新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

バディファイトPresents G1 CLIMAX 24

2014/08/08(金)18:30神奈川・横浜文化体育館 | 観衆  5,500人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

「G1 CLIMAX 24」Aブロック公式戦

[06分30秒]
ハングマンズヌース→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 後半戦は、元サッカー日本代表FWの中山雅史氏が、テレビ中継の解説を担当。

 そこから始まった第6試合は、6勝3敗と好調をキープしつつも、決勝進出が絶望的になった柴田が登場。『G1』公式戦最終試合でギャローズと対戦。
 
 柴田がエルボー連打で先制すると、ギャローズがカウンターフロントハイキックを連発して反撃。しかし、柴田がカウンターキチンシンクで動きを止め、背中にサッカーボールキックを見舞う。
 さらに柴田は、ギャローズの頭を何度も叩いて挑発。そして、ギャローズの反撃にもひるまず、ロープ際のジャンピングフロントハイキックで場外に落とす。
 しかし、ギャローズが逆襲へ転じ、柴田を鉄柵へ叩きつける。そして、バックドロップの形でエプロンへ投げ捨てる。
 それでも柴田はエプロンから手を伸ばし、スリーパーホールドでギャローズを捕獲。これをギャローズがバックドロップに切り返しても、技を解かない。
 続いて柴田は、ギャローズの胸板へローキックを見舞い、コーナーでエルボー連打。そして、得意の串刺し低空ドロップキックへ繋ぐ。
 苦しくなったギャローズはブレーンバスターを繰り出すが、柴田が後方へ着地し、さらにスリーパーホールドで絞める。
 だが、ギャローズがカウンターラリアットで逆襲し、地獄突き、ハイキックで追い討ち。すると、柴田がバックハンドブローで巻き返し、ファイヤーマンズキャリーでギャローズを持ち上げる。
 しかし、ギャローズが脱出し、変型サイドバスターで逆転。そして、ネックハンギングボム2連発で勝利を収めた。

コメント
ギャローズ「やったぞ、今日の試合を見ただろ! 結果を出してやった。『G1』は終わってしまった。しかし『G1』を最後に制するのはBULLET CLUBだ。それがリアルだ。ドク・ギャローズの試合はこれで終わったが、BULLET CLUBこそ一番だ」
 
※柴田はノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.