新日本プロレス|NEW JAPAN PRO-WRESTLING OFFICIAL WEBSITE

Select Images

お気に入りの選手を背景に登録しよう!

Select Language

  • Japanese
  • English
  • njpw.tv
  • official DVD
  • CMLL
  • 日本レスリング協会

Match Information

大会情報

  • Ticket
  • Result

大会結果詳細

旗揚げ記念日

2014/03/06(木)19:00東京・大田区総合体育館 | 観衆  4,200人(超満員札止め)

第6試合30分1本勝負

[08分58秒]
昇天・改→片エビ固め

レフェリー|マーティー浅見

試合経過情報

 後藤&柴田の盟友タッグが、IWGPタッグ王者のアンダーソン&ギャローズと対決。3月15日後楽園ホールで行なわれる『NEW JAPAN CUP 2014』1回戦・後藤vsギャローズ、柴田vsアンダーソンのダブル前哨戦でもある。
 
 柴田対ギャローズの場面。柴田と後藤がダブルミドルキックを叩き込み、柴田のミドルキック&後藤の水面蹴りという連携技がさく裂。さらに柴田は、ギャローズに追撃すると見せかけ、控えのアンダーソンにジャンピングフロントハイキック。
 柴田対アンダーソンの場面。エルボースマッシュ合戦のあと、柴田がカウンターキチンシンク、サッカーボールキック。タッチを受けた後藤が、串刺しニールキック、バックドロップで続く。
 ところが、アンダーソンが素早くタッチを行なって後藤を惑わせ、ギャローズが地獄突き、ハイキックをお見舞い。これでアンダーソン組が後藤を捕らえ、ギャローズがエルボードロップ連射、アンダーソンがフェースロック、カウンターゼロ戦キックなどでいたぶり続ける。
 さらにギャローズが、ボディブロー連射、張り手連射などで攻め立てるが、後藤は追走式ラリアットで逆転。ところが、アンダーソンが乱入し、ランニングパワーボムで後藤を叩きつける。
 後藤のローンバトルは続き、アンダーソンのジャンピングフロントハイキック、ギャローズの串刺しボディアタック、アンダーソンのセントーン、ギャローズのジャンピングボディプレス、2人の合体スピニングパンケーキを浴び続ける。
 だが、柴田が後藤の助けに入り、ギャローズへ合体牛殺しをお見舞い。さらに柴田は、アンダーソンのガンスタンを回避して突き飛ばし、待ち構えた後藤が牛殺しを敢行。さらに、柴田がPKで続き、最後は後藤が昇天・改でアンダーソンを仕留めた。

コメント
後藤「あんなもんか? あんなもんか。タッグチャンピオン。次のNEW JAPAN CUP、1回戦。ドク・ギャローズ、問題ないね! 問題ない。もう一度、4度目の優勝!」
柴田「あのスイカ頭を割ってやれ! 以上ォ!」
後藤「優勝は見えた。そう言ってしまっていいと思います。決勝は柴田と! もう見えました!」
 
アンダーソン「なんてこった!」
ギャローズ「今日の負けはなぜだ!? でも、こんな負けは関係ない! 俺たちが最強なことに変わりはない、俺たちがIWGPタッグチャンピオンであることに変わりはないんだ! マシンガンとギャローズ、俺たちが日本で最強だ!」
アンダーソン「いま、ギャローズが言ったことを理解したか? ゴトウとシバタめ、今日の負けは関係ない! IWGPタッグチャンピオンは俺たちだからだ! 今日の負けなど何も関係ない! いつでもどこでもやってやる、覚悟しておけ!!」
  • ブシロード
  • テレビ朝日

このサイトで使用されている写真および文章を無断で使用することはできません

The photograph and sentences used on this site cannot be used without permission.

Copyright © New Japan Pro-Wrestling Co,.Ltd. All right reserved.