新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

BACK TO THE YOKOHAMA ARENA

2014/05/25(日)15:00神奈川・横浜アリーナ | 観衆  7,800人

第2試合20分1本勝負

スペシャル8人タッグマッチ

[09分03秒]
マイアミ・シャイン→体固め

レフェリー|佐藤健太

試合経過情報

 5月3日福岡でCHAOSを裏切り、BULLET CLUBへ電撃加入した高橋が登場。対するは、GHCヘビー級王者・永田が率いる本隊連合軍。
 
 BULLET CLUBの奇襲で試合が始まり、リング上で中西とギャローズがショルダータックル合戦を展開。これを中西が制し、乱入したアンダーソンにのど輪ラリアットをお見舞い。さらに、アルゼンチンバックブリーカーでトンガを担ぎ、ギャローズへ投げつけた。
 本間対トンガの場面。本間がラリアット、串刺しジャンピングエルボー、フェースクラッシャー。そこから小こけしを放つも、トンガがあっさりと回避。
 これで本間の動きが止まり、BULLET CLUBが4人がかりでストンピングの雨を降らせる。そして、トンガがトーキック連打、高橋がカウンターエルボー、アンダーソンがマウントパンチ連射、ゼロ戦キックなどで攻め立てる。
 続いてアンダーソンはブレーンバスターを予告し、敬礼で永田を挑発。ところが、本間が反対にアンダーソンを投げ捨て、永田が登場。
 その永田はアンダーソンに対し、ミドルキック連射、串刺しフロントハイキック、フェイント式低空ドロップキック。さらに、ロープワークを妨害したトンガをカウンターフロントスープレックスで蹴散らす。
 だが、直後にアンダーソンがスピニングスパインバスターで巻き返し、ガンスタンを狙う。これを永田がこらえてエクスプロイダーを仕掛けると、今度はアンダーソンがこらえて再びガンスタンに行く。しかし、これも回避した永田が、張り手から浴びせ蹴りを食らわせた。
 キャプテン対高橋の場面。キャプテンがジャンピングショルダータックルで高橋を倒し、永田組がトレイン攻撃を敢行。キャプテンの串刺しバックエルボー、中西の串刺しラリアット、永田の串刺しフロントハイキック、エクスプロイダー、本間の小こけし、そしてキャプテンのダイビングヘッドバットが連続でさく裂する。
 ここでキャプテンは、キャプテンチャージからカリビアンデスグリップを繰り出すが、トンガがカット。そのトンガを本間が排除したものの、アンダーソンとギャローズがマジックキラーでKO。
 すると、キャプテンがアンダーソンとギャローズに地獄突きを見舞うが、アンダーソンがガンスタンで逆転。ここで高橋が、新技のマイアミシャイン(変型デスバレーボム)でキャプテンを仕留めた。

コメント
アンダーソン「まず、こいつに注目してほしい。新しいメンバーの裕二郎だ。俺はこいつが昔から知っている。非常に強いレスラーだ。こいつはもうただの日本人ではなく、外国人と呼べる存在だ」
裕二郎「くたばれCHAOS! やっと俺の居場所が見つかったよ」
ギャローズ「裕二郎を迎えて、我々BULLET CLUBはますますクレイジーでますますタフなプロフェッショナルな集団になった」
トンガ「裕二郎を迎えて、非常にハッピーだ」
──今日の試合、棚橋&真壁組vs後藤&柴田組の勝者が次のIWGPタッグの挑戦者になるんですが、どっちが勝つと思いますか? あるいはどっちと闘いたいですか?
アンダーソン「どっちでもいい。後藤&柴田はある程度強いチームだ。棚橋&真壁も強くて有名なチームである。でも、どっちが対戦相手になろうと、勝つのは俺たちに決まっている」
裕二郎「(英語で)棚橋組も後藤組もどっちもそんなに強いことはない。CHAOSの面々も強くない。オカダなんてタイトルを落としたし、へなちょこな野郎だ。我々BULLET CLUBが一番だ」
 
永田「新日本のなかはゴタゴタしてんなあ。(GHCヘビー級ベルトを掲げて)アンダーソンのヤロー、コレ見たら目の色変わったぞ。いつでもやってやるぞ」
本間「俺はNEVER、あきらめちゃいねえ。だから、今日はこんなこと言うのおかしいかもしれねえけど、石井に勝ってもらいたい。石井が勝って、また俺が挑戦したい。石井、おまえに勝ちたい」
※中西とキャプテンはノーコメント
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.