新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

Road to INVASION ATTACK 2014

2014/04/03(木)18:30東京・後楽園ホール | 観衆  1,634人

第6試合30分1本勝負

[10分39秒]
ヴェレノ→エビ固め

レフェリー|レッドシューズ海野

試合経過情報

 4・6両国で行われるスペシャルタッグマッチ・オカダ&YOSHI-HASHIvsファレ&トンガの前哨戦。
 
 オカダとトンガが先発し、オカダがフロントハイキックなどで圧倒。さらに、トップロープ越えのセントーンアトミコで追い討ちをかける。
 外道対トンガとなり、外道のフライングメイヤーからオカダが低空ランニングフロントキックをお見舞い。ところが、次の串刺し攻撃をトンガが回避し、控えのファレが介入。さらにファレがオカダを引きつけ、トンガが外道に追撃する。
 ここからファレとトンガが外道を逃がさず、ファレがハイアングルボディスラム、トンガがチョーク攻撃などでいたぶり続ける。
 しかし外道は、ファレとトンガの同士討ちを誘発し、ようやく自軍コーナーへ帰還。タッチを受けたオカダが、ファレにフロントハイキックを見舞い、巨体をボディスラムで叩きつける。
 さらにオカダは、ダイビングエルボードロップでファレに追撃し、レインメーカーポーズからレインメーカーに行く。しかし、ファレが後ろ向きに走ってオカダをコーナーへ激突させ、串刺しボディアタック、バックフリップで逆襲。だが、次のパイルドライバーは、オカダがリバースネックブリーカーに切り返した。
 外道対トンガの場面。外道がラリアットをかわし、パンチ連射。そこからマンハッタンドロップ、チンクラッシャー、トラースキックと畳み掛ける。しかし、トンガがハンマースルーを切り返し、串刺しボディアタックで逆襲。さらに、変型ヘラクレスカッターで叩きつける。
 ここでトンガはヴェレノ(※ヘッドシュリンカーから改名)を仕掛けるが、外道が首固めに切り返す。そして、トンガの脚を振り回してレッドシューズ海野にぶつけ、堂々と急所を蹴り上げる。
 さらに外道は外道クラッチに行くが、トンガが脱出し、乱入したファレがグラネードをお見舞い。最後は今度こそトンガがヴェレノをさく裂させ、外道にとどめを刺した。
 
 試合後、ファレとトンガが外道に暴行。そして、トンガがオカダを押さえつけ、ファレがバッドラックフォールで外道をKOしてしまう。
 すると、YOSHI-HASHIがリングへ飛び込み、トンガにラリアット。そして、オカダがドロップキックでファレを蹴散らし、「俺とYOSHI-HASHIさんがお前らボッコボコにしてやるからな!」とマイクアピールした。

コメント
※外道は、先に控室へ
オカダ「ありがとうございました!」
※オカダとYOSHI-HASHIとガッチリ握手。
YOSHI「うっし! オイ! 次、両国! オイ! あの外国人2人! オイ、俺とオカダ、キッチリ…!!」
オカダ「やってやりましょうか!」
YOSHI「やってやるよコノヤロー!」
オカダ「両国タイトルマッチがないんでね? べつに俺一人でも十分だけどよ。BULLET CLUB、もっと連れて来いよ、セコンド! 俺とYOSHI-HASHIさんで、シッカリ相手してやるからな。覚悟しとけ。ボッコボコにしてやるからな! ……ボッコボコに!!」
 
ファレ「見たか! 貴様ら!」
トンガ「(天を見ながら両手を大きく広げて)お前たちも見たか? BULLET CLUBこそが一番だ。BULLET CLUBこそがすべてを獲ってやるんだ」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.