新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • All  ≫
  • 厳選リクエストファイナル!! 「燃えろ!新日本プロレス」第66号は「金曜夜8時を忘れない!!」
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2014-04-10

厳選リクエストファイナル!! 「燃えろ!新日本プロレス」第66号は「金曜夜8時を忘れない!!」

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

 大好評につき67号までの続刊決定!!遂にシリーズ累計150万部突破!!全試合ノーカットDVD付き!
 アントニオ猪木、初代タイガーマスク、長州力、藤波辰爾、前田日明、武藤敬司、橋本真也、蝶野正洋…昭和の新日本プロレス黄金時代を彩る、伝説の戦士達の闘いが、DVD+冊子の“DVD分冊百科”でよみがえる!!
 
 熱く激しい貴重な試合映像と、当時を振り返る読み応え十分の文章で、名勝負の感動を完全再現!昔を知るファンはもちろん、昭和を知らない若いファンにも新鮮な驚きがあること間違いなし。棚橋・中邑・内藤・デヴィットたちに脈々と繋がる“新日本プロレスの原点”がここにある!!
 
 隔週木曜は「燃えプロ」の日!


第66号は、厳選リクエストファイナル! 金曜夜8時を忘れない!!
●ボブ・バックランドvsアントニオ猪木 
1979年11月30日、徳島市立体育館
4度目の挑戦で、ついにニューヨークの頂点に!!
 
●藤波辰巳vsチャボ・ゲレロ 
1980年5月9日、福岡スポーツセンター
我こそは猪木の後継者!ジュニア屈指の名勝負!!
 
●タイガーマスクvsダイナマイト・キッド 
1982年7月23日、石川県産業展示館 
“爆弾小僧”の場外ラフファイトで黄金の虎が!!
 
●アントニオ猪木vsラッシャー木村 
1983年8月28日、田園コロシアム
クーデターにキレた逆境の闘魂、怒りの逆下克上宣言!!
 
●ザ・コブラvs越中詩郎 
1986年2月6日、両国国技館
コブラ天下の終焉(しゅうえん)…孤高の侍が新時代を拓(ひら)く!!
 
●藤波辰巳vsブルーザー・ブロディ 
1986年9月19日、福岡スポーツセンター
最後の「金曜8時」で“飛龍”が超獣狩りに挑む!!
 
★DVDでよみがえる闘いのワンダーランド
燃えろ!新日本プロレス 至高の名勝負コレクション

価格:1680円(税込)
発行:集英社

※隔週木曜、全国書店・コンビニで発売。
※お店に在庫が無い場合やバックナンバーをお求めの際は、書店で予約購入下さい。

  
★詳しくは「燃えろ!新日本プロレス」特設サイトまで!(パソコンのみ)
http://weekly.shueisha.co.jp/moero/

 
★内容
DVDは毎号90分前後、名勝負・4試合程度収録。
収録試合はノーカット。入場シーン、試合後のマイクパフォーマンス、当時の生実況、レア映像も豊富に収録。
メインの冊子は20ページのボリューム。試合の見どころの解説、伝説の記者陣によるコラムや秘話、資料も充実。
毎号付録は「伝説の復刻ポスター」「必殺技トレーディングカード」

【バックナンバー】
第65号はコチラ


“レインメーカー”の衝撃、新黄金時代到来!!
●棚橋弘至vsオカダ・カズチカ   
2012年2月12日、大阪府立体育会館

猪木イズムvs新日イズム、覚悟の伝承マッチ!!
●藤田和之vs永田裕志  
2001年6月6日、日本武道館

ノアの刺客破り“猛牛”悲願のG1初制覇!!
●天山広吉vs秋山準
2003年8月17日、両国国技館
 
禁断の外敵対決で“帝王”再起不能の危機!!
●佐々木健介vs高山善廣  
2004年8月8日、大阪府立体育会館
 
“選ばれし神の子”、試練の闘魂祭り!!
●中西学&中邑真輔vs藤田和之&ケンドー・カシン  
2004年11月13日、大阪ドーム
 
“方舟の象徴”最後の新日マットで真輔と初対峙!!
●中邑真輔&後藤洋央紀vs三沢光晴&杉浦貴  
 
2009年1月4日、東京ドーム
 
 

★第64号は「百花繚乱! 世界に誇れ スーパージュニア!!
 
「トップ・オブ・ザ・スーパージュニア」伏兵の優勝に歓喜!!
●獣神サンダー・ライガーvs保永昇男
 1991年4月30日、両国国技館
 
“世界の獣神”vsみちのくの曲者に浪速大熱狂!! 
●獣神サンダー・ライガーvsスペル・デルフィン
 1994年6月13日、大阪府立体育館
 
世界最高峰! 究極のタッグリーグ優勝決定戦!!
●ワイルド・ペガサス&大谷晋二郎vsザ・グレート・サスケ&ブラック・タイガー
 1994年10月18日、岡山体育館
 
“東北の英雄”が師匠を越え、8冠王者に!!
●ザ・グレート・サスケvsウルティモ・ドラゴン
 1996年8月5日、両国国技館
 
眠れる“ジュニアの巨人”が覚醒、壮絶ド突き合い!!
●エル・サムライvs金本浩二
 1997年6月5日、日本武道館
 
前代未聞の“問題児”マスクマンが傍若無人!!
●大谷晋二郎vsケンドー・カシン
 1997年12月8日、大阪府立体育館
 

★第63号は「熱烈ファン必見! 隠れ名勝負を見逃すな!!」
 
お前には負けない!猪木vs坂口の代理闘争!!
●藤波辰巳vs木村健吾
1979年12月13日、京都府立体育館
 
WWF王者に「恐怖の首折り」炸裂なるか!?
●ボブ・バックランドvsスタン・ハンセン
1980年9月30日、日本武道館
 
“黒い呪術師"vs“超人"、果てしなき流血大乱闘!!
●ハルク・ホーガンvsアブドーラ・ザ・ブッチャー
1982年5月26日、大阪府立体育会館
 
“狂犬"の技巧が冴えるドリームカード!!
●ディック・マードックvsアドリアン・アドニス
1984年5月24日、大阪府立体育会館
 
3度目の一騎打ち!リングを飛び出すド迫力!
●ビッグバン・ベイダーvsクラッシャー・バンバン・ビガロ
1988年9月12日、福岡国際センター
 
ジュニアの枠を超えた獣神の底力に驚愕!!
●橋本真也vs獣神サンダー・ライガー
1994年2月24日、日本武道館


★第62号は「夜明けはどっちだ! 平成維震軍の胎動!!」

全試合ノーカット収録!! 

●アントニオ猪木vsアンドレ・ザ・ジャイアント
1985年6月11日、東京体育館
闘魂ロマンの結実、IWGPを2連覇!!
 
●ビッグバン・ベイダーvs長州力
1990年8月19日、両国国技館
藤波不在の穴を埋めた“革命戦士"の気迫!!
 
●藤波辰爾vs橋本真也
1994年5月1日、福岡ドーム
怒りの“爆殺シューター"、V9ロード猛進!!
 
●武藤敬司vs天龍源一郎
1999年5月3日、福岡国際センター
博多熱狂!初シングルで見せた極上プロレス!!
 
●永田裕志vs高山善廣
2002年5月2日、東京ドーム
平成格闘プロレスの極み!魂のど突き合い!!
 
●棚橋弘至vsジャイアント・バーナード
 2006年7月17日、月寒グリーンドーム
「愛してま〜す!」はここから始まった!!

★第60号は「闘魂vs超獣、伝説の60分フルタイム死闘!!」

全試合ノーカット収録!! 実況なしのライブ音声が生々しい!!
 
●アントニオ猪木vsスタン・ハンセン
1980年2月8日、東京体育館
闘魂神話の象徴NWFを奪取し、“不沈艦”が真の外国人エースに!!
 
●スタン・ハンセンvsアントニオ猪木
1980年4月3日、蔵前国技館
怒涛の連戦でリベンジ達成! 宿願のIWGP構想へ邁進!!
 
●アントニオ猪木vsブルーザー・ブロディ
1986年9月16日、大阪城ホール
ボイコット事件から電撃復帰! 浪速が燃えた最後の一騎打ち!!

★第58号は「THE 最強外国人ファイナル! 厳選リクエストコレクション」
 
●アンドレ・ザ・ジャイアントvsスタン・ハンセン
 1979年5月18日、新潟市体育館
 外国人エースは俺だ!怪物同士が真っ向勝負!!
 
●アントニオ猪木vsダスティ・ローデス
 1979年11月1日、札幌中島スポーツセンター
 “アメリカン・ドリーム”、初参戦でNWF王座に挑戦!!
 
●マサ斎藤&橋本真也vs
 クラッシャー・バンバン・ビガロ&パニッシャー・ダイス・モーガン
 1990年3月2日、後楽園ホール
 後のWWFスーパースターがIWGPタッグ王者を圧倒!!
 
●マサ斎藤&橋本真也&北尾光司vs
 ビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロ&スティーブ・ウィリアムス
 1990年5月24日、東京ベイNKホール
 “ドクター・デス”が新日本凱旋(がいせん)、最強トリオの猛威!!
 
●蝶野正洋vsスティーブ・オースチン
 1992年9月23日、横浜アリーナ
 蝶野の首が!「ストーンコールド」の残虐ツームストーン!!
 
●中西学vsボブ・サップ
 2002年10月14日、東京ドーム
『K−1』『PRIDE』を制圧した“野獣”がドームに来襲!!

 
★第57号は『闘魂伝承! 超えよ、遺伝子を継ぐ強者たち!!』 

●アントニオ猪木&坂口征二vs藤波辰巳&木村健吾
 1985年12月12日、宮城県スポーツセンター
 ブロディショックを吹き飛ばすドラゴンの大飛躍!!
 
●アントニオ猪木&山田恵一vs木戸修&高田伸彦
 1986年2月5日、大阪城ホール
 イデオロギーを超えた闘魂遺伝子の若き雄姿!!
 
●アントニオ猪木&ケビン・フォン・エリックvs木村健吾&武藤敬司
 1986年11月3日、後楽園ホール
 凄惨なる初対戦! 拳で叩き込む勝負の厳しさ!!
 
●アントニオ猪木vs長州力
 1988年7月22日、札幌中島体育センター
 新時代の序章…連日のフォール勝ちで革命成就!!
 
●アントニオ猪木&安田忠夫vs蝶野正洋&木戸修
 1994年3月16日、東京体育館
 元小結を大抜擢!憎悪剥き出しの蝶野も対戦表明!!
 
●アントニオ猪木&タイガーキングvs佐々木健介&藤田和之
 1997年7月6日、真駒内アイスアリーナ
 引退直前のドリームタッグで、最後の闘魂継承!!

★第56号は『ジュニア史上初の祭典! 歓喜の「スーパーJカップ」』 
1994年4月16日、両国国技館にて行われたジュニア史上初の祭典! 第1回「スーパーJカップ」から、全13試合中、11試合を収録!!
 
■1回戦
ディーン・マレンコvs外道
大谷晋二郎vsスペル・デルフィン
ブラック・タイガーvsTAKAみちのく
エル・サムライvs茂木正淑
ネグロ・カサスvsリッキー・フジ
獣神サンダー・ライガーvsハヤブサ
 
■2回戦
ワイルド・ペガサスvsブラック・タイガー
エル・サムライvsザ・グレート・サスケ
 
■準決勝
ワイルド・ペガサスvs外道
獣神サンダー・ライガーvsザ・グレート・サスケ
 
■決勝
ワイルド・ペガサスvsザ・グレート・サスケ

★第55号は『世代、団体、荒ぶる!灼熱の軍団抗争!!』大好評発売中!!
 
●アントニオ猪木vs長州力
1984年4月19日、蔵前国技館
維新軍大将、天下獲りへ…猪木の首にロックオン!!
 
●アントニオ猪木&武藤敬司vs藤波辰巳&長州力
1987年8月20日、両国国技館
 
●アントニオ猪木&高田延彦&武藤敬司vs藤波辰巳&スーパー・ストロング・マシン&小林邦昭
1987年9月14日、岡山武道館
ナウリーダーズvsニューリーダーズ、勝者なき世代闘争!!
 
●武藤敬司&蝶野正洋&橋本真也vs木村健悟&越中詩郎&ザ・グレート・カブキ
1993年2月16日、両国国技館
やってやるって!反選手会のチームプレイに三銃士分裂!!
 
●藤波辰爾&長州力&木戸修&馳浩&飯塚孝之vs
天龍源一郎&阿修羅・原&石川敬士&冬木弘道&北原光騎
1993年2月16日、両国国技館
リベンジに燃える長州、WAR最強布陣を粉砕!!
 

★第54号は『新日本事件簿番外編U こんな驚愕ありえねぇ! 遺恨サプライズ!!』大好評発売中!!
 
●アントニオ猪木vsタイガー・ジェット・シン
1976年1月9日、福岡九電記念体育館
“猛虎”激昂!格闘技戦なんてクソ食らえ!!
 
●アブドーラ・ザ・ブッチャーvsバッドニュース・アレン
1984年1月27日、愛知県体育館
五輪メダリスト、“黒い呪術師”に血染めの下克上!!
 
●アントニオ猪木vsビッグバン・ベイダー
1988年7月29日、有明コロシアム
肉を抉(えぐ)る一撃!闘魂、最後のクレージーファイト!!
 
●獣神サンダー・ライガーvs青柳政司
1990年6月12日、福岡国際センター
唸(うな)るタックル&掌打!獣神の猛(たけ)り極まる!!
 
●蝶野正洋vs中牧昭二
1997年1月4日、東京ドーム
捨て身の有刺鉄線ダイブで見せたインディーの意地!!
 
●永田裕志vs佐々木健介
2004年1月4日、東京ドーム
猪木も戦慄!新日マット最大の流血遺恨マッチ!!

★第53号は『こんな夢が見たかった!俺たちの"スーパータッグ" 大好評発売中!!』
 
●ジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツvsアントニオ猪木&坂口征二
1975年10月2日、大阪府立体育会館
曲者コンビと完全決着、北米タッグ王座返り咲き!!
 
●ラッシャー木村&タイガー戸口vsダスティ・ローデス&ディック・マードック
1981年12月8日、蔵前国技館
歓喜の再合体、“アメリカンドリーム”の煌(きら)めき!!
 
●アントニオ猪木&藤波辰巳vsスタン・ハンセン&ローラン・ボック
1981年12月8日、蔵前国技館
師弟タッグも白旗!? 怒涛のスーパーパワーコンビ!!
 
●ビッグバン・ベイダー&クラッシャー・バンバン・ビガロvsスタイナー・ブラザーズ
1992年6月26日、日本武道館
アメリカでは実現不可能! 無敵のドリームカード!!
 
●藤波辰爾&三沢光晴vs蝶野正洋&獣神サンダー・ライガー
2005年5月14日、東京ドーム
憧れのドラゴンに応えた“方舟の盟主”の男気!!

★第52号は『新日マットに消ゆるとも、“Uの魂”は死なず!!』
・『弾ける「マエダ」コール、これがUWFだ!!』
         前田日明 vs 高田伸彦   1986年1月3日 後楽園ホール
・『愛憎入り乱れ・・・不穏なジャパンカップ決勝戦!!』
         アントニオ猪木&藤原喜明 vs 前田日明&木戸修    1986年12月11日 両国国技館
・『“ド演歌ファイター”、Uの両雄タッグにド根性!!』
          武藤敬司&越中詩郎 vs 前田日明&高田伸彦  1987年3月20日 後楽園ホール
・『新日マットがUに染まったIWGPタッグ戦!!』
           前田日明&高田延彦 vs 藤原喜明&山崎一夫   1987年9月1日 福岡国際センター
・『ザ・ゴールデンカップス、200%世にはばかる!!』
           橋本真也&平田淳嗣 vs 安生洋二&燻R善廣  1996年2月25日 両国国技館
・『パートナー見殺し!新格闘王、孤高のプライド!!』
           武藤敬司&獣神サンダー・ライガー vs 高田延彦&佐野直喜  
                      1996年2月25日 両国国技館
怒濤の「キャプチュ−ド」!興奮MAXの入場シーンも収録!!

★第51号は『熱烈ファン待望!厳選リクエストコレクション』
・『頂上決戦!“黄金コンビ”が初の一騎打ち!!』
         アントニオ猪木 vs 坂口征二   1974年4月26日 広島県立体育館
・『アリをダウンさせた狂拳ボクサーを破壊!!』
         アントニオ猪木 vs チャック・ウェップナー    1977年10月25日 日本武道館
・『龍と虎、最強ジュニア戦士の豪華共演!!』
          藤波辰巳&タイガーマスク vs エル・ソリタリオ&エル・ソラ−ル  
              1981年9月18日 広島県立体育館
・『若き格闘王が“超人”に挑む』
           前田明 vs ハルク・ホーガン   1983年5月30日 千葉公園体育館
・『スーパーバイオレンスコンビ vs 維新軍最強タッグ』
           長州力&アニマル浜口 vs ディック・マードック&ァドリアン・アドニス  
                 1983年12月7日 高松市民文化センター
懐かしの「ワールドプロレスリング」オープンニング映像も特別収録!
 
★第50号は『さらば闘魂!98年4月4日を目に焼きつけろ!!』
・『若き闘魂、“殿堂”MSG初見参!!』
         アントニオ猪木 vs フランク・モンティ  
         1975年12月15日 ニューヨーク州マジソン・スクェア・ガーデン
・『至宝NWF封印、最後の王座戦!!』
         アントニオ猪木 vs スタン・ハンセン    1981年4月23日 蔵前国技館
・『ストロングスタイル継承、魂の師弟対決!!』
         アントニオ猪木 vs 藤波辰巳   1985年9月19日 東京体育館
・『“燃える闘魂”、感涙のファイナルマッチ』
          アントニオ猪木 vs ドン・フライ   1998年4月4日 東京ドーム

★第49号は『新日本vs邪道、危険すぎる賭け!!』
・『禁断!招かざる“邪道”が殴り込み!!』
        佐々木健介 vs 大仁田厚  1999年1月4日 東京ドーム
・『神聖なる新日マットに電流爆破轟く!!』
        蝶野正洋 vs 大仁田厚    1999年4月10日 東京ドーム
・『武藤怒髪天、掟破りの毒霧攻撃!!』
        武藤敬司&天山広吉&ヒロ斉藤 vs 蝶野正洋& AKIRA &大仁田厚  
             1999年7月21日 札幌中島体育センター
・『大阪南港から蘇生、因縁の地獄マッチ!!』
         グレート・ムタ vs グレート・ニタ   1999年8月28日 神宮球場
・『“革命戦士”、魂の復帰戦で邪道散る!!』
         長州力 vs 大仁田厚  2000年7月30日 横浜アリーナ

★第48号は『ジュニアの矜持、俺たちのライバル闘争!!』
・『プライドをかけたジュニア版名勝負数え唄!!』
       高田伸彦 vs 越中詩郎  1986年8月5日 両国国技館
・『“ど演歌ファイター”、非情の指折り!!』
       越中詩郎 vs 高田伸彦    1987年2月5日 両国国技館
・『輝ける同期対決、現代ジュニアの原点!!』
        獣神ライガー vs 佐野直喜   1989年7月13日 両国国技館
・『マスク剥ぎに大流血!THE“怒りの獣神”』
         佐野直喜 vs 獣神サンダー・ライガー   1990年1月31日 大阪府立体育会館
・『“ジュニア最強外国人”対決、極まれり!!』
         ワイルド・ペガサス vs ブラック・タイガー  
            1995年7月13日 札幌中島体育センター
 ・『激闘!新日本 vs Uインターの遺伝子燃ゆ!!』
         大谷晋二 vs 桜庭和志   1996年6月17日 日本武道館
 
★第47号は『新日事件簿番外編、しょっぱい試合ですいません!』
・『“韓国の虎”との遺恨マッチで“荒鷲”号泣!!』
       坂口征二 vs 大木金太郎  1975年5月16日 日大講堂
・『漫画から飛び出た謎のマスクマンの実力の呆然!?』
      アントニオ猪木 vs ミスターX    1979年2月6日 大阪府立体育会館
・『海賊男の不可解乱入でファン激怒!暴動!!』
       アントニオ猪木 vs マサ斎藤   1987年3月26日 大阪城ホール
・『マシンの暴挙に“格闘王”大流血!!』
        前田日明 vs マサ斎藤   1987年5月18日 千葉公園体育館
・『「燃えてくれ!」浜口、涙の気合ビンタ!!』
        長州力 vs 後藤達俊   1990年1月18日 徳山市体育館
 ・『素顔の絶叫、両国に轟いた大「ヒラタコール」!!』
        武藤敬司&馳浩 vs 蝶野正洋&スーパー・ストロング・マシン  
                1994年10月30日 両国国技館

★第46号は『席捲!黒の“nWo”軍団、吠える!』
・『大ブレイクの天山を強奪!“狼群団”結成!』
      蝶野正洋&天山広吉&ヒロ斉藤 vs 長州力&橋本真也&平田淳嗣  1995年2月12日 後楽園ホール
・『黒い軍団の魔手・・・もムタ降臨、幻惑の毒霧連発!!』
       橋本真也&武藤敬司&佐々木健介&ロード・スティーブン・リーガル&中西学
       vs
      スコット・ノートン&蝶野正洋&マーカス・バグウェル&nWoスティング&天山広吉
                         1997年3月20日 愛知県体育館
・『nWoトップがアメリカからついに来襲!!』
      武藤敬司&スタイナーブラザーズ vs 蝶野正洋&ケビン・ナッシュ&スコット・ホール   
                           1997年5月3日 大阪ドーム
・『新日ツートップが背水の陣、nWoタッグ分裂!?』
       長州力&橋本真也 vs グレート・ムタ&蝶野正洋   1997年7月6日 真駒内アイスアリーナ
・『“黒のカリスマ”、悲願のIWGP初載冠!!』
       藤波辰爾 vs 蝶野正洋   1998年8月8日 大阪ドーム
  控室大乱闘、蝶野怒りのマイクまで完全収録!!

★第45号は『タイガーマスク、最後の聖戦!』
・『驚異の視聴率20%超、“虎ハンター”との絶頂カード!』
     タイガーマスク vs 小林邦昭  1983年1月6日 後楽園ホール
・『運命のライバルと最後のシングル対決、キッド大暴走!!』
      タイガーマスク vs ダイナマイト・キッド  1983年4月21日 蔵前国技館
・『新コスチュームのメキシコ遠征、蔵出しノーカット!!』
       タイガーマスク vs フィッシュマン  
  1983年6月12日 メキシコシティ・エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
・『電撃引退!“黄金の虎”金曜8時最後の雄姿』
       タイガーマスク vs 寺西勇   1983年8月4日 蔵前国技館
オリジナル入場テーマ曲、衝撃の「改名発表」セレモニーまで収録!!

★第44号は『真夏の祭典、G1クライマックスの極み!!』
・『ジンクス破る現役IWGP王者初優勝!!』
    武藤敬司 vs 橋本真也  1995年8月15日 両国国技館
・『V2 & NWA世界王座載冠、“G1男”襲名!!』
     蝶野正洋 vs リック・ルード  1992年8月12日 両国国技館
・『飛龍のビンタで覚醒、史上初の全勝優勝!!』
      長州力 vs 蝶野正洋  1996年8月6日 両国国技館
・『“ミスタープロレス”を超えた壮絶チョップ合戦!!』
      橋本真也 vs 天龍源一郎   1998年8月1日 両国国技館
・『8度目の正直で初V、“破壊王”全盛の輝き!!』
     橋本真也 vs 山崎一夫   1998年8月2日 両国国技館

★第43号は『目をそらすな!!悲鳴も凍る殺気マッチ』
・『怒りのナックルアロー連発で因縁に血の終止符!!』
   アントニオ猪木 vs ラッシャー木村  1983年9月21日 大阪府立体育会館
・『“金狼”ヒール魂に若き格闘王キレる!!』
    上田馬之助 vs 前田日明  1986年6月6日 札幌中島体育センター
・『闘魂、狂乱のノーロープ手錠マッチ!!』
     アントニオ猪木 vs マサ斎藤  1987年4月27日 両国国技館
・『看板を懸けた誠心会館との血みどろ抗争!!』
     小林邦昭 vs 斎藤彰俊   1992年4月30日 両国国技館
・『“爆殺シューター”が蹴りまくる、戦慄の死闘!!』
     橋本真也 vs 藤波辰爾   1994年4月4日 広島グリーンアリーナ
・『フォール無用の喧嘩マッチ、伝説のドラゴンストップ』
     長州力 vs 橋本真也   2001年1月4日 東京ドーム

★第42号は『世界が舞台だ!アウェーの興奮、魅惑の海外マッチ』
・『闘魂の原点・ブラジルに凱旋!!』
   アントニオ猪木 vs アンドレ・ザ・ジャイアント  
      1974年12月15日 ブラジル・サンパウロ・コリンチャン・スタジアム
・『不穏なアウェーで“韓国の巨人”を血祭りに!!』
   アントニオ猪木 vs パク・ソンナン  1976年10月10日 韓国ソウル奨忠体育館
・『ルチャの聖地で“狂虎”が大暴走!!』
    タイガー・ジェット・シン vs アントニオ猪木  
    1980年4月13日 メキシコシティ・エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノス
・『メジャーの本拠地でライバルと大観衆を魅了!!』
    藤波辰巳 vs チャボ・ゲレロ   
    1980年8月9日 米国ニューヨーク州センチュリー・シェイ・スタジアム
  猪木、坂口のW解説、若き古舘アナの試合後インタビューも収録!!

★第41号は『主役はオレだ!闘魂に挑んだ永遠の好敵手たち』
・『第1回MSGシリーズ』、再延長の果て雌雄を決す!
   アントニオ猪木 vs 坂口征二  1978年4月21日 蔵前国技館
・『米国修行を積んだ怪力無双がリベンジに挑む!』
   アントニオ猪木 vs ストロング小林  1974年12月12日 蔵前国技館
・『真の日本最強は誰だ?「プレ日本選手権」決勝!』
   アントニオ猪木 vs ヒロ・マツダ  1978年12月16日 蔵前国技館
 試合後インタビュー、馬場への挑戦宣言まで完全収録!!

★第40号は『闘魂燃え尽きる!クライマックスへの道』
・アントニオ猪木 vs ビッグバン・ベイダー  1996年1月4日
・アントニオ猪木 vs 馳浩  1992年1月4日 東京ドーム
・格闘技トーナメント  1995年1月4日 東京ドーム
   アントニオ猪木 vs ジェラルド・ゴルドー
   アントニオ猪木 vs スティング
・アントニオ猪木 vs ウィリエム・ルスカ   1994年9月23日 横浜アリーナ
・アントニオ猪木&北尾光司 vs 長州力&天龍源一郎  1995年5月3日 福岡ドーム
・アントニオ猪木 vs 藤原喜明 1995年3月19日愛知県体育館
 タキシード姿の闘魂、試合後マイクも必見ダーッ!!

★第39号は『両雄並び立つ!!新日本vs全日本・ノア、面子勝負!!』
・蝶野正洋 VS 三沢光晴  2002年5月2日 東京ドーム
・佐々木健介 VS 川田利明  2000年10月9日 東京ドーム
・永田裕志&秋山準 VS 武藤敬司&馳浩   2001年10月8日 東京ドーム
・小橋建太 VS 蝶野正洋  2003年5月2日 東京ドーム
 三沢「スパルタンX」蝶野「クラッシュ」感涙の入場シーンも収録!!

★第38号は『グレート・ムタ、阿修羅の如く!』
・アントニオ猪木 VS グレート・ムタ  1994年5月1日 福岡ドーム
・ハルク・ホーガン&グレート・ムタ VS ヘルレイザーズ  1993年9月23日 横浜アリーナ
・グレート・ムタ&馳浩 VS 長州力&藤原喜明   1994年4月7日 熊本市体育館
・グレート・ムタ VS 新崎“白使”人生  1996年4月29日 東京ドーム
・グレート・ムタ&グレート・カブキ VS 後藤達俊&小原道由  1998年8月8日 大阪ドーム
「勝負の厳しさ教えてやらぁ!」闘魂試合後のマイクも収録!

★第37号は『夢がデカすぎる!初ドーム「’89格闘衛星☆闘強導夢」』
   1989年4月24日東京ドーム
・異種格闘技戦で初黒星、裏投げに散る!!
   アントニオ猪木 VS ショータ・チョチョシビリ
・IWGPヘビー級王座決定トーナメント全7試合完全収録!!
 1回戦 ビッグバン・ベイダー VS 蝶野正洋、藤波辰巳 VS ウラジミル・ベルコビッチ、
             ビクトル・ザンギエフ VS バズ・ソイヤー、橋本真也 VS 長州力
   準決勝 橋本真也 VS ビクトル・ザンギエフ、藤波辰巳 VS ビッグバン・ベイダー
 決勝 橋本真也 VS ビッグバン・ベイダー 
・ソ連のアマレス最強戦士、衝撃の初陣!!
 サルマン・ハシミコフ VS クラッシャー・バンバン・ビガロ
・“怒りの獣神”デビュー戦!!
 獣神ライガー VS 小林邦昭
“ドームプロレス”はここから始まった!開会式も特別収録!!

★第36号は『師弟対決極まれり!“飛龍革命”の乱!!』
・4.22沖縄のダイジェスト&控室も必見!!
   藤波辰巳 VS アントニオ猪木 1988.8.8 横浜文化体育館
・藤波辰巳 VS 長州力 1988.6.24 大阪府立体育会館
・藤波辰巳 VS ビッグバン・ベイダー   1988.6.26 名古屋レインボーホール
 古舘アナ緊迫の生実況、試合後のファン殺到まで収録!!

★第35号は『THE最強外国人、猛々しき怪物たち!!』
「サンライズ」轟くハンセン迫力の入場、試合後の大乱闘まで収録!!
・ビッグバン・ベイダーVSスタン・ハンセン 1990.6.12  福岡国際センター
・アントニオ猪木&藤波辰巳VSアンドレ・ザ・ジャイアント&レネ・グレイ 
                     1981.12.10 大阪府立体育会館
・ハルク・ホーガンVS藤波辰巳   1985.6.11 東京体育館
・馳浩&佐々木健介VSスタイナー・ブラザーズ   1991.3.21 東京ドーム
・アントニオ猪木VSブルーザー・ブロディ  1985.8.1 両国国技館
・ジュラシック・パワーズVSヘルレイザーズ  1994.1.4 東京ドーム

★第34号は『“破壊王”橋本真也、魂よ永遠なれ!!』
・橋本真也VS武藤敬司 1993.12.10 愛知県体育館
・橋本真也VS蝶野正洋 1994.1.4 東京ドーム
・橋本真也VS天龍源一郎   1994.2.17 両国国技館
・橋本真也VSスコット・ノートン   1994.3.21 愛知県体育館
「爆勝宣言」の入場シーン、試合後インタビューまで収録!!

★第33号は『涙は似合わねぇ!哀愁のアンチヒーロー!!』
・アントニオ猪木VSラッシャー木村 1981.11.5 蔵前国技館
・ザ・コブラVSデイビーボーイ・スミス  1983.11.3 蔵前国技館
・アントニオ猪木&上田馬之助VSアンドレ・ザ・ジャイアント&将軍KY若松
 1986.5.1 両国国技館
・北尾光司VSクラッシャー・バンバン・ビガロ     1990.2.10 東京ドーム
・アニマル浜口VS栗栖正伸   1990.8.16 千葉公園体育館
・蝶野正洋VS越中詩郎  1992.7.31 札幌中島体育センター
「この野郎!覚えとけ!」試合後の絶叫マイクまで完全収録!!
 
★第32号は『新日本vs WAR、“Mr.プロレス”天龍が吠える!!』
・木村健悟&越中詩郎&青柳政司VS天龍源一郎&石川敬士&北原光騎
      1992.11.23 両国国技館
・長州力VS天龍源一郎  1993.1.4 東京ドーム
・橋本真也VS冬木弘道  1993.3.23 東京体育館
・馳浩VS天龍源一郎     1993.9.23 横浜アリーナ
・アントニオ猪木VS天龍源一郎   1994.1.4東京ドーム
「猪木さん、もう1回やりましょう!」試合後の激白まで完全収録!!
 
★第31号は『闘魂の原点、誇り高きNWFクラシック!』
・ジョニー・パワーズ VS アントニオ猪木
      1973.12.10 東京体育館
・タイガー・ジェット・シンVSアントニオ猪木
      1975.6.26 蔵前国技館
・アントニオ猪木VSジャック・ブリスコ
      1979.5.10 福岡スポーツセンター
1万ドルの札束が舞う!試合後の狂乱まで完全収録!!
 
★第30号は『38万人熱狂!北朝鮮「平和の祭典」を見たか!?』
・アントニオ猪木VSリック・フレアー
      1995.4.29 北朝鮮・平壌 メーデー・スタジアム
・ブル・中野VS北斗晶
      1995.4.29 北朝鮮・平壌 メーデー・スタジアム
・ビクトル・ザンギエフVS長州力
      1989.12.31 ソ連・モスクワ市ルイ−ジキ二室内競技場
・アントニオ猪木&ショータ・チョチョシビリVSマサ斎藤&ブラッド・レイガンズ
      1989.12.31 ソ連・モスクワ市ルイ−ジキ二室内競技場
・アントニオ猪木&タイガー・ジェット・シン
 vs ビッグバン・ベイダー&アニマル浜口
 1990.9.30 横浜アリーナ

★第29号は「憎め!恐れよ!!“最凶ヒール”伝説”」
・タイガー・ジェット・シンVS上田馬之助
      1978.9.19 大阪府立体育会館
・アントニオ猪木VSキラー・カール・クラップ
      1974.5.8 東京体育館
・ディノ・ブラボーVSアブドーラ・ザ・ブッチャ−
      1981.11.5  蔵前国技館
・アントニオ猪木&藤波辰巳VSラッシャー木村&アニマル浜口
      1982.10.26 大阪府立体育会館

★第28号は「飛龍の鮮烈!ジュニア黄金時代の夜明け」
・カルロス・エストラーダVS藤波辰巳
      1978.1.23 マジソン・スクェア・ガーデン
・藤波辰巳VS剛竜馬
      1978.7.27 日本武道館
・藤波辰巳VSダイナマイト・キッド
      1980.2.5  愛知県体育館
・藤波辰巳VSエル・カネック
      1979.6.7 蔵前国技館
・藤波辰巳VS阿修羅・原
      1980.4.3 蔵前国技館

★第27号は「タイガーマスク、ライバルとの死闘!」
・タイガーマスクVSダイナマイト・キッド
・タイガーマスクVSブラック・タイガー
・タイガーマスクVSウルトラマン
・タイガーマスクVSスティーブ・ライト
・タイガーマスクVS小林邦明

★第26号は「闘魂敗れる!シュツットガルトの惨劇!!」
・アントニオ猪木VSローラン・ボック
・アントニオ猪木VSボブ・バックランド
・アントニオ猪木VSスタン・ハンセン

★第25号は「長州vs藤波、永遠の名勝負数え唄!」
・1982年11月4日 蔵前国技館
 藤波辰巳VS長州力
・1983年7月7日 大阪府立体育会館
   長州力VS藤波辰巳
・1983年8月4日 蔵前国技館
   長州力VS藤波辰巳
・1993年5月3日 福岡ドーム
 アントニオ猪木&藤波辰爾VS長州力&天龍源一郎

★第24号は「戦慄!凄惨!マットを染めた大流血マッチ」
・タイガー・ジェット・シンVSアントニオ猪木
・アントニオ猪木VSグレート・アントニオ
・アントニオ猪木&前田明&藤原喜明VS長州力&アニマル浜口&谷津嘉章
・アントニオ猪木VS長州力
・武藤敬司VSリック・フレアー
・藤波辰爾VS天龍源一郎

★第23号は「ケンカ上等!UインターとのサバイバルWAR!!」
・高田延彦VS橋本真也
・武藤敬司VS高田延彦
・長州力&永田裕志VS安生洋二&中野龍雄
・武藤敬司&永田裕志VS垣原賢人&高山善廣
・佐々木健介VS安生洋二
・永田裕志&大谷晋二&石沢常光VS金原弘光&桜庭和志&山本健一

★第22号は「新日本vs UWF 終わりなき闘争!」
・藤波辰巳VS前田日明
・5対5シングル勝ち抜き戦
藤波辰巳、木村健吾、越中詩郎、坂口征二、山田恵一
VS
前田日明、藤原喜明、木戸修、山崎一夫、高田伸彦

★第21号は「草創期の野望、世界最強はIWGPが決める!」
アントニオ猪木VSハルク・ホーガン
長州力VSアンドレ・ザ・ジャイアント
アントニオ猪木VSアンドレ・ザ・ジャイアント
アントニオ猪木VSマサ斎藤
アントニオ猪木VSディック・マードック

★第20号は「暴動!腕折り!新日マット事件史」
アントニオ猪木VSタイガー・ジェット・シン
藤波辰巳VS長州力
アントニオ猪木VSハルク・ホーガン
藤波辰巳&木村健吾VS長州力&マサ斎藤
アントニオ猪木VS長州力
アントニオ猪木VSビッグバン・ベイダー

★第19号は「新時代のダイナミズム、若き闘魂三銃士!」
アントニオ猪木&坂口征二VS橋本真也&蝶野正洋
武藤敬司&蝶野正洋VS橋本真也&マサ斉藤
長州力VS橋本真也
武藤敬司&蝶野正洋VSザ・ロード・ウォリアーズ
武藤敬司&蝶野正洋VS馳浩&佐々木健介

★第18号は「黄金期の幕開け、82年元旦決戦を見たか!?」
藤原喜明VSカール・ゴッチ
長州力VSアニマル浜口
タイガーマスクVSダイナマイト・キッド
ボブ・バックランドVS藤波辰巳
アントニオ猪木VSローラン・ボック
アントニオ猪木VSアブド−ラ・ザ・ブッチャー

★第17号は「俺たちこそ最強!!スーパータッグ列伝!」
アントニオ猪木、坂口征二vsルー・テーズ、カール・ゴッチ
タイガー・ジェット・シン、上田馬之助vs坂口征二、ストロング小林
山本小鉄、星野勘太郎vs大位山勝三、鶴見五郎

★第16号は「覚醒!前田日明、“格闘王”誕生伝説!」
前田明vsポール・オンドーフ
アントニオ猪木、ハルク・ホーガンvs藤波辰巳、前田明
前田日明vs藤原喜明
前田日明、木戸修vs藤波辰巳、木村健吾
前田日明vsドン・ナカヤ・ニールセン
 
★第15号は「闘魂70`s不朽のストロングスタイル!」
アントニオ猪木vsビル・ロビンソン
アントニオ猪木vsルー・テーズ
 
★第14号は「THE最強外国人、スーパーヘビー級大戦争!」
ハルク・ホーガンvsアンドレ・ザ・ジャイアント
ビッグバン・ベイダーvsスタン・ハンセン
アントニオ猪木&ボブ・バックランドvsスタン・ハンセン&ハルク・ホーガン
ブルーザー・ブロディ&ジミー・スヌーカvsディック・マードック&マスクド・スーパースター
 
★第13号は「長州力まかり通る!!維新軍の夜明け」
アントニオ猪木vs谷津嘉章
前田明vs長州力
坂口征二vsアニマル浜口
アントニオ猪木&藤波辰巳vs長州力&マサ斎藤
 
★第12号は「プロレスこそ最強!嵐の異種格闘技戦」
アントニオ猪木vsウィリー・ウイリアムス
アントニオ猪木vsレフトフック・デイトン
アントニオ猪木vsアクラム・ペールワン
橋本真也vsトニー・ホーム
 
★第11号は「タイガーマスク、“ルチャの魂”覆面の祭典!」
タイガーマスクvsグラン浜田
タイガーマスクvsビジャノV
タイガーマスクvsエル・ソラール
タイガーマスクvsマスクド・ハリケーン
アントニオ猪木vsタイガーキング
 
★第10号は「新日本vsUインター、10・9ドーム全面対抗戦!」
※1995年10月9日、東京ドーム全8試合を完全収録。
※若き永田選手が第1試合に出場!!
武藤敬司vs高田延彦
橋本真也vs中野龍雄
佐々木健介vs垣原賢人
長州力vs安生洋二
獣神サンダー・ライガーvs佐野直喜
飯塚高史vs高山善廣
大谷晋二郎vs山本健一
永田裕志、石沢常光vs金原弘光、桜庭和志
 
★第9号は「新日本vsUWF、苛烈なるプライド合戦!」
アントニオ猪木vs藤原喜明
猪木、藤波、木村、上田、星野vs前田、藤原、木戸、高田、山崎(5vs5イリミネーションマッチ)
武藤敬司、越中詩郎vs前田日明、高田伸彦
 
★第8号は「猪木vs国際はぐれ軍団の仁義なき闘い!」
アントニオ猪木vsラッシャー木村
アントニオ猪木vsラッシャー木村(敗者髪切りマッチ)
アントニオ猪木vsラッシャー木村&アニマル浜口&寺西勇
藤波辰巳vsアニマル浜口
 
★第7号は「悪の化身、グレート・ムタ見参!」
グレート・ムタvsザ・グレート・カブキ
グレート・ムタvs馳浩
グレート・ムタvsハルク・ホーガン
長州力、天龍源一郎vs武藤敬司、蝶野正洋
 
★第6号は「新日マット来襲、THE最強外国人!」
アントニオ猪木vsアンドレ・ザ・ジャイアント
アントニオ猪木vsブルーザー・ブロディ
アントニオ猪木、谷津嘉章vsスタン・ハンセン、アブドーラ・ザ・ブッチャー
佐山サトル、グラン浜田vsベビー・フェイス、ペロ・アグアヨ
 
★第5号は「タイガーマスク、世界への飛翔!」
タイガーマスクvsブラック・タイガー
タイガーマスクvsエル・カネック
タイガーマスクvsダイナマイト・キッド
佐山サトル&グラン浜田vsベビー・フェイス&ペロ・アグアヨ
 
★第4号はアントニオ猪木を特集!!
アントニオ猪木vsストロング小林
アントニオ猪木vs大木金太郎
タイガ・ジェット・シン&上田馬之助vsアントニオ猪木&坂口征二 
 
★第3号・収録試合
藤波辰巳vs長州力
アントニオ猪木vs長州力
武藤敬司、蝶野正洋、橋本真也vs藤波辰巳、木村健吾、越中詩郎
武藤敬司vs蝶野正洋
 
★第2号・収録試合
アントニオ猪木vsウイリエム・ルスカ
アントニオ猪木vsザ・モンスターマン
初代タイガーマスクvs小林邦昭
初代タイガーマスクvs寺西勇
 
★創刊号・収録試合
アントニオ猪木vsハルク・ホーガン
アントニオ猪木vs前田明
アンドレ・ザ・ジャイアントvsスタン・ハンセン
初代タイガーマスクvsダイナマイト・キッド

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.