス(鈴木みのる)からは『好きなだけ殴り合ってハッキリさせろよ』と。追放云々については特に何も言ってないです。ランス・アーチャーからは『勝手にやれ!』と。ハイ、そんな感じです。自分としては鈴木軍っていうのは居心地のいい場所なんで。これからちょっと色々考えていることもあるので、是が非でも残りたい所なんでね。正直言えばタイチにも去って欲しくないってのはありますけど、そこは向こうが言い出したことだし、引けない部分もあるので。で、何より今回の流れの中でタイチの口からKAIENTAI DOJO批判があった。クソみてぇな団体だとかバカ社長みたいな発言があって、それだけは許せないなと。それが一番自分の中に火を付けた部分もあるので。とはいっても、そういうのを抜きにして純粋に今どっちが強いのか戦ってみたい気もするんでね。世界ジュニア王座戦のリベンジをしたいなと。内容でも魅せた上で俺が上だってのを見せたいと思います!」
 
 
■8月22日 CLUB-K SUPER in 新宿FACE
開場:18時  開始:19時
TAKAみちのく20周年への道 番外編 〜負けたら鈴木軍追放マッチ〜 
TAKAみちのく(鈴木軍)vs タイチ(鈴木軍)

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.