新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

News

最新情報

  • Home  ≫
  • News  ≫
  • Topics  ≫
  • 「これは神様が与えてくれた“運命”であり“試練”」1.30真壁戦へ、その後の小島聡インタビュー!!
  • All
  • Topics
  • Media
  • Event
  • Other
  • Shop

2011-01-28

「これは神様が与えてくれた“運命”であり“試練”」1.30真壁戦へ、その後の小島聡インタビュー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

もう一回、獲っちゃうぞ、バカヤロー、オイ! 1月30日(日)後楽園ホールで、因縁の真壁刀義と“新王者”棚橋弘至への挑戦権を賭けて激突する小島聡。昨年、両国を震撼させた二人の再激突に、小島は何を思うのか? いまの心境を開幕戦で直撃インタビュー!!
  
★「ヤツの顔面にニードロップを落とす!」1.30小島戦へ向け、真壁刀義直撃インタビュー!!
  
■ベルトは失いましたけど、一番感慨深かったドーム大会でした
――今日は、1月30日後楽園の真壁戦について、うかがわせてください!
小島 ハイ、よろしくお願いします。
  
――その前に、あらためて1.4東京ドーム大会はいかがでした?
小島 そうですね。やはり、過去に何度もドームに出場しましたけど、そのすべてのドームとも違う特別なものがありました。自分の思い入れ、王者としての立ち位置……。ベルトは失いましたけど、一番感慨深かったドーム大会でしたね。
  
――ベルトを奪われた相手・棚橋弘至に関しては?
小島 くやしい気持ちも大きかったけど、「過去、最高の棚橋弘至と闘うことができた」と、充実感も感じることができた。いままで、棚橋とは節目節目で闘ってきた、集大成的な試合になりましたよね。
  
――試合後のブログで、「プロレスは一人じゃできない」「タナ、ありがとう」という感謝の言葉までありましたが?
小島 う〜ん。あれは正直な気持ちでしたけど……。ヘンな話、誰と試合しても「ありがとう」という気持ちはありますよ? 極論ですけど、真壁とやったってそういう気持ちはあるしね。
  
――真壁さんにも?
小島 ええ。感情を表に出すことはマレですけど。大きな舞台になればなるほど「一人じゃできない」ってことは痛感しますよね。
    
――今シリーズのパンフで棚橋さんも近いことを言ってました。その棚橋さんはドームの試合後に「(小島選手は新日本に)戻ってくればいいんじゃないか?」と衝撃発言もしてましたが?
小島 ハハハハ! 感傷的な側面だけとらえれば、一瞬だけそんな気持ちもよぎりましたけど(笑)。それは、もう自分一人の問題じゃなくなるしね? 「ハイ、わかりました。じゃあ、戻ります」みたいな簡単な話じゃない。実際、ベルトを獲られても、こうして新シリーズのメンバーに入れてもらってるし。もう一度、新日本での自分の立ち位置を見極めたいし、ここから生み出せるものもあるかもしれない、そこを見極めたいな、と。
 

■真壁との会見? あれは俺流の“駆け引き”ですよ?

――ただ、前王者の権利とされる“リマッチ権”を持ち出したら、真壁選手との挑戦者決定戦が組まれてしまいました。
小島 スンナリ行くかと思いきや……ね? 少し驚きましたけど、よく考えたら、自分が真壁からベルトを奪ったあと、思い切り理不尽なことばっか言ってたじゃないですか(笑)。
  
――「中邑じゃなきゃイヤだ」とか、散々ワガママ三昧でしたから。
小島 だから、人のことは言えないけど。新日本側に自分の意思を伝えた結果、チャンスをもらえたと思ってるし。「真壁という壁を乗り越えたら、いいよ」という条件を出してもらえた。ただし、俺は真壁だろうが誰だろうが、この試練を乗り越える自信は充分ありますんで。
  
――まったく問題ない、と。会見では、「(真壁と)やる必要はない!」とキッパリ言ってましたけど。
小島 フフフ。あの場でああ言えば、真壁に火が付くのは目に見えてましたしね。そのへんは俺流の“駆け引き”ですよ?
  
――ただ、「日本マットで一番口が悪い男」だけに、「オレンジ色のチャーシューにしてやる」とまたも暴言を炸裂させてますが。
小島 やっぱりカチンと来ますよ? それは当然! ただ、あっちも腹をくくって発言してると思うし、真壁の価値観をすべて受け入れた上で、「ぶっ潰したいな」と(不敵な表情で)。
  
■2月20日(仙台大会の日)って、もの凄く思い入れのある日なんです
――そして、ここを勝ち抜けば、2月20日、新日本にとって仙台での久々のビッグマッチでIWGP王座挑戦権を得ます。
小島 ……じつはね、この2月20日ってのは俺にとって、もの凄く思い入れのある日なんですよ。
   
――2月20日は特別な日?
小島 ええ。1991年の2月20日が、まず自分が新日本プロレスに入門した日なんですよ。それだけじゃなく、2005年2月20日(両国国技館)には、IWGPと三冠ヘビー級王座を賭けた天山(広吉)との試合で、史上初のダブルチャンピオンになってるんですね。
  
――ああ、たしかにそうでした!
小島 いろんな意味で、凄く思い入れのある、ゲンのいい日なんで。だからこそ、今回もこれは神様が与えてくれた“運命”であり“試練”だと思いますね。
  
――なるほど。対する真壁の注意点は?
小島 やっぱり、あの勢いですよね? 東京ドームでも、田中将斗戦を見ましたけど、ベルトを失ったあとも、失速どころかさらに加速してるふうに見えたんで、一度勝ってはいますけど、そのへんは充分注意しないと。
  
――逆に、フリーの外敵である小島聡にとって、1月30日は、新日本の立ち位置を左右する重要すぎる大一番です。
小島 凄い分岐点ですよね。ただ、ドームでベルトを失ったいま、ここからいかに這い上がるか? プロレスって勢いよく勝っているときより、負けてしまったあと、いかに挽回して立て直すか? そこに魅力があると思うんで。勝負どころなのは間違いない。やりがいはあります。
  
■小島軍? ハッキリ言って、どうなるかわからない
――最後に、今シリーズは、タイチ、TAKAみちのく、NOSAWA論外といった全日本プロレス経験ある選手たちと“小島軍団”を結成しますが?
小島 フフフ。タイチは去年から組んでますけど、TAKA選手と論外選手はひとクセもふたクセもあるんで……ハッキリ言って、どうなるかわからないし。正直、信じていない部分もあるんですけど(笑)。
  
――あ、そうですか。
小島 というのは、全日本時代に一緒だったと言っても、彼らとはずっと敵対してたんですよね。TAKA選手だったらR.O.Dというユニットがあったり、論外選手なら東京愚連隊……いろんな因縁がありましたけど、そんな二人と組むことになるんだから、プロレスって何が起こるかわからないですよ。
  
――まさか組むことになるとは思わなかった、と。
小島 ただ、ここで彼らと何かを生み出せれば、また“居場所”が見つかるわけですから。……まずは、1月30日、後楽園で真壁に完全勝利して、そして2月20日を三度目の特別な日にします!
  
★「ヤツの顔面にニードロップを落とす!」1.30小島戦へ向け、真壁刀義直撃インタビュー!!
 
■「NEW JAPAN ISM 2011」
1月29日(土)栃木・ニューサンピア栃木(鹿沼市) ★当日券は「16時」から販売!
17:00開場/18:00開始 

●カード情報はこちら!
●チケット情報はこちら!

  
1月30日(日)東京・後楽園ホール  ★当日券は「16時」から販売!
17:30開場/18:30開始

●カード情報はこちら!
●チケット情報はこちら!
 
★「NEW JAPAN ISM 2011」シリーズ情報
 
■「The New Beginning」
2月20日(日)宮城・仙台サンプラザホール
16:00開場/17:00開始

●カード情報はこちら!
●チケット情報はこちら!
 

  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.